07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日は植草一秀さんに贈っていただいた「日本の独立」を読んでいる。なんと510ページになる大著だ。植草さんのブログは必ず目を通しているので大抵解っていると思っていたのですが、知らなかったことがけっこう載っています。文字ばかりなのですが、植草さんの文章は明快でとても解りやすいです。147ページまで読んだ感想です。特に印象に残ったことはツイッターに投稿しました。


●今日のつぶやき



  • おはようございます!植草さんに贈っていただいた「日本の独立」を読んでいます。21日のデモで渋谷の東口交差点に居た若い人たちは「マスコミの偏向報道を許さないぞ!」というシュプレヒコールに対して「ポカ~ン」としていたが書店で「日本の独立」を見た人の中には興味を持つ人が必ず居ると思う。 posted at 06:41:07

  • 新宿ど真ん中デモに参加している若い人が今回の「検察・検審と偏向報道を糾弾する」デモにまったくと言って参加していないのはなんなのでしょうか?小沢=悪のプロパガンダが効いているのでしょうか?私なんかは逆に「選挙なんてどうでも良い」とする「新宿ど真ん中デモ」に参加しなくなった。 posted at 07:29:34

  • 2003年3月.8日ワールド・ピース・ナウ主催の集会が日比谷野音で行われた。その後のデモには4万人が参加して翌日の朝日新聞には大きく写真入で取り上げた。(私も写っていた。)しかるに読売新聞ではまったく報道されなかった。続く posted at 07:41:01

  • 030308wpn-rally2-audience.jpg

  • 今の腐ったマスゴミなら「検察・検審と偏向報道を糾弾する」デモに10万人が集まっても報道しないでしょう。「一市民が斬る!」さんが100万人の請願署名を求める運動をされていますがそういう気概が大切だと思います。http://civilopinions.main.jp/ posted at 07:45:02

  • CIA新聞とも呼びます! QT @showering00 流石小泉ジミンコ連御用紙ゴミ売 posted at 08:12:13

  • 小泉政権は本来、2003年5月に消滅すべきであった。しかし(中略)メディアが大本営発表を展開し、延命した。民主党は小泉政権を退場させるべきだったが、メディアの論調に乗って小泉政権を支えてしまった。菅直人氏が率いる民主党が小泉を延命させた。「日本の独立」より posted at 08:24:28

  • おはようございます。困るどころか社会の浄化になるでしょう。 QT @PorunMeister おはようございますです。一日も早くナベツネを破壊しないと!たかが一新聞社が潰れても誰も困らないでしょ(笑) posted at 08:26:01

  • 小泉政治の「小さな政府」が無駄を排除する「小さな政府」であるなら私も賛成する。しかし、小泉政治の「小さな政府」は違った。格差拡大を助長する小さな政府であり、いかがわしい目的を持った民営化を進める大義名分として、「小さな政府」の言葉が多用されたのだ。植草一秀「日本の独立」より posted at 12:12:10

  • 経済政策の究極の目標は完全雇用の実現にある。難しい説明は省略するが、経済が健全に活動する状況が完全雇用の状況であり、政府の経済政策は完全雇用を達成し、維持することを目的に運営されるべきなのである。植草一秀「日本の独立」 posted at 12:25:04

  • 私も贈っていただきました。今、110ページまで読みました。 QT @iwakamiyasumi 今日、植草一秀氏から献本が届いた。書名はずばり「日本の独立」。 posted at 12:27:16

  • 小泉首相は「自民党をぶっこわす」と主張したが、小泉氏が「ぶっこわした」のは、自民党の経世会支配構造だった。田中角栄元首相の派閥である旧田中派=経世会=平成研究会が支配する自民党の構造を破壊したのである。植草一秀「日本の独立」 posted at 13:20:16

  • カメラはできるだけ固定させてください!カメラを急に動かすと見ている人が船酔いします。 (live at http://ustre.am/qxdr) posted at 14:49:21

  • 旧田中派の牙城だったのが、旧建設省、運輸省、農林水産省、郵政省だった。公共事業削減、郵政解体、道路公団民営化、住宅金融公庫廃止は、すべて旧田中派の牙城解体を意味した。植草一秀「日本の独立」より posted at 15:04:36

  • アドレスを見たらおおよそ解るのですよ。 QT @soilyano コピーしたんだけど、とほほ。ごめんなさい posted at 15:06:09

  • 1969年11月16日佐藤訪米阻止闘争に当時弱冠17歳であった私は大阪から急行銀河号で8時間もかけて上京し参加しました。港区池上において機動隊による催涙弾の一斉射撃を受けたことは今でもはっきりと覚えています。俗に蒲田戦争と言われるこのデモの逮捕者は東京で1640人でした。 posted at 15:12:50

  • @soilyano 明日のシンポジウムで発表しますが「スキルアップの勉強会」を4回コースでやります。ぜひご参加を! posted at 15:14:47

  • @yurikalin デジカメが不調で音声が最後の方で録れてなくて映像とも削除せざるを得ませんでした。ごめんなさい。 posted at 15:17:36

  • そう言っていただいて嬉しい限りです。昨日、YouTubeの機能でアノテーションと言ってマンガのセリフでシュプレヒコールを挿入しました。 QT @yurikalin とんでもない!素晴らしい編集で、感動しました。 posted at 15:28:31

  • 11・21検察、検審と偏向報道を糾弾すると全国統一デモ 東京1/2 http://bit.ly/hQz8Bq 自動で連続再生できるようにしました。アニメのセリフで川柳シュプレヒコールを入力しました。 posted at 16:16:32



スポンサーサイト

1.「昭和史からの警告~戦争への道を阻め」を読みました!


米内光政千葉県船橋市のT.Sさんからカンパをいただいた。この方からはもう4回目である。本当にありがたい。おかげさまで船井幸雄・副島隆彦共著「昭和史からの警告~戦争への道を阻め」を買い、読むことができました。この本の内容の半分くらいは知ってたことですが残り半分は知らなかったことでかなりショックを受けたところもありました。私は陰謀論というレッテルを貼って警告する人の存在は知っていますが正直言ってよくわかりません。9.11の時に私は「やらせだったと思ったのは見事に変節されてしまった?増田俊男の世界を読んでいたからです。アメリカの歴史が「やらせ」の歴史だということは知っていました。真珠湾攻撃を知っていながらわざと攻めさせたという今では常識となっている事実の21世紀版であると直ぐに見抜きました。

「混迷日本にとどめを刺せ」ヤコブ・モルガン・著  第一企画出版   1995年刊  という本があって今は入手できないが図書館にあったので読んだことがあるが以下のページで重複している内容も多い。
http://www001.upp.so-net.ne.jp/apocalypse2012/crushingJapan.html
このページで抜粋を読むことができるのですが非常におもしろい内容です。

さて「昭和史からの~」の方だが15年戦争をめぐる評価も相当ねじ曲げられているのがよく解る。一般的には海軍はアメリカとの戦争を避けようとしていて陸軍が強行に戦争へ導いたと思われている。ところがどうもそうではないようなのだ。山本五十六が怪しい人物であったのはヤコブ・モルガン氏の本にもあり、知っていたのだがその先輩にあたる米内光政海軍大臣(よないみつまさ)こそが日米開戦を画策したというのだ。副島氏が言うには今年、平成18年(2006年)は、満州事変が始まった昭和6年(1931年)と同じだとのことである。75年前に起こった「満州鉄道爆破事件」から満州事変が始まった。この事件は日本陸軍の工作隊を使った「やらせ」だったという。まるで北朝鮮のテポ丼と同じような臭いがしてくるのだ。よく上の「混迷日本」を読み直したら次のような文章があった。

本来優しい草食動物の代表である日本人が、過去の歴史において間違った選択をし、あたかも肉食獣であるがごとく変身した背景には、日本の政治、軍閥の中枢に「世界支配層」ユダヤ・フリーメーソンの手先が多数巣くっていたという事実がある。

彼らは日本を凶暴化させ、破滅へと導いた。明治においては、大久保利通や伊藤博文らであり、大正・昭和においては、西園寺公望、牧野伸顕、岡田啓介、米内光政、山本五十六、大本営参謀本部の面々など、枚挙にいとまがない。



米内光政はまさに戦争を引き起こした元凶ともいうべき人物でありながら東京裁判で絞首刑にはならず、戦後も残る人生を全う出来たとのことである。歴史とは常にこのようなものなのである。安倍壷三もこういう人間のDNAを持っているのだ。

2.明治の元勲たちが西郷隆盛を殺した本当の理由



今日はあまり時間もないのでもっとも私がショックを受けたことを書こう。

私は吉田松陰は素晴らしい人物だったと判定しています。吉田松陰は本物の混じりっけなしの愛国派であり、私も尊敬しています。しかし、彼がつくった松下村塾から出た者たちの大半はどうも怪しい。さっさと国を売って、尊皇攘夷思想を捨ててイギリスの強制開国戦略に乗っている。今の「勝ち組」の連中と同じですね。生き方上手というか。私はそういうのは大嫌いです。中略
坂本龍馬や高杉晋作、大村益次郎を幕末の英雄に仕立てた司馬遼太郎の作品の罪は非常に重いと思っています。


う~ん「世に倦む日日」はそもそもブログもさることながら原作自体が怪しかったということなのです。ショックはショックだが充分あり得る話だと思う。





 
 

CalendArchive

 

時計(ClockLink.com)

 

プロフィール

ヘンリー・オーツ

Author:ヘンリー・オーツ
●個人サイト
Henrry's talking to myself
http://henrry.net
※現在62歳の万年ロックおじさんです。元過激派高校生です。もう狂った世界や政治のことを書くのに疲れました。これからは新しい時代を予感させる情報をお伝えします。
大阪府守口市出身 東京生活10年を経て
山梨県北杜市小淵沢町在住
サバイバル生活を実践しています。彼女と古民家にて菜園と「流しそうめん&明石焼き」のお店を開きたいです。
●詳細プロフィールは・・
http://henrry.net/
profile.htm

●e-mail
henrryd6@gmail.com
●Facebookのアドレスは・・
https://www.facebook.com
/henrry.oates

当ブログのリンク構造をご覧ください!

 

「武器商人を経営分析する!」

 
 
 

月別過去記事一覧

 
 

全ての記事を表示する

 

QRコード

QR
 

Amazonお買い得商品

 

アンケートです!

アンケート
性別・年代を教えてください!
男性20代
男性30代
男性40代
男性50代
男声60代以上
女性20代
女性30代
女性40代
女性50代
女性60代以上

 

お奨め書籍









 

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

 
 

Keshe Foundation


KesheFound
 

亡国電波戦犯

ブログ記事上で投票によって決まったワースト順位です。クリックしていただきますと別窓で大きな画像が開きます。
 

ソルフェジオ528Hz

 

大津久郎出版記念講演


 

小淵沢勉強会「世界の嘘とその真相」



 

悪党天国日本♪チャチャチャ


 

アアアのアホ太郎♪


 

増山麗奈のいかす!チャンネル


 

PCトラブル

PC&ネットのトラブル解決便利屋を始めました。定期的な点検・整備もおまかせください。くわしくは 「パソコントラブル4000円♪ネットがすいすい訪問サービス」を始めます!をお読みください!下のメールフォームよりお問い合わせください。
 

メールフォーム

名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。