05 月<< 2017年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国人の李纓監督による靖国を見てきた。

http://www11.plala.or.jp/eri-teru/yasukunireport.htmlより
自民党の稲田朋美衆議院議員が中国人の李纓監督によるドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」が「反日的」だとし、文化庁外郭団体から助成金が出ていることを問題視し、事前試写を求めた。それをきっかけに、映画館に右翼団体などが抗議行動を行い、抗議電話も殺到した。3月31日、4月に公開を予定していたすべての映画館が上映を中止した。新聞各紙社説、良識ある民族派団体、ジャーナリスト、映画関係者から多数の一般映画ファンが、そろって圧力に萎縮する怖さを論じ、表現の自由の危機を憂慮する論説や声明を発表した。政治家の間でも、福田康夫首相が「もし、嫌がらせなどが原因で上映が中止になるというのであれば、誠に遺憾なことだ」と記者団に話し、火付け役の稲田議員も、試写を求めたことは事前検閲ではないとの談話を発表した。


日的というが明快にそういう主張をしているわけではなく、いろんな立場の人を登場させている。ただ反日的だとされた最大の原因は厳しい口調で祖国の先祖の合祀を抗議する台湾人女性で国会議員の方の主張が明快だったからではないだろか?「あなたの父親が台湾で亡くなったらその遺骨を日本に持って帰りたいと思うでしょう?」という問いかけに対して小泉の靖国参拝肯定派は答えることができないのではないだろうか。

ていて感じたことは参拝肯定派が小泉の正体をまったく解っていないということだ。彼は日本人としての愛国心で参拝したというのは表向きの理由であって、日本と中国・韓国を永遠に敵対させておきたい盟主国アメリカ様の命令で参拝を強行したのだ。

※必読ページ
リチャード・コシミズ「世界の闇を語る父と子の普通の会話集」
小泉の靖国参拝の目的は、米国経済崩壊の阻止。中国韓国なんの関係もなし。

宣右翼もコスプレ右翼も愛国者を装っているがやっていることは売国行為そのものである。「自主憲法制定」などはあくまで盟主アメリカ様のご意向である。小泉改革以降、怒濤の勢いで売国化が進んでいることを問題にせず、「北方領土返還」などと叫ぶことが愛国者などと思わせているのであるから、まったくの食わせものである。アメリカへの売国行為を問題にしない右翼はすべて売国奴であり、偽右翼である。

に「9条を守れ!」としか言わない左翼も平和ボケした偽左翼でやはり売国化を暗に認めているのと同じ行為だ。ましてや911内部犯行説を唱えると「陰謀論」というレッテルを貼る連中も売国奴だ。おそらくこんな連中に対する皮肉で「希望は戦争」と言ったのだと思う。

画の中で「小泉首相の参拝支持!」というプラカードを持ち、もう片方の手で星条旗を持った米国の白人に対して「星条旗」を降ろさせるのだが、私に言わせれば日の丸の旗を振っている連中のおしりからは星条旗が出ているのと同じことなのだ。

泉参拝に抗議したふたりの男性は参拝支持者に殴られ怪我をするのだが「中国へ帰れ!」などと何回もひつこく馬鹿な親父にののしられている。こんな馬鹿な親父は生きているうちに世界の真の構図を理解することはまずないと思う。

photo_2.jpg

スポンサーサイト

ネットウヨに告ぐ!



最近、小泉の靖国参拝以来ネットウヨのアクセスが増えているようだ。他人の名前を勝手に使い、「新左翼」などとウヨまるだしのコメントを残すような諸君に言っておく。まず人間としてのマナーを問いたい。いくらハンドルを使おうがネット上で発言するには最低限メールアドレスくらい示すのが当たり前ではないだろうか。メアドもハンドルも使うのが嫌なら2ちゃんねるで発言して欲しい。私は180度も意見の違う人と議論する気はない。オフの場では何も言えないような人間がネット上で偉そうにしているケースは多々見ることができる。こういう人間ほど如何に相手を言葉で倒すかというディベートの勉強をやっている場合が多いので私のような感性派はもとより相手にする気はないのだ。私は馬鹿だと思う人間のブログなどまず読まない。そんなものを読んで勉強になるとは絶対思えない。いきなり人の家に土足で入って口汚くののしるなんてまともな人間のすることではない。同じように私の管理するブログで馬鹿だと言って削除されないと思う方がおかしいのだ。私は歳のことはあまり気にしていないのだが子供のような歳の連中に馬鹿などと言うことほど失礼なことはないと思う。そういう人間として当たり前のマナーもない人間に「英霊に感謝」などとよく言えるものだと思う。

つながるテレビ@ヒューマン



毎週土曜日の9時58分から10時58分まで放送しているNHKの@ヒューマンの19日の放送を録画して2度ほど見た。NHKスペシャルと同じくなかなか見応えのある番組であった。

http://www.nhk.or.jp/human/about/index.html
つながるテレビ@ヒューマンは、注目の人物、インターネットなどで情報を発信している個人、そして視聴者のみなさんと様々な方法で“つながり”、週末の夜にみんなで集まる広場のような番組でありたい。そう願っています。これまでの情報を送り続けるテレビから脱皮し、視聴者・市民の皆さんからの発信と連携する“新たなテレビのあり方”を模索していきます。そのため番組ではみなさんと様々なインタラクションをしていきたいと考えています。“つながるテレビ”に是非アクセスしてみてください。



先日の「靖国参拝反対連続キャンドル行動の報告」の中で取り上げた反対運動のことYUSUKUNI NOのキャンドルメッセージもきちんと紹介されていた。韓国から参加されたイ・ヒジャさんのお父さんは靖国に合祀されていて魂を帰して欲しいと必死で訴えられていた。ここで紹介された「あんにょん・サヨナラ」靖国がテーマというページにイ・ヒジャさんの切実な言葉が紹介されている。

作品の主人公イ・ヒジャさんのお父さんは日本軍に徴用され中国で戦死。しかも、何も知らされることなく、お父さんは靖国神社に祀られました。「父の名前を返してほしい!」 靖国神社に父親が祀られているイ・ヒジャさんの思いとは何か。「父の靖国合祀が取り下げられるまで墓石に父の名前を刻めない!」イ・ヒジャさん の悲しみを通して、日本と韓国の辛い過去に向き合い、平和な未来に向けてどうすればよいのか考えていきます。


台湾から参加されていて元気だったチワスアリさんもやはりお父さんが合祀されているということだ。また番組の中で靖國神社崇敬奉賛会青年部『あさなぎ』のことが紹介されていた。参拝する人たちへお茶を配るなどのボランティア活動をしている。一見普通に見える礼儀も正しい若者たちなのだがホームページを見るかぎり相当右に傾いている様子が伺え、靖国問題の根の深さを知らされる。また番組ではダテブロさんという人が紹介されていた。靖国に行った感想がブログで紹介されていて読んでビックリさせられた。

そんなことは置いといて…今日の靖国の率直な感想はといえば、右翼と遺族の方のお祭りみたいな雰囲気だった。鳥居の外でも中でも中韓の歴史認識への反論、戦争肯定論、軍歌(?)みたいな歌の大合唱、戦服姿の行進、首相の参拝に対する歓喜の声、etc..

普段も時たま街中に街宣車等が繰り出して彼らの主張をがなりたてることはあるけど、そういう時は明らかに彼らは浮いた存在。まともに耳を傾ける人は極少数であるし、スピーカーの大音量に顔をしかめてる人や興味本位にカメラを向ける人ばっかだ。けど今日の九段では彼らが主役といった感じ。むしろおどおどキョロキョロしながら歩き回る自分など「よそ者」である。遺族の方々は彼ら同士での「同窓会」にも似たような雰囲気が感じられたし、そんな一種異様な空間でした。



また番組の中ではドキュメンタリー映画「蟻の兵隊」のことやその映画を広める活動をしている泉津さんという若い女性や「蟻の兵隊を観る会」が紹介されていた。テレビとブログが繋がった試みとして応援して行きたいと思った。




 
 

CalendArchive

 

時計(ClockLink.com)

 

プロフィール

ヘンリー・オーツ

Author:ヘンリー・オーツ
●個人サイト
Henrry's talking to myself
http://henrry.net
※現在62歳の万年ロックおじさんです。元過激派高校生です。もう狂った世界や政治のことを書くのに疲れました。これからは新しい時代を予感させる情報をお伝えします。
大阪府守口市出身 東京生活10年を経て
山梨県北杜市小淵沢町在住
サバイバル生活を実践しています。彼女と古民家にて菜園と「流しそうめん&明石焼き」のお店を開きたいです。
●詳細プロフィールは・・
http://henrry.net/
profile.htm

●e-mail
henrryd6@gmail.com
●Facebookのアドレスは・・
https://www.facebook.com
/henrry.oates

当ブログのリンク構造をご覧ください!

 

「武器商人を経営分析する!」

 
 
 

月別過去記事一覧

 
 

全ての記事を表示する

 

QRコード

QR
 

Amazonお買い得商品

 

アンケートです!

アンケート
性別・年代を教えてください!
男性20代
男性30代
男性40代
男性50代
男声60代以上
女性20代
女性30代
女性40代
女性50代
女性60代以上

 

お奨め書籍









 

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

 
 

Keshe Foundation


KesheFound
 

亡国電波戦犯

ブログ記事上で投票によって決まったワースト順位です。クリックしていただきますと別窓で大きな画像が開きます。
 

ソルフェジオ528Hz

 

大津久郎出版記念講演


 

小淵沢勉強会「世界の嘘とその真相」



 

悪党天国日本♪チャチャチャ


 

アアアのアホ太郎♪


 

増山麗奈のいかす!チャンネル


 

PCトラブル

PC&ネットのトラブル解決便利屋を始めました。定期的な点検・整備もおまかせください。くわしくは 「パソコントラブル4000円♪ネットがすいすい訪問サービス」を始めます!をお読みください!下のメールフォームよりお問い合わせください。
 

メールフォーム

名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。