07 月<< 2020年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 
最賃15~7円上げ、生活保護以上求める…厚労相諮問機関 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)より

地域別の最低賃金(時給)を労使代表が議論する厚生労働相の諮問機関・中央最低賃金審議会の小委員会は5日、今年度の引き上げ額の目安を15~7円とすることを決めた。

20080805-3686880-1-N.jpg生活保護の水準まで最低賃金を引き上げることを目指した改正最低賃金法が7月に施行されたことを受け、生活保護の水準を下回る12都道府県については、目安を上回る引き上げを求めた。

6日の同審議会で正式決定した後、各都道府県の審議会での議論を経て、10月中に新基準が適用される予定だ。

厚労省によると、生活保護との格差是正分も含め、平均で15円程度の引き上げとなり、全国平均の最低賃金が初めて700円台となる見通し。引き上げ額は9年ぶりの2けたアップとなった昨年度の平均14円を上回り、1993年度以来の高水準となる。

原油高騰などが景気に悪影響を与える中、経営側が引き上げに難色を示していたが、非正社員の増加などで広がる格差問題への対応が必要という認識で労使がおおむね一致した。
引き上げ額の目安は例年通り、全都道府県を4ブロックに分けて示された。さらに今年度は、生活保護水準を下回る12都道府県について、生活保護と最低賃金の「乖離(かいり)額」が初めて提示された。乖離分は原則2年以内、最長5年程度で解消することを求めた。何年で解消するかは各都道府県の審議会に委ねることになった。

今年度の議論を巡っては、同法施行のほか、6月20日に開かれた政府の成長力底上げ戦略推進円卓会議で、5年かけて「小規模事業所の高卒初任給の最も低位の水準」まで引き上げることで政労使が合意し、大幅引き上げが期待されていた。しかし、労働側が「時給50円の引き上げ」を求めたのに対し、経営側は「原油高などで、特に中小企業の経営が厳しい」と反発していた。

は自公政権の政治にうんざりするどころか、まだこのような悪徳政治を許している国民にも呆れている。いくらメディアが嘘を煽ろうが、「お台所が苦しいなら消費税値上げもやむを得ない」などと思っている国民が4割以上居るというのだから、お人よしではすますことのできない問題だ。そのような盲目的な判断がこの国をますます絶望的な状況に追いやっていることを黙って無視するわけにはいかない。たしかに原油高などで、中小企業の経営が厳しいのは理解できる。かと言って値上げをしてやっと700円台になるという時給の低さに呆れてしまう。そんなことを決めるのに有識者とやらが無駄な時間と人件費を費やしているのであるから、馬鹿馬鹿しいことこのうえない。

iAXE_laptop2.jpg700円の時給ということは一日8時間労働だと5600円。隔週2日で働いたとして5600×24日=134400円。ここから国民年金と国民健康保険料を支払えば10万円を割り、生活保護以下の収入にしかならない。持ち家さえあればなんとかなるかもしれないが、ここから家賃を払うとすれば絶望的である。自分ひとりであればどうにか食べることができるかもしれないが猫の餌代すら残されていないのではないだろうか?いままであまりこのようなことが問題にならなかったのはデフレの影響で時給の低さを安い生活必需品でカバーできたからではないだろうか。ひとつきフルに働いてこれであるから、必ずしも毎日、職にありつけない日雇い労働者であればもっと悲惨で、毎日ネットカフェに泊まるお金すら稼げないのではないか。生活保護費との乖離というが、それはあくまで額面だけを比べているに過ぎない。実際には生活保護の場合だと医療費が無料、水道代が免除、交通費が無料になったりすることを考慮すれば実際の乖離はもっと大きなものとなる。生活保護制度は憲法第25条の生存権にもとづいて生まれたものだろう。であるならば普通に働いて生活保護以下の給料しか得ることができないとすれば、その最低基準そのものが憲法違反なのだ。

TubeAmp.jpgまけに最近の物価高は多くの貧困層を直撃している。生活必需品とは言えない電化製品やパソコンなど値下げしている商品を加算しても6月の消費者物価指数は前年同期比で1.9%増で消費税値上げで一時的にあがった98年を除くとなんと15年ぶりの大幅上昇だという。日本が低成長に入った時代でも普通に働けば普通に食べられただけではなく、必需品とは言えない趣味用品までも買えることができた。寅さんの甥の満男は地方へ行くのに平気で新幹線や飛行機を利用していた。そんな労働者の購買に支えられて日本の自動車産業や家電メーカーは発達した。今のそれらの産業はお馬鹿な国民を騙してエコカーを売ったり、地デジの大画面テレビを売ることでどうにか持ちこたえていると言える。それがここへ来て車を手放す人が増えて来ているのだからまさに悪循環に入っているのだ。

こんな時代に増税をちらつかせ、官僚利権をひたすら守ろうとする「国民安心内閣」に騙されてはいけない。
kurashi20071007s.gif

hukuda_akiba.jpg

1.派遣のプチ反乱


瀬ユキさんに教えてもらったブログにおもしろいコメントがありました。あまりにもお下品な言葉は○で誤魔化していますが、日本人であれば解るはずです。(笑)










http://shadow-city.blogzine.jp/net/2008/06/post_11e6.htmlより

●ライン作業で製品に鼻○をつける。食品なら○毛、ツバ、劇物を入れる。
●ボルト、ナットを粗悪品にすり替える。コードに切れ込みいれる。

自動車なら欠陥品続出、漏電で火災発生、食品なら信用ガタ落ち。
やった後バックれる仮に特定されてもシラをきり通す。
加藤某も殺人までしなくても・・やっちゃったもんは仕方ないけど。


の都ホテルでさえ「シェラトン都ホテル」になったと思ったら鮮度が悪くて食べてもおいしくもないサラダなんかを出し、食べたものならたちまち下痢状態。(これは去年の忘年会での実話であり、けっして小説の話ではありません。なぜか味覚音痴の人が多いようで喜んで食べていました。)かつての日本製品の優秀さは終身雇用と年功序列という日本型の経営の上になりたっていたのだが、グローバル経済と言う名のむき出しの資本の論理が世界を闊歩し始めるや、かつてのような愛社精神やそれにもとづく現場での創意提案などという労使協調型の経営は小泉のパフォーマンスにつられていつのまにかこの日本から姿を消した。

2.日本の野党はやる気あんのか?


来であればあれだけ参院選で大勝し、その後の地方選でも善戦しているわけだし、与党政治の酷さや官僚の横暴さが多くの人々にも感じられているのだから、もっと明るいムードになっても良いのだがどうも息苦しい。福田政権になってからというもの、やたらと地球温暖化ということが叫ばれるようになってきた。私なんかはかなり自分の直感に頼る人間である。悪党の巣窟である与党の人間は国民のことなど考えていないのだから、いわんや地球の将来のことなど何も考えていないのは当然で、そこに裏があると勘ぐるのです。そしたら何人かの理科系的なブロガーの人たちが裏の事情を伝えてくれるのです。そこで共産党や社民党を見ると与党と同じように温暖化を問題にしているのです。おまけにネット規制法でもなんら審議らしきものがなかった。同じように与野党合意で成立した「裁判員制度」なんて怪しいことはなはだしいのです。なぜ国民の本来の仕事を休ませてまでそのような赤紙に従わないといけないのか?そこには明らかに悪党どもの魂胆があるのです。つまり法律の素人を裁判に参加させることによって検察側の立場に誘導させたいという意図が感じられます。それらに異議を述べることができない野党の怪しさも確信犯的なものがあります。リチャード・コシミズさんも天木直人さんも共産党の供託金の問題に触れておられます。供託金を没収する得票率を下げて共産党にいままでのようにどしどし後方援助して欲しい自民党からのメッセージであることは明らかです。社民党は反貧困の運動にも関わっていますがどうも本気さが伝わらないのであまり歓迎されていないように感じます。「格差は昔からあった!」などとのたまった小泉売国奴に対してまともな反論をした政治家がいただろうか?

NPO法人「もやい」の事務局長である湯浅誠さんはきわめてわかりやすく説明されている。「格差といえば相対的な問題と受けとめられ、絶対的な貧困の問題が見えにくくなってしまうからだという。例えば、それぞれ年収600万円の2人が年収500万円と700万円に分かれるのはまだしも、年収400万円の2人が年収700万円と100万円とに分かれたら、100万円の人は最低限度の生活水準を保って生きていけない。 」

来だったら野党がこぞって秋葉原にお祈りに行き、加藤容疑者の罪は罪として許さず、派遣労働という労働者の生活破壊こそがこういう凶悪事件の温床となっている事実を指摘し、一日も早くこのような労働形態を撤廃し、奴隷的な状態に陥っている国民を野党が先頭にたって救済するのだということを街頭で訴えるべきなのだ。そもそも3年前の郵政インチキ選挙において小泉の真剣演技に騙された多くの若者たちが自民党を支持した結果、多くの貧困が生まれたのだ。そういうからくりを何故、野党は声を大にして叫ばないのか?ボランティアでひとりでも多くの人に必死の思いで書いている私たちブロガーは徒労で無駄なことをしているのだろうか?私はそうは思いたくない。人それぞれに持ち味がある。私にも持ち味があり、それは直接いろんな人たちにお聞きしている。だからこそ乏しいお金でどうにか生きている。

の遺産を受けておりながらも、それをひたすら隠し、毎晩ホストクラブに通っている悪妻に「家計が苦しい」と泣き突かれ、しぶしぶ小遣いを減らされている馬鹿な夫の立場にこの国の国民はいつまで甘んじるつもりなのか!財政が苦しいなどというまやかしに騙されてはいけない。この国の悪徳官僚と悪党政治家どもは財政破綻したら沈み行く泥船から逃げ出すための「タケコプター」くらいは周到に用意しているのだ。国会の論戦など私には所詮茶番劇にしか見えない。官僚が残業して書いている答弁書による国会質疑などうわべだけのやりとりにしかすぎない。北朝鮮との交渉の真の姿などはまともに報道されるわけはない。すべての国は独立国という体裁だけであって中身はすべからく傀儡にしかすぎないのだ。日本の野党というのも与党と対立を装っているが、その実態はきわめて怪しいと言わざるを得ない。背の高いイインチョウと小柄なトーシュに言いたい。

「わたしたちの味方をするのか?それともテロリストの味方をするのか?」と・・

※小柄なトーシュさんは気さくで愛想も良いから人間的には好きなんですけどね。

bush460new.jpg



 
 

CalendArchive

 

時計(ClockLink.com)

 

プロフィール

ヘンリー・オーツ

Author:ヘンリー・オーツ
●個人サイト
Henrry's talking to myself
http://henrry.net
※現在62歳の万年ロックおじさんです。元過激派高校生です。もう狂った世界や政治のことを書くのに疲れました。これからは新しい時代を予感させる情報をお伝えします。
大阪府守口市出身 東京生活10年を経て
山梨県北杜市小淵沢町在住
サバイバル生活を実践しています。彼女と古民家にて菜園と「流しそうめん&明石焼き」のお店を開きたいです。
●詳細プロフィールは・・
http://henrry.net/
profile.htm

●e-mail
henrryd6@gmail.com
●Facebookのアドレスは・・
https://www.facebook.com
/henrry.oates

当ブログのリンク構造をご覧ください!

 

「武器商人を経営分析する!」

 
 
 

月別過去記事一覧

 
 

全ての記事を表示する

 

QRコード

QR
 

Amazonお買い得商品

 

アンケートです!

アンケート
性別・年代を教えてください!
男性20代
男性30代
男性40代
男性50代
男声60代以上
女性20代
女性30代
女性40代
女性50代
女性60代以上

 

お奨め書籍









 

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

 
 

Keshe Foundation


KesheFound
 

亡国電波戦犯

ブログ記事上で投票によって決まったワースト順位です。クリックしていただきますと別窓で大きな画像が開きます。
 

ソルフェジオ528Hz

 

大津久郎出版記念講演


 

小淵沢勉強会「世界の嘘とその真相」



 

悪党天国日本♪チャチャチャ


 

アアアのアホ太郎♪


 

増山麗奈のいかす!チャンネル


 

PCトラブル

PC&ネットのトラブル解決便利屋を始めました。定期的な点検・整備もおまかせください。くわしくは 「パソコントラブル4000円♪ネットがすいすい訪問サービス」を始めます!をお読みください!下のメールフォームよりお問い合わせください。
 

メールフォーム

名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: