07 月<< 2020年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 
tppsoshi.jpg tppsoshi.jpg


メリカとその意を受けた官僚が新しい政策を打ち出す時にはその本質を誤魔化すためにカタカナ英語を使うケースが多々あります。最近ではホワイトカラー・エグゼンプションというのがそれに当たると思います。White Collar Exemptionなどと言ってもほとんどの日本人には理解されないと思います。それに対して保坂展人さんが「残業代ゼロ法案」と命名されることによってその本質が知られるようになったのです。

TPPも同じようにそれだけでは普通の日本人にはまったくその意味が伝わりません。同じような言葉に以下がありますが、正式な名称を言える人などまず居ないでしょう。

●APEC~Asia-Pacific Economic Cooprerationアジア太平洋経済協力
●ASEAN+3~Association of South‐East Asian Nations東南アジア諸国連合+3とは日本、中国、韓国のこと。
●TPP~Trans-Pacific Partnership、またはTrans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement環太平洋戦略的経済連携協定

tppgf.jpg

の図を見ていただければ解るようにTPPに参加を検討中の中でアメリカと日本の2ケ国だけでGDP比では90%も占めているわけでこれに参加しないと「世界の孤児になる」ということが如何に実態とかけ離れているかが解るのです。オバマは起死回生を図るために「5年間で輸出を倍増する」ことを豪語しており、輸入する気がないことを表明しています。だからその本質を日本語で表現するならばTPP(とんでもない・ パワーハラスメント・パートナーシップ)が相応しくまさに「最終日本全土乗取り計画」こそがその本質的狙いなのです。覚えやすさを考慮してTPP(とんでも・パワハラ・パートナー)と名づけたいと思います。

れは決して農業の崩壊だけを意味するものではありません。24分野~保険・金融・医療・低賃金労働者の受け入れetc)などで関税自主権を放棄するものでしかないのです。

いの鉄則は勝てそうなところにその力を集中させることだと思います。織田信長が今川義元の大軍に勝てたのも、その弱いところを見つけて、その持てる力を集中させたからでした。マスゴミの目くらまし報道の中でも「共謀罪」を凍結状態にさせることができたのも力を集中させたからだと思います。

費税値上げ阻止に関しては賛成派、反対派ともに周知されているのですが、TPPに関しては去年の10月に急に浮上して来たもので、その重大性がほとんど認識されることなく、必死で知られまいとするマスゴミは「大相撲八百長問題」をさも日本を揺り動かす大問題の如く取り上げることで目くらましをしていると確信します。

ういう状況であるにも関わらず、既に反対の声は徐々に高まりつつあります。目立つのはTwitterの中のtppbotです。これはTPPに関連する声を集約してつぶやくTwitter上のroBOTです。マスコミが報道しない情報の共有を目的としています。TPPBOT_hyperというのもありましてこちらはTPPBOTの強化版で1件ではなく引っかかったもの全てつぶやきます。まとめのページはプロのWEBデザイナーさんが作られているようでとても綺麗で安心して見ることができます。

【TPP関連お奨めページ】
日本は鎖国しているのか?-関税率について-
stoptpp さんもまだ始まったばかりですが、なかなか鋭いつぶやきを投稿されています。

●書に触れ、街に出よう nico's blog 「平成の売国」TPPは日本を滅ぼす! TPP粉砕・菅内閣打倒国民運動を直ちに開始すべし!
異様な「TPP開国論」歴史の連続性を見抜け 内橋克人氏講演会
「琉球新報」TPP“見切り発車”は許されない

TPPは"壊国"、売国許すまじと田中康夫



バラク・エジプト大統領がついに辞任した。喜ばしい限りだ。しかし西側のマスゴミはその本質をまともに伝えていない。これは単に「民主化闘争の勝利」ではない。アメリカの傀儡政権でしかなく30年の長きに渡って売国政策を貫き、「国民の生活を犠牲」にして来たエジプトが独立戦争に勝利したと見るのが正確なところだろう。「独裁政権」に対する民主化闘争の勝利などと矮小化した西側報道などクソ喰らえだ!サッカー・ワールド・カップで勝利したようなものとは明らかに次元が異なる人々の歓喜の姿に感動する。今や、日本もエジプトに続かなければ亡国路線をひた走り、国の体をなさなくなるだろう。昨日はまさに建国記念日。新たな建国の始まりに思いを馳せた。

んな日にNHKスペシャルにて「無縁社会」をテーマにした番組があった。無縁社会についてNHKに寄せられた反響は1万4000件を超えているという。多くの留守番電話に孤独に耐えられず、救いを求める電話がかかってくる。電話の主は老人もいれば若者もいる。「一億総中流」が今や「一億総無縁社会」とでも言えるような社会に激変したかのようにも思える。現象としてはいろんな事例を取り上げていて、自分が同じような境遇にあるにも関わらず、今の日本を覆う病根の深さに唖然とさせられた。腹立たしいのはこの10年間の日本社会の急変の原因についてなんら言及していないということだ。人がこの世に生まれ育つなかでいろんな人との縁が生まれる。他人と無縁の人など誰もいない。そういう意味では「無縁社会」などという言葉は今の日本の状況を正確に表しているとは言えない。多くの人たちが「金の切れ目が縁の切れ目」となって縁が切れてしまっているのが今の日本の特徴なのだ。ただ、そのことの本質的な原因が巧妙に隠されている。縁が切れてしまったのは決して「自己責任」の問題などではない。単に椅子取りゲームにおいて座る椅子が減って座れない人が増えただけのことだ。その減った椅子はアメリカに貢がれただけのことだ。こんな単純なことを「自己責任」などという「洗脳の呪い」によって誤魔化され、行き場を失った人たちが自らその命を絶っているのだ。「洗脳の呪い」は「日本国憲法」など無きものに等しい状態に落とし込めている。憲法とは国民が守るべきものではなく、権力の暴走に歯止めをかけ、国民の最低の人権を守るためにあるのだ。日本という国に生まれた以上、すべての国民には幸福を追求し、健康的で文化的な生活を営む権利があるのだ。こんな当たり前のことがまったく理解されておらず、他方では「悪党天国」がこの世の春を謳歌しているのだ。「努力したものが報いられる社会」なんて嘘だ。他人を蹴倒すことに平気な人間やエゴが人一倍強い人間のみが甘い汁を吸っているに過ぎないのだ。「真面目にコツコツ」やっていた人間は社会から弾かれ、行き場を失っているように思うのです。

●第十三条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

●第二十五条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

己責任論を主張する人間に共通するのは自分にたまたま難が降りかかっていないことを自分の努力の賜物と捉え、難が降りかかっている他人に対してきつく当たるという点だ。もしその人間が悠々自適であるならば、他人に対して「自己責任論」を持ち出すことはないのだろうが、ぎりぎりのところでどうにか踏ん張っているが故に、そこで負けてしまった他人に対して厳しく当たるのだろう。そこには自分も含めて社会の変化の原因を客観的に捉えて解決の方策を探るという視点が完全に欠落しているのだ。まさに体制側のプロパガンダによって体制にとって都合が良い人間を演じているに過ぎない。ましてや憲法に対する見識など無に等しく、社会から爪弾きにされた人間は「さっさと死ねばいい」などというまるで戦国時代的な冷たい人間観がその根底に流れているように思うのです。国家が犯す戦争などの犯罪には極めて寛容で、弱者とされる人間に対しては厳しい、まことにもって体制にとって都合の良い人たちなのだ。おそらくこういう人間たちは検察=正義という図式を疑うことなどできないのだと思う。これだけ日本社会が破壊されているのに、TTP(ははは間違った!TPPです。)という留めを歓迎する売国奴どもをこれ以上許すわけにはいかないのだ。

 
 

CalendArchive

 

時計(ClockLink.com)

 

プロフィール

ヘンリー・オーツ

Author:ヘンリー・オーツ
●個人サイト
Henrry's talking to myself
http://henrry.net
※現在62歳の万年ロックおじさんです。元過激派高校生です。もう狂った世界や政治のことを書くのに疲れました。これからは新しい時代を予感させる情報をお伝えします。
大阪府守口市出身 東京生活10年を経て
山梨県北杜市小淵沢町在住
サバイバル生活を実践しています。彼女と古民家にて菜園と「流しそうめん&明石焼き」のお店を開きたいです。
●詳細プロフィールは・・
http://henrry.net/
profile.htm

●e-mail
henrryd6@gmail.com
●Facebookのアドレスは・・
https://www.facebook.com
/henrry.oates

当ブログのリンク構造をご覧ください!

 

「武器商人を経営分析する!」

 
 
 

月別過去記事一覧

 
 

全ての記事を表示する

 

QRコード

QR
 

Amazonお買い得商品

 

アンケートです!

アンケート
性別・年代を教えてください!
男性20代
男性30代
男性40代
男性50代
男声60代以上
女性20代
女性30代
女性40代
女性50代
女性60代以上

 

お奨め書籍









 

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

 
 

Keshe Foundation


KesheFound
 

亡国電波戦犯

ブログ記事上で投票によって決まったワースト順位です。クリックしていただきますと別窓で大きな画像が開きます。
 

ソルフェジオ528Hz

 

大津久郎出版記念講演


 

小淵沢勉強会「世界の嘘とその真相」



 

悪党天国日本♪チャチャチャ


 

アアアのアホ太郎♪


 

増山麗奈のいかす!チャンネル


 

PCトラブル

PC&ネットのトラブル解決便利屋を始めました。定期的な点検・整備もおまかせください。くわしくは 「パソコントラブル4000円♪ネットがすいすい訪問サービス」を始めます!をお読みください!下のメールフォームよりお問い合わせください。
 

メールフォーム

名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: