1.再度、国防について



大雨災害昨日の国防ということについてあれからもいろいろ考えさせられることが多い。10年くらい前のアメリカは天災があったときの対処はすこぶる早かった。火事に対して空から消火するのもアメリカらしいと思っていた。ところがハリケーン被害に対してはイラクに戦費を取られて後手に回ってしまった。今のアメリカは国民を守ることよりも非道に攻めることが優先している国であり、日本はそんなアメリカに追随するだけの国になってしまっているのだ。兆という単位になると思考停止してしまう人が多い。そんな人は簡単なことで理解できます。日本の人口はざっと1億2000万人ですからひとりに100円づつ渡すには120億円、1000円づつ渡すには1200億円、1万円づつ渡すには1兆2000億円必要だということが解ります。今の水害などはまともな対策をしてこなかったための人災のようなものです。やすさんがコメントされている。

私にはなぜ日本政府が災害専門の大規模部隊をつくらないのか不思議でなりません。船舶や輸送機を有し、数千~数万人規模の機動力をもった災害救助部隊を保有することにほとんどの国民は賛成するはずです。たとえば船舶には物資輸送、病院機能、緊急避難施設機能、インフラ整備の工場機能などを持たせるのです。大型ヘリコプターで災害地域に直接ブルドーザーなどの重機を輸送し、素早く救助・復興活動を始めるのです。こうした災害専門の大規模救助部隊をもつことは国内だけでなく海外での災害時にも大きく貢献するはずです。

すでにこうした部隊を有していれば、2003年のイラン南東部地震(死者42000名)、2004年のスマトラ沖地震(死者30万名以上)、2005年のパキスタン北部地震(死者約8万名)、2006年のインドネシア・ジャワ中部地震(死者6234名)、そして先日のジャワ島沖地震(死者525名)でも活躍し、多くの方の命を助けることができたでしょう。そして、武器を持たず、真に世界へ貢献でき、アジア諸国の信頼も得られたことでしょう。こうした災害に派遣され、経験を積むことで、今後の災害にも役立てることもできるでしょう。


明治維新から130年以上たっても為政者からすれば一般国民など「どん百姓の子孫」は搾り取るだけの対象であって率先して守る対象ではないというのが簡単な答えではないでしょうか?大地震があれば火事が起こるなんてことは80年も前の関東大震災ではっきり解っていることなのに火事にどう対処するかなんて検討されておらず縦割り行政に従って未だに消防署が火事を消すなんてことになっているという国民不在もはなはだしいのです。動物園でもあまり過密になると動物どおしの争いが起こるのに人間を講堂や公民館にぎゅうぎゅうづめにしてそれで避難所などとのうのうと言う政府、それに何の怒りも感じず、天皇陛下が来るものなら感激してしまう。まさに奴隷根性としか言えないのです。

ドミニカ移民にしても当時の政府はまともなところでないことは知っていたのだと思うのです。いろんな政府に対する訴訟を見ていて感じるのは店主の目を盗んで万引きして見つからなかったら「ラッキー」などと言ってるはなたれ小僧と同じように悪質だと感じるのです。最初から払うべきものをきちんと払えばなんの問題も起こらないものを問題を先送りした結果として大きな被害をもたらし、その結果多額の見舞金などを支払っているのではないでしょうか?そこには単に役人の怠慢を超えた企業と政府の癒着があったと見るのが妥当ではないでしょうか?

非国際人養成講座: 大雨災害の拡大と政治の問題が昨日の記事で次ぎのように書かれている。

しかし、そうわかっているのになぜ毎年同じことを繰り返してしまうのでしょう。それは、究極的には経済的問題というところに帰着すると思います。もちろん個人としては限度があるでしょうから、それこそ国や自治体が計画的に進めるべき問題です。


そして私のコメントに対して・・・

為政者は国を守る以前に、国民を守るべきですね。国民に負担を強いておいて、他国と戦えなどと、わが国も北朝鮮化しているのかもしれません。

お金がないといいますが、私は災害対策は立派な景気浮遊策になると思いますよ。そうすれば税収もまた増えて、すぐにペイするはずです。それほど大切なことなのに、土建屋が諸悪の根源のように言い、結果的に国民を不幸にしているのですから開いた口がふさがりません。


そうなのです。くだらないダムや道路や橋を造る代わりに防災対策をすれば良いのです。こんな簡単なことも実践して来なかったのが自民党なのです。私も開いた口がふさがりません。

2.美しい国とは?



安倍晋三 「美しい国へ」昨日、bogusnewsさんから【新刊】「美しい国へ」─安倍晋三
というトラックバックをいただいた。読んでびっくりした!


表題の「美国」とは、もちろんアメリカ合衆国の漢字表記。本文ではタイトルどおり、安倍氏が宗主国と崇拝してやまないアメリカへの媚び・へつらいが、思うさまつづられている。ある意味、この本は安倍晋三という男のアメリカへのラブレターである。

本書で注目すべきは帯の煽り文句にもある。
「自信と誇りのもてる日本へ」とわが国が変容していくための、具体的提案が記されている点。安倍氏は、その具体的方策を「正式に合衆国に加盟して52番目の州になることでパックス・アメリカーナの庇護の下に入り、世界に君臨する警察国家の一部だという誇りをもつこと」とはっきり述べている。国民の精神的な問題だけでなく、憲法九条の問題も靖国神社の問題もまとめて解決する画期的なブレイクスルーだ。

また、現在日本が抱えている危急の問題である「少子化」についても、「統一協会の国教化により、合同結婚式で若者をどんどん結婚させる」という解決策を提示。30過ぎて童貞の非モテ男性にはうれしい政策といえるだろう。しかし、ニート向けに「再チャレンジ推進」を掲げる安倍氏ながら、合同結婚式でのパートナーの「チェンジ」は許さないとの記述もある。たまたま容貌に問題のある女性と結婚させられた場合は運命と思ってあきらめるしかないだろう。


アメリカ合衆国の中国語での呼び方、美利?合?国の略。中国語版wiki zh:美国。
http://zh.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%8E%E5%9B%BD

おおお!中国版のWikipediaにもちゃんと書いてあるではないか!私は「美しい国」とは日本のことだと思っていたのだがここまで露骨に書かれてしまうと呆れてしまう。
「世界に君臨する警察国家の一部だという誇りをもつ」とはアメリカの子分として悪行三昧出来るようになるということではないか!そんなことに誰が誇りを持てるというのだ!?全国霊感商法対策弁護士連絡会の公開質問状と抗議文になんら答えずこんな本の中で凝りもせずに「少子化対策」として「合同結婚式」を解決策にするとは何という破廉恥かつ非常識な見解だろうか?6500人もの消えた花嫁はどこに行ったというのだ!

福田康宏福田氏総裁選不出馬表明
同じ穴(森派)のムジナだと思うがこの顔を見たらまともに見えて来る。安倍晋三というのは考えていることと見かけがあまりにも違うから御輿にするには数少ない人材なんでしょうね。B層主婦でなくても普通の人はゾンビだとは思ってなくてTBSまでがサブリミナル効果でヨイショしているのだから気が重くなる。SOBAさんが言う「なお、安倍が登場するとこの世も終わりみたいな書き方をしているブログがあります。そんなひ弱なことでは話しになりません。突っ込みどころ満載の奴が登場すればやりがいがあるくらいに考えているべきです。」が勇気づけられます。

保坂展人のどこどこ日記:福田氏不出馬、9月安部政権かの中にも以下のような見通しが述べられています。

小泉氏のアジア外交を継承し、靖国神社参拝にもこだわる安部総理大臣の誕生は「21世紀の日本」を平和と安定から、戦争と動乱に導いてしまう危険がある。平和あっての経済活動だし、文化の営みである。北朝鮮ミサイル問題から「敵基地攻撃論」が兵器で飛び出してくるような安部政権では、日本が「専守防衛」「非核三原則」という国是を捨て、重武装の軍事大国として近隣諸国との緊張状態を高めていく心配もある。

私は自民党内から福田氏に替わる候補が急浮上してくる客観的な条件はあると思っている。そうでないと、自民党総裁選からは何の議論もなくなり「小泉→安部」承継劇の消化試合になってしまう。


私もそうなることを祈るばかりである。
※追記 
2ちゃんねる「小泉内閣を糾弾する 資料編」

http://www.2chan.net/test/read.cgi?bbs=soc&key=1150091145詳しく調べています。
http://plaza.rakuten.co.jp/KUMA050422/diary/200607200000/
スポンサーサイト



 
 

CalendArchive

 

時計(ClockLink.com)

 

プロフィール

ヘンリー・オーツ

Author:ヘンリー・オーツ
●個人サイト
Henrry's talking to myself
http://henrry.net
※現在62歳の万年ロックおじさんです。元過激派高校生です。もう狂った世界や政治のことを書くのに疲れました。これからは新しい時代を予感させる情報をお伝えします。
大阪府守口市出身 東京生活10年を経て
山梨県北杜市小淵沢町在住
サバイバル生活を実践しています。彼女と古民家にて菜園と「流しそうめん&明石焼き」のお店を開きたいです。
●詳細プロフィールは・・
http://henrry.net/
profile.htm

●e-mail
henrryd6@gmail.com
●Facebookのアドレスは・・
https://www.facebook.com
/henrry.oates

当ブログのリンク構造をご覧ください!

 

「武器商人を経営分析する!」

 
 
 

月別過去記事一覧

 
 

全ての記事を表示する

 

QRコード

QR
 

Amazonお買い得商品

 

アンケートです!

アンケート
性別・年代を教えてください!
男性20代
男性30代
男性40代
男性50代
男声60代以上
女性20代
女性30代
女性40代
女性50代
女性60代以上

 

お奨め書籍









 

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

 
 

Keshe Foundation


KesheFound
 

亡国電波戦犯

ブログ記事上で投票によって決まったワースト順位です。クリックしていただきますと別窓で大きな画像が開きます。
 

ソルフェジオ528Hz

 

大津久郎出版記念講演


 

小淵沢勉強会「世界の嘘とその真相」



 

悪党天国日本♪チャチャチャ


 

アアアのアホ太郎♪


 

増山麗奈のいかす!チャンネル


 

PCトラブル

PC&ネットのトラブル解決便利屋を始めました。定期的な点検・整備もおまかせください。くわしくは 「パソコントラブル4000円♪ネットがすいすい訪問サービス」を始めます!をお読みください!下のメールフォームよりお問い合わせください。
 

メールフォーム

名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: