08 月<< 2006年09 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>10 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
s-DSC00394.jpg
先週の水曜日から金曜日まで出社し、金曜の夜に大阪に戻り土、日、月と荷造りをしました。※あと食器とパソコンだけが残っています。社員寮も決めていただきました。2階なのに何故か1階にドアがあり、階段がついています。1DKなのですが全体にゆとりのあるレイアウトです。トイレと風呂は別で脱衣場には洗濯機を置くスペースもあります。

居間は6畳ですが板の間が1畳余分についていますのでかなり広いです。場所はとある「のぞみ」も止まる40万都市から在来線で2駅もどった駅前です。歩いて5分のところに24時間営業の大型の食品スーパー(100円ショップもあり)で便利です。
s-DSC00396.jpg
局からは3.6Kmの距離なのでYahoo!BBのADSL26MBサービスに申し込むことにします。3週間くらいかかるようでお休みとなります。文章だけ書いておいて会社からアップするかもしれません。→社長のIBMのノートをいただいてしまいました。2.5Ghzなので早いです。

いろんな事業に取り組んでいる会社でかなり儲かっているようです。とりあえずその本部に所属で本部のホームページをリニューアルしています。
スポンサーサイト
本日より10日間ほど大阪を離れます。ネット環境に入れるか解らないのでネットゴキブリ&ネットフナムシ対策としてコメントもトラックバックもできない設定にさせていただきます。よろしくお願いします。
昨日「お休みします」と書きながらそれを破り書くことにします。私はどうも今の世では極めて少数の変わり者なのでしょう。国中が喜びに沸いた日、ずっと憂鬱な想いで一杯でした。「号外」を我先に取ろうとする人たち。万歳を叫ぶ人たち。それらに昔の軍国主義の亡霊の再来を見ざるを得ませんでした。もうこんなことを書くだけで「非国民!」の烙印が押されそうです。

誤解がないように敢えて書きますと私はなんの恨みももっていません。それどころか普通の国民と同じく親しみの感情があります。でもあれだけ騒がれると気持ちの悪さを感じざるを得ません。皇室賛美→憲法改正→戦争への道というレールを突き進んでいる危険を感じます。

「象徴」って何なのでしょうか?私にはさっぱり解りません。大学の卒論では書いた記憶がありますので一度コピーをいただいて読んでみたいとも思います。一般的に美しいとされていることは私には「醜いもの」「不正義なもの」と表裏一体の関係にあるように思えてしまいます。

たとえ戦争になろうともまず死の心配のない人たち。その一方で殺されるだけならまだしも劣化ウラン弾によって奇形の子供が生まれる事実。食べ物もなく飢え死にしていかざるを得ない多くの人々。そんな世界の現実の中でたったひとりの男子の出生をそんなに喜べる神経が私には理解できないのです。

今日はゆきちゃんの家のかたずけの助っ人として行ってきます。

なんということか何の前ぶれもなく、ABNDリストがなくなってしまった。それどころかトラックバックピープルを使って作っていた私のお気に入りリンクまで削除されるというこれはまさに暴挙だ!加藤紘一氏の自宅が放火されたので同じ性質のテロだ!断固抗議する!

まだまだお腹の調子がよくなくテンシキが出て困ります。

あるMLにこれぞという文章がありましたので引用します。

以下、今日発表の「お世継ぎ」はいらない実行委の声明です。
ほうぼうに流してください!

「お世継ぎ」はいらない2006実行委員会
●URL:http://www.ten-no.net/~iranai/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 「お世継ぎ」はいらない
  ──「奉祝」を拒否し、天皇制の廃止を求めます

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日、秋篠宮夫妻に第三子がうまれました。またしても、国をあげての大「奉祝」が繰り広げられています。特定の「家」や個人の出産が、格別の慶事として祝われることの不当性もさることながら、このかんの「お世継ぎ」騒動とでもいうべき異常な事態の中で、「家のため」に女性が妊娠・出産することへの手放しの賛美や、男の子の誕生を臆面もなく期待する性差別的な言辞が、日本中にばら撒かれたことを、見過ごすわけにはいきません。

天皇家は、世襲という「家のため」の子づくり強制、男系による血統支配、婚外子の利用と排除という体系化された性差別、身分差別、民族差別によって維持されています。“現人神”として庶民を戦争に駆り立て、アジアの国々を侵略、蹂躙した責任も一切とらないばかりか、ふたたび戦争国家へとまい進するための「国民」支配の装置にもなりうる、それが天皇制です。

天皇・皇族を賛美することは、平和や人権をないがしろにすることを意味します。にもかかわらず、男子がうまれたことで、「家を継ぐのはやっぱり男」という女性差別的な声がますます大きくなるでしょう。そして秋篠宮家への処遇の見直し(格上げ)、「公務」の拡大など、天皇制強化の動きはますます強まっていくでしょう。「皇室典範改正」も、男子がうまれたとはいえ、「皇位継承」問題が解決したとはいえず、引き続き検討されていくはずです。

こうして、すべてが、天皇家の繁栄のために動いていく。その分、私たちの負担と不自由ばかりが増していくのです。そんな世の中、間違っている。天皇制はいらない。「お世継ぎ」はいらない。私たちは「奉祝」を拒否し、天皇制の廃止を求めます。

「お世継ぎ」はいらない2006実行委員会

2006年9月6日

「棚からボタ餅」というか急に新しい仕事の話が舞い込んできました。とりあえず身の回りの物だけをもって来週早々に大阪を離れ10日ほど仕事をした後に一旦戻って引っ越しをすることになりそうです。しばらく離れていてトラックバックもコメントもできず申し訳ありません。書きたいことはいろいろあるのですが今は新しい生活にチャレンジすることが優先しますのであっさりお休みさせていただきます。これはトラックバックピープルの件とは何の関係もありません。短くても来年の参院選までは書きたいことを書くつもりです。
土曜日は遊牧民さん主催の催しに出席、日曜と月曜は夏の疲れがどどっとでて休んでいました。今日は今からゆきちゃんとビジネスで西の方へ行きます。ちょっと更新ができない状況ですのでお許しください。

ヘンリー
yoni2.jpg私はアホです。難しい日本語の文章を読むと思わず頭がフリーズしそうになります。私は難しいことを簡単に表現できることこそ一流だと思っています。誹謗中傷だと主張するならそうでないという理由を明示しなければなりません。あまり好きな言葉ではありませんが1960年代後半の政治闘争が華やかな頃であればあの偽善的なSTOP THE KOIZUMIに対してはそれなりの「総括」が要求されたでしょう。なんの運動もできなかった(もっともそれが目的だったのでしょうが)ことに対して「自己批判」も要求されたでしょう。溢れかえる批判に対してなんら反論することもなく「誹謗中傷だ!」と主張したところでまったく説得力はありません。感性の鈍い一部の女性にはその稀に見る華麗なる文章力で誤魔化せるのかも知れませんが私のようなアホを騙すことはできません。私はアホなので「反戦な家づくり」さんの文章を引用させていただく。

それはともかく,長らく見ていなかったあるブログを見ると,画面中に安倍晋三の顔写真がちりばめられているので,まるで安倍の公式ブログかと見間違うばかり。(根拠があるから中傷ではない)

そして,その筆者は,「安倍晋三を誹謗中傷したと安倍晋三が思った」ブロガーに対し安倍が裁判を起こしたら,「私もこいつに誹謗中傷されました」と裁判で証言すると言っているようだ。表現は違うが,どう読んでもそうとれる。(悪口ではないので誹謗ではない)

この筆者は,コイズミ政治に反対と大きく声を上げた人物だ。それが,いったいどう転んだら安倍晋三のために証人になりますなどと,わざわざブログで表明するのだろう。強権的に証言させられて,それを拒否できなかったことを恥じるのならば話はわかる。しかし,ここに書かれていることは,正反対ではないのか??(これは,私の素朴な疑問であって,誹謗中傷ではない)

それどころか,なんと,安倍晋三や自分を誹謗中傷したブログにTBしたりコメントしたりすることは幇助罪だ!!とか何とか書いてる。むしろ,こいつらが煽っている,とか何とか書いてある。(書いてあるということをいってるだけなので,中傷ではない)



一週間ほど更新がなかったのでついに辞めたのかと思っていたところ上のような暴論が降って来たのだ。上記に対するジャンクさんのコメントは秀逸である。私もこんな文章が書きたい。アホには無理か?

権力側が真実を隠し、裁判で口をぬぐい白を切るのを当然としている。今回の件が権力側の言論封じの一環であると分析しているにもかかわらず、

>裁判は政治の場ではなく、あくまで正義と真実を明らかにする場であって、証言者は裁判に参加する者として、等しく正義と真実の神の前に膝を折らねばならない。

というまるで政治音痴の言を吐くテサロニケが反小泉ブログ運動の主宰者とは何たる不幸であろう。

SOBAに対するテサロニケの憤懣は理解できないことも無いが、それを権力側の策謀に加担する形で解消しようというのは見下げ果てた性根の悪さである。



tesaro.gif私は去年、神田で会うことになったかも知れない「とくらさん」は真面目な女性だと思っています。ただ大切なサイトのスタイルシートテサロニケに依頼したことについてどうしても納得できません。※とくらさんから直接コメントをいただきました。テサロニケが勝手にやったことだったということです。私の誤解でした。

共謀罪反対の闘いにおいて「私(テサロニケ)ばかり批判して民主党を批判するブログがあっただろうか?」などと言ったテサロニケが民主党から立候補することになった「とくらさん」を支持すること自体、矛盾していると言わざるを得ない。私は風を変えるという意味では小沢氏はそれなりの役割を果たしてくれるとすこしは期待しているがもともと自民党。改憲派が多い民主党には要注意モードだ!3年前の有事法制の裏切りにはうんざりしている。以下のカマヤンさんの主張にはとても励まされる。

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20060901#1157047837
我々がヤクザや宗教右翼についてリアルな実名を言えば言うほど、連中の力は相対的に減衰する。現在我々は、「理性の光」と「暴力の闇」との最終戦争を行なっている。もちろん「暴力の闇」のプリンスは安倍晋三である。この腐れたクソガキを中心に欲どおしい豚どもが日本と東アジアを私物化しようとしている。

日本はたしかに神国だ、と思う瞬間が時々ある。もし安倍晋三が平均以上の知能を持っていたら我々は敗北していた。だが、安倍晋三の知能は平均値に遥かに足りない。我々が臆病にさえならなければ、我々は必ず勝利できる。豚のごとき頭脳しか持たない安倍晋三に我々が敗北するとしたら、それは我々の能力が、日本人の能力が豚未満であることを意味する。安倍晋三へゴミのような知能しか与えなかったのは、この日本が神国である証明かもしれない、と思う。我々が安倍晋三にもし負けたら、日本民族とは所詮『家畜人ヤプー』で戯画化されたヤプーと何も変わらない、家畜民族だったという証明となる。



右翼であろうが左翼であろうが明確な主張を貫く人間であれば私は認める。しかし不明確な主張を通しながらもそれが正義だと主張する偽善者を私は許すことができない。私はテサロニケを断じて許さない!!!!!


 
 

CalendArchive

 

時計(ClockLink.com)

 

プロフィール

ヘンリー・オーツ

Author:ヘンリー・オーツ
●個人サイト
Henrry's talking to myself
http://henrry.net
※現在62歳の万年ロックおじさんです。元過激派高校生です。もう狂った世界や政治のことを書くのに疲れました。これからは新しい時代を予感させる情報をお伝えします。
大阪府守口市出身 東京生活10年を経て
山梨県北杜市小淵沢町在住
サバイバル生活を実践しています。彼女と古民家にて菜園と「流しそうめん&明石焼き」のお店を開きたいです。
●詳細プロフィールは・・
http://henrry.net/
profile.htm

●e-mail
henrryd6@gmail.com
●Facebookのアドレスは・・
https://www.facebook.com
/henrry.oates

当ブログのリンク構造をご覧ください!

 

「武器商人を経営分析する!」

 
 
 

月別過去記事一覧

 
 

全ての記事を表示する

 

QRコード

QR
 

Amazonお買い得商品

 

アンケートです!

アンケート
性別・年代を教えてください!
男性20代
男性30代
男性40代
男性50代
男声60代以上
女性20代
女性30代
女性40代
女性50代
女性60代以上

 

お奨め書籍









 

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

 
 

Keshe Foundation


KesheFound
 

亡国電波戦犯

ブログ記事上で投票によって決まったワースト順位です。クリックしていただきますと別窓で大きな画像が開きます。
 

ソルフェジオ528Hz

 

大津久郎出版記念講演


 

小淵沢勉強会「世界の嘘とその真相」



 

悪党天国日本♪チャチャチャ


 

アアアのアホ太郎♪


 

増山麗奈のいかす!チャンネル


 

PCトラブル

PC&ネットのトラブル解決便利屋を始めました。定期的な点検・整備もおまかせください。くわしくは 「パソコントラブル4000円♪ネットがすいすい訪問サービス」を始めます!をお読みください!下のメールフォームよりお問い合わせください。
 

メールフォーム

名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。