12 月<< 2010年01 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>02 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「普天間基地はいらない 新基地建設を許さない 1・30全国集会」にてチラシを3500枚ほど配る予定にしています。ひとり500枚配るとしても7名必要です。私と杉並の山崎さんを除外しても5名必要です。ぜひ右下にあるメールフォームからお申し出いただきますようにお願い申しあげます。当日、有楽町のビックカメラにて集合する予定です。右のサイドバーに派遣村についてのインタビューを受けた動画がありますので私の顔を知らない人は見ておいてください。

皆さん、私たちはフォーラム平和・人権・環境(平和フォーラム)です。
 私たちは皆さんに、「普天間基地はいらない 新基地建設を許さない 1・30全国集会」への参加を呼びかけます。

 1996年12月、日米両国政府は「沖縄に関する特別行動委員会」(SACO)の最終報告で、普天間基地の返還と、それに伴う代替基地を建設することで合意しました。
 代替基地の建設先とされた名護市・辺野古では、さまざまな反対運動が行われました。特に2004年に防衛庁が環境影響評価(アセスメント)のための調査に着工しようとしてからは、陸上での座り込みや海上での阻止闘争など、体を張った闘いが繰り広げられました。
 こうした沖縄の闘いに連帯して、全国各地でも様々な運動がおこりました。東京では、「辺野古への海上基地建設・ボーリング調査を許さない実行委員会」(現・辺野古への基地建設を許さない実行委員会)の仲間たちが、防衛庁に対して粘り強い抗議行動を続けました。私たち平和フォーラムも、2004年8月に起きた普天間基地ヘリコプターの沖縄国際大学への墜落事件を契機に、数度にわたる全国集会や、国会議員に対して新基地建設反対を求める要請行動を行ってきました。
 また沖縄現地では、2004年と2005年の5月に2度にわたる普天間基地包囲行動が行われ、2009年11月には21,000人が参加しての基地撤去を求める県民大会が開かれました。

  「普天間基地を閉鎖する、新基地建設を許さない」――沖縄県民の声、現地での反対運動、全国での反対運動は、ついに日本政府を動かしました。2009年12月15日、鳩山内閣は、普天間基地の移設先を見直すことを表明したのです。
 もちろん、鳩山内閣の決定は私たちの意向と完全に合致したものではありません。見直される移設先の候補地には、依然として辺野古も含まれています。辺野古での新基地建設を前提とした予算も計上され、アセスメントの手続きも継続されることになりました。
 鳩山内閣の移設先の見直し表明に対して、米国政府からは恫喝のような圧力がかかっています。またマスコミ各社は日米同盟堅持のためには辺野古新基地建設推進の報道を繰り返し、外務省・防衛省の官僚による巻き返しも図られています。
 私たちは、私たちの力で実現した移設先の見直しを鳩山内閣に実行させるとともに、普天間基地の閉鎖と新基地建設の阻止を実現しなければなりません。そのためには、米国政府の圧力に負けない、またマスコミ各社のキャンペーンに負けない市民の声と、その声を作りだすための大衆的な行動が必要です。

 そうした大衆的な行動の第一歩として、2010年1月30日午後2時から、東京の日比谷公園・野外音楽堂で、「普天間基地はいらない 新基地建設を許さない 1・30全国集会」を開催します。
 沖縄と全国、国会議員と自治体議員、労働組合と市民、沖縄に思いを寄せる仲間が集まって、私たちの声と思いを全国に明らかにしましょう。私たちの声と思いで、日米両国政府を動かしましょう。多くの仲間の皆さんがこの集会参加してくれることを期待して、私たちからの呼びかけとします。
--------------------------------------------------------------------------------
集会名称: 「普天間基地はいらない 新基地建設を許さない 1・30全国集会」
日 時  : 2010年1月30日(土) 14:00開会 16:00デモ行進
会 場  : 日比谷公園・野外音楽堂
主 催  : 1・30全国集会実行委員会

スポンサーサイト
日は疲れのため10時まで寝ていた。起きてからもきつかったがユンケルを飲んですこし楽になった。トッペイさんが昨日コメントで教えてくださった記事が非常におもしろかったので紹介しよう。

民主党は戦争屋(=CIA)というゴーストを国民に“見える化”しろ - 新ベンチャー革命 -

昨今、大手マスコミによる“小沢民主党vs東京地検特捜部のバトル再開”の報道(プロパガンダ)を通じて際立ったこと、それはネット情報との間のあまりの乖離の大きさにあります。この乖離をもたらす要因、それはこのバトルのウラに潜む“ゴーストの存在”にあります。ゴーストとは、米国軍産複合体・戦争屋(=CIA)のジャパンハンドラーを指します。大手マスコミはことごとく、このゴーストを見えないもの、すなわち実在しないものという前提で日夜、プロパガンダに精を出しています。一方、政権交代を支持する政治ブロガーの形成するネット世論(ゴーストバスター)では、ゴーストが暗躍しているという前提で情報発信しています。

その結果、今ではゴーストが見えている日本人(A層)と、ゴーストが見えていない日本人(B層)の間の情報ギャップが極限まで乖離してしまっています。もちろん、ネットには両者が混在し、互いに罵りあっています。大手マスコミだけを情報源としている日本人(B層)はゴーストが見えない(あるいは見ようとしない)前提で意見を発するため、ゴーストの見えている日本人(A層)とは、まったくかみ合いません。しかもB層は大手マスコミに洗脳されているため、いくら証拠を突きつけてもA層の情報をまったく受け付けないのです。これは日本の不幸です。


さに私の言う「うなぎのないうな丼」と同じです。歴史の教科書からもゴーストが消えさってしまっています。例えば坂本龍馬は姉の乙女にしばしば手紙を出しているが、当時の手紙というのはもの凄い大金が必要なのであり、おそらくグラバーあたりの資金援助があってこそ手紙が出せたのです。長州に対する幕府の2度にわたる長州征討において幕府軍に勝利した背景にもゴーストの存在が当然、考えられる。そういう存在すべきものが消え、存在しないものが捏造される。アルカイダなんてまさに後者の例で「そんなもんアルカイナ!(笑)」というのが真実なのだ。歴史の真実が解らない者には当然、現実に進行している裏に何があるかなど全く解らないのだ。共産党の志位委員長が自民党の谷垣と今回のことで共闘するために会談したということだが、やはり疑惑が深まるばかりだ。CIAによるクーデターについては杉並の山崎さんが記事で述べられているがチリの例が解りやすい。

我々が「1.15検察クーデター」を許せば日本の未来は無くなる! - 杉並からの情報発信です

CIAと米軍が現地の親米極右軍人を使って合法政権を転覆させた例はいくつもありますが、典型的な例は1973年9月11日に「チリ・アジェンデ社会主義政権」を転覆させたピノシェット将軍による「軍事クーデター」です。

ピノシェット独裁政権は反対派を弾圧・虐殺しました。米国発の「新自由主義経済政策」を強行した結果、チリの市場は米国資本に独占され最後には自国産業が壊滅したのです。

  * チリの「軍事クーデター」と今回の日本の「検察クーデター」との比較

1) 実行部隊:
チリ CIA、米軍、親米極右軍人 

日本 CIA、東京地検特捜部

2) 攻撃対象:
チリ アジェンデ社会主義政権 
 
日本 鳩山民主党政権、小沢一郎民主党幹事長

3) 強制力:
チリ 軍事クーデター  

日本 検察クーデター

4) 政権転覆後:
チリ 軍事独裁政権、反対派弾圧・虐殺、新自由主義導入で 国民経済破綻

日本(推測) 米国の属国化が一層深まる、凶暴罪導入による反対派弾圧、自民党・公明党・みんなの党連立政権、新自由主義経済政策の復活、大格差社会


門真市議の戸田ひさよし氏が私の作ったチラシをもって元大阪高検公安部長三井環(たまき)氏の出所に行かれることは聞いていたが今日のさとしさんのコメントを読んでYouTubeで検索してみたら戸田氏が撮影した動画がアップされていた。なかなか興味深い動画なのでぜひ見て欲しい。検察の裏金づくりを暴いておられるのです。

三井さん、検察への反転攻勢を熱弁1:9分



天とら日和のとらちゃんが入院されたとのこと。とらちゃんの記事は膨大なので全部は読めませんが、とらちゃん自身の文章には毎回、目を通しています。早く良くなることをお祈りしています。元気になれば入院している方が更新は楽かもしれないですね。カナダde日本語の美爾依さんがおもしろいことを書いてくれました。

メディアによる世論操作のパターン - カナダde日本語


http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-1995.html

経済学者の植草一秀氏やブログの女王きっこさま、そしてヤクザも顔負けな大阪のおばちゃん、とらちゃん、元過激派高校生で万年ロックおじちゃんのヘンリーさん、そして、ここでは紹介しきれないブロガーの方たちのおかげで、私たち日本国民が真に求めている国民主権政治を手に入れる基盤である政権交代を実現することができた。

ははは、やくざも顔負けな大阪のおばちゃんね~電話で一度だけ話しただけですがまさに言い得ているように思います。とらちゃんの出た高校は大阪でも指折りの進学校ですからもともと勉強熱心な方なのです。植草さんやきっこさんと並べて取り上げていただいて光栄です。

今日は大塚のピースウォークの事務所にて書いています。しかしどうも落ち着かないので帰ってきました。国会では大島ガマガエルが偉そうに質問しているようですが気分が悪くなるので見ません。まあこいつら自分らの事は棚に上げてよく言うよ。

機密費2・5億支出、河村元官房長官を背任で告発
麻生内閣の官房長官だった河村建夫衆院議員(67)(自民)が昨年8月の衆院選の2日後、2億5000万円の官房機密費の支出を受けた問題で、大阪市の市民団体「公金の違法な使用をただす会」(小林君夫代表)は18日、河村氏について背任容疑などで東京地検に告発状を提出した。
告発状によると、河村氏は昨年9月1日、官房機密費として通常の月の2・5倍に当たる2.5億円の支出を受け、目的外の用途に使用し、国に損害を与えたとしている。
(2010年1月18日13時27分 読売新聞)

任ということは国民の税金をネコババしているわけでどう考えてもこちらの方が大問題なのにマスゴミがわいわいと騒ぐとそれに乗せられてしまう国民が多いのだから頭が痛い。15日から連日、レジスタンス戦線に思いっきり取り組んで来たのでさすがに今日は脱力状態です。また再入院などということなどないように注意したいと思う。

杉並の山崎さんがいい記事を書かれている。

杉並からの情報発信です 我々が「1.15検察クーデター」を許せば日本の未来は無くなる!
 東京地検特捜部の目的

今回の東京地検特捜部の強制捜査の目的は、「政治資金疑惑」容疑で小沢民主党幹事長を逮捕・起訴して鳩山民主党政権に大打撃を与え、今年7月の参議院選挙で民主党を敗北させ、民主党の参議院過半数獲得を阻止し民主党政権の政治基盤が確立する前に「転覆」させることなのです。

なぜならば、鳩山首相・小沢幹事長が実行する「民主党改革」は、「政官業外電の悪徳のペンタゴン」から「支配と利権」を完全に剥奪する彼らにとって危険極まりない行為なのです。だからこそ決死の「クーデター」を決行したのです。

1) 「民主党政権の長期化」「7月参議院選挙で参議院過半数確保」→自民党と公明党にとって党の存亡がかかっている

2) 「米国抜きの東アジア共同体構想」「米国からの独立」→米国支配層にとって「日中国交回復」「エネルギー資源外交」をめざした田中角栄元首相と同様決して許せない行為
3)「検事総長人事の国会承認化」「取調べの全面可視化」→検察にとって到底容認できない行為

4)「官僚主導から政治主導へ」「事務次官廃止」「特別会計・独立法人への切り込み」→官僚からすべての既得権を剥奪する行為

5)「メディア系列化廃止法案」「記者クラブ全面開放」→大手マスコミにとって「メディア独占支配」の崩壊と利権喪失を意味する

6)「郵政民営化の見直し」「郵政資産の売却疑惑追及」「労働者派遣の原則禁止」→「小泉・竹中構造改革」の民営化や規制緩和でぼろもうけした 大手銀行・大手企業への規制・監督強化


国会答弁で鳩山首相は指揮権発動を否定したようだ。昨日、発表した政権交代後の権力構造をきっちり理解していれば首相の立場も理解できる。アメリカを刺激することは生命の危険を意味するからだ。ぜひこのチャートを多くのブログに載せていただきたいと願っています。よろしくお願いします。

kenryokutousou.gif


<div align="center"><img src="http://henrry.net/kenryokutousou.gif" alt="政権交代後の権力構造" border="0"></div>

政権交代後の権力構造



kenryokutousou.gif


<div align="center"><img src="http://henrry.net/kenryokutousou.gif" alt="政権交代後の権力構造" border="0"></div>


9条改憲阻止の会や市民社会フォーラムのメーリングリストにROM(読むだけでほとんど投稿しない)として参加していて思うのはどうもみなさんご自分の関わっている運動に捕らわれて今、起こっている事態が掴めていないのではないかということである。杉並の山崎さんと電話でお話をしていてこの事実に気づいたのです。おそらく事態を掴めているかいないかということは現状の権力の構造を理解できているか否かによって決まると思うのです。その構造というものは複雑に書けばいくらでも複雑になるのだが、もの事の本質を理解するためにはかえって邪魔になるのです。普通の国では政権交代になれば全ての権力はその政権に集中します。ところが残念なことに日本の場合はそうなっていません。国民の圧倒的な支持の下に産まれた内閣であるにも関わらず、マスゴミはその内閣や与党である民主党の批判をますます強めています。何故でしょうか?答えは簡単です。日本は表面上、独立国の体裁をしていますが、実質的にはアメリカの属国にしかすぎないのです。基本的にこの認識がないと世界の構造は何も見えません。マルクスやレーニンをいまだに信奉している左翼の人は日本帝国主義などという言葉を使いますが倒錯も甚だしいです。日本は決して独立していません。形式上はわたしが生まれた1951年にサンフランシスコ講話条約が締結され、翌年に発効しています。占領軍GHQが撤退した後も日本に対する支配はCIAをとおしてずっと続いています。アメリカは日本の支配を固めるために1955年、巣鴨プリズンに収監されていた岸、笹川、児玉のA級戦犯が釈放され、今の自民党を作るのです。ですから自民党というのは生まれた時からアメリカの支配下にあるのです。(こら!大島えらそうな口を叩くな!笑)田中角栄氏以降の経世会の首相がアメリカに対して独立の動きを見せるとたちまち失脚や暗殺に遭って来たのです。森以降の清和会の首相はアメリカへの属国化を徹底させ、今日の経済破綻を生んだのです。(バブル崩壊とは決して物理現象ではありません。日本の富をアメリカに奪われたのです。同じく郵政民営化も日本の富をアメリカに貢ごうとするものでしたが、寸前で阻止できたのです。)

京地検特捜部というのは1947年に闇物資の摘発のためにGHQによって作られているし、同じくCIAの肝いりで1953年に正力松太郎によって日本テレビが発足した。検察、マスゴミ、自民党は全てCIAがその誕生に関わっているのだ。それらが55年の長きに渡って権力として日本を支配して来たのです。ですから政権交代がなっても表の権力は全体の中での3割くらいでしかなく、裏の権力が7割も握っているわけです。ですからマスゴミが二重権力などと揶揄するのはまるでピン呆けなのです。

検察は法務省の管轄であり、マスゴミは総務省の指導下にあるわけなのですが、それらのパイプよりもアメリカCIAの指示で動いているのは明確です。そのアメリカも表の権力よりも裏の権力の方が圧倒的なのです。大統領は所詮、操り人形でしかありません。民主党であれ、共和党であれどちらが政権を取っても、裏の権力の目的を確実に実行しているのです。これこそまさに二大政党制なのです。

杉並の山崎さんが興味深い記事を書かれたので紹介したい。

1) 「われら」と「かれら」を厳格に仕分けすることです。闘う部隊の背後から銃撃してくる「味方もどきの裏切り者」を見破ることです。

日本共産党志位委員長や市田書記局長がこの間検察の暴走を一切批判しないで「小沢資金疑惑」追求を声高に叫んでいるのを見ると、二人に指導された日本共産党も「われら」ではなく「かれら」とみてよいと思います。

日本共産党と同じく、検察の暴走を一切批判しないで「小沢幹事長には説明責任がある」と敵に塩を送っている民主党の渡辺恒三前最高顧問や前原国交相などのいわゆる「民主党内反小沢勢力」も「われら」ではなく「かれら」に入るでしょう。

2) 「かれら」が垂れ流す「大本営発表」情報の嘘を暴露しすべての国民に広くしらせましょう。

日本に歴史上初めて「主権在民の独立民主国家」を作るために民主党による政権交代を支持した全国の「われら」は、ネット媒体を使って検察と大手マスコミの「かれら」が垂れ流す「大本営発表」情報の嘘を暴露し、背後に隠されている「民主党政権転覆」のどす黒い「かれら」の計画を暴いてすべての国民に広くしらせましょう。

3)「われら」の「主権者国民レジスタンス戦線」に多くの国民の参加を促し「悪徳ペンタゴンとの最終決戦」に勝利しましょう。

この戦いは「局地戦」ではなく「総力決戦」です。この戦いは「紙と電波」と「ネット媒体」の戦いです。

全国で反戦や環境保護、反貧困、難民救済、社会福祉、教育などのさまざまな市民運動で闘っておられる人々は、この「われら」と「かれら」の「最終決戦」に勝たなければ個々の局地戦で敗北することは必至です。

「かれら」は総力を挙げて決戦に挑んできました。「われら」も総力を挙げて戦い勝利しなければ日本の明日は無いのです。

共産党もみんなの党もあまりにも胡散臭すぎる!


護憲派は今動かずいつ動くのですか?

【追記】14:45
杉並の山崎さんも鋭いが、山崎行太郎氏も鋭いです。
これは日本の「独立戦争」である。…千葉法務大臣よ、指揮権発動を恐れるなかれ!!! - 文藝評論家=山崎行太郎の政治ブログ 『毒蛇山荘日記』

1.チラシが出来たよ!


kamome.gif

「主権者国民レジスタンス戦線」のチラシが出来ました。どしどし配って検察とマスゴミによるクーデターを粉砕しましょう!
flier1.pdf(表)をダウンロード
flier2.pdf(裏)をダウンロード
※右クリックして「対象をファイルに保存」を選んでください。

チラシ表 チラシ裏

※アップする際は自動改行+htmlタグを選んでください。

以下、タグです。コピーしてご自分のブログの投稿欄にペーストしていただきますと上のように表示されます。インターネットはそれなりに普及しているとは言ってもまだまだ一般の人は新聞やテレビの情報に頼っています。すこしでも多くの人たちの目に触れるようにご協力をお願いします。※映画も上映館が多ければそれだけヒットします。
<strong>「主権者国民レジスタンス戦線」</strong>のチラシが出来ました。どしどし配って検察とマスゴミによるクーデターを粉砕しましょう!
<a href="http://henrry.net/flier1.pdf">flier1.pdf(表)をダウンロード</a>
<a href="http://henrry.net/flier2.pdf">flier2.pdf(裏)をダウンロード</a>
※右クリックして「対象をファイルに保存」を選んでください。

<div align="center"><img src="http://henrry.net/flier1.jpg" alt="チラシ表" border="0"> <img src="http://henrry.net/flier2.jpg" alt="チラシ裏" border="0"></div>
※アップする際は自動改行+htmlタグを選んでください。


いろんなブロガーの方の文章をコピペして作りました。女性風の言い回しは修正しました。使ったソフトは無料のOpen Office(マイクロソフトのOfficeと互換性あり)のワープロソフトWriterです。6年くらい前には凝って使っていたことがあります。「ヘンリー・オーツの独り言」OpenOfficeの奨めマイクロソフトのワードなんて欠陥ソフトよりよほど使い易いです。しかもワンクリックでPDFファイルが作成されます。
とりあえず急ぎアップします。(続きあり)

「主権者国民レジスタンス戦線」のチラシができました - 杉並からの情報発信です


経済学者の植草一秀氏が昨日のブログで提唱されました「主権者国民レジスタンス戦線」のチラシができました。

人気ブログガーのヘンリー・オーツさんが徹夜で作成してくれた大変読みやすいチラシです。このチラシをできるだけ多くの人々の目に触れるように情報拡散をお願いいたします。友人、知人にお知らせください。近所のご家庭や街中や駅頭でお配りください。

「1・15クーデター事件」の首謀者である検察・大手マスコミ連合軍は、「選挙資金規正法違反」容疑をでっち上げて石川衆議院議員と小沢民主党幹事長の秘書2名を逮捕しました。

検察は戦前の軍部指導者とまったく同じやり方、すなわち検察が大手マスコミに「大本営発表」を流し大手マスコミは独占している紙と電波を使って国民をだまそうとしているのです。

「小沢一郎民主党幹事長=金権政治家=悪」のイメージを植えつけ、小沢幹事長の政治生命を抹殺し民主党政権の転覆を図っているのです。

私たち「主権者国民レジスタンス戦線」に結集する国民は、戦前の海軍・陸軍若手将校が起こした「5.15事件」「2.26事件」の軍事クーデターで議会制民主主義が破壊され、軍部独裁・天皇制ファシズム体制が一気に確立され、侵略戦争と国民弾圧へ突き進んだ暗い歴史を知っています。

私たち「主権者国民レジスタンス戦線」に結集する国民は、1973年9月11日に南米チリで米軍・CIAとピノシェット将軍率いる親米極右軍人たちが当時のアジェンデ大統領率いる社会主義政権を軍事クーデターで転覆させファシズム体制をしいて多くの国民を弾圧・虐殺した歴史を知っています。

米国発の「新自由主義経済政策」を強行した結果、チリの国民経済は米国資本に独占され自国産業が壊滅した歴史を知っています。

このような暗黒の過去を二度と繰り返さないために、民主党政権に一票を投じて政権交代を実現させたすべての国民は「主権者国民レジスタンス戦線」に結集して、「1.15事件=検察・大手マスコミによる民主党政権転覆クーデター」を粉砕しましょう。


しかしまあ、すらすらと文章が書けるものですね。参った、参った(笑)
uekusa_s_20100116121336.gif

草一秀さんの「主権者国民レジスタンス戦線結成の呼びかけ」に呼応し、参加を表明します。

今、大切なことはこの事態をネット情報に触れていない人たちに知らせることです。今回の事態は戦前の5.15や2.26に匹敵する一大事件です。私たちはこれを座して黙るわけにはいきません。私の方ではできるだけ早くチラシを作ります。出来ればバナーも作りたいと思っています。共謀罪の時にも同じようなことがありました。

ある地方在住のお医者さんが作られたチラシで「反戦な家づくり」さんのところで今でも見ることができます。
●反戦な家づくり  共謀罪反対のチラシhttp://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-117.html

【追記】13:30以下 杉並の山崎さんよりご提案がありましたので追記とさせていただきます。

「主権者国民レジスタンス戦線」に参加した国民が個人でできると思われるいくつかの行動を以下に記します。

1) 東京地検特捜部へ「権力の乱用を直ちに止めよ」「逮捕者を即時釈放せよ」と電話、ファックス、メールで要求する。

2) 最高検察庁へ「東京地検特捜部の暴走をやめさせろ」と電話、ファックス、メールで要求する。

3) 全国紙各社へ「検察のリーク情報をそのまま流すな」「検察の暴走をやめさせろ」と電話、ファックス、メールで要求する。

4) 全国紙の購読を直ちに止める。

5) NHKへ「検察のリーク情報をそのまま流すな」「検察の暴走をやめさせろ」と電話、ファックス、メールで要求する。

6) NHK受信料の支払いを停止する。

7) 民放TV各社へ「検察のリーク情報をそのまま流すな」「検察の暴走をやめさせろ」と電話、ファックス、メールで要求する。

8) 偏向報道がひどいTV番組の番組プロデューサーに電話、ファックス、メールでクレームする。

9) 偏向報道がひどいTV番組は見ないようにする。

10) 偏向報道がひどいTV番組のスポンサー企業に電話、ファックス、メールでクレームする。

11)偏向報道がひどいTV番組のスポンサー企業の商品を買わないようにする。

その他考えられる行動
1) 東京地検特捜部へ抗議デモをかける。

2) 大手マスコミ各社へ抗議デモをかける。

3) 「民主党政権転覆クーデター阻止・鳩山民主党政権支持」の民主党本部へのデモや集会を組織する。

4) 社民党と国民新党に対し「今回の攻撃は連立政権全体に対するクーデター攻撃である」ことを理解させ民主党と一体となって闘えと要求する。

5) 勢力拡大のチャンスと見て民主党政権批判を強めている日本共産党に対し「敵に塩を送る利敵行為はやめてともに闘え」と要求する。

6) 今年7月の参議院選挙で民主党に単独過半数を取らせて政権基盤を強化させ「検察・警察・司法」の大改革を実施できるようにする。

7) 「民主党政権転覆クーデター阻止・鳩山民主党政権支持」のチラシを作成し全国で広く配布する。

8) 討論会や集会を開催し「主権者国民レジスタンス戦線」への参加を広く呼びかける。



草一秀さんと共著を出されている副島隆彦さんがご自分の掲示板に素晴らしいメッセージを発表されましたのでご紹介したいと思います。
soejima.jpg


■ 石川知裕(いしかわともひろ)衆議院議員の、昨晩の逮捕の報道を受けて― 副島隆彦

http://www.soejima.to/

「副島隆彦の学問道場」(気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板) より



[1467]石川知裕(いしかわともひろ)衆議院議員の、昨晩の逮捕の報道を受けて。
投稿者:副島隆彦投稿日:2010/01/16(Sat) 08:03:16

副島隆彦です。昨晩、10時頃、石川知裕(ともひろ)衆議院議員を、東京地検・特捜部は、逮捕した。許すべからざる 違法行動である。腐(くさ)りきった、検察庁・法務省・裁判官ども、そしてこの、異常行動をを取る、検察特捜部を、解体、消滅させなければならない。

日本国民が支持し支える、鳩山政権に対して、ここまで、公然と敵対する気なら、お前たちの首をとってやる。みのもんたと、毎日新聞の岩見隆夫(この者たちも、「日蓮上人の辻説法を」というような連中だから、あの宗教団体の信者だという)も、特捜部長の佐久間達也(さくまたつや)らも、そうだという。彼ら下っ端(したっぱ)が、自分の生涯の出世を賭けて、検事総長(検察のトップ)の樋渡利明(ひわたりとしあき)ら、(この者たちも、別のもっと恐ろしい宗教団体の信者たちだと言う)が、「もうやめろ」と言っても、聞かないで、暴走しているそうだ。新聞記者たちが囁(さかや)き合っている。検察内部も激しく内部で、分裂というか、抗争を起こしている。それに加えて、テレビ6社(NHKを含む)新聞5社の、アメリカの手先どもである。まだ残っているであろう、まともな感覚をした記者たちが、内部から、幹部たちに反抗の火の手を上げるべきである。「自分たちが、今、やっていることは、本当に、国民に真実を伝え、国民のためになっている報道なのか」と、激しく苦しんで、幹部どもに抗議の行動を起こすべきだ。読売・日テレのナベツネ、氏家斉一郎=うじいえせいいちろう(日テレ会長=84歳の老害コンビ)、朝日新聞の舟橋洋一(ふなはしよゆういち)、そして宗教団体の TBS・毎日、崩れかかっている日枝久(ひえだひさし)のフジ・産経、日経新聞の会長の杉田亮毅(すぎたりょうき)=小泉のポン友、鶴田前会長を謀略で陥れた=らである。

おかしな人間たちが、ここまで国家体制の中に、国家資格試験の合格、という手段で、もぐりこんで、違法な行動、国家転覆、政権転覆のクーデターを仕掛けるようだと、私たち国民の怒りが、お前たちに、襲いかかるだろう。

以下で、鈴木宗雄(すずきむねお)衆議院外務委員長が、言っているとおりだ。これは、2.26事件と同じ、背後を深く仕組まれた 謀略のクーデタ―計画である。

私たちは、民主党政権とは関係なしに、鳩山民主党政権を応援するための、国民運動(こくみんうんどう)を起こすべきだと思います。国民運動(ドイツ語ならフォルクス・ゲゲーグンゲン)なら、私たちにも出来る。私たちは、憲法21条の「結社の自由、思想・表現の自由の保障」に依り、直接の国民政治行動に出るべきだと思います。

現在の、悪質な国家官僚ども(含む、検察・警察。法務省・裁判官たち・国税庁)を、今度こそ、徹底的に叩きのめして、制度改正して、彼らを、きちんとした、政治家(国民の代表たち)の言う事をしっかり聞く「事務公務員」に落とさなければならない。彼らに、「法律に基づく行法(ぎょうほう)」を行う事務公務員 にしつけ直さなければならない。

以下は、鈴木宗雄氏の、現下の事態での、阿修羅掲示板からの一番すぐれた発言です。

副島隆彦拝

転載貼り付け始め)
suzukimuneo.jpg


「石川衆院議員ら逮捕「これは平成の二・二六だ。権力の暴走。必ず汚点を残す」鈴木宗男氏」



(TBS)
http://www.asyura2.com/10/senkyo77/msg/606.html
投稿者 shimbi 日時 2010 年 1 月 16 日 02:40:57: ibnpLFktmKXy6

[コメント]
2010年1月15日放送のTBS「NEWS23」の中で、新党大地代表・鈴木宗男氏が石川知裕衆院議員らが逮捕されたことを受け、「これは平成の二・二六だ。権力の暴走。必ず汚点を残す」と発言する場面が流れていました。動画は下記URLで見ることができます。当該個所は0:33あたりからです。(本投稿の添付画像はこの動画から切り出したものです)

石川議員逮捕、与野党の反応はTBS Newsi2010年01月15日
http://www.youtube.com/watch?v=ohh1IOHcDKM

また本日(1月16日)零時のNHKニュースでは、鈴木氏が次のように語っている場面が流れていました。以下、発言を書き起こして引用します。

(引用ここから)

鈴木: 検察がここまでやるかというですね、率直な思いがあります。国会開会を間近に控えてね、逃げ隠れしませんよ。しかも、今までも事情聴取に応じていますね。ターゲットは小沢さんじゃなくて、鳩山内閣潰しだ。

(引用ここまで)

2010年1月16日1時15分に掲載されたasahi.comの記事「石川議員逮捕 鈴木宗男氏「異常としか言えない」」にも、鈴木氏の発言が載っています。以下引用します。

(引用ここから)

同じ足寄町 出身で、自分自身も受託収賄罪などで有罪判決を受けて上告中の新党大地の鈴木宗男代表は、16日午前0時前、議員会館前で「15日昼に石川議員から電話があった。水谷建設(の元幹部)に会ったこともないし、金をもらったこともない。接待もないと訴えていた。検察は全く聞いてくれない、私自身大変つらいです、と泣きながら話した」と、様子を述べた。

「家宅捜索を受け、証拠隠滅の恐れもないのになぜ身柄をとる必要があるのか。異常としか言えない。官僚政治の打破を掲げて政権交代したが、検察も官僚組織の一部。このまま民主党政権が続けば自分たちがどうなるかわからないから暴走したのだろう。鳩山政権つぶしだと受け止めている」

(引用ここまで)[ 引用元URL
http://www.asahi.com/national/update/0116/TKY201001150507.html ]

[関連]

「権力の横暴だ」石川容疑者逮捕で新党大地の鈴木宗男代表 2010.1.1601:36 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100116/stt1001160136001-n1.htm

ムネオ日記
http://www.muneo.gr.jp/html/page001.html

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦拝

(終わり)

226-tank.jpg


【追記】18:30 晴 天 と ら 日 和:(映像あり!)必見!小沢一郎が民主党2010年度定期大会で心情露呈!(これでも検察が横暴でないと言えるのか!)の小沢幹事長の演説は頼もしいです。新党大地のムネオちゃんの演説は「日本一!」です。とことん追い詰めてやりましょう!チラシのテキストは作成終わっています。明日の午前中には発表できると思います。
20100116k0000m010051000p_size5.jpgかけていたのですが10時過ぎに大地実さんから電話がかかって来てこのニュースを知りました。今日は3時過ぎから大塚にあるピースウォークfrom沖縄の事務所に居たのと、とらちゃんの記事のタイトルや阿修羅の投稿などを見て安心していました。

晴 天 と ら 日 和:小沢側強制捜査:検察は石川議員と大久保秘書の在宅起訴を検討。(これだけ大騒ぎして、。。。)

ブログでは杉並の山崎さんがいち早く伝えています。クーデターという表現が的を得ていると思います。
東京地検特捜部による強制捜査と石川議員逮捕は大手マスコミを使った「民主党政権転覆のクーデター」 - 杉並からの情報発信です

いつもコメントをいただく日本国憲法擁護連合さんの記事も注目できます。
戦前型警察国家の謀略官僚人脈 - 漆間巌、大林宏、田母神俊雄 | 日本国憲法擁護本当の自由主義と民主主義連合~法大OBのブログ

の勘では彼らのクーデターは失敗に終わると思っています。何故ならあまりにも国民を馬鹿にした露骨なやり方に多くの国民が辟易としているからです。共謀罪の闘いもほとんどの国民が蚊帳の外に置かれている状態でしたが、意識ある国民はFAX、電話あるいは直接国会前での抗議活動を展開し、何度も危ない場面があったにも関わらず阻止することができています。問題は紙情報に頼っている多くの人たちが「民主党はけしからない」とマスゴミ情報を信じてしまうということです。これは社民党や共産党の支持者でも同じです。

回の石川議員逮捕は検察とメディアがクーデター部隊となって自公や官僚の復権を目論むものです。法的にそれほど問題ないことをさも凶悪な犯罪を犯したかのように演出するノリピー事件の再演であり・・・
言ってみれば転び公妨なのです。
※転び公妨(ころびこうぼう)とは、警察官などの捜査官が被疑者に公務執行妨害罪(公妨)や傷害罪などを巧みに適用して現行犯逮捕する行為。別件逮捕であることが多い。Wikipediaより→自分から勝手に転んでおいて「突き飛ばした!」と難癖をつけて逮捕するという汚い手口です。

心ある国民はこのような裏権力の暴挙を許してはなりません!

20090317_567317.gif

日は多くの方々にお越しいただき、ありがとうございました。もうこのブログも5年目に入るわけですが、改めて「小学生でも解る」、「ビジュアル」、「笑い」というキーワードで差別化を図っていきたいと思っています。よろしくお願いします。

1.強制捜査の段ボール箱の中身は?


df8c25cf.jpg木宗男氏の「ムネオ日記」によると仰々しく持ち運ばれる段ボールの中身と言えばせいぜいノート1冊程度にしかすぎないと言う。

そして「段ボール箱を何箱押収した」と言うが、書類等をあの段ボール箱にぎっしり入れると、とても一人では持てない。捜査官は仰々ぎょうぎょうしく段ボール箱を抱えていくが、その中身はせいぜいノート一冊、書類少々で、極めて軽いものなのである。
 なぜわかるか。それは、平成14年、私の事務所、自宅が捜索された時、段ボール箱にはもっと書類が入るところを少ししか入れずに、捜査官がただただ数多く運び出した様にしている姿を見ているからである。検察はこうした無駄なパフォーマンスをしているのだ。
 読者の皆さんも、興味本意で今回の強制捜査を見るのではなく、検察、権力の暴走にかかったら大変なことになるということを考えながら、冷静に見て戴きたい。
 石川代議士を調べている検事は、おそらく次のように脅かし、すかし、ささやきをしていることだろう。「『政治資金規正法違反を意図的にやりました』と言え」と。そして大きな声で「小沢が守ってくれるのか?小沢は守ってくれないぞ。お前が良く知っているだろう」、「人生やり直した方が良い」、「否認し、聴取に応じないのなら、ガサかけるぞ」、「今からやるぞ」、「明日、また聴取を約束するか」と。石川代議士は、おそらくこの様に検事から言われていることだろう。
 単純な記載ミスを意図的にやったと言わせるやり方は、誤導、誘導である。それを経験した者として、私はそれなりに検察のやり方が想像できる。読者の皆さんも是非考えてほしい。
 密室での検事とのやり取りは、一般の人にとって大変な精神的負担になる。だから取調の全面的な可視化が必要なのだ。被疑者は勿論、将来証人、参考人になりうる人に対する聴取も全面可視化すべきだ。そうすれば、冤罪はなくせる。改めて、取調の全面可視化を訴えて行きたい。


ishidaki.jpg真は「石抱き」という江戸時代の拷問である。三角形の木を五本並べた上に正座させ、その上に重い石をいくつも置くのである。疑いをかけられた者は苦しさのあまり、誘導に乗ってしまうというわけでムネオ氏が指摘されている取調とまったく違わないのだ。違いがあるとすれば、戦前は検察と裁判所は同じ役所だったということだ。日本では、警察に逮捕された人間の99%が有罪判決を受ける。つまり検察が起訴すれば、裁判所は99%検察の主張を認める。検察と裁判所が一体化している。これではとても民主主義とは言えない。

2.三権分立とは?


sanken.jpg
上から解ることは検察とは行政であり、裁判所とは司法であり、独立していなければならないのが現代の日本国憲法の精神なのだ。そのことを簡潔に書かれたページを紹介する。
日本の警察、検察、裁判所を改革しよう。
多くの国民は、警察、検察、裁判所は、社会正義を実現する為にその職務を全うしようと努力している、と信じている。しかし、ひとたび自分が事件の当事者になったり、権力を相手に裁判を起こしたりすると、その理不尽さに直面することになる。

これは法治国家、民主主義の根幹の問題である。

私はそれらの体質を国民の納得できるものに改革する必要を強く感じる。マスコミにもこれに関するニュースは時々流れるが不十分である。また、政治家の中で この問題を強く指摘している人を私は知らない。

裁判所をチェックするシステムとして現在弾劾裁判所、最高裁判所裁判官に対する国民投票があるが全く機能していない。権力を相手とした裁判の判決を抜粋し、選挙で選ばれた
政治、社会運動がらみの刑事事件も、逮捕状、訴訟指揮も含め審査する。などのシステム委員が審査する。が必要だと私は思う。


れを読んでいて思い出すのは2008年10月26日に起こった麻生邸見学リアリティツァーのにおける3人逮捕という事件であった。



【過去記事】「公妨だ!」とわめくこのタコ坊主を逮捕せよ!http://henrryd6.blog24.fc2.com/blog-entry-531.html

は大地実さんらと一緒に歩いていた。近くには湯浅誠さんや雨宮処凛さんも居た。それがわずか2m先のところで逮捕されたのだ。幸い、その場面は動画に記録されていたので記事の中で紹介した。マスゴミ各社は警察発表が当然のような虚偽報道を行った。そういう意味ではインターネット時代が産んだ市民による画期的な報道であったのかもしれない。カナダde日本語の美爾依さん植草一秀の『知られざる真実』の植草さんに「アルファブロガー・アワード2008:ブログ記事大賞」への推薦をいただいた。

【過去記事】植草一秀様、美爾依様ありがとうございました!http://henrryd6.blog24.fc2.com/blog-entry-596.html※みずほたんとのツーショットが話題になった記事でした。

3.総務省が腰を上げた!



原口大臣メディア系列化廃止法案に言及~検察&5大マスメディアVS民主党&市民の図式が明確に - 情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)

ヤメ蚊さんからの転載です。簡単に言えば記者クラブを中心とした大本営発表を法的に取り締まるものだと思います。直接リンクをたどっていただければ図があります。代わりとして過去に書いた検察の組織図を再掲します。

総務相が新聞社の放送局への出資禁止を明言 - ビデオニュース・オン・ディマンド - ビデオニュース・ドットコム インターネット放送局



  • このエントリーのカテゴリ : 裏権力
sagionna.jpg

婚詐欺連続殺人事件の重大容疑者、木嶋佳苗が既に6回目の逮捕だというのに実名は報道されず、しかも重大な6人もの凶悪殺人容疑犯であるにも関わらず、「詐欺容疑」だと宣う。覚醒剤を使用したというだけで連日連夜大さわぎをしたノリピーの報道との落差に愕然とさせられる。木嶋佳苗でgoogleイメージ検索をした結果。まあ出て来る!出て来る!
あるブロガーの方と電話でお話しをして出てきた推測はカルトによる保険金殺人が背景にあるのではないかということです。そう言えば鳥取県でも同じような事件がありましたね。これはけっして偶然の一致ではないでしょう。

kijganhaoi.jpg

の事件だけ見ても現在の裏権力の異常さを如実に示している。テレビにかじりつくB層でさえ、今の報道のあり様に疑問をもつ人間が続出しているのではないだろうか。クローズアップ現代で12日、「変わる巨大メディア・新聞」として現状を報告していた。

巨大メディア新聞に変革の波が押し寄せている。米国では部数減に加え不況で広告収入が激減。廃刊も相次ぎ、NYタイムズ紙等有力紙も危機に瀕している。日米の現状を追う。


20100113175741e66.jpgんなもの私に言わせたら日本偏向協会の偏向報道にしかすぎない。それを持ち上げているブログ記事があった。いくら偉そうにたくさん文章を書いたところでその本質は裏権力応援ブログにしか過ぎない。こいつの本質は司馬遼太郎や丸山真男をモデルとしたプロパガンダそのものなのだ。こんな体制べったりの人間が「反貧困」などと論じるのはまさにカメレオンのような偽装にしかすぎないと思う。国谷裕子なんて一見リベラルなキャスターは所詮、権力をよいしょしているだけだし、立花隆も田中角栄氏を嵌め、月面着陸を賛美したCIA派遣の似非ジャーナリストでしかないと思っている。
メディアに求められる姿勢は「権力の監視」だそうだが、今のマスゴミのやっていることは「権力の監視」などというものではなく、社会への有毒な公害発生源であり、人々を洗脳しているに過ぎない。

察を「正義のために悪を摘発する組織」などと思っていては今の政治状況の本質などまったく見えない。検察など正義であった試しなどまずない。お江戸の昔でも権力に反対する人間に罪を被せ、拷問によって自白させた事件はいくらでもあるし、植草事件だけを見ても明白だ。
山崎行太郎氏が鋭い記事を書かれている。

文藝評論家=山崎行太郎の政治ブログ 『毒蛇山荘日記』反政府的な暴力集団・東京地検特捜部を解体せよ。

しかし、革命や戦争、あるいは犯罪という異常事態や限界状況においては、その暴力装置の実態が明らかになる。言い換えれば、国家の名の元に、そういう特殊状況においては殺人が肯定されるということである。むろん、普段でも、裁判と死刑という制度において、殺人は公然と行われているが、われわれは、そこで国家の暴力装置が機能したとは考えない。国家や社会を防衛するための「必要悪」程度の認識しか持たない。しかし、国家という暴力装置は、普段から、確実に機能している。そしてその国家という暴力装置の先兵を担うのが警察と検察、あるいは裁判所である。むろん、三権分立というタテマエから、それぞれ独立しているように見えるが、警察も検察も裁判所も、実質的には政府の管理下にある。たとえば警察や検察が、反政府的な行動をとることは、まったくないとは言えないが、あまりない。現在、東京地検特捜部が、政権交替の前後から、民主党の鳩山首相や小沢幹事長をターゲットにして、不可解な動きを繰り返しているが、これは、民主党政権に公然と反旗を翻した羽毛田信吾宮内庁長官の例と同様に、一種の「官僚組織によるクーデター」と言うことができる。これは佐藤優氏が指摘していることだが、2・26事件当時の「青年将校」がそうであったように、「正義の味方」気取りの検察官僚が、悪徳政治家を抹殺して、日本国家を再建する、つまり自分達の手で「世直し」を試みているようなものと考えてよい。

20100113-971300-1-N.jpg


頭の結婚詐欺殺人事件の裏には巨悪が存在しているだろう。そんなことは新聞にもテレビにもけっして載らない。載らないから巨悪など存在しないというのはあまりにも脳天気な見方か、巨悪に毒されているからだろう。どうも従来左翼の平和ボケ運動家には悪いがこういう権力の構造がまるで見えていないと思う。「9条を守れ!」だけ言っておれば平和が守れる時代ではない。彼らの依拠している情報が体制擁護のマスゴミや御用学者&評論家たちの紙情報であるからだ。残念ながら有名なブロガーの中にもそういう方がおられて自信のなさを露見されてしまっている。もっとネット情報に注目していただきたい。4億円の出所も和子夫人からだということが既に明らかになっています。→期待していますよ!※船井幸雄さんの日報へのお決まり文句でした。(笑)

情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士「小沢氏国策捜査を喜んで報道するメディア、検察裏金疑惑取材せずに正当化できない…ツイッター風に

今回の小沢捜査は、町中で、外国人やちょっと斜に構えた若者を見つけて、ちょっと来いといってひっぱり、カバンの中から、釣りに使ったナイフを出し忘れたのを見つけて、軽犯罪法違反だ、といって検挙する警察の在り方に近い。

小沢の4億円が本当に具体的に賄賂だという確証があれば格別、単に4億円も持っていたのは、きっとどこかからかの違法献金だ、という程度の根拠で捜査し、だめでも、形式犯での捜査ということで、批判をまぬかれる。

マスメディアは、不当な街中での職務質問を見逃し、検察・警察にメスを入れようとした民主党つぶしの国策捜査を見逃す…。

それで、なに、検察リーク批判は間違っているって?

沢氏が悪だから摘発されるのではなく、裏権力にとっては真の正義であるからこそ、とにかくマスゴミを使って大騒ぎさせ、捕まえてしまえば良いという発想なのだ。こういうことを許せば、共謀罪をごり押しし、戦前の暗黒ファシズムの時代に戻る悪夢の可能性もあり得なくはない。裏権力の側はものの見事に一致して今や阿修羅をすら我が物顔している。
  • このエントリーのカテゴリ : 裏権力
スゴミ+東京地検+シロアリ自民という55年体制を担って来た国賊どもが、哀れなほどの民主党攻撃にうつつを抜かしている。私ははっきり言って内閣支持率などまったく信用していない。ニュースでどこぞのやくざまがいの人間に「小沢幹事長は辞任しろ!」と言わせ、政治のことなどまるで解っていない人間に「小沢氏は強権的な感じがする」と言わせ、アホな番組を湯水のように垂れながしている。今や賢明な国民は評論家のことも信用していないし、ましてやマスゴミのコメンテータなどは(「殺してやりたい!」とは思うことしばしば=共謀罪が通っていたらヤバイですね。)嫌悪の対象でしかない。テレ朝のTVタックルなどはまともな与党の政治家など誰も出なくなったようで、3時間スペシャルなどを延々とやっている。正月に桂文珍さんの落語を聞いたら、笑いで手術跡が痛んだ。それに引き替え、今のマスゴミに出ているお笑い芸人など政治ショーのコメンテーターと同じでギャラの安い連中ばかり集めて来て最悪なお馬鹿番組を繰り広げているのだから、もはやテレビは社会への有毒な公害発生源と言わざるを得ない。こんな連中には自分たちがどれだけ社会や国民に対して有害な公害を流しているかの自覚がないようだ。いまだに記者会見に集まって来る若い記者など自分たちがエリートだと思っていたとしたら、それは日本と言う国や将来、国を背負うべき多くの若者への許すことのできない背信行為である。

日はいろいろと整理をやっていたのでこれ以上、書こうとは思わない。以下、おすすめ記事を紹介させていただく。

●ここに来て東京地検特捜部の全面敗北は決定的です~杉並からの情報発信です
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/30f258937a1236f77377e8b11ba137cb

●鳩山総理攻撃から小沢幹事長攻撃に矛先を変えた国家権力・東京地検とシロアリ自民の策謀について~日本国憲法擁護本当の自由主義と民主主義連合~法大OBのブログ
http://navy.ap.teacup.com/union/1616.html

ところで2010ピースウォークfrom沖縄のブログに「伊波宜野湾市長との対談をアップ」が記事化されている。




レビがあまりにも酷いので最近はYouTubeでいろいろ検索している。昨日はなんと「釣りバカ日誌」のアニメーション版を発見した。コミックはほとんど見ていたがアニメーション版があるのは知りませんでした。昨日は1話1~3、2話1~3、3話1~3、5話1~3を全部見ました。これは笑えます。ハゼ太郎とコイ太郎が相撲をするところなど、現実の相撲などまったく興味がない人間ですが最高に楽しいです。




末から手術の跡の痛みがあり、何もできませんでした。やっと風呂にも入り、ゴミを片づけ、洗い物と洗濯ができました。狭い部屋に住んでいると片づけるのがなかなか大変です。

tankiyousei2028.jpgtankiyousei2029.jpg


「たこやきおいしかったです。」とあるのは「増山麗奈の革命鍋! : ケーキ作り?」に詳しいです。
昨日はアクティブズム住職の妙法寺さんのアジトにお邪魔して、有名ブロガーのヘンリー・オーツさんにおいしい明石焼(シンプルなたこやき)を手作りしていただきました。美味しかった!


年の10月7日に石橋上人のご自宅で飲み会があった時に明石焼きを焼いたのです。ネット上の本格的なレシピを見て作っていますので東京で提供されている明石焼きなど(例えば新宿の小田急ハルクの地下に は道頓堀くくるというお店がありますが、見た目はともかく味では負けません。当日、同席していた喜八さんもその感想を書いてくれています。

ヘンリー・オーツさんがつくってくれた明石焼《あかしやき》。

091008_3s.jpg

焼き始める前の状態です。
明石焼は兵庫県明石市に江戸時代から伝わる卵焼の一種で、見た目はタコ焼に似ています。
オーツさんによると「明石焼はタコ焼のルーツ」だそうです。
生地に鶏卵が使われていて、タコ焼よりかなり柔らかく、具はタコのみ。
東京ではあまり見かけられない料理のようです。
091008_4s.jpg

オーツさん、前回の本格的大阪タコ焼に続き、明石焼をつくっていただきまして有難うございます。
「やはり、男は料理が上手くないといけないなあ」なんて、料理下手の私(喜八)も改めて痛感しました。
ヘンリーさんの得意料理は「お好み焼」「もんじゃ焼」など、まだまだあるそうです。
あつかましいようではありますが(汗)、今後も楽しみにさせていただきます。
ヘンリー・オーツさん、明石焼ご馳走さまでした!


へへへ大阪名物いかやきなんてものももありまんねん。大阪で阪神百貨店の地下にあるイカヤキのお店を知らなかったら完全にモグリと言えます。以前に「くりもとミレニアムシティ」というところでは明石焼きやイカヤキ、流しそうめんがブームになっていました。
akashi-07-l.jpgm-h-ika.jpg
これが明石焼きの銅板です。 これが大阪名物イカヤキの家庭用鉄板です。



山麗奈ちゃんの桃色ジャンヌダルクにはパワーが感じられて期待しています。マイケル・ムーアの「キャピタリズム」に通じるところがあるのではと思っています。彼女の「エロスジェネ」を読むと格差社会で非人間的な生活を強いられている人たちへの「やさしさ」が溢れています。まあ日本人離れしたパフォーマンスを平気でやってくれる彼女ですが知性にも溢れています。東京ディズニーランドで成人式をあげているミッキー大好きな女の子を見ているとまさに猛烈な洗脳状態にあると言わざるを得ません。

映画『桃色のジャンヌ・ダルク』予告編




Captalism.jpg

イケル・ムーアの「キャピタリズム~マネーは踊る!」を見て来た。原題はCapitalism:A Love Story 冗談のような原題だが資本主義に翻弄され家を失った人への愛を込めた物語と言いたいのだろう。最後にジャズ風の「インターナショナル」が流れるが涙が流れて来た。けっしてテレビなどでは伝えられないアメリカの悲惨な状況が描かれていたからだ。船井総研で理想の小売業とみんなが研究していたあのウォルマートでさえ新自由主義の悪影響を受け、末端の女性従業員にまで保険をかけてボロ儲けをしているという。パイロットは日本のイメージと大きく違い低賃金で長時間労働させられているという。まるでソウカの保険金殺人を連想させるようなことを一流と言われる企業がしているというのだから驚かされる。

http://newsweekjapan.jp/column/machiyama/2009/09/post-60.phpより
マイケル・ムーアの新作『Capitalism:A Love Story』(邦題『キャピタリズム?マネーは踊る?』、日本では昨年12月から限定公開、10年1月から全国拡大公開)されている。映画はこんなロックンロールで始まる。

 共産主義世界は崩壊したけど
 資本主義者には失望させられるだけ
 金こそがその理由だ
 まったくルイルイ歌うしかないぜ

 なぜアメリカには公的医療保険がないんだ?
 ブッシュの親父やゴルヴァチョフの後
 ベルリンの壁は倒れたけど、何かが失われた
 テレビのニュースを見ると映画みたいだ
 俺はルイルイ歌うしかないぜ

 Louie Louie by Iggy Pop



 これは、社会主義の崩壊と共に失われた「何か」を描いた映画である。

 歌うはパンクの神様イギー・ポップ。イギーはデトロイト・エリアで生まれたマイケル・ムーアの同郷人。イギーはフォードの城下町デアボーン、ムーアはGM(ジェネラル・モーターズ)の工場町フリントの出身で、ムーアの父はGMのプラグ工場の労働者だった。

『キャピタリズム』は、住宅ローンが払えなくなって家を強制退去させられる人々を映し出す。ムーアの映画第1作『ロジャー&ミー』のラストシーンとまったく同じだ。1980年代、ムーアの故郷フリントではGMの工場が閉鎖され、労働者が大量解雇され、町は廃墟になっていった。GMが工場を人件費の安いメキシコやカナダにアウトソースさせている事実を知ったムーアはGMのCEOロジャー・スミスに直談判しようとした。

 それからちょうど20年経った2009年、フリントの惨状はアメリカ全体に広がってしまった。

 ムーアは自分が子どもだった50ー60年代を懐かしむ。あの頃は自動車工場の組立工であっても、家が買えて、子どもを2人も大学に入れることができた。病気は組合の医療保険で支払った。お金は銀行に預けておけば高い金利で勝手に増えた。今、それが全部パアになった。

 今のアメリカ庶民は、銀行の金利がタダ同然なので老後の蓄えを401Kの投資信託に入れたが、それも株価暴落と共に消えた。民間の保険会社は医療費支払を拒否するので、病気になると破産。サブプライムローンで家を失い、子ども1人を高校を卒業させるまでにかかるお金は平均2000万円、大学4年間にかかる費用1000万円は、中産階級にも払えない。

 ムーアは現在のアメリカのすさまじい搾取社会の実態を見せていく。なかでも驚くのは、大企業が従業員に無断で生命保険をかけ、受取人になっているという事実だ。ウォルマートで働いていた妻が亡くなって3人の子供を抱えた夫が、妻の生命保険で会社が800万円もの保険金を受けていたことを知って呆然とする。葬式代も出せない貧乏な一家だが、会社は遺族に1セントも見舞金を払わなかった。

 普通なら、これはアメリカの資本主義の運営に問題があると考えるが、ムーアは資本主義そのものが問題なのだと訴え始める。

 これだからムーアは「アカだ」「反アメリカだ」と叩かれる。ところが、彼のアンチ資本主義はマルクス主義のほうには行かないのだ。

 まず、彼は愛国へと向かう。

 ムーアはアメリカの独立宣言の文面を読む。建国の父の言葉には資本主義や自由市場競争を賛美する言葉はなかった。代わりにアメリカの目指すものとして掲げられていたのは「平等」だった。

 それを読んだムーアは「アメリカ建国の精神に戻り、今こそ資本主義よりも民主主義を」と訴えるのだ。

 しかし、「資本主義よりも民主主義を」という言葉はどこか変だ。資本主義は経済システムで、民主主義は政治システムだ。ジャンルが違うのだ。それに歴史的には、資本主義の発展が庶民に経済的力を与え、それが民主主義を生んだので、2つは対立する概念ではない。

 現在のアメリカの格差社会は1980年代のレーガン政権から続いてきた「新自由主義」の四半世紀の結果である。だからムーアはレーガン以前、つまりニューディール時代を現在に呼び戻せと考える。そしてニューディール政策を始めたルーズベルト大統領最後の演説(1944年1月11日)を聞かせる。それはアメリカ憲法で保障された「幸福の追求」をより具体的に実現するための新しい権利章典の提唱だった。ルーズベルトが掲げた権利は以下の通り。

 社会に貢献し、正当な報酬を得られる仕事を持つ権利
 充分な食事、衣料、休暇を得る権利
 農家が農業で適正に暮らせる権利
 大手、中小を問わず、ビジネスにおいて不公平な競争や独占の妨害を受けない権利
 すべての世帯が適正な家を持てる権利
 適正な医療を受け、健康に暮らせる権利
 老齢、病気、事故、失業による経済的な危機から守られる権利
 良い教育を受ける権利

 この演説の後すぐにローズベルトは亡くなり、この権利章典は法制化されなかった。ムーアはこれを実現するのがアメリカの使命だと訴える。

 ただ、アメリカは実際、これを実現しようとしていたのだ。60年代まで続いたニューディール政策のアメリカは国民の平等を第一とする福祉国家だった。ジョンソン大統領は「偉大なる社会」をスローガンに掲げて貧困の根絶を目指していた。世界中があこがれたアメリカン・ドリーム、誰もが豊かになれるアメリカとは、ある意味、社会主義的な理想でもあった。

 ところが、それは経済の停滞を生み、70年代にニューディール政策は崩壊した。だから、平等よりも競争によって経済を活性化させる新自由主義とレーガン政権が登場したのだ。

 ニューディールも新自由主義も共に失敗した今、アメリカは第3の方法を手探りしている。だが、そうした経済・政治論議にムーアは興味を示さない。

 ムーアの心は神へと向かう。

 アイルランド系で、敬虔なカソリックとして育ったムーアは子どもの頃は神学校に通い、神父を目指していた。『ボウリング・フォー・コロンバイン』(02年)でアカデミー賞を取った時も壇上から「ローマ法王もイラク攻撃に反対だ」と叫んだ。

 『資本主義というラブストーリー』でもムーアは格差社会について経済学者や政治家にインタビューするのではなく、ローマン・カソリックの神父たちに質問する。

 「クリスチャンとして、資本主義をどう思いますか?」と。

 キリストは「富める者が天国の門に入るのはラクダが針の穴を通るよりも難しい」と言った。「貧しい者に分け与えなさい」と、言った。キリストが生涯ただ一度激怒したのはあこぎな商売人どもを蹴散らした時だ。キリストの言葉や行動は、弱肉強食の自由市場主義とは相反するものばかりだ。そもそも西欧の社会主義思想はキリスト教から生まれたのだ。当然、神父たちは皆、こう答えるしかない。

 「資本主義は邪悪であり、神の教えに反している」

 ムーアはその言葉にただ従う。

 実は、プロテスタントが「労働によって富を蓄えることは神への道だ」と説いて価値観を逆転させたことから現在の資本主義が発展したのだ。アメリカの人口の3割を占めるキリスト教福音派もまたプロテスタントであり、自由市場主義を信奉している。庶民の生活を救う公的医療保険に対しても、「政府による福祉は社会主義だ」「貧乏人のために税金を使うな」と頑固に反対している。

 彼らに「それはキリスト教的ではないよ」と反論する代わりに、ムーアはウディ・ガスリーの歌で映画の幕を閉じる。

 イエスは金持ちに言った。「貧しい者たちに施しなさい」
 だから奴らはイエスを葬り去った
 イエスは病める者、貧しき者、飢えた者、傷ついた者を救った
 だから奴らはイエスを葬り去った
 イエスは宗教家や警官にも同じことを言った
 宝石を売って貧しき者に施しなさい
 ところが奴らはイエスを葬り去った
 イエスが町にやって来ると、彼の言葉を信じる労働者たちに歓迎された
 銀行家や宗教家どもはイエスを十字架にかけた

 この歌はニューヨークで書かれた
 金持ちと宗教家と、その奴隷たちの街で
 そうだ、もしイエスが今、同じように演説したら
 奴らはイエスを逮捕して処刑するだろう

 Jesus Christ by Woody Guthrie

 ムーアは政治家でもアカでもなく、素朴なキリスト者なのだ。


Woody Gathrieはフォークの父と言われる人でBob Dylanなどに大きな影響を与えた歌手である。息子のArloは一世を風靡したが今はすっかりおじいちゃんになってしまった。


mogi.jpg

日の夜9時から「龍馬伝×プロフェショナル」という番組を見た。まったく酷い番組で今のNHK俗論派のレベルを表していると思った。

正月特集 龍馬伝 × プロフェッショナル (2010年1月2日放送) | NHK プロフェッショナル 仕事の流儀

人を動かし、時代を動かした男・坂本龍馬。その秘密はどこにあるのか。「龍馬の流儀」を探るべく、脳科学者・茂木健一郎が歴史資料を解析。浮かび上がってきたキーワードは「ミラーニューロン」だ。自分のやることは、鏡に映したように相手の脳の神経細胞で表現されるといわれている仕組みのことだ。つまり、龍馬がすべてをさらけ出して相手と向き合ったことが、ミラニューロンの働きによって相手の警戒心をほどかせる事につながり、結果的に人びとの心をつかみ、時代を動かしたのではないかと茂木は推測。龍馬は、脳の天才だったのだ。


本龍馬の活躍を脳科学という学問で分析するというのだから噴飯ものだ。ユダヤ権力が存在しない歴史などはこのブログで何回も書いているように「うなぎの無いうな丼」にしかすぎない。こういうことを書くと必ず正月早々に「陰謀論」「偽科学」などと批判する、私にはユダヤ権力から金を貰っているとしか考えられない連中が騒ぐだろう。「坂の上の雲」は当分、お休みだが龍馬伝は見逃せない。司馬遼太郎の「竜馬が行く」はすべて読んでいる。だがこんなものは「うなぎの無いうな丼」にしかすぎない。こういうことを書くと多くの竜馬ファンの方から非難を受けることは予測できるが、書かずにはおれない。とりあえず「反ロスチャイルド同盟」のおすすめ動画にある 『「龍馬の黒幕」 無料動画・おもしろ動画のムービーポータル-AmebaVision』を見て欲しい。あのグラバーとの関係が指摘されている。おそらく一脱藩浪人にしかすぎなかった龍馬が活躍できたのは「脳科学」などという「偽科学」のなせる技ではなく、「ユダヤ権力というウナギ」によるものであったのだ。歴史の評価をする場合、より真実に近い評価とより虚偽に近い評価にベクトルが別れるだろう。中心は教科書レベルであり、より虚偽に近い評価というのは「田母神」や「作る会」そのものである。教科書には朝鮮の王妃であった閔妃(ビンピ)の事も伊藤博文(=孝明天皇暗殺容疑者)を暗殺した韓国の英雄である安重根(アンジュングン)など何も触れられていない。そんな教科書に真実などあるわけがない。脳科学者・茂木健一郎なる人物の怪しさは見ているだけですぐにわかる。「杉並からの情報発信です」も同じような感性を持たれているようでよく電話でお話している。

Wikipediaより

茂木への第三者の評価
瀬名秀明(作家、科学者)
ブログ上にて「「クオリア」「アハ体験」「1回性の人生」などは、別に茂木さんがつくった言葉ではないし、茂木さんが初めて言い出したことでもない。でもあたかもそれらを自分で考えたかのように語ることで、茂木さんはポピュラリティを獲得した。」と述べ、『自分をうまく欺ける人の方が成功する』例として茂木の名を挙げた。


かし東大出の連中というのは本当に頭のおかしい連中だと言わざるを得ない。(福島瑞穂さん、湯浅誠さん、稲葉剛さんは例外です。)なんらかの洗脳教育がなされるのであろうか?「ユダヤ権力が世界を支配しているなどということは理論上あり得ない!」などという輩が居るがそんな理論があるなら発表して欲しいと強く思う。


  • このエントリーのカテゴリ : 歴史
まりにもテレビがつまらないので映画館へ「釣りバカ日誌 ファイナル」を見ようと南北線で駒込まで行った。最初は「日高屋」で野菜炒めでも食べようと思っていたのですが降りたところに「なか卯」があったのでうどんを食べました。新宿での映画の開始時間まで有名な六義園を散歩しようと思っていたのですがあまりにも寒いので帰ってしまいました。

私は単純な映画が好きです。この映画も石橋上人宅で一緒に大笑しながら見ました。YouTubeでおすすめ動画があればぜひコメントで教えてください。市民社会フォーラムのokabyさんはマイケル・ムーア監督の「キャピタリズム マネーは踊る」を既に2回見ているそうですが3回目を見たいそうです。映画と言えば増山麗奈ちゃんの映画「桃色のジャンヌ・ダルク」公式HPが出来ている。映画をヒットさせて、畑のある家に引っ越す。と年始の決意を見せている。頼もしい限りだ。

The Wonders - That Thing You Do!




釣りバカ日誌ファイナル!
  • このエントリーのカテゴリ : ぼやき
gajyou.jpg


日は11時から大塚の事務所へ行って年賀状の宛名書きをしました。9条改憲阻止の会のHさんにも手伝っていただいたのでどうにか101枚を投函することができました。私も行きたかったのですが今の体では無理なので後方支援に徹するつもりです。石橋上人、池邊幸恵さん、永瀬ユキさんは28日に出発しました。30日には台湾から大津上人がタイのお坊さま2名と駆けつけられたようです。
2010年ピースウォークfrom沖縄のホームページは以下のアドレスです。
http://peacewalk.xrea.jp/

20091230-monk.jpg


【追記20:58】テレビの酷さは極限に達していますね。
制作費が不足しているのでしょう。
過去の番組を使い回ししてお茶を濁しています。
公設の派遣村には既に750人が集まっているとの
こと。去年より確実に状況が悪くなっていると思い
ます。



 
 

CalendArchive

 

時計(ClockLink.com)

 

プロフィール

ヘンリー・オーツ

Author:ヘンリー・オーツ
●個人サイト
Henrry's talking to myself
http://henrry.net
※現在62歳の万年ロックおじさんです。元過激派高校生です。もう狂った世界や政治のことを書くのに疲れました。これからは新しい時代を予感させる情報をお伝えします。
大阪府守口市出身 東京生活10年を経て
山梨県北杜市小淵沢町在住
サバイバル生活を実践しています。彼女と古民家にて菜園と「流しそうめん&明石焼き」のお店を開きたいです。
●詳細プロフィールは・・
http://henrry.net/
profile.htm

●e-mail
henrryd6@gmail.com
●Facebookのアドレスは・・
https://www.facebook.com
/henrry.oates

当ブログのリンク構造をご覧ください!

 

「武器商人を経営分析する!」

 
 
 

月別過去記事一覧

 
 

全ての記事を表示する

 

QRコード

QR
 

Amazonお買い得商品

 

アンケートです!

アンケート
性別・年代を教えてください!
男性20代
男性30代
男性40代
男性50代
男声60代以上
女性20代
女性30代
女性40代
女性50代
女性60代以上

 

お奨め書籍









 

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

 
 

Keshe Foundation


KesheFound
 

亡国電波戦犯

ブログ記事上で投票によって決まったワースト順位です。クリックしていただきますと別窓で大きな画像が開きます。
 

ソルフェジオ528Hz

 

大津久郎出版記念講演


 

小淵沢勉強会「世界の嘘とその真相」



 

悪党天国日本♪チャチャチャ


 

アアアのアホ太郎♪


 

増山麗奈のいかす!チャンネル


 

PCトラブル

PC&ネットのトラブル解決便利屋を始めました。定期的な点検・整備もおまかせください。くわしくは 「パソコントラブル4000円♪ネットがすいすい訪問サービス」を始めます!をお読みください!下のメールフォームよりお問い合わせください。
 

メールフォーム

名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。