04 月<< 2011年05 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
toptitle_20110528213529.gif

うれしいトラックバックがあった。

2011年05月30日(月)
コンピュータ監視法案にFUCK

え~、ということでどさくさに紛れてまたしょうもないことを企む輩が民主党内にもいらっしゃるようでございます。

5年前あの世に送ったはずの共謀罪(治安維持法の21世紀バージョンのネット版であるこの「コンピュータ監視法案ですが、


はっきり言います。 です く~そ

と、大声で叫ぶ代わりに大文字にして書きなぐりたい衝動にかられてしまう法案ですが、思いおこせば昨年に事情通から「ネットは今後いろんなところの監視やら何やらがついて居心地悪くなる」というお話をお聞きしてある程度覚悟はしてたけど、こういう形でとうとう来たか!!と思ってしまいました。

本当にギリギリになっての反対声明になってしまいましたがどうか皆さんこの糞法案の採決阻止行動をネットに広めてあげてください。

なお、この運動の中心的役割のブロガーさんは

プレゼンやらしたらおそらく日本一のブロガー ヘンリー・オーツさん

と、はてなの良心ともいうべき頼れる兄貴(ご結婚おめでとうございます)カマヤンさん

です。皆さんよろしくお願いします。


対するコメントでは友人の変人タクちゃんのものがうれしかった。

共謀罪から今回の法案に対してはブロガーの中ではヘンリーさんが一番先頭を切っていると思います。ヘンリーさんのこの活動に励まされますし応援してます。


ではまた今日のつぶやきを普通の文章に修正して発表します。

はようございます。昨日はコンピュータ監視法案を中心にして88もつぶやきました。今日も頑張りたいと思います。思うに権力側が出して来る法案というものは羊のぬいぐるみを着た狼に例えれば羊のぬいぐるみにあたります。「青少年をウィルスの害から守る?」福島で子供たちに20ミリシーベルトを押し付けようとした官僚が本気でそんなことを考えるわけがありません。ぬいぐるみなんて所詮、脱いでしまえば中身は狼なわけでぬいぐるみ自体をあれこれ検討することなどまったく意味がないのです。官僚なんてなんとでも言い訳をします。

13france-cnd-span1-articleLarge_20110531000228.jpg

んなものを真に受けていてはなりません。中身はあくまで狼。動機は不純で憲法違反そのものです。日本人はお上に超甘な国民性を持っていますがそれだけ民主主義が定着していないことの証明です。フランスでは高校生たちが50年後の年金支給に関してデモに参加します。原発でこれだけ危険な被害に遭っているというのに声をあげる人はまだまだごく一部です。それどころか被災地から避難する人たちを非難したり、放射能汚染された野菜を拒否することを風評被害などと言って非難します。政府の見え透いたプロパガンダに引っかかる人がすごく多いのです。

TPP参加延期に「喜ばしくない」と米が強い不快感だと。破綻寸前の国が偉そうによく言うよ!無理心中要求断固拒否!地獄へ行け!デビット・ロックフェラー爺。自分では遺伝子組み換え食物を作っておきながら自然なものを厳選して食べているとしても健康に寿命をまっとうできるものではありません。やはり何をしたかが問われるでしょう。もう悔い改めてもあまりに殺した人の数が多すぎます!地獄へどうぞ!

者の方「目覚ましTVを見ていたら、激しく日本の平和ボケのオバさんに情けなくなる」政治家だってそういうおばさんたちによって選ばれているからマスゴミが気になってまるで風見鶏。正しいことを指し示すのが政治家でしょう。今の日本で自分たちの国が独立国ではなく、宗主国であるダメリカに不当に収奪され、無理難題ばかり押し付けられているジャイアンとのび太君のような関係であると何割くらいの人が認識しているのでしょう。

大多数の国民にとってその生活を守る立場が正義。その立場を脅かすのが悪。あなたのように難しそうにもの事を説明するのは真実を煙にまいてしまう御用学者のやり方そのものです。監視糾弾されるべきは犯罪政府の大嘘なのです!
小学生にでも解る嘘をつきまくり、それを後押しするマスゴミこんな国を今直ぐ変えましょう。今直ぐ原発を止めさせましょう。嘘つきは破壊の始まり、今こそこのゆがんだ社会を破壊し、新しい日本を正しい指導者の下に再生しましょう!頑張ろう日本とか風評被害ということで東電や政府にたいする責任を曖昧にしているのです。ろくでもない洗脳だと思います。

世界人口削減化計画→悪魔の計画によって起こる災害の連鎖。エイズ、SRAS、鶏インフルエンザ、口蹄疫、子宮頸がん、抗癌ビジネスetcどれだけ多くの人たちが犠牲になっていることか?こういうことを書くと「陰謀論」「疑似科学」などと解ったようなことを言う。宇野正美さんが「ユダヤが解れば世界が見えてくる」を書かれた頃はユダヤということ自体が非常に危険なことと思われていたのですが今やインターネット時代。人々の怒りは天を突きそうな勢いですね。むしろ恐れをなしているのではないでしょうか。

んか可哀想な人たちですよね。世界の富を集中して楽しいかと言えばそうではなく自分たちの立場を維持するために戦争に人を追いやり、死ぬ人が多ければ大儲け。いまどき所有なんてかっこ悪いと思うのですけどね。ワニ革のジャンパーを着てなにかいいことがありますか?

ニ皮の靴を履いて何かいいことがありますか?人の不幸を見て楽しいですか?人の心まで金で買えますか?寂しい人生ですね。かつて宮沢賢治は多くの人が幸せにならないと自分の幸せはないと言われました。あなたたちは多くの人が不幸にならないと幸せになれないのですか?ユダヤ教とは不思議な宗教ですね。ゴイムの赤ちゃんは奇形になっても構わないのですか?

IMG_0082.jpg

私は17歳で命を賭けて闘ったことがあります。1969.11.16 あの時、拾った命、ここで捨てても惜しくはありません。もう彼らの金融が信用創造という詐欺そのものであることが知れ渡りました。石油などに頼らなくても代替えのエネルギーなどいくらでもあることが解りました。もう彼らの存在そのものが地球のガンになっているのです。日本銀行=ユダヤ銀行日本支店なのです。

ブログ記事「メルトダウン派軍事政権の誕生を主権者国民の総力を挙げて阻止しよう! 」 http://t.co/QcMNWBN をアップしました。こんな悪法を阻止できるのは覚醒した市民の結集だけです。けっして人ごとだと思わないでください。子供たちの未来がかかっています。

「コンピュータ監視法案」で検索しても私のページが出て来ない。完全にgoogle八分にされてしまっています。もうすでに充分監視されているのです。「共謀罪反対 国際共同署名」も相当後ろで初めて出てきます。こんなことはほんの予兆にしかすぎません。もうこれだけで充分です。

110510kokkai0.jpg
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 共謀罪
toptitle_20110528213529.gif

日はツイッターを中心に「コンピュータ監視法案」の衆院法務委員会での強行採決を阻止すべく多くの人に呼びかけました。この日本でまさかの私が一番先頭で呼びかけることになるとは毛頭、思ってもみないことでした。昨日、呼びかけた88のつぶやきを普通の文章にしてみました。

、メルトダウン空き缶政権は土俵の間際まで押しやられているように見えます。しかしこのまますんなり引き下がるでしょうか。恐ろしいことにこの災害のどさくさにまぎれて、災害対策は後手後手のくせに言論弾圧だけはすみやかに準備しています。それがなんとコンピュータ監視法を31日(火)に採決しようとする動きがあります。これはまさに寝首を掻き切られるがごとき動きです。詳しくは私のブログ記事「【緊急呼びかけ】5/31(火)コンピュータ監視法案等の衆院法務委員会での強行採決を許すな!」http://bit.ly/jAN0HJをお読みください。

、まさに権力が国民に対して牙をむき出しにして襲いかかろうとしています。みなさんどうか意識を向けてください。今の政府が国民のことなど考えていないことは福島の20ミリシーベルトの件で明らかになったのです。あれも650名の方(わたしもそのひとり)が起ったからこそ撤回できたのです。この背景にはアメリカの経済危機があります。8月に経済破綻するという予想もあります。今までの歴史の常套手段からして戦争にもって行く以外に破綻回避の道はないのです。そのためには9条がある日本をクーデター的に押さえてしまうことが彼らにとっては必須の課題なのです。

は5年前に共謀罪を前線で闘ったからこそ嫌というほど解るのです。当然、テレビ・新聞など話題にもしませんし、ネット派の方々でもまだまだ極々一部の人しか今の危険性に気づいていないと思います。だからこそ検証して欲しいのです。アメリカはイギリスから独立を勝ち取りました。しかし1913年にクリスマスのどさくさにまぎれて国際金融資本家たちによってFRBを設立されてしまいました。以降、アメリカは国際金融資本の意のままに動かされてしまうのです。

りゃ政府が最悪のやり方をしていたらそれに対する反対の声が大きくなるから力づくでも抑えたくなるのだと思います。言論弾圧どころか身柄も拘束されかねません。5年前に必死に闘った経験があるから今回、敏感に反応し得ているのです。

本はアメリカにとって最高のカツアゲ対象なのです。いつまでもカツアゲができてアメリカの延命が可能になるのです。そりゃ官邸発表が嘘にまみれていることを告発しているのは唯一ネットですからね。そのネットも最近では動画情報が多くて気楽に接することができるようになるし、録画されたものをいつでも見ることができるようになっています。

が気になるのはこの動きに対する反応が超鈍いということです。別に非ネット民に伝わらなくてもとりあえずいい。問題はネット市民にもなかなか伝わっていないことです。業を煮やした小沢さんが動きだしたと思えばこの事態です。最悪です。事は緊急を要しています。ここで見過ごせばアウトです。自由をなくならせてはいけません。最後の最後まで抵抗します。

人の変人タクちゃん曰く「コンピューター監視法案は来る。地震は来る。放射能は来る。TPPは来る。モンサントは来る。ウワー!踏んだり蹴ったりだ。まだ色々来るんだろうな。」まあ日本の独立戦争ですから何でもありです。 もう小異に囚われず、大道のために結集すべき時です。救世主を期待してもしかたありません。ひとりひとりが日本を救うという気概を持って欲しいです。本当に日本のことを思うならば右も左もありません。分水嶺という言葉がありますがまさに今そこに居るのです。

京に来れない人はFAXを法務委員長江田五月宛に送ってください。03-5512-2608 読まれなくていいのです。メールなら削除するのはワンクリックだけですがFAXは紙を消費してどれだけ国民の反対が大きいかそれだけでわかるのです。それだけで充分圧力を加えられるのです。

110510kokkai0.jpg

NHKの街の声とやらで「〇〇して欲しいです」なんてことを言わせているが期待すること自体がナンセンス。期待に応えられる政治であればこれだけ絶望的な社会にはならない。(竹原信一氏)本当に反省すべきは、依存心の強い国民の側である。こんなものを認めてしまうと逮捕者続出。(冤罪でもいいのです。)戦争への道へまっしぐらなのです。戦争というのは一種の公共事業なのです。経済が行き詰まった時に敵どおしが示し合わしたように戦争に突入するのです。過去の歴史の真実を知れば解ります。検察や司法がまともに機能していたらお縄になる人間が続出してあたりまえなのです。その罪人が真実を言う人間を弾圧しようとしているのですから暗黒社会になりかねないのです。

メリカ経済は破綻寸前です。もしそうなれば60兆円もの米国債は紙くずとなってしまいます。預金封鎖されることも予想できます。

重審議なんて大甘です。法案など見ないでも彼らの意図はみえみえです。こんなのが決まれば一挙に弾圧が開始されます。間違いないです。それが狙いなのですから。世の中には反対すべきものが怒涛のように押しかけてきます。とてもそれらに平等に反対するのには無理があります。ましてや今は災害の真っ最中です。災害復興には後手後手な空き缶メルトダウン内閣ですが自分たちに反対するものを弾圧することに関しては完璧な布石を打っています。

これを許すととりかえしのつかないことになることは5年前の共謀罪阻止の前線で闘った私には肌で解ります。法案など読まずとも彼らの意図することは手にとるように解ります。ところが問題が広範囲にいろいろあるのでついつい見逃しているブロガーの方が多いように思います。私が先鞭を切って多くの人に呼びかけているのですがまだ応えてい頂いているのは杉並の山崎さんや石垣のZAKIさんなど親しい友人に限られています。本当にこんな法案が通って平気なのですか?冤罪を押し付けた上での大量逮捕もありえますよ。どうかこの法案の危険性に気づいてください。

会前に多くの人が集まるだけでも民意を見せつけ無理な採決ができなくなります。今、動かなければとりかえしのつかないことになります。法案成立しだい直ぐに弾圧にのりだしますから。覚悟して書いているのです。解りますか?もう今の日本は検察も司法も機能していない非民主主義国家です。それがこんな法案が通ってしまえば正真正銘の独裁国家になってしまいます。メルトダウン派による軍事政権の誕生です。そんなことをあなたは許すのですか?何も言えなくなってしまう国で息を潜めて生き延びることを選ぶのですか?

が間違った書いている、あるいは考えすぎだと思われるのであれば指摘してください。こともあろうにあんな犯罪メルトダウン政府の言いなりになるのですか?直ちに健康に害がないとお思いですか?直ちに彼らは弾圧にのりだしますよ。それが見えませんか?私にははっきり見えます。国民が主権者なのです。主権者の意志を無視した法律をゴリ押しすることは許されないのです。それに抵抗することこそ憲法が言うところの不断の努力なのです。憲法を順守しなければならないのは国家であってそれを守るのは国民の義務なのです。

え隙を突かれてもネット派市民が総力を挙げて取り組めばこんな法案は覆すことができます。大事なのは人まかせにしないことです。すべてひとりひとりに関わることなのです。ひとまかせにすることは降伏することと同じです。あるいは無理やり玉砕させられることと同じです。ほんと花見感覚でもいいと思いますよ。こっちが楽しんでいればヘタに手をだせないですからね。民意を見せつける戦後最大のチャンスです。

れを決めるのは国会前にあつまる民意なのです。国会議員には民意を目で見せることが大事なのです。彼らはある意味、風見鶏ですから民意を見せつけられると動くのです。こういうファッショ的規制をしなければ政権がもたないし、アメリカの戦争の道を手助けできないからです。歴史を学びなおせば見えて来ることです。
060423demo1_20110529142528.jpg

F社においてはマーケティング用語として戦略・戦術・戦闘という言葉をよく使いました。

略というのは闘いについての大方針です。小国の尾張に大国の今川軍が攻めて来た。その時、どうするのか。籠城するのか。それとも撃ってでるのか。戦術というのは戦場において相手を打ち負かすための技術的ポイントです。今川軍の本体を集中攻撃するということが最大の戦術になります。戦闘は戦争を行う上での細かい段取りなどを言います。船井幸雄氏からは常に根底的に物事を見ることを学びました。

の政治状況は本当にいろいろあります。友人の変人タクちゃんの言葉だと「コンピューター監視法案は来る。地震は来る。放射能は来る。TPPは来る。モンサントは来る。ウワー!踏んだり蹴ったりだ。まだ色々来るんだろうな。」ということです。私たちの力には限界があります。ただでさえ茹でガエルとしてぬるま湯に浸かって反骨精神など削がれた人たちが多いのです。どれもこれも均等に力を入れるなどということはとてもできません。極端なことを言うと611に全国で100万人が集まったところでコンピュータ監視法案が通ってしまえば元の黙阿弥なのです。2年ほど前に現日本国憲法の精神とは異質の自民党新憲法草案に沿った新教育基本法が制定されてしまいました。教育現場においてジワジワと効いているのは間違いないとは思うのですがまだ決定的なパンチを食らうまで至っていません。このように一時は目をつぶることもやむを得ないものもあります。でもこの時期に「コンピュータ監視法案」を認めてしまうことはもう玉砕以外のなにものでもありません。つまり再起が不能になってしまうということです。権力側はなんだかんだともっともな理由をつけていることでしょう。そんなものは読む必要などありません。官僚の作文に意味はありません。問題は今の時期にそんなものをぶつけて来るということが如何にファッショ体制=戦時体制を作ろうとしているか見抜くべきです。「コンピュータ監視なんて別に9条と関係ないじゃん」なんて思っている左翼が居るとしたら大間違いです。もっと根底的にものごとを考えて欲しいものです。

日、うれしいことに5年前に石橋行受上人とともに連日国会前で闘ったZAKIさん(現在は石垣島在住)とツイッターで再会した。さっそく彼は今日の記事で「コンピュータ監視法案」のことを書いてくれました。

2011年05月29日
表現の自由を脅かすコンピュータ監視法が強行採決されようとしています!
民主党は共謀罪をやらないと思っていたら、どさくさに紛れて共謀罪の一部であったコンピュータ監視法を強行採決しようとしています!
中国国内のような酷いネット言論表現規制を日本でも可能にしようとする様な法案です。
*転送大歓迎!ぜひ多くの皆さんに発信してください。


の作った原発止めさせる歌「超危険(作詞、作曲ZAKI)」です。ご自由にお使いくださいということなので自由に使わせてただきます。※読み込みに少し時間がかかります。

  • このエントリーのカテゴリ : 共謀罪
toptitle_20110528213529.gif


近Facebookに慣れて来て、今日は友だちのミュージシャンの石橋和子さんのFacebookページを作った。Facebookには企業やアーティストの本人または代理人が顧客やファンに向けて作成するFacebookページというものがあります。個人ページと同様の機能があるほか、動画再生やアンケートなど、独自の機能や、自由なレイアウトのページが追加できるなど、カスタマイズ性が高いのも特徴です。とりあえず作ったウォールと呼ばれるページが、これです。
基本データを書いたページはこれです。

うにか形ができて喜んでいたらツイッターよりとんでもないニュースが飛び込んできました。先月に緊急院内集会があって知っていたのですが共謀罪をその中に一体化させた「コンピュータ監視法案」が5/31に衆院で強行採決されんとしているとのことなのだ。昨日、小沢一郎さんのインタビューがあっていよいよだと喜んでいたところだけに愕然とさせられました。「よりにもよってなんでこの時期に?」というのが普通の人の反応です。5年前に連日の如く共謀罪阻止に向けて闘ったわたしとしてはこの時期にぶつけてくる理由がよく解ります。311以降、空き缶メルトダウン内閣は地震、津波という災害に適切な対策が打てないばかりか、原発事故に対する後手後手の対応しかできなく、多くの死者や環境の汚染を引起しました。もはやこれは政府による犯罪と言っても過言ではありません。簡単に言うとあのチェリノブイリでは年間5ミリシーベルトの放射能累積が予想される地域は強制的な避難の対象になりました。それなのに福島においては子供たちを20ミリシーベルトの超危険地帯にとじこめるという狂気の判断を文部省がくだしました。もう海外からも呆れて見られる犯罪政府の暴挙です。こんな政府を国民が支持するわけがありません。であるが故に自分たちの狙いどおり政治ができる専制体制づくりをずっと狙っていたのでしょう。狼少年枝野は5年前には法務委員として一応、共謀罪に反対のポーズだけしていました。(あの時、共謀罪に真っ向から対決してくれたのが先日、世田谷区長になられた保坂展人さんでした。)今、もっとも共謀罪を成立させたいと願っているのはあちこちで叩かれまくっている狼少年枝野でしょう。

が腹がたつって災害対策には後手後手でろくなことになっていないのに震災で大変な隙を狙ってくるのですから油断も隙もありません。実はこの背景にアメリカの経済が破綻寸前になっていることがあることを見逃してはなりません。アメリカはピンチになると戦争で切り抜けてきました。あの911を発端としたイラク戦争もそうでした。アメリカでは連邦緊急事態管理庁(FEMA)があって緊急時に反対派を根こそぎ収容してしまう施設が用意されているのです。民主主義の装いをしているだけでやろうとすることは軍事独裁政権となんら変りありません。日本は宗主国ダメリカの命令で同じようなことをしようとしているのです。今、これを許すことは戦争への道を是認することに他なりません。ダメリカも必死なのです。はっきり言えることはこのまま行けば預金封鎖されます。銀行に金などないのです。預金はほとんどがアメリカ国債に姿を変えているのです。アメリカの経済が破綻すればそんなもの紙切れ同然になってしまいます。

国会の審議中は反対するものはとにかく国会前に集まって声を上げることです。過去何回も成立しそうになるも凍結させてきたのは少なくても声を上げていたからです。今、これが通ってしまうと原発反対どころの話ではなくなってしまいます。ぜひともその緊急性をご理解ください。私のブログの過去記事の中でも共謀罪というカテゴリーで書いた記事は65にも上ります。それだけ危機を感じていたからです。

110510kokkai0.jpg

共謀罪反対国際共同署名より

▼5/31(火)

コンピュータ監視法案等の
衆院法務委員会での強行採決阻止!
緊急国会前行動

 8:00~ 国会前・駅頭ビラまき
 9:00~ 衆院法務委員会参考人質疑傍聴&国会前行動
 ~11:45 → この間に委員会採決が予定されている
 PM    本会議で審議予定


 

▼6/1(水)

国会前行動

■8:30~11:00
衆院第二議員会館前

 ・8:30~9:30地下鉄駅頭チラシまき
 ・座り込み 衆院第二議員会館前


共謀罪と一体のコンピュータ監視法に反対する
弁護士と市民の院内集会

■11:30~13:30 衆議院第二議員会館 第1会議室(B1F)
  ※議員会館の入館証は11時から議員会館入口でお渡しします。

講演:村井敏邦さん(一橋大学名誉教授、刑事訴訟法)

 呼びかけ(敬称略、順不同) 足立昌勝(関東学院大学教授) 山下幸夫(弁護士) 山際永三(人権と報道・連絡会) 他
  • このエントリーのカテゴリ : 共謀罪
wallpaper_s.gif杉並からの情報発信です」の山崎康彦さんより以下のメール(※一部だけ掲載)が送られてきました。衝撃的な内容ですので情報拡散のために転載させていただきます。





【YYNews】■小沢一郎民主党元代表が語る「恐ろしい真実」!
※強調や下線は私によるものです。

国際的な影響力を持つ米国日刊新聞(220万部発行)「ウオール・ストリート・ジャーナル」の日本版が本日(5月27日)付けのサイトで小沢一郎民主党元代表との単独インタビューを掲載しています。

小沢一郎氏はインタビューの中で以下のような「恐ろしい真実」を語っています。

1.「福島原発事故はチェルノブイリどころではない。あれの何百倍ものウランがあるのだ。みんなノホホンとしているが大変な事態なのだ。 それは政府が本当のことを言わないから皆大丈夫だと思っているのだ

2.「対応が遅く放射能汚染に対する認識が甘いというよりまったくないといってもいいくらいの菅内閣の対応だ」

3.「菅総理は一日でも早く代わった方がいいと思う」

4.「原発の放射能汚染の問題はここまで来ると東電に責任を転嫁しても意味がない。政府が先頭に立って政府が対応の主体とならねばいかんというのが私の議論だ。東電はもう現実何もできないだろう。だから日一日と悲劇に向かっている」

5.「自分が指揮を執っていれば最初の段階でメルトダウンが起きて危ないということは国民に大きな声で言っただろう」

6.「政府が主体となって対応策を,どんな対応策かは専門家を集めなければ分からない。それは衆智を集めてこうだと決まったら政府が責任を取るからやってくれと、そういうのが政治主導だ。それがまったくみられないから国民はいらいらして不満を募らせ民主党はだめだとなっている」

7.「復旧に必要なことはお金がどれくらいかかったってやらなくてはならない。あのままでは住めなくなる。再臨界に達するかもしれない。あそこが爆発したら大変だ。爆発させないために放射能を出しっぱなしにしている。爆発するよりたちが悪い、本当のことを言うことだ。ずっと長年 にわたって放射能が出るから。だから私は金の話じゃない。日本がつぶれるか日本人が生き延びるかどうかという話だと言っている。金なんぞ印刷すればい い

8.「困難な時だけ仲良く仲良くというのは日本人の発想でだからだめなのだと考える。日本のマスコミは全部そうだ。太平の時は誰でもいいのだ。うまくいっている時は。困難、危機の時だからそれにふさわしい人を選びふさわしい政権を作るのだ。日本人は発想が逆だ。大陸の人は発想がそうではない。日本人は平和ぼけしているから。まあまあ争わないでまあまあ仲良くという話になる。仲良くしたって、何も解決できない。当たり障りのない話をしているだけだ。波風立てずに丸く丸く。これでは政治家など要らない。役人に任せていればいい」

9.「原発で食っている連中をいくら集めてもだめだ。皆原発のマフィアだから。委員だの何だの学者が出てきてずっと今まで大したことありません、健康には何も被害はありません、とかそんなことばかり言っていた。原子力で食っている人々だからいくら言ったってだめなんだ。日本人もマスコ ミもそれが分からないのだ。日本のマスコミはどうしようもない」

10.「原子力は過渡的エネルギーとしてはある程度大口電力供給のためにも仕方がない。だが高レベルの廃棄物を処理できないからいずれ、新しいエネル ギーを見出さなければいけない。そのように私は言ってきた。まさに今、こういう自然災害のなかで原発の事故まで起きてこれを食い止めると同時に長期的なエネルギー政策をしっかりと考える必要がある」

11.「私はもう老兵だから。老兵は消え去るのみ、とのマッカーサー元帥の言葉はご存知だろうか。消え去ろうと思っていたがもう一仕事やらねばならな いとは思っている」

12.「(政治資金規正法違反の話) 私は何も悪いことをしていない。これは官憲とマスコミによるものだ。旧体制の弾圧だからしようがない。調べてほしいのだが、私は何も不正な金はもらっていない。ただ報告書の時期がずれていただけだ。こういった例は何百、何千とある。単に報告書を直して再提出するだけで済んでいた話だ、

今まではずっと。なぜ、私だけが強制捜査を受けるのか。そこを全然、マスコミは考えない。これは民主主義にとって危機だ。政府ないし検察の気に 入った者しか政治ができないということになる。ほんとに怖い。あなた方も変な記事を書いたとして逮捕されることになりかねない。そういうことなのだ。絶対にこういうことを許してはいけない。私が薄汚い金をもらっているのなら辞める」

以下に全文を転載しますので是非お読みいただき情報拡散をお願いします。
※全文は「杉並からの情報発信です」にてお読みください。


ると表明されながらも、なかなかその機会がなかったようなのですが、やっとここへ来て決意表明をされました。歯切れの悪いお笑いコンビ「メルトダウン」の醜さと比べると政治家としての正確な現状認識、マクロな発想、その戦略性どれをとっても国民のことなど何も考えておらず、火事場泥棒的に増税を狙う官僚的発想とは無縁であることを痛感します。案外20ミリシーベルトなどというとんでもない発想も文科省の隣の財務省の圧力がかかったもののような気がします。今の日本の官僚という連中が他人の痛みに思いを寄せることができるという人間としての基本的能力を欠落したカタワな人間でしかなく、こんな人間にいつまでも横暴を許してはならないのです。

郡山市は国の3.8マイクロシーベルト/時という基準とは別に1マイクロシーベルト/時という基準を設け、5マイクロシーベルトもあった学校の地面を削り取ることで0.5マイクロシーベルトに低減することができた。それでその土は東電に引きとって欲しいと言う。痛快な原市長にエールを送りたい。なんのことはない。結局、文科省も郡山市の先例を踏襲することになったのだ。

3000団体が爆発(25日現在)!! 「6・11(土)、全国蜂起100万人デモ」
「権力とマスコミの横暴を正し、人権を守る国民の会」in入間

今のところ全体を統括する組織的な動きは見当たりませんが三井環さんの「市民連帯の会」からの案内がありましたので紹介させていただきます。

6月11日反原発シンボジューム&デモの詳細が決定しましたのでご連絡いたします。
「市民連帯の会」の皆さまのご参加を是非お願いいたします。

☆シンボジューム☆
◎日時:6月11日(土)午前10時20分~午前11時30分
◎場所:四谷区民センター
(地下鉄丸ノ内線「新宿御苑前」駅徒歩5分)
    東京都新宿内藤町87番地/℡ 03-3351-3314
◎出席者:国会議員、ジャーナリスト5・6人(確定次第連絡)
◎主催者:「市民連帯の会」

☆デモ☆
◎日時:6月11日(土)集合13時 集会13時30分 デモ出発14時30分
◎場所:東京・芝公園23号地
   (東京タワー下・地下鉄三田線「御成門駅」5分)
◎デモコース(予定):芝公園→新橋→東電本社前→日比谷公園(流れ解散)
※雨天決行、参加費無料、どなたでも参加できます。
※「市民連帯の会」の皆さんは「市民連帯の会」の横断幕に集合して下さい。
◎主催者:原水爆禁止日本国民会議

☆呼びかけ団体☆
市民連帯の会(代表 三井環)03-3844-8722
原水爆禁止日本国民会議 03-5289-8224
プラトニウムなんていらないよ!東京 03-5225-7213
原子力資料情報室  03-3357-3800
日本消費者連盟  03-3238-9035
ふぇみん婦人民主クラブ 03-3402-3244
たんぽぽ舎 03-3238-9035
福島老杤原発を考える会/その他一般市民

お問い合わせは三井環事務所(下記)までお願いいたします。

〒110-0015 東京都台東区東上野6丁目1番4号イワツキビル201号
       TEL03-3844-8722 FAX03-5827-3132 
siminrentai@goo.jp

「えっ?足りてたの?」Tシャツ


6.11のデモに流行らせようと企画されたTシャツです。とてもセンスがいいと思います。ひとりデモにもデートdeデモにもどうぞ!写真をクリックすると詳細ページに飛びます。
taritetano.jpg

パロディ「原子力は安全です」

~とてもよくできた作品です。
Eva.jpgの日本を一軒の家に例えてみるともう柱はシロアリに食われてガタガタで屋根を撤去しておかなければいつなんどき崩れるかわからないような状態だ。今回の20ミリシーベルトの問題は多くの普通の人たちにシロアリの正体を知らしめることになったと思う。普通の人が普通に教育者に期待することは体を張ってでも子供たちを守って欲しいということだと思う。まさに金八先生のような先生を理想の先生として描いてきたと思う。ところがどうだろうか。守るどころか原子力に携わる人間にだけ許させる年間20ミリシーベルトという基準を放射能の耐性が弱い子どもたちに押し付けているのだから異常以外のなにものでもない。ましてや時間あたり3.8マイクロシーベルトという戸外授業の基準だが、甘く測定してどうにか満たされるレベルで地表に付けたりもっと他の場所を測定するならば容易に4マイクロシーベルトを越してしまうような状態である。


によってはモルモットとして検査の対象に組み入れられているという見方もある。事実、広島や長崎、第五福竜丸など放射線影響研究所(旧ABCC)などで構成される「放射線影響研究機関協議会」が福島県の住民15万人を30年以上「健康調査」することになるというような話もある。ついに核兵器開発目的の人体調査組織「放射線影響研究所」が調査へという興味深い記事を見つけることができたが今日は触れない。歴史的にこういうことがあったのは間違いなかったとは思うがもうこういうことがすんなり通用するような時代ではないと思う気持ちがあるからなのです。

日は東京に大地震が来るという噂もあるのだが、もはやまな板の鯉なのだが怖さは感じない。来るもの拒まずという感じだ。8月にはアメリカがデフォルトするという話もある。それも歓迎だ。もう古い時代は雪崩をきったように崩れようとしているのだ。本来は子供を守り、育てることが役割のはずだった教師が生徒をむりやり危険な環境におくような存在であることが明るみになった。ある意味、911が自作自演であることがバレてしまったようなものである。まさに普通の人たちが当たり前と思っていた世界が実は途方もない巨悪の上に成り立っているかについて目覚める人が急速に増えている。あれほどまでに安全だ、クリーンだと言われていた原発が地球をも消滅させかねないとんでもないシロモノだったこと。

射能や石油から作った薬でガンを発生させ、多くの人たちをガンにすることによって大儲けしているガン医療(なんと市場規模14兆円)とそれに付随する保険ビジネス。30年しかもたない住居を粗製濫造させ、環境破壊を起こし、他方、信用創造で貸しだしたローンで大儲けを繰り返してきた銀行業。意図的に景気循環を作り出し、その都度雪だるま式に資産を増やしてきた国際金融資本。人を人とも思わず地球人口削減化計画(New Worle Order)という狂気の計画を進めてきたこと。中央銀行を乗っ取り、詐欺に等しい錬金術で作った金を政府に貸し、その国債を元に軍需産業で生産した武器・弾薬を戦争とともに大規模セールを実施し、これまた大儲け。幕末を始点としても既に150年以上、日本はこれらの波に飲まれてきた。そしてついにこれ以上やられると本当に亡国せざるを得ないところまで追いやられてしまったのだ。

と親戚ではないが心の友である日本山妙法寺の大津行秀上人はツイッターやFacebookで何回となく投稿されているつぶやきがある。

南無妙法蓮華経 人を犠牲にしてまで生きていく生活をもう終にしましょう。「文明とは電灯のつくことでもない、飛行機の飛ぶことでもない。原子爆弾を製造することでもない。文明とは人を殺さぬことである、物を壊さぬことである、戦争しないことである、お互いに人間が親しむことである、お互いに人間が敬うことである。」 藤井日達聖人 合掌


たしは特定の宗教に帰依しているものではないが、この藤井日達聖人のお言葉や親交のあったマハトマ・ガンジーの7つの大罪を思うにやっと時代がそこまで来ていることを痛感する。これらの視点こそがこれからの国のまさに土台になるべきものだと思っている。今はまさに孵化に向けての産みの苦しみの時代なのだと思う。それはずっとそんな風に感じていた私のような人間にとってまさに水を得た魚のようになれる時代であると思うのです。

ganji.jpg23日の参議院行政監視委員会で発言された原発に関して唯一信頼できる京大の小出裕章先生が紹介されたマハトマ・ガンジー(1869-1948)の墓石に書かれていた言葉『ガンジーの七つの大罪』です。

※右側は私が書きました。小出先生とは関係ありません。
1.原則なき政治~アメリカの利益、官僚の利益が第一の政治。
2.道徳なき商業~殺人行為である脅迫停電をも強行する、その不当性。
3.労働なき富~金をばら蒔いて「ずっと嘘だったぜ~」を隠してきた。ひとりあたり10万円を支払っていても末端孫孫々受け労働者には15000円しか支払われていないピンハネ事実。
4.人格なき教育~無理やり傲慢にも子供たちを危険の中に押し込めている罪。
5.人間性なき科学~安全・安心を子供たちを使って洗脳してきたポスター展。
6.良心なき快楽~「わくわく」という名の恥ずべき遊興。
7.犠牲なき宗教~創価学会、統一教会による被災地への義援金は?

日もテレビで「世界の億万長者たち」なんて番組があって見ていたがくだらないのをとおりこして面白おかしかった。不要にでかい家があったからってそんなところに少ない人間だけで生きていておもしろいですか?ワニ革の靴やジャンパーを着てなにかいいことがありましたか?名車を何台も持って楽しいですか?

う「所有」なんてことに価値がある時代は終わりなのです。これからは「共有」して分かち合うことに価値がある時代が始まるのです。同じ局で有名人が2泊3日で田舎の古民家に泊まって、自給自足的な生活をする番組があったのですが、こちらの方が見ていてよほど面白かったのです。山菜や旬の野菜、海で獲れたばかりの魚貝類を入れて囲炉裏で煮る鍋。これ以上おいしいものは他にないと思うのです。

別にドルが破綻して銀行封鎖されようが元々下ろすべき預金など皆無に等しいのです。それでも山に行けば山菜はあるし、海に行けば魚が獲れる。(もっとも放射能の問題はありますが)

田中優さんがずいぶん人気だ。今日も神奈川で1000人も入る会場で講演とのこと。今まで取り組んで来られたことが一挙に花咲いたようです。多分Ust中継もあるでしょう。下に田中優さんが進めておられる「天然住宅」のサイトにあった素晴らしい絵をシェアさせていただきます。

kogyo.png

tennen.png

ロアリ集団の行動原理の中で一番顕著なのが「責任逃れ」と「押し付け」である。文科省前に集まった人々は、事前に連絡をし、高木義明文大臣や政務三役らに面会を求めていたものの、大臣らは姿をあらわさず、文科省科学技術・学術政策局の渡辺格次長が対応した。この石田純一似の男の話を聞いているとシロアリ集団の習性がよく解る。年間20ミリシーベルト問題にはなんの法的根拠も科学的根拠もない。ただ官邸から文部大臣への「日常に戻る要請」を受け、それを渡辺次長に押し付けたのだろう。おそらく彼は原発や放射能については311までは何も知らなかったのだ。そして小出裕章さん、広瀬隆さん、広河隆一さん、田中優さんと言った素晴らしい人たちから多くを学んだ私とは違い、御用学者の山下俊一あたりからロクでもないことを吹きこまれているのだと思う。自分の決断する指示の結果、どれだけの悲惨な結果を導くかについてなど勉強もしていないが故に想像もできないのです。大臣や政務三役ではずる賢いのが多いため、そういう嫌な仕事は部下に押し付け、もっと上司らしい仕事を選んだわけです。梅雨のはしりの雨が降るなか、福島の父母たちはコンクリートの上に座らされながらも粘り強く文科官僚を問い詰めた。

amenonaka.jpg

日、トイレに行きたくて警備の人にその旨を告げ、初めて文科省内に入った。一世を風靡したゲームソフト「ロードランナー」ではあるまいにややこしい場所にそれはあった。全体にひっそりしていて「会議室はどこも塞がっている。」などというのはシロアリの大嘘で、単に省内を放射能で汚染されたくないという下々を見下したお上意識の現れに過ぎないと思う。玄関前の階段においても役人みずから「失礼します」と声をかければ良いものを警備の人にそれを言わせる風習になっているようだ。

ところで福島の人たちとのアポを無視して高木大臣、スズカン副大臣が会っていたのは・・

takagisuzukan.jpg


[酷い]文部科学大臣・副大臣、福島の親・子供たちに会わずFIFA会長と会談

本日は、福島県の親たちが立ち上がり文部科学省に、子供への20ミリシーベルトの撤回を求める抗議集会が開かれました。しかし、最後まで文部科学大臣・副大臣・政務三役は訪れず、その間、大臣・副大臣は、FIFAブラッター会長とワールドカップ(W杯)開催について会談していました。
酷いですね。

そらく石田純一似君は机上の仕事は得意でも想像力が著しく欠如しているから汚れ仕事をどんどん押し付けられるのではないだろうか。大臣や副大臣はチェリノブイリのことは知っていても「問題が起きるのはどうせ20年先のこと」と割り切ることができる狡猾さを持っているのだろう。そして単なるど素人のシロアリお兄ちゃんが押し付けられたことが政令とされ、県、教育委員会への「国の決定」として伝えられるのだ。まったく酷いものだ。本来、国民を守るという一貫した姿勢があるならば地元に残りたいという願いを無視して総避難すべきであり、事実チェリノブイリではそうした。広河隆一さんの写真記録「チェリノブイリ消えた458の村」があるが福島でそうならない保証がどこにあるというのだろうか。

Googleの画像検索でChernobyl Cancerで検索して欲しい。福島ではこうはならないというのなら理由を教えて欲しい。納得できるものであればよろこばしいが、お笑いコンビ「メルトダウン」も含めてそこまで考えている人間は今の内閣には誰一人として居るとは思えない。もう彼らシロアリの旧態依然とした社会、経済、政治、教育観ではとても今の国難を克服できるとは思えない。

『DAYS JAPAN』編集長で、フォトジャーナリスト・広河隆一氏がレポートする。
チェルノブイリ事故(1986年4月26日)のときは、原発から120km離れたウクライナの首都・キエフの子供たちすべてが、5月半ばから9月までの間、旧ソ連の各地の保養所に収容された。

日本でも政府は国内の国民宿舎などすべてを借り切って、被曝が疑われる地域に住む妊婦と子供たちの収容に踏み切るべきである。それなのに、日本では政府が逆のことをやっている。

福島市と郡山市の学校の土壌が放射能に汚染されていることを受け、政府は子供の被曝量の基準値を、毎時3.8マイクロシーベルト、年間20ミリシーベルトとした。

これには国内からだけでなく、世界から猛烈な批判が出ている。
「20ミリシーベルト」という数字は、「国際放射線防護委員会(ICRP)」が、
「非常事態が収束した後の一般公衆における参考レベル」とされる<年間1~20ミリシーベルト>のもっとも高い数値であり、大人を対象にしていることはいうまでもない。

それが特に子供たちにとっていかに高い被曝量であるかは、私の知る限り、チェルノブイリに汚染された土地のどの地域を居住禁止地区にするかについて、1991年にウクライナ議会が行った決定が参考になる。

そこでは1平方キロメートルあたり15キュリー(放射能の旧単位)の汚染地域を立ち入り禁止地区とする、つまり居住禁止地区に規定したのだ。現在の単位に換算して、ここに住むと、年間5ミリシーベルト被曝してしまうという理由である。日本ではその4倍を許容量として、子供たちの学校の使用を許可したのである。また、「毎時3.8マイクロシーベルト」という数字は、いまは死の街となったプリピャチ市の数値とほぼ同じである。

私はかつて5万人が住んでいて、いまや荒涼としたプリピャチの廃墟の中に、日本の子供たちが走り回る姿など想像したくもない。


ツイッターのつぶやきをいくつかご紹介。
@lvca3
福島の小学生達が下痢に鼻血....もうきてはいけないとこまできてるじゃん。これでも大丈夫と言い続ける政府に大人。子供達に放射能は害がないといい相手にしない教員達。もう狂ってるとしか思えないよ。 この国が恐い 恐くてたまらない

「牛乳飲みなさい」と言う先生に「先生は人殺し内閣の味方ですか?」と子供たちが答えてから黙認状態。
どうして先生は、政治の仕組み、戦っている人もいる事伝えないなんて、もつと自分に自信を。

[必読]お母さん達への「手紙」


http://savechild.net/?p=458
京都のお母さん達が福島のお母さん達の為に制作した「手紙」です。
放射能の問題は、もはや全国の問題です。全国のお母さんに読んで頂きたいと思い【復興支援NGO『心援隊』Re:Birth JAPAN!】さんにコンタクトを取ったところ快く掲載の了承を頂きました。京都のお母さん達、本当にありがとうございます。
この「手紙」は、福島県内で配布されていて、発送なども行っているそうです。私も全力でこの手紙を拡散します。
政府の発表やワイドショーの御用学者より、同じ子供を持つお母さん達からのメッセージの方が愛情がこもっていて誤摩化しなんか一切ありません。同じように必死で子供を育てているお母さん達です。
放射能汚染を不安に思ているお母さんも、放射能なんか全然気にしてないお母さんも、一度この手紙を読んでみて下さい。
そして、近所のお母さんやママ友さんにもメールで送ったり印刷したりして渡してあげてください。
もちろんお父さん達も読んでください。その後に子供の寝顔を見てください。その子が大人になって産む子供にも放射能は影響します。
http://kajipito.net/img/mama-mail.pdf


  • このエントリーのカテゴリ : 原発
渡辺格文科省次長っきり書こう。それなりの覚悟で書くので当然バックアップをとっている。今回の学校基準20ミリシーベルトの問題についてはいかなる法的根拠も妥当性のある科学的根拠も存在しない。この措置は国民の生存の重要性を説く、憲法第25条に対する重大な違反行為であり、また同時に立法府の決めた法律を行政府が破るという二重の不法行為でしかないということだ。法律は科学的根拠にもとづいて作られているもので一般人を年1ミリシーベルトを限度とするということは科学的根拠にもとづいており、子供の放射能に対する感度が平均的な大人の3倍であるという事実を加えて当面0.3ミリシーベルトを限度とするというのであれば科学的根拠にもとづいていると言える。しかしそれを逆に放射線技師に適用される限度の20ミリシーベルトを子供たちに適用するというのであるから科学的根拠などあるわけがなく、菅内閣の発狂=メルトダウンを内外に広報した。

お笑いコンビメルトダウン

らの動機は「国民の生活が第一」の思想とは大きく異なり、国民の生活より国家の存続を優先させたいという行動原理が全てに優先しているのだ。いろんなところで指摘されていることだが、危機管理の基本は考えられる最大の危機を前提とした対策をうつことなのだが、彼らは「ここまでに収まって欲しい」という願望に沿って避難民に指示を与えているにすぎない。最初からレベル7であり、チェリノブイリを超える被害が予想できたはずであり、それならば将来、20年以上住めなくなるということは充分考えられたはずである。旧ソ連でさえもっとまともな対応であったと思う。それがどうだろうか。被災民がおとなしいことをいいことにころころと対応を変え、いつまでたっても「すぐに帰ることができる」という幻想を与え続けたのだ。

ほらふき似非学者山下俊一

「パニックを引き落とさない」ためには正確な情報を与え、適切な指針を示し冷静な行動を呼びかけることである。しかるに情けない犯罪政府がやったことは正確な情報を隠蔽し、ありもしない希望を吹聴し、すべき注意を呼びかけるどころか反対に極悪似非学者山下俊一を起用し、「マスクをすることなんてやめよう!」などと万死に値するプロパガンダを展開したことである。

回の問題も例外ではなく、何もなかったかの如く日常状態に戻らせたいという彼らの異常な政治的思惑にもとづくものなのだ。科学的根拠や法的根拠など一切ない。すでに日本医師会や米医師団体が不当性を訴えている。

melto120.jpg

らがやったことは学校の汚染状況を調査させ、その深刻さを認識しつつもどの程度の値であれば良しとするかを検討したにすぎない。3.8マイクロシーベルトというのはこうやって決められたと思う。福島県内の学校はまともに調査するならばとても子供たちを安心して授業を再開できる環境にはないのだが、それを承知の上で、近々の平穏を装うために無理のある3.8マイクロシーベルトという基準が示され、その意に沿って県内の小中学校の調査がなされた。

福島県内の小中学校等の放射線量マップは結論ありきの形だけの調査である。片やボランティアによるハイロアクション~福島県内小学校校庭の放射線量については結論ありきではなく、校内の個々の場所を調査している

者を詳しく見ると側溝108マイクロシーベルトという具合にとても子供たちをそこで生活させることができることができないところがそこらじゅうにあるのだ。そこを追求する必要がある。
に私も含め、311以降に放射線のことを勉強したが故に大きな盲点があるということだ。子供が年間20ミリシーベルトの被曝をして健康で居られるわけがないと思うが、そこには外部被曝よりもむしろ内部被曝が多いことを無視している。年間20ミリシーベルトは単純計算すると2.2マイクロシーベルト/時となる。それでは3.8マイクロシーベルトというのが何を意味するかというと計測ポイントを意識さえさせればそれ以下の数値測定が可能であるに過ぎない。ただそれだけである。子供を守りたいというような発想とは無縁である。彼らが守りたいのはシロアリが食べ続けることのできる日本なのだ。

らが見過ごしているのは外部被曝だけではなく、内部被曝が大きく、とりわけ得体のしれない給食の及ぼす影響である。少なくとも外部被曝を3.8マイクロシーベルトとした場合、その3倍程度の被曝をする可能性があるということであり、こうなると年間20ミリシーベルトという危険な基準でさえ満たすことが危ういという机上の願望を元にしたもっともらしい(こんなのにダマされる人は要注意ですぞ!)数値など数値に弱い保護者への「ナイナイ詐欺」なのだ。

食品流通において由々しき自体が進行している。いわば「産地ごちゃまぜ販売」。これについては明日以降に追求したい。

※おすすめサイト
子供を守ろうSAVE CHILD

kousyou.jpg

  • このエントリーのカテゴリ : 原発
IMG_0111.jpg

日は福島のお母さんたちが文科省が福島の子どもたちに年間20ミリシーベルト(これは時間に直すと2.2マイクロシーベルトになる※これに関しては多くの人が誤解されている。)、毎時3.8マイクロシーベルトという原発労働者に始めて認められるという狂気の値を押し付けたことへの抗議のためにバスをチャーターして東京まで来られた。約100名ということだが、私も含めて550名が応援に駆けつけて650名が文科省を取り囲んだ。その内300名が中へ入り、要請行動。それ以外の350名が人の鎖で文科省を一周取り囲んだ。大手メディアも多く来ていた。こういう時に100名だけだと拍子抜けするので馳せ参じたのだ。スピーチを求められたので快く応じた。ポイントは以下のとおり。

・もはやこれは福島だけの問題ではない。26日には放射能は日本だけではなく、台湾、韓国、北朝鮮、中国の一部、樺太(ロシア)まで覆う。東京ですら3.8マイクロシーベルトどころかそれを超える可能性すらある。東京ではビルの上で測定しているのだからそんなデータはあてにならない。

radiation526.jpg

・20ミリシーベルトを撤回させるだけではなく、放射能に弱い子どもたちを避難させることを考えるべきである。

ganshi_20110524025417.jpg
※4.29小出裕章先生のYouTube動画よりキャプチャーさせていただきました。

・特に妊婦のお母さんは上の子を連れて避難しないと奇形児を生む可能性があるのはチェリノブイリが証明している。

・こんな状況で田植え実習をさせたり、校庭で腕立て伏せをさせるなどとんでもない。まるでB29に竹槍攻撃をする実習をしているようなものだ。

・東京の子供たちにも直ちにマスクをさせるのが教育者というものだ。IMG_0110.jpg

「たんぽぽ舎」から昨日の報告がメールであったので紹介しておきたい。

★5/23【文部科学省 包囲・要請行動&院内集会】報告


~子ども20ミリシーベルトを撤回せよ! 福島の子どもたちを守れ!~
        雲隠れの文科省大臣、副大臣、政務三役に怒号!

13時、文部科学省前を目指して、バス2台を連ねて集合した福島現地の人々
首都圏から集まった千人を超える人々は、文科省を「ヒューマンチェーン」で包囲した。続く文科省入り口前の要請行動では、現地の代表及び社民党・福島瑞穂参議院議員、民主党・森裕子衆議議員、民主党・川内博史衆議院議員が文部科学省の科学技術・学術政策局次長、渡辺格(いたる)氏を囲むこと1時間余り。「政務三役に伝える」という言質をとったのは下記の3点。

イ.20mSvまでは安全だとする基準の撤回をめざす
ロ.年間1mSv以下を目指すことを文科省通知として出す。
ハ.現地の放射線量について、国は何も低減措置をとっていない。あらゆる低減措置をとるとともに、現在自治体が先行して行っている除染を含むあらゆる低減措置について、国の予算で行う。

渡辺次長はついに、その期限に言及することもなかったため、雨に濡れながら撤回を迫り続けた多くの国民から怒号が鳴りやむことがなかった。ようやく院内集会に移動したが時間が押しており、上記確認事項と、現地福島から参加した方からの報告にとどまった。現地からの声はどれも心打つものであったが、その中から1つをご紹介させていただく。

(幼い子供3人のお母さんからの手紙の代読):「原発を建てる時は巨額を投じるのに、事故後の救済になぜ国は予算がないというのか。国に殺されたと言われる前に、基準を撤回してほしい。幼い子を3人抱えて毎日泣いている。逃げたくても疎開を理解しない祖父母とは毎日けんかばかり。放射能によって、人間関係すべてが壊れる前に、国は責任をとって」と。他にもせっぱつまった多くの事例が報告されました。文科省から、基準撤回を含む回答を引き出すまで、戦い続けましょう。(は)


律で既に決められている基準値を行政府がかってに変更してしまうこと自体が異常なのだが、どう考えてもこのような措置をし、尚且つそれを撤回しないことの積極的な理由が考えられない。文部省が教育関係者へ送った通達にも目を通したが、まったく科学的根拠のない独断的な指摘ばかりである。さすがに「わくわく原子力ランド」なる小学生用の副読本を作っていた文科省だけのことはあるとしか言えない。おそらく教育関係者の反対も多いと思うのだが現場では何も言えないような締め付けが行われているのだろう。

ロアリがこの国の柱をことごとく食いちぎり、もはや修復可能になっているように思う。シロアリにもそういう思いはあるのだろうが、これだけ反対の声が大きい中、それらの反対派が居る限り、修復することによって今までどおりの甘い汁を吸うことはできないだろう。これはあくまで私の想像でしかない。反対派が多いとは言っても日本という巨大な家の中には大きな釜があり、多くの茹でガエルがその中でのんびりと惰眠をむさぼり、巨大な家の中で行われていることにまったくなんの疑問も感じていないのだ。だから比較するならば圧倒的に少数である反対派さえ押さえてしまえば、再度の修復も可能だと思っているのではないだろうか。銘酒国であるダメリカは今や独自での再生はもはや不可能である。ここは属国日本を再度回復させ、さらなるカツアゲをするためには、面倒な反対派を抑えることこそが必須の条件だと考えているのではないか?それであればどう考えても理屈に合わないことを押し付けることによってどれだけそれに対する反対の声が上がるかを実験しているとすればどうであろうか。もし、それで抑えつけることができないと判断したなら撤回すれば良いことであるし、抑えつけることができると思えば日本版FEMAよろしくうるさい連中を片っ端からぶち込めば良いと思っているような気がしてならない。

ganji.jpg本日、参議院行政監視委員会で発言された原発に関して唯一信頼できる京大の小出裕章先生が紹介されたマハトマ・ガンジー(1869-1948)の墓石に書かれていた言葉『ガンジーの七つの大罪』です。

※右側は私が書きました。小出先生とは関係ありません。
1.原則なき政治~アメリカの利益、官僚の利益が第一の政治。
2.道徳なき商業~殺人行為である脅迫停電をも強行する、その不当性。
3.労働なき富~金をばら蒔いて「ずっと嘘だったぜ~」を隠してきた。ひとりあたり10万円を支払っていても末端孫孫々受け労働者には15000円しか支払われていないピンハネ事実。
4.人格なき教育~無理やり傲慢にも子供たちを危険の中に押し込めている罪。
5.人間性なき科学~安全・安心を子供たちを使って洗脳してきたポスター展。
6.良心なき快楽~「わくわく」という名の恥ずべき遊興。
7.犠牲なき宗教~創価学会、統一教会による被災地への義援金は?

IMG_0109.jpg

  • このエントリーのカテゴリ : 原発
event.jpg

原発イベントカレンダーなるものがある。これまではレイバーネットのイベントカレンダーを見ていたのだが、これにのっていないものも満載だし、昨日の「野菜デモ」のようにこれにさえ載っていないものもある。明日の関東関係のものだけでも・・・

1.原発のない未来のためのフォーラム


日時
2011年 5月 23日 (月曜日)
18:00開場 18:30開演 21:00終了予定
場所
東京都千代田区 ちよだプラットフォームスクウェア (地図)
説明
http://ohnotakuo.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/23-c121.html

2.原発反対新宿デモ!


日時
2011年 5月 23日 (月曜日)
集合18:00 デモ出発18:30
場所
東京都新宿区 新宿区立柏木公園(東京都新宿区西新宿7-13) (地図)
説明
http://blogs.yahoo.co.jp/tocka_jikkoi/62809474.html

3.子どもたちの未来を奪うゲンパツにバイバイしてエネルギーシフト!しましょ


日時
2011年 5月 23日 (月曜日)
場所
埼玉県大宮・NPOミレット事務所 (地図)
説明
http://gnh.sblo.jp/category/1150122-1.html

4.子ども20ミリシーベルトを撤回せよ! 福島の子どもたちを守れ!【5.23 文部科学省 包囲・要請行動&院内集会】


日時
2011年 5月 23日 (月曜日)
13:00 文科省前集合
   福島からの代表団到着
13:30 文部科学大臣への要請(交渉中)
   (文科省外にて)要請行動
14:30 移動開始
15:30~16:30
   院内集会「福島の子どもたちを守れ!」
   於:参議院議員会館 講堂
   内容:交渉報告、国会議員との対話、記者会見など
16:30~17:00
   記者会見 於:参議院議員会館 講堂

場所
東京都千代田区霞が関3-2-2 文部科学省前 (地図)

4号機で火災が起きたというし、建家の傾きも激しいという。それに加えて中国の放射能分布を見る限り、今日からの分布は台湾、韓国、樺太(ロシア)をすっぽりと包みこむ広範囲なものになるようだ。

radiation523.jpg

sozai_44_02.jpg

おさらい1日=24時間 1年=365日×24時間=8760時間 1mSV/年=1000μSV/年 1000μSV/年÷8760時間=o.8μSV/時だから問題の20mSV/年は16μSV時なので地図の上では灰色の部分に当たる。※間違ってました!20mSV/Yは2.2μSV/Hです。こりゃ大変。東京の子供たたちも年間換算して20ミリシーベルト。この図を見て私もシーベルトとベクトルの違いが解りました。

radiation526.jpg

26日に予想されている分布は以上でアジア全体に広がる予想がされている。

先祖返りする官僚帝国


の政府や東電の対応を見ているとあまりにも1945年に似ているように思えてならない。

・福島の小学生が校庭で腕たて伏せをしていたらしいがまるでB29を前に竹槍で攻撃する訓練をやっていた。

・わざわざビルの高いところで放射能測定するってことはわざとその影響を低く見せようとすることでとても科学的な計測とは言えない。東京大空襲の時、偵察のB29が房総方面より侵入したのだがUターンして戻って行ったのを見て「恐れをなした」と誤報したのと同じ。

・先生も政治家と同じで、人を育てることをしてるのではなく教科書に書いてあることを文科省の言う通りに喋る仕事の人なんだと思う。この国ではいつだって先生が子供たちを戦場に送る手伝いをする。今は学校自体が戦場だ。
  • このエントリーのカテゴリ : 原発
っかりご無沙汰してしまいました。二週間まえの5.7原発やめろデモはとても楽しかったです。最初、小雨が降りながらスタートしたのが15時、元の場所に着いたのが18時30分というなんと3時間30分もかかった長時間のデモでした。隊列を前後に大きく分断されて小さなデモに見せようとしたのでしょうが、むしろ逆効果で途中からの参加も多かったように思います。プラカードも面白いものが多かったし、源八おじさんの作者が自ら源八おじさんのコスチュームを着て参加されていました。

IMG_0092.jpg

IMG_0098.jpg

IMG_0100.jpg

IMG_0104.jpg

ってからは友人の服部順次さんが撮ったユーストリームの動画をずっと見ていました。途中で充電しながら和順亭の四季折々さんと会話をしながら中継されていてなかなか微笑ましかったです。



近、感じることは多くの人が既に事故は収束に向かっていると勝手に勘違いしているのか放射能対策にまったく無関心に思えることです。

の間、田中優さんの持続する社会についての動画やページを多くを見ています。エネルギー問題と並んで住宅の問題もいろいろとあるのですが、彼が進めている天然住宅について詳しいページや動画が多くあり、ほとんど目を通しました。彼の偉いところは単に原発反対を言うのではなく、誰もが納得できて未来に希望が持てる事業を進めている点だと思います。私が目からウロコの思いをしたのは、本来の在来工法であるならば、300年はもつということでした。欧米にはそんな住宅がいくらでもあります。京都や奈良のお寺でも1000年以上建っているものがいくらでもあることを考えればあたりまえのことなのです。ところがどうしたものか今の日本で新築される家はほとんど30年が寿命なのです。子が親から相続した時もその価値の1/2くらいの現金を収めるという税。これこそまさに憲法25条の生存権を侵す、違憲立法なのです。他方で外国から木材を買い叩き、その自然を破壊しておきながら30年でゴミにしてしまう住宅産業のあり方。これには国際金融資本の意志を受けたGHQが深く関係していたのだと思います。天然住宅ってなに?には詳しい説明があります。

detail_cost_zu.jpg


さに解りやすい図だと思います。日本人がひたすらローンを返すために血眼になって働く原因がこの簡単な図の中にあります。もう若い聡明な人たちはそのことに気づきだしているように思います。2年ほど前にきくちゆみさんのところで研修生をしていた伊藤雅史君は一時赤羽で一戸建てをシェアしていたようなのですが、今は千葉県の富津市という内房で仲間とともに有機農業に励んでいます。facebookでは友人になっていますので写真を見たら古民家に住んでいきいきと過ごしているようです。彼はなかなか男前で料理もとても上手ですからみんなに珍重されているのだと思います。

600x600-2011051200015.jpg
レットストーブに興味があります。田中優さんは何台かを新潟のメーカーのものを避難所に配ったようですが、それは26万円ほどします。そこまでいかなくてもホンマ製作所【型式】YSP-650なら49800であります。25坪まで暖房できるということですので普通の住宅なら充分ですね。それと東電に対するささやかな抵抗として買おうと思うのが「充電用ソーラーパネル付きLEDランタン」です。新品が3980円で即落札できます。夜にはこれで照明をとろうと思います。ガイガーカウンターはYahoo!オークション新品で16500円です。http://bit.ly/iHVOu5

2010.8.14 天然住宅ナイト 田中優 星野ゆか 高橋全 吉岡淳- ...



星野ゆかさんは田中優さんとも親しかったのですね。国分寺にあるカフェスローって天然住宅で立てているようです。


、帰って来ました。今日のデモは楽しかったです。途中、小雨が降ることはありましたがどうにか歩きました。酷いのが警察の分断工作。3時に出て本来なら一時間くらいで解散するコースなのですが解散地点に着いたのが6時半でした。2003年のイラク開戦の時、以来の盛り上がりでした。ああ疲れた。多くの人がUstの中継をしていたので見た人も多いと思います。写真やビデオも多く撮ってきたのですが、今日は突かれているので明日アップします。取り急ぎご報告。

【これはおもしろい!】
知人の服部順治さんがユーストリームで録画されたものがアップされています。まったく微笑ましいです。
http://www.ustream.tv/recorded/14538328
  • このエントリーのカテゴリ : 原発
日から始まったばかりの「浜岡原発の一時停止法を求める請願署名」だったが、癌直人の記者会見で中部電力に稼働停止を求めるということになった。なんか拍子抜けしてしまうが、まあ私たちの運動の結果だと思いましょう。まだ20mSVの問題も片付いたわけでもないし、福島原発も収束したどころか3号機は危険な状態にあるという。まだ運動は始まったばかりだ。こんなことで安心してはいけない。

日はTwitterで投稿したものがfacebookにも自動転送されるSmart Tweetというアプリを入れたし、Twitterに関しては「ついっぷる」という専用のアプリを使い始めた。これがとても使いやすい。Facebookの使い方もどんどん解ってきた。ブログには「いいね!ボタン」を設置した。いろいろ説明しているサイトがあるのだが、「いいね!ボタンを設置しよう」がとても解りやすかった。

日は明日のデモに持っていくプラカードの材料を近くのホームセンターに物色に行った。最初は木にしようと思っていたのだが、重いのでダンボールにした。ワードやライターで最初からA2サイズで作ればぼやけないのだがA3サイズで作った。macにはIllustratorがあるのだがほとんど触ったことがない。A2サイズでも作られるようではあるがそこまで凝る気はない。一応、もつための角材を用意しているのだが強力な接着剤や両面テープで貼るつもりです。こういう作業をやっているとやはりフォントが欲しくなる。源八おじさんとタマちゃんの英語版Uncle Genpachi and Tama 001をご紹介しよう。英語ではニャ~ではなくてミャ~っていうのですね。

  • このエントリーのカテゴリ : 原発
今日は当初、メールフォームというサービスでフォームを作ったのですが投稿を何回しても本文がなしになってしまいましたので諦めてFC2のサービスを使いました。それでやっと表示されるようになりました。昔はフォームくらい自分で作っていたのですがついついサービスに頼ってしまうようになりました。何人かの人が本文がない記事を見られたかと思いお詫びします。
gokitou4_14.jpg

人でいつもお世話になっている日本山妙法寺の石橋行受上人は3月20日から危険な浜岡原発を止めるために国会前や静岡県庁前でご祈念をされている。今、「浜岡原発運転一時停止法をつくってください」ということで国会議員にアプローチされていて本格的に請願署名をすることになり、以下の署名用紙を作成させていただき同時にネット署名を集めるフォームも作成した。下の画像をクリックするとPDFによる署名用紙がダウンロードできます。またネット署名もよろしくお願いします。当分、上に来るように日時を12月31日にしています。 

署名用紙をダウンロード

hamaoka.jpg

hamaoka2.jpg

態は緊急を要しています。浜岡原発は活断層の上に建てられた極めて危険なものなのです。活断層があることを解っているが故に、並んで建てられていないのです。こんなものを作ること事態が狂気なのです。

浜岡原発一時停止法を求める請願署名

下記フォームへ入力し [ 確 認 ] ボタンを押してください。

お名前
ふりがな
メールアドレス
住 所
TEL 例)123-456-7890
メッセージ


tama_20110505153414.jpgこんな危険な原発ははやく止めるニャ~!




FC2メールフォームというサービスを使っていますので下記のアドレスが元になります。
http://form1.fc2.com/form/?id=656625

  • このエントリーのカテゴリ : 原発
日は私が少し関係している「市民が求め創るマニフェストの会」の声明をご紹介したい。何回も草稿を繰り返されているので説得力に満ちた文章になってきていると思います。

2011.4.28
東京電力社長 清水 正孝 殿
内閣総理大臣 菅 直人  殿

私たちは東京電力と政府が過ちを認め、浜岡原発の停止と全原発の点検、エネルギー政策の変更を求めます。私たちは騙(だま)されていました

市民が求め創るマニフェストの会



原子力の平和利用、夢のエネルギーと大手電力会社と政府は識者の「危険」という声を耳にしながら原子力発電をどんどん進めてきました。それは丁度「王道楽土」を求めて進んだ、過去の侵略戦争と類似しています。「電力不足の解消、安全でクリーンな電力」とアピールされ国民・市民はそれに従うしかありませんでした。原子炉は自然界にない核分裂生成物を作り出します。これは核兵器と同様、人類の生存に関わるもので、すべての国民・市民が阻止しなければならないものであったことを、改めて知らされました。

1.原発は安全ではありませんでした

今回の事故で「絶対安全」説は崩れ、日本だけでなく世界中に多大な放射能をまき散らし、被爆国日本は加害国になりました。長期に渡り、国民・市民の健康と生活は破壊され、現在それが進行しています。地震と津波国日本では安全の為の「想定」そのものが不可能であることが分かりました。

2,電力は不足していませんでした

現在も電力は水力、火力、太陽光、自家発電等でまかなえます。火力発電を一部停止させていた為、原発に頼っていたことが分かりました。今後は太陽光、風力(「風力発電で原発40基分の発電可能」と環境省が試算)、地熱、バイオマス発電、燃料電池等の更なる開発で、電力はまかなえます。

3.原発はクリーンではありませんでした
  
今でもウラン原石の発掘現場では放射能がまき散らされています。発電の循環蒸気を冷やすために膨大な量の海水が使われ、近隣の海水温度を7℃もあげ地球温暖化を進めています。また原発を稼働するまで原石の採掘、燃料の加工、運送、運転中の管理、使用済み燃料の管理に多量の石油を消費しCO2を排出していることが分かりました。
  
廃棄処理の使用済み燃料は放射能を出し続けています。セシウム137ストロンチウム90は半減期30年、プルトニウム239は半減期24000年です。 

4.原発は低コストではありませんでした

原発は低コストと言われていましたが、使用済み燃料の処理コスト、「安全」管理コスト、反原発運動を封じる為の地域補助金(電源三法交付金)も加算されていないことがわかりました。また今回のように事故が起こればその補償に莫大な費用がかかり電力会社が負担できないときは国が補償することになります。これには結局私たちの税金が使われるということが分かりました。

●私たちは危機の拡大を阻止し、被曝地域の人々の健康と生活の補償を求めます!
●私たちは東京電力社長清水正孝氏と行政の加害責任を問います!
●私たちは生きる希望の持てるエネルギー政策への転換(脱原発)を求めます!
●私たちは核兵器と原発のない世界を求めます
<資料>エネルギー政策の転換に向けて(2011.4.22ソフトバンク:孫正義)原発全廃でも困らない(AERA2011.4.11長谷川熙)火力発電所の低稼働率(小出裕章:京大原子力実験所)未来に続くいのちのために原発はいらない(PKO)「雑則」を広める会経済産業省資源エネルギー庁電源開発の概要 
連絡先T/F 048-686-7398
shimin_manifesto@yahoogroups.jp
http://shinsetagaya.web.fc2.com/mani/


※蛇足 大好きなPaul Simonをfacebookのアートの覧に書いていたら彼のメッセージが届きました。偉大な詩人であり、ミュージシャンである彼の作品の中でも私の十八番であるKathy's Songをお聞きください。

Kathy's Song
P. Simon, 1965
_________________________________________

I hear the drizzle of the rain
Like a memory it falls
Soft and warm continuing
Tapping on my roof and walls

  雨音が聞こえる
  それは君との思い出のように
  静かにそして暖かく
  屋根や壁をノックしている

*****************************************
And from the shelter of my mind
Through the window of my eyes
I gaze beyond the rain-drenched streets
To England where my heart lies

  ほかの事はもう何も・・・
  今ボクの目には、
  雨にぬれた通りの向こうに
  あのイングランドの町並みだけが
  映っている

*****************************************
My mind's distracted and diffused
My thoughts are many miles away
They lie with you when you're alseep
And kiss you when you start your day

  ボクの心は、今ここにいない
  はるか遠くを駆け巡っている
  君と添い寝したり、
  おはようのキスをしたりしてね・・・

*****************************************
And a song I was writing is left undone
I don't know why I spend my time
Writing songs I can't believe
With words that tear and strain to rhyme

  ここにあの頃の作りかけの曲が残っている
  何でこんなウソっぱちの曲なんか
  作っていたんだろう?
  切ない歌詞を並べたり、韻に技巧を凝らしてみたり・・

*****************************************
And so you see I have come to doubt
All that I once held as true
I stand alone without beliefs
The only truth I know is you

  そう、あの頃信じていたコト全てが
  疑わしく思えるよ
  ボクは何も信じられない
  だって、君だけがボクの真実だから

*****************************************
And as I watch the drops of rain
Weave their weary paths and die
I know that I am like the rain
There but for the grace of you go I

  雨粒が、静かに路面におちては消えていく
  ボクもあの雨粒みたいなもの
  君への思いがなければ、
  ボクもはかなく消えてしまうよ・・・


  • このエントリーのカテゴリ : 原発
huuryoku.jpg

科省が、福島市・郡山市など 小中学校などで教員・保護者向けに配付している資料が ネットで閲覧できます。平成23年4月20日づけの「放射能を正しく理解するために~教育現場の皆様へ

放射性物質(ほうしゃせいぶっしつ)とは?
「放射性物質」というのは”安定していない”状態の物質です。このため、より安定な物質に変化しようとします。放射性物質が安定な 物質に変化する際にエネルギーを放出します。これが” 放射線 “です。安定な物質になると、これ以上放射線は出しません。


うこれだけ読んだだけで欺瞞に満ちていることが解ります。安定的な物質になりさえすればなんら害がないというデタラメさです。この度政府が決めた年20mSv( 屋外で3.8マイクロmSv/時)というのは、放射線管理区域の基準(0.6マイクロSv/時)価の6倍以上なのです。

れに、『放射線管理区域で働くためには、法令で定められた健康診断および放射線管理に関する教育を受ける必要があり、管理区域内では受けた放射能の量の確認、管理区域から退出するときは身体に付着した放射性物質がないことなど厳重な放射線管理が行われています。(電気連電気情報のひろばより)』とまで規定されているのですがそれとまったく矛盾する環境の中に子供たちを入れるというのですから、気狂い沙汰としか思えないのです。まるで大本営発表を信じていた国民がある日、B29の襲撃を受け、8万人もの人たちが一夜にして亡くなったのことと同じです。

楽しいことやうれしいことがあると、心が軽くなって、ごはんもおいしく、夜もよく眠れますね。逆に、いやなことや心配なことがあると、胸のあたりが重くなって、ソワソワして、心が暗くなります。ご飯もおいしくなく、夜が眠れない、頭やおなかが痛くなったり、からだがだるくなりますね。


放射能を心配することが体の不調に繋がると言う詭弁を弄しているのです。

田中優さんの5月2日にあった講演をユーストリームで見ました。2時間半以上もの長い話でしたが、広瀬隆さんや小出裕章さんのお話にもなかった貴重なお話でした。お話の中で紹介されたサイトをご紹介したいと思います。
日本の地震の地図
WRF 日本福島第一核電廠輻射塵濃度預報ドイツのと違って時差があまりないので有用です。

・関東地方沿岸50km以内に風車を建てると。研究で対象とした海域では合計で286.54TWh/yearの賦存量。これは東京電力の2005年の年間電力販売量288.7TWh/year23にほぼ等しい。→東電が東大に調査依頼したようなのだが事実を知られたら困るので隠蔽したようだ。

・電力会社とその関連団体が使っている広告費はなんと年間で1500億円であり、トヨタのそれの1.5倍にもなるという。本来なら独占企業に広告なんて要らないのだが「不都合な事実」を暴露されるのを恐れた口止め料なのです。そんなお金はどこから出ているかというと世界標準からすると3倍も高い電気料から払われ、事故を起こしたら国民の税金で賠償させようとするのですから、こんな懲りない連中はブタ箱に入れてしまうことが未来のために必要なことなのです。

・石油に換算すれば150km/lもの究極の電気自動車「エリーカ」はそれが普及すると困る自動車メーカーが買い占めてたたき潰したという。

・田中優さんも紹介されていたが社民党の「脱原子力・自然エネルギー転換アクションプログラム(たたき台)」が圧倒的に優れている。共産党の「安全な原子力行政」という嘘とは圧倒的に違う。社民党のホームページの中には大規模洋上風力発電が紹介されています。これこそ新しい時代の発想だと思います。

さいかい産業のペレットストーブ~地元の木材から作ったペレットを使うストーブでこれを使うだけで60畳ものスペースが暖まるという。


・家庭の電気は使えば使うほど高くなるのに対して企業の電気は使えば使うほど安くなる。そのためにわざと多くの電気を消費したり、省エネ型の電気機器を入れないことになっているようだ。

天然住宅BANK~仮設じゃない「復興住宅」プロジェクト田中優さんの発想は素晴らしいと思います。私もこの運動に参画したくなりました。もう戦争も原発事故を起こさないための技術は日本にいくらでもあるのです。問題は利権に預かっていない大多数の人間のうちの多くが利権にしがみついている人間に騙されているからなかなか戦争も原発事故もない社会から抜け出ることができないのです。

20110502「原発・放射能を正しく知るために」田中優講演会



Video streaming by Ustream
日はfacebookを少しやっている。twitterと比べてfacebookの利点をまとめてみると・・

・140字という字数を気にしなくても良い。
・You Tubeの動画などを埋め込むことができる。
・写真も簡単にアップできるのでリンクを辿ってからでないと解らないツイッターよりも楽に読める。
・友達の検索が「出身地」「居住地」「卒業大学」などできめ細かくできる。
・原則的に本名登録で写真もあるので人となりを掴みやすい。

だ友達は42名だけなのですが原口一博さんや高遠菜穂子さんのような有名な方もおられるので使い方によってはtwitterよりもおもしろいのかもしれません。

日はユーストリームで「20ミリシーベルト」撤回要求 対政府交渉~福島の子どもたちを守れ!~を見ていた。4/27にあった緊急院内集会「福島原発事故に関する公開質疑~事態の見通しと対応策」はあまりもののらりくらりの官僚答弁に怒って野次を飛ばしまくっていましたので今日は行くのを止めたのです。あんな輩には卵くらい投げつけてやるのが丁度良いと思います。よくもまああれだけの時間の無駄遣いができるのかと呆れてしまいます。私なんかの思考回路ではとうてい理解の出来ない押し問答なので見るのも時間の無駄でした。あんなやりとりを見るくらいなら広瀬隆さんの30日の豊島公会堂でのお話を繰り返し見る方がよほど良いと思います。

4/30広瀬隆講演会(前半) 1時間44分



Video streaming by Ustream

4/30広瀬隆講演会(後半) 18分



Video streaming by Ustream
  • このエントリーのカテゴリ : 原発
 
 

CalendArchive

 

時計(ClockLink.com)

 

プロフィール

ヘンリー・オーツ

Author:ヘンリー・オーツ
●個人サイト
Henrry's talking to myself
http://henrry.net
※現在62歳の万年ロックおじさんです。元過激派高校生です。もう狂った世界や政治のことを書くのに疲れました。これからは新しい時代を予感させる情報をお伝えします。
大阪府守口市出身 東京生活10年を経て
山梨県北杜市小淵沢町在住
サバイバル生活を実践しています。彼女と古民家にて菜園と「流しそうめん&明石焼き」のお店を開きたいです。
●詳細プロフィールは・・
http://henrry.net/
profile.htm

●e-mail
henrryd6@gmail.com
●Facebookのアドレスは・・
https://www.facebook.com
/henrry.oates

当ブログのリンク構造をご覧ください!

 

「武器商人を経営分析する!」

 
 
 

月別過去記事一覧

 
 

全ての記事を表示する

 

QRコード

QR
 

Amazonお買い得商品

 

アンケートです!

アンケート
性別・年代を教えてください!
男性20代
男性30代
男性40代
男性50代
男声60代以上
女性20代
女性30代
女性40代
女性50代
女性60代以上

 

お奨め書籍









 

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

 
 

Keshe Foundation


KesheFound
 

亡国電波戦犯

ブログ記事上で投票によって決まったワースト順位です。クリックしていただきますと別窓で大きな画像が開きます。
 

ソルフェジオ528Hz

 

大津久郎出版記念講演


 

小淵沢勉強会「世界の嘘とその真相」



 

悪党天国日本♪チャチャチャ


 

アアアのアホ太郎♪


 

増山麗奈のいかす!チャンネル


 

PCトラブル

PC&ネットのトラブル解決便利屋を始めました。定期的な点検・整備もおまかせください。くわしくは 「パソコントラブル4000円♪ネットがすいすい訪問サービス」を始めます!をお読みください!下のメールフォームよりお問い合わせください。
 

メールフォーム

名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。