07 月<< 2019年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

数値で見る「格差社会」の現状と展望

1.御用学者に騙されるな!



homeless1.jpg阿修羅の政治版で見つけた「ソウル・ヨガ(イダヒロユキ)」の「ワーキングプア」に次のような文章があった。


私は、学者とか政治家・官僚で、偏差値的頭がそこそこ賢い人が、この程度の戯言を繰り返すのを見て、もうとっくにあきれて、なんの期待もしていない。学者の多くはこの程度のばか者だ。何が欠けているのか。それは人間の尊厳全体への感受力だ。だから、私は、スピリチュアル度が高い/低いという概念で、人としてまともな感性を持っているかどうかを示そうとした。
スピリチュアル度の低い人には、何をいっても伝わらない。理屈の話、論理の話ではないのだ。〈たましい〉感受力の問題だからだ。どのような階層の、どのような人たちの生活実態を見ているか、知っているかだ。


今のメディアに登場する御用学者や評論家なる人たちは事実を解っていても素知らぬふりで権力をヨイショする太鼓持ちでしかない。たしかにスピリチャル度が低いと平気で嘘も言えるのだと思う。問題なのは税金で救済するということではなく働きたくても働ける仕事がなく、街を彷徨わねばならない人間が多いという事実だ。これはもう完全に憲法違反の状態なのだ。

世の中には数字が苦手だという人が多い。幸い私は経営コンサルタントとして数字には抵抗がない。今日は数字を駆使して今なにが起こっているかを提示したい。この5年半の小泉改革の最大の成果は前回も書いたように雇用情勢を一変させ、1億総中流と言われた社会を激変させ下流社会を産んだということである。「聖域なき改革」などと言いながら今や官民の差は開き放しである。民間におけるリストラの状況とその結果としての企業業績の変化を簡単なモデルで示してみた。数字自体はこの間の変化を盛り込んで作ってみた。極めてマクロな数字であるが世の中で起こっていることの根本を見る上では解りやすいと思う。

 リストラ前リストラ後
売上高10億円10億円
粗利高3億円3億円
人件費1.2億円0.64億円
労働分配率40%21%
正規雇用者@500万円
×24名
@400万円
×12名
非正規雇用者 @200万円
×8名
利益高1.8億円2.36億円
リストラされた人 @100万円
×2名
@20万円
×2名


売上高、粗利高ともに変化させていない。あくまで人件費の中身だけが変わっていることに注目していただきたい。当初24名いた正規雇用者は半分の12名となり、年収も8割ほどに減少し、他方、サービス残業など労働時間が増えていることを想定し、非正規雇用者は8名でやっていくと想定している。「年収300万円時代を生きぬく経済学」なんて本が売れる時代だから実際にはもっと少ないことが考えられる。非正規雇用者は年間200万円で月20万円を割っている。けっきょく4名が仕事にあぶれ、そのうちふたりがフリターとして年間100万円、残りのふたりが年間20万円という「ワーキングプア」になっていることを示している。結果としてこの会社は5600万円の増収となっている。労働者総体として奪われた金額は12000-6400-240=5360万円となる。売上げが100倍の1000億円の会社だと56億円もの増収となる。今の好況というのは多くの労働者の犠牲の上で企業のみが潤っている。

2.誰も書かない官民比較



昔から公務員の仕事ぶりというのは民間に比べて仕事量、仕事時間、その生産性において低いという指摘はあったもののどれくらいの違いがあるか数値で示している資料はあまり見当たらない。

 
仕事量100200
労働時間100150
年収800万円400万円
官と同じ仕事量
・時間に対して
800万円130万円


なんと年収では倍の違いではあっても仕事量と時間を考慮に入れると6倍の差があるのだ。実際にはもっと差がある可能性もある。これこそ誰も触れない聖域ではないか?

私の友人で今も経営コンサルタントとして活躍しているtazuminさんは世界各地を多く見ている。その視点で「10年1作物、中高年の仕事と中高年の転職(031018)」について書いている。

スウェーデンでは、公的機関で働く人が、全労働者の30%にも達しています。ちなみに、日本の公務員数は、特殊法人の従業員も含めて、550万人強と言われています。意外に思われるかもしれませんが、労働者数の比率で言えば、日本は10%未満です。日本は、公務員が少ない国なのです。

しかし、その少ない公務員の給与に45兆円もの税金が使われていると言われています。1人当たり、約800万円です。まさに、特権階級です。現代の貴族といってもいいでしょう。採用数を抑制し、自分達だけでおいしい蜜を吸っているのです。

北欧では、失業対策事業として、公務員を位置づけています。民間から民間へと繋ぐ、ため池のような存在です。民間に比べて、、給与を2割ほど低くしているのです。失業対策のセーフティネットで、公務員として、失業者を大量に雇用し、失業率を抑えているのです。しかし、生きていく上では、最低限の厳しい給与ですので、向上心のある人は、皆、民間に転職しようとします。

日本も、今の公務員の給与を半減させて、さらに550万人の新たな公務員を採用すれば、失業率が一挙に0%になります。



単に年収が倍も違うというだけではなく、その効率が民間とまるで違うのである。「民間にできるものは民間で!」なんて言いながら耐震審査などというものを民間化し、安全だけを脅かしているのであって本質的なところには何も手を付けていないのが「小泉改革」の真の姿なのだ。コンピュータやインターネットの発展で生産・流通システムの効率は格段に進歩しているのだ。にも関わらず、正規雇用者に無理を強いればその分、仕事がなくなるのはあたりまえなのだ。この5年間で公務員がリストラされたという話を聞いたことがあるでしょうか?給料が下がったという話を聞いたことがあるでしょうか?本当の聖域には一切、踏み込まれていないのです。弱者に対して福祉を切り捨て、あげくの果てに「増税してくれ!」というまで削減すればいいなどとはなんという為政者か?

NHK朝の連続ドラマ「純情きらり」のホームページに戦前と戦後の物価推移のデータがあったので加工してみた。こういうものを見る際、単に数字だけを見ていてもなかなか問題が解らないのだ。まず時系列的に見る。最初のデータを100%とした時にどれだけ時とともに伸びているかという伸長率、また大卒の初任給を100%とした場合いろんな物価がその何%にあたるかという構成比率を計算する。これは表計算ソフトを使えば簡単にできる。
戦前と戦後の物価推移
これを見ていて思ったのは確かに戦後のインフレはかなりのものであったのが予想できる。ただ給料も物価の値上がりに合わせてうまくスライドさせているという点である。どうもお上というのは今も昔も誰よりも自分たちの生活を守ることを優先していたのではないか?この表を見ていてそのように勘ぐってみるのは私くらいでしょうか?今も同じような聖域が温存されているのです。なんという特権階級でしょうか。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この国の行政は死者が出ないと動かない

■と言ったのは、かつてPTA会長をしていたある市議会議員である。小学校のすぐそばの無人踏切は、ちょっとした小さな事故が絶えなかった。かねてからその危険性を多くの住民が訴えていたにもかかわらず、市の行政はなか

体が教えてくれる本当と嘘

ちょっと過激なタイトルでしたでしょうか?拷問で白状させることではありませんよ。{/face_cry/}2004年12月26日、インドネシアのスマトラ島沖を震源にマグニチュード9.0の地震が発生しました。このときの津波で、20万人以上の方が亡くなったけれど、不思議なことに動物たち

自衛隊は主張する。

21世紀市民社会フォーラムのメーリングリストで、週刊誌「朝雲」の記事が紹介されていました。メーリングリストにこの記事を投稿してくださった方(転載を快く許可くださってありがとうございます!!!)によりますと、「『朝雲』はもともと警察予備隊→保安隊→自衛隊の機

「ワーキングプア」とは:拡大・固定化する「格差」

7月23日に放送されたNHKスペシャル『ワーキングプア ~働いても働いても豊かになれない~』は実に衝撃的な内容であった。近年、日本社会の「格差拡大」が重大な問題として捉えられるようになっているが、実情はここまで深刻化しているとは私も知らなかっただけに、そ

731部隊:日本軍による人体実験

このところ急にメディアで靖国問題や日本軍などについての記事が目立つようになってきたなと思ったら、Kojitakenさんのところでこんな記事を見つけた。メディア横断キャンペーンの仕掛け人は、やはりあの人?(副題:「ナ

「ワーキングプア」の根源にある問題:最低賃金

先日NHKスペシャルで放映された「ワーキングプア」の問題が大きな反響を呼んでいるようである。この問題については既に多くのブログでも書かれているのだが、その中でも社民党衆院議員・保坂展人氏のブログ『保坂展人のどこどこ日記』(http://blog.goo.ne.jp/hosakanobu

カナダの住宅事情

ヘンリーさんからコメント欄にカナダについての下記の質問をいただいたので、お答えしたいと思います。カナダの石油の埋蔵量は世界2位なのに産出量が10位に入らないのはどうしてなのでしょうかね?もう石油とは別のエネル

ワーキングプアは必然か

ここのところ、ワーキングプアについて考えていた。何か書こうと思っていた。 7月23日にNHKスペシャルで『ワーキング・プア~働いても働いても豊かになれない~』と題する番組が放映されるのを見ていた。もう少し正確に書くと、妻が放映されるのを見ていたのを見てい

コメント

いつも楽しく読んでます♪

トラックバック&コメント、ありがとうございます。
ヘンリーさんの記事は、いつも力(リキ)がはいってますね。凄い!
感心させられます。

自分は、今、Mixi中心に、たまにブログって感じです。
ヘンリーさんは、Mixiしてますか?
ちなみに自分のMixi上の名前は、ペンジン です。

ありがとうございます!

ジンさま

最近mixiは反応が少ないのであまり書く気がしません。こちらの方は1日1500アクセスほどありますのでやはり力が入ります。余裕があればmixiのコミュニティに入らせていただきます。

流れを変えましょう

>スピリチュアル度の低い人には、何をいっても伝わらない。理屈の話、論理の話ではないのだ。〈たましい〉感受力の問題だからだ。

それはまったく同感です。小泉さんなんか最たるものです。
小泉政権になってから、まともなことを言う人は、政治家にしろ、学者や評論家にしろ、いつの間にか脇に追いやられてしまいました。このままではいられませんよね。
パワーでフォースを凌駕しましょうということで、TBさせていただきました。(^O^)/

ピリ辛さんはスピリチャル度が高い!

ピリ辛さん 私は中東の歴史なんてまったく詳しくありません。でも先日書いたベネズエラの構図と基本的には同じだと思いいろいろ調べました。西側のメディアは基本的にアメリカ支持ですからそんなものを見ていてもまともな歴史は何もわかりません。私は難しそうに見えることの根源を掴み、簡単に言うことに徹します。だって官民の給料の差が6倍だなんて誰も言わないでしょう?彼らの弱みというのはいろんなところに転がっていると思います。中東=イスラム=テロリストという宣伝を信じている人はすごく多いですね。

公務員労働に関して

公務員労働に関して、古くから左派でやっている議員の中には「あくまでも公務員労働者を守る」的な立場の者が多く、私は違和感を感じていました。
この違和感の内容は「公務員労働の中身を隠蔽している」ことであり、結果として「公務員と民間の特に底辺労働者の階級差が維持される」という問題があります。
以上の件について、私の政策では第一に「ISO9001を導入し、公務員にしっかりと働いてもらい、市民参加できる仕組みを作ること」、第二に「民間企業への民営化ではなく、NPO化を進め市民に雇用を生み出すようにする」ことです。

知識人・文化人に関して

知識人・文化人は「受注産業」という側面があり、商売として見れば、行政や大学またはマスメディアなどから仕事を受注する様になっています。
「受注産業」なので、発注元の想定する範囲を飛び越えれば、仕事が来なくなります。
だから、特にリベラル系の文化人・知識人は耳ざわりのいいことは言うが、根源的な問題には立ち入らないし、「問題に対して闘わない」という性質もある訳です。

広く取れば上の伊田さんも「そのクチ」に当るのですが、知識人・文化人に関して、二流・三流の者ほど行政からの仕事が主な収入源となりやすく、結果として行政を批判しない様になります。

実は私も当初は行政から仕事を受注する知識人・文化人を目指していたので、上記の問題がよく分かるのです。
それで、バカバカしくなったので、こういう方向性は捨てました。

初めまして。
「のり市民の世界観」のブログを通じてやってきました。
国家公務員の給与、特権階級とのことですが、下っ端はそんなに恵まれているわけではないと思います。というのは私のカミさんも国家公務員で係長クラス(勤続25年)ですが、年収はあの平均より2割強下回っています。この数年人事院勧告で毎年減少しています。サービス残業も多く、一頃は午後11時とか午前0時近く、最近は平均して午後9時ぐらいには帰宅でしょうか。
でも、幹部たちは逆に給料が引き上げられています。国家公務員の間でも格差が生じているものと思っています。富めるものはますます豊かに、貧しいものはさらに貧しく、労働時間も長く…。
民間に比べればましでしょうが、下層の国家公務員にはきびしくなっていきます。

根元的なことをより簡単に伝えたい!

☆YUKIさん 私は以前に東京の小○市でホームページの更新のアルバイトをしていたことがあります。クリップボードの履歴を記録できるQTClipというフリーソフトがありまして私にとってはこれのないWindows環境はあまりにも非効率なのでインストールしようとしたのですが稟議を回すことになったようです。この一件だけでも効率ということに無頓着だというのが解ります。

知識人に関するご指摘は非常に興味が惹かれます。今回の中東の情勢を見ていても根元的なことは誰も言わず、宗教の対立だとか歴史の複雑さだとか「石油」という戦争の種に誰も言及しないからまともな判断ができなくなっているのだと痛感させられました。ベネズエラの報道を見て「共産主義」だと勘違いしている人間も2ちゃんねるあたりでは多いようでアメリカ支配の構図が解っていないのだと痛感させられます。

☆寒北斗さま 具体的なデータをお示しいただきありがとうございます。私はあくまで自分の勘で問題提起をしているので実際のデータを示していただけるのはありがたいことです。勤続25年で平均の8掛け未満だということはおっしゃるように相当格差が生じているのでしょうね。

なぜ、御用学者の嘘に騙されるのか

なぜ、御用学者などの恥知らずでバカな嘘に騙されるかについて、考えるといいですね。

みなさんの意見や感想を聞かせてください。

学歴に弱い日本人

☆大地さん 日本人には判断力が乏しいために学歴で判断してしまう悪癖があるようです。私の卒業した大学の有名人の先輩と言えば谷村新司さんくらいです。そういう点では非常にコネが弱いのを今ごろ痛感しています。

>なぜ、御用学者の嘘に騙されるのか。

日本の一般の大学卒業者(あらゆる年代の)の多くは、教養がありません。
特に政治経済社会問題について、ほとんど、関心がありません
大学生時代にアルバイトばかりしていたので、教養や知識を深める余裕がなく、バカなまま卒業したからです。
これに対して上級国家公務員や学者を志望するようなエリート(?)層は、勉強して知識を増やすことがいかに簡単(彼らには脳の力があるため)で、効率の良いことかを熟知しているので、精進を怠りません。
結果として、一般学卒者は、社会に出てから、自分の無知に気付き、それをごまかすために、エリート達の主張を受け売りするようになるのです。
ところがこのエリートたちは、「勉強は出来るが同級生には嫌われれる」タイプが多く、その主張には「寛容の心」がないのです。  が 勿論、一般の人は、そんなところまで見極める力はありませんから、簡単に騙されてしまうのです。

但し、アルバイトをしながらも社会の矛盾点に気付き、自分の無知を知った人は、社会悪と戦うために、もっと広い視野で知識を深めるので、キツネのような御用学者に騙されることはありませんが、現在の所、少数派に留まっています

熱波死者に見る米「格差社会」

米国の熱波による死者の発生は、昨年のニューオリンズ・ハリケーン災害と同じ構造だろう。

米カリフォルニア州の熱波、死者100人超す恐れ
 【ロサンゼルス27日共同】最高気温40度を超える熱波が10日以上続く米カリフォルニア州で、高温によるとみられる死者数が27日、98人に達した。被害者の多くは老人で、熱波はやや弱まりながらも当面続くとの予報が出ており、死者が100人を超える恐れが強まっている。
 AP通信などによると、州中部のフレズノ郡では、検視局の遺体安置室に22人の遺体が運ばれた。電力不足で停電となった世帯は少なくとも数千戸残っており、老人を中心に健康被害が広がっている。
 シュワルツェネッガー同州知事は、州中部を中心に、計75カ所の冷房センターの設置を指示、州民に健康維持に注意するよう呼び掛けた。
 6カ所の郡当局が各地元を対象にした非常事態を宣言したが、州議会からは州全体の非常事態を宣言するよう、同知事に求める声も上がっている。各地では、キリスト教会や保健関係者が、老人の自宅を戸別訪問して安否を確認したり、食料や冷水などを配ったりしている。

格差が被害を大きくしている!

☆デカルトさん
非常に解りやすい説明だと思います。私の自慢は嗅覚が鋭いということだと思います。顔や話し方を見聞きするだけでおおよそまともな人間が手品師かの区別がつきます。それから私は難しいことを言う人間を信じていません。正しいことをいう人間の言うことは簡単ですが心に響きます。

☆ボヤキ居士さん
フランスでも100人ほど死ぬ異常事態がありましたが洪水といい熱波といいアメリカの因果の報いのように思います。それが罪もない下層の人を襲うところが日本と同じでやるせないです。

自治体の仕事を「受注」すること

「威信」に関しては私のページにデータを載せています。
http://www.n-yuki.net/essay/column/060626-ishin.html

ところで、知識人・文化人に関して分かりやすい例を挙げてみます。

例えば以下の人達の場合、講演会や審議委員メンバーなど自治体からの仕事がメインになっています。

http://homepage3.nifty.com/tomorine3908/mermaid.top.htm
http://homepage3.nifty.com/tomorine3908/publish.html

http://homepage2.nifty.com/akira-na/
http://homepage2.nifty.com/akira-na/Akira2.htm

ここで想像して欲しいのは私やヘンリー・オーツさん、そして、きっこさんなどがそういった仕事を「受注できるか」ということです。

調べたら分かることですが、知識人・文化人にとって、特に二流・三流クラスであれば、自治体絡みの仕事は結構うまみがあるのです。

私の場合、きっこさんの講演会であれば「お金を払っても聞きに行きたい」と思うものですが、恐らく自治体は呼ばないでしょう。

職業威信

☆YUKIさん 職業威信ですか。そんなデータがあったのですね。私の父親は小学校しか出ていなくて経営で苦労していたのでよく私に「(守口の)市役所に入れ!」と言われたものです。でもその頃の私は職業なんて全然わからなかったのです。もう少し解っていたら人生変わったかな?それとも同じだったか。まあ時代とともに職業威信もどんどん変わっていますね。

高齢化進む日本、福祉費削減-米紙

「見捨てられた老人」=高齢化進む日本、福祉費削減-米紙
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060728-00000108-jij-int
 【ワシントン28日時事】28日付の米紙ワシントン・ポストは、日本の少子・高齢化社会を取り上げ、福祉予算の削減が「見捨てられた老人」を直撃しているとする東京発の記事を一面に掲載した。
 記事は、欧米より早く高齢化が進む日本の実情を紹介。高齢化社会に伴う財政負担を抑制するため、小泉純一郎首相が歳出削減で「福祉を最重要ターゲット」にしたと説明。身寄りのない高齢者の生活困窮者が増大していると伝えた。
 その上で「日本経済は回復しつつあるかもしれないが、それは勝ち組と負け組(の発生)を伴うものであり、最大の負け組は高齢者だ」とする福祉専門家のコメントを紹介している。 
(時事通信) - 7月28日19時1分更新

さらに面白い事例

極端なことは分かっていますが、さらに面白い事例を思いつきました。
こういうことは極端な方が問題が分かりやすいのです。

(a)
http://ah-yeah.com/index.html
(b)
http://www.hige-toda.com/

(a)と(b)は同じ自治体議員という立場ですが、(a)の方はたびたび自治体から呼ばれて講演会をこなしています。

私からすれば、自治体が現職の政治家を講演会に呼ぶこと自体が「おかしいこと」であり、もし、守口でこういうことがあれば、講演料や開催費用を調べあげた上でビシバシ追及しているところです。

人は(a)の特殊性を言うかも知れないが、(b)の方だって自ら下層労働者の出身であることをカミングアウトした上で選挙に立候補して二期連続当選、数々の実績を上げています。
それにも関わらず、どこかの自治体が講演に呼ぼうかということは「まずありません」。

なぜ(a)は呼ばれて(b)は呼ばれないのかと言えば、その違いには「明白な理由」があることは勘の良い方なら分かると思います。

☆YUKIさん

(a)さんは今は亡き「みどりの会議」でしたね。
(b)さんはまだお会いしていませんが(メール交換済み)、共謀罪反対の街宣では国会前でも活躍されました。
(a)さんの主張は自分たちの街でも取り入れる必要を感じる。
(b)さんの主張は体制の問題をあまりに鋭く問題にする。

というようなところではないでしょうか?

とても興味深い記事とコメントでした。日本ではいたるところに格差が生じているようです。安倍政権になったら、一層広がることでしょう。

ヘンリーさんの質問に答えた記事をTBしておきますので、後ほどお読みくださいね。

今、読んできました。

美爾依さん かっこいい表の作り方なら遠隔指導させていただきますよ。画像の編集もできるようになったらおもしろいですよ。YouTubeの猫ちゃんのようなアニメも美爾依さんならそんなに難しくないと思います。

数字でとりあえず「えいや~!」と叩き台を提起するというのは大事なことだと思います。世の中の知識人さんはデータを持ち出して来ていろいろ言われて騙される人が多いですから。

明白な理由とは

あまりにも明白なので書かなかったが、自治体や国家に対して「闘うか否か」の違い。
戸田さんは全国の自治体議員でも「最左派」として有名。
自治体や国家が知識人や文化人を呼ぶ場合、「自身にとって都合のいい者を呼ぶ」ことは当然であり、だからこそ戸田さんのような方は最も嫌われる。

きまぐれな日々 真の戦いはこれからだ & 「安倍晋三TBP」 1万4千件達成
http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-415.html#comment1920

で見かけた「古雑誌」さんのコメント
誰かの金言か忘れたが、日本国民全てに良く噛み締めて欲しい。
「人間は、自分が正しいと思っているときほど、進んで悪を犯すことはない」
賢明なるkojitakenさんであれば、誰の金言か知っているかもしれません。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 

CalendArchive

 

時計(ClockLink.com)

 

プロフィール

ヘンリー・オーツ

Author:ヘンリー・オーツ
●個人サイト
Henrry's talking to myself
http://henrry.net
※現在62歳の万年ロックおじさんです。元過激派高校生です。もう狂った世界や政治のことを書くのに疲れました。これからは新しい時代を予感させる情報をお伝えします。
大阪府守口市出身 東京生活10年を経て
山梨県北杜市小淵沢町在住
サバイバル生活を実践しています。彼女と古民家にて菜園と「流しそうめん&明石焼き」のお店を開きたいです。
●詳細プロフィールは・・
http://henrry.net/
profile.htm

●e-mail
henrryd6@gmail.com
●Facebookのアドレスは・・
https://www.facebook.com
/henrry.oates

当ブログのリンク構造をご覧ください!

 

「武器商人を経営分析する!」

 
 
 

月別過去記事一覧

 
 

全ての記事を表示する

 

QRコード

QR
 

Amazonお買い得商品

 

アンケートです!

アンケート
性別・年代を教えてください!
男性20代
男性30代
男性40代
男性50代
男声60代以上
女性20代
女性30代
女性40代
女性50代
女性60代以上

 

お奨め書籍









 

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

 
 

Keshe Foundation


KesheFound
 

亡国電波戦犯

ブログ記事上で投票によって決まったワースト順位です。クリックしていただきますと別窓で大きな画像が開きます。
 

ソルフェジオ528Hz

 

大津久郎出版記念講演


 

小淵沢勉強会「世界の嘘とその真相」



 

悪党天国日本♪チャチャチャ


 

アアアのアホ太郎♪


 

増山麗奈のいかす!チャンネル


 

PCトラブル

PC&ネットのトラブル解決便利屋を始めました。定期的な点検・整備もおまかせください。くわしくは 「パソコントラブル4000円♪ネットがすいすい訪問サービス」を始めます!をお読みください!下のメールフォームよりお問い合わせください。
 

メールフォーム

名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: