11 月<< 2019年12 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>01 月
 

戦争は儲かりまっせぇ~!(1)

靖国参拝蘇る戦争賛美者コメント欄でジャンクさんが紹介してくれた「八・一五の靖国神社訪問記」によると


さて、今年の八月十五日の靖国神社は、気温三十六度の炎天下にあるにもかかわらず、午前九時にはもう境内は大変な人出でした。こんなに人が溢れている神社は見たことがありません。今まで神社へ行く度に「英霊にこたえる会」という右派の団体が、境内にテーブルを持ち出し「東京裁判史観の洗脳から脱却しましょう」とか「日本には戦犯と呼ばれる人は一人もおりません」などと書いたのぼりを何本も立て、特攻隊の活躍などを賞揚する多数のパネルを掲げたりして、宣伝にこれつとめている姿が見られましたが、この日はとくに大勢の活動家が出動していました。

この会のパンフレットをみると、ここには偕行社、水交会、全国戦友会連合会、日本傷痍軍人会、軍恩(軍人恩給)連盟全国連合会などの旧軍人関係の組織に、日本遺族会、神社本庁など三十ほどの団体がいわゆる「中央参加団体」として名を連ねており、更に北海道から沖縄に至るまで全国的に「都道府県本部」というものをもつ、かなり大きな組織のようです。この会は「大東亜戦争」を肯定する立場から「かの戦争は断じて日本がしかけた侵略戦争ではない。侵略よばわりすると靖国の英霊を冒涜することになる」などと主張し、なによりも内閣総理大臣の靖国神社公式参拝の実現を目指しているのです。



まあ私なんかがぞっとするような光景があったようである。およそ有史以来、侵略戦争でない戦争なんてなかったと私は考えている。戦争はたまたま起こったものではなく、計画され、それが実行されながら(突然起こったかのように)勃発するものなのだ。以前のエントリーでも以下のように書いていた。

http://henrryd6.blog24.fc2.com/blog-entry-96.html
およそ戦争の動機は経済的理由である。アメリカが戦後、戦争を仕掛けた国には全て石油などの資源がからんでいる。その資源を求めて仕掛けるのがアメリカの戦争である。日本もずっとそのおこぼれにあずかってきたのだ。今またイランが狙われている。今度は核兵器も使われる可能性が大きいとのことである。とんでもない国である。攻撃された国の多くの人たちを地獄に落とし、アメリカの多くの兵士の命や手足を奪い、それらの犠牲の上に笑いが止まらない「富」を得る自由。それがアメリカの言う「自由」であり、そういう国に日本を導くのが「改革」なのだ。日本の巨大な財政赤字はもはや戦争にでももっていくしか解決のしようがないというのが「改革派」の本音だろう。そのために嫌韓や嫌中などと煽り立てているのだ。アメリカが戦争をしかける時にはかなり前の段階から着実に準備をするということだ。Economic Hitman という存在があってダムや空港などのプロジェクトを持ちかけ融資を取り持つのだという。アメリカのやりそうなことである。

普通の人は戦争というのは喧嘩の大きいものくらいにしか思っていない。そういう風にしか教えられなかったことが大きく影響しているように思う。地域通貨のレインボーリングの主宰者あべよしひろさんのサイトに興味ある記事を見つけた。

「日本人が知らない恐るべき真実」の「戦争は誰がなんのためにおこすのか~日本編~

山県有朋日本最初の侵略戦争ともいうべき日清戦争前後の時代、資料として面白いというかあきれた資料が残っています。伊藤博文の演説にもあるように、侵略戦争のために軍備増強を達成するためには、増税しなければなりません。その時点の首相は、山県有朋です。山県内閣は、国会に増税案を何度も上程するのですが、否決されます。そこで山県は、反対派の国会議員を買収するために、議員の歳費を一挙に五倍に引き上げた上に、有力議員に直接買収資金を多額与えて、増税案を成立させました。その買収資金を提供したのは天皇でした。当時のお金で98万円です。今のお金にしたら恐らく100億円以上のお金でしょう。当時1000円で都心に一軒家が買えた時代ですから。このことが今私たちにわかるのは、このいきさつをみていた西園寺公望の日記が国会図書館に残されていて、その中に書かれていたからです。その中には「首相の山県は、国会議員買収のため天皇から受け取った資金を、どうも一部自分の懐にいれているようだ」と書いています。現在の自民党幹部と同じですね。

明治天皇しかし、天皇が何故こんな大金を出したのか、日清戦争で天皇がどれだけ儲けたかを見ればよく分かります。日本は国家予算をふんだんに使って軍備を大増強して、日清戦争に勝ちました。日本は、清国から賠償を三億五千万円取ります。そのうち二千万円は天皇がもらっています。当時国家予算が一億そこそこの時代ですから、国家予算の20%に値する金を、天皇は受け取っています。そして、日清戦争に勝った日本は、台湾を植民地にしてしまいますが、その台湾の最大の産業の製糖業は三井物産が独占的に経営します。天皇はその台湾製糖の第二位の株主になっています。台湾製糖の株の配当は10年後に12%、20年後には100%になっています。しかも日清戦争に勝って、清国から国家予算の三倍の巨額の賠償金を分捕って、これが日本資本主義経済発展の土台を築くことになったといわれています。これだけを見ても、侵略戦争・植民地獲得がいかに資本家にとって儲けにつながるかが分かります


国家予算の3.5倍にも上る賠償金を獲得しているのですからさぞ笑いがとまらなかったのだと思います。こんなことは権力者の立場からすればとても知らせることのできない情報だと思います。満州事変についても以下のように語られている。

ここで一つ三井物産の企業活動と軍部との関係を表す実例をご紹介しておきましょう。

日露戦争後、日本が満州を獲得して、三井物産が大きく業績を発展させた一つの部門は大豆でした。“満州”は、世界的な大豆の産地でした。それを三井物産がほとんど独占的に買い占め、その油からマーガリンを造ってヨーロッパ諸国に輸出し、油粕は国内で肥料として売ることで大いに儲かっていました。

張作霖爆殺事件しかし1920年代になると、三井の大豆の取扱高が伸び悩んでいます。この時期の三井物産の支店長会議の議事録が残っています。それには、「満州の軍閥張作霖が大豆の買い付けに手を出し始めたので困った」という趣旨のことが書かれています。そのうえ張作霖は、日本が植民地支配の動脈のように利用していた満州鉄道に平行した独自の鉄道を計画して、着工を始めたのです。この鉄道が付設されてしまうと、日本の植民地経営には大きな打撃になります。鉄道工事が始まったその直後、張作霖は、関東軍によって列車ごと爆殺されてしまいました。これが1928年です。その翌1929年度の三井物産の大豆の取引高は倍近くに跳ね上がっています。

このような極端な数字は、ほかの要素も重なってのことかも知れませんが、日本の歴史書には、この張作霖の関東軍による爆殺事件は、只単に関東軍の仕業であるとしか出ていません。その後殺された張作霖の息子、張学良が父親の遺志を継いで事業を始めようとしたとき、1931年、日本軍は満州事変を起こし、次いで中国本土へと戦線を拡大し、1932年には満州国を建国しています。

張作霖の爆殺事件のことを知っていてもそこに大豆が絡んでいたことを知っている人間は極めて少ないと思います。如何に歴史が正確に伝えられていないかがよく解ります。高岩さんの文章は非常に読みやすいです。真実はそんなに複雑なものではないという私の基本的スタンスを証明しているような文章です。

次に経済学者から提供していただいた資料にもとづいて、日本の資本が第一次世界大戦でどれ程の利益をあげたか報告します。

大戦中の武器輸出の総額は二億九千万円。武器の主なもの、銃が93660梃。野砲弾丸410万発。駆逐艦12隻。戦艦2隻。

大戦中の対ヨーロッパ投資総額、約七億七千万円。

【第一次世界大戦と日本の経済発展】

   戦争開始時 戦争終結時
株価 100 246
輸出 5億9100万円 20億9800万円
輸入 5億9500万円 21億7300万円
利潤率 15.2% 57.8%
払込資本 24億5100万円 85億5100万円
三井物産 3.96万円 36.46万円
取扱高 4億5200万円 21億300万円


続く


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

年次要望書

 いわゆる「要望書」については多くの方が存在はご存じでしょうが、内容を読んでみたことの無い方も多いのではないでしょうか?ここでは、その一部をご紹介します。関心のある方は米国大使館HPに日本語訳が有りますのでお読み下さい。米国政府の日本における規制緩和、行政

8月はまだ終わらない。

2週間ほど前になりますが、「戦災資料展」なる催し物に行ってきました。空襲で焼けた鉄かぶと米軍伝単・拾円札戦時報国債券疎開中の手紙空襲で焼けた万年筆などの実物がガラスのケースに入って展示されていました。また、空襲による被災現場や、爆撃直後の生々しい様子を写

死の恐怖

母から聞いた話です。 軍需工場に動員されていたある日、母は工場から帰宅する路上で 米軍戦闘機による射撃掃射を受けました。

安倍陣営に切り崩されて行く、自民党の対中韓外交改善派

  加藤紘一氏宅放火事件の捜査に関して、メディアには何の続報も出なくなってしまった。^^;相変わらず、小泉氏も安倍氏も他の議員からのコメントも出て来ない。 安倍氏は夏休みが明けて、22日には講演や視察を行なったようだ。 その記事は出ているが、加藤氏の件やロ

ドイツ紙、靖国参拝を「愚かな判断の頂点」と・・・

夕べ偶然聞いたNHKの深夜ラジオ、「ワールドネットワーク」という番組で、各国在住の民間特派員というか、普通にそこで暮らしている日本人がその国の「今」を話してくれるという番組なんですけど、夕べはドイツ在住の永井潤子さんという方の話でした。彼女は、「小泉さん

「蟻の兵隊」見に行ってん

{/kaeru_ang2/}こないだ映画見に行ってん。{/hiyos/}ええなぁ。ずるいやんけ。なんでワシ誘てくれへんかったんや。あ~、わかったで、オンナと行ったやろ~。オマエ嫁はんおるやんけ。さては浮気やな、嫁はんにちくったろか~。{/kaeru_ang2/}なにを一人で飛躍しとるねん。

■高額情報『暴露』します!

【暴露!】ネット上に出回る高額情報・役立ち情報・怪しい情報・高収入情報全て見せます!

経済合理主義の行方・・・第三次世界大戦目前か・・・!?

ニューズウィーク誌によると、米国のブッシュ大統領はイランへの核爆弾単の投下を実行しようとして軍部に説得されて思いとどまったらしい。実に恐ろしい話であるが、本来ならば逆であろう。まず戦争好きの軍部が暴走し、政治家が何とかたしなめるというものであろう!...

コメント

よくぞ書いてくれました♪

今、日本人が一番知らないこと、そして一番知って欲しいことをよくぞ書いてくださいました。
感謝いたします♪

★遊牧民★

☆遊牧民さん 一見ふざけたようなタイトルなのですが権力側にとって知らせたくない情報だと思います。まあ4次情報くらいですからたいしたことはないのですができるだけ読みやすさを考えて書いています。今日は石油ビジネスについて書くつもりです。

これらは、大変重要なテーマですね。

>しかも日清戦争に勝って、清国から国家予算の三倍の巨額の賠償金を分捕>って、これが日本資本主義経済発展の土台を築くことになったといわれてい>ます。これだけを見ても、侵略戦争・植民地獲得がいかに資本家にとって儲>けにつながるかが分かります

まったくそのとおりです。教科書的な説明をすれば、日本帝国主義・金融資本・重工業の成立は日清戦争による賠償金をもとでに行ったわけです。具体的には八幡製鉄所の建設資金は賠償金をもとでにしていますし、炭鉱もそうです。また、日清戦争によって中国大陸に植民地侵略を推進していくわけです。

満鉄の話題もそのようです。とくに、鉄道は帝国主義段階における支配的資本である重工業の主軸でした。鉄鋼業と炭鉱などの生産拠点と港を結ぶ輸送機関として鉄道は発達したわけですが、そもそも鉄道は鉄鋼業によってなりたつものなのです。現代の帝国主義は、石油と港や空港結ぶ自動車産業や航空産業が主軸ですね。

ヘンリーさんや遊牧民さんらの社会科学の立場は普遍的な正しさをもつています。

それから

アメリカ軍が戦後占領政策としてまずやったことは、財閥解体でした。
これは日本帝国主義の支配階級をまず叩き潰すということだったのです。
しかし、2・1ゼネストや(敗北したのがその後を規定してしまうが、その後階級闘争は幾度も復権している)、朝鮮戦争や中国革命によって、日本は戦後憲法をもちつつアメリカの支援のもと反共防波堤として旧財閥の復活、戦犯の復権、自衛隊発足、特高の復活-公安警察の設置など帝国主義国家として復活していきました。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 

CalendArchive

 

時計(ClockLink.com)

 

プロフィール

ヘンリー・オーツ

Author:ヘンリー・オーツ
●個人サイト
Henrry's talking to myself
http://henrry.net
※現在62歳の万年ロックおじさんです。元過激派高校生です。もう狂った世界や政治のことを書くのに疲れました。これからは新しい時代を予感させる情報をお伝えします。
大阪府守口市出身 東京生活10年を経て
山梨県北杜市小淵沢町在住
サバイバル生活を実践しています。彼女と古民家にて菜園と「流しそうめん&明石焼き」のお店を開きたいです。
●詳細プロフィールは・・
http://henrry.net/
profile.htm

●e-mail
henrryd6@gmail.com
●Facebookのアドレスは・・
https://www.facebook.com
/henrry.oates

当ブログのリンク構造をご覧ください!

 

「武器商人を経営分析する!」

 
 
 

月別過去記事一覧

 
 

全ての記事を表示する

 

QRコード

QR
 

Amazonお買い得商品

 

アンケートです!

アンケート
性別・年代を教えてください!
男性20代
男性30代
男性40代
男性50代
男声60代以上
女性20代
女性30代
女性40代
女性50代
女性60代以上

 

お奨め書籍









 

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

 
 

Keshe Foundation


KesheFound
 

亡国電波戦犯

ブログ記事上で投票によって決まったワースト順位です。クリックしていただきますと別窓で大きな画像が開きます。
 

ソルフェジオ528Hz

 

大津久郎出版記念講演


 

小淵沢勉強会「世界の嘘とその真相」



 

悪党天国日本♪チャチャチャ


 

アアアのアホ太郎♪


 

増山麗奈のいかす!チャンネル


 

PCトラブル

PC&ネットのトラブル解決便利屋を始めました。定期的な点検・整備もおまかせください。くわしくは 「パソコントラブル4000円♪ネットがすいすい訪問サービス」を始めます!をお読みください!下のメールフォームよりお問い合わせください。
 

メールフォーム

名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: