09 月<< 2017年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレンタイン粉砕デモがありました!

バレンタイン粉砕デモ


今日の東京新聞に紹介されていてはじめて知りました。

・名称
「バレンタイン粉砕デモ」

バレンタイン粉砕と名を打っていますが、バレンタインそのものを否定する意味ではありません。

・主催
革命的非モテ同盟

・目的
「日本におけるバレンタイン文化に反対するため。」

自由恋愛とそれを取り巻く商業環境について批判的に非モテの存在をアピールするために行います。バレンタインそのものや恋人同士の恋愛そのものに反対するという意味ではありません。ですから、自由主義そのものに反対するものではありません。

むしろ自分たちのバレンタインにおける恵まれない状況に対して問題を提起していこうという意図です。どうかその辺をご理解たまわりたく思います。

日時・場所
場所:渋谷区宮下公園 集会広場(渋谷駅寄りの場所、フットサルコート横)
日時:2008年2月10日 13時集合 14時出発


なんか解るなぁ~!格差社会がますます露骨になっている今、将来に希望が持てない非正規労働者に将来を託そうとする女性なんているわけがなく、どんな気持ちで今の社会を見ているか解るように思います。辛いだろうな?!今の時代、なんでもかんでも個人の自己責任ということにされてしまい、それを鵜呑みにしている個人も凄く多いと思います。まさにこの時代の変化こそ「構造改革」の大成果なのですが、まだ改革が不十分だから株価が下がるのだというような人間も居るわけで、ほとんどの人間がことの本質を理解していないように思います。沖縄の事件にしても、そもそも戦争という国家による大量殺戮そのものが異常なのであって明日も知れぬ個人が狂気のあまり犯罪を犯すことは「教育プログラム」で是正できるようなものではないのです。「綱紀粛正」など唱えたところで「テロとの闘い」という侵略戦争を誤魔化し、「国際貢献」というオブラートにより属国日本から吸えるだけ吸いまくる「悪の枢軸国=アメリカ」には正義などはなく、戦争を止めることこそが犯罪の最大の防止策になると確信する。今日の東京新聞にはもうひとつ、よい記事があったのでご紹介します。


東京新聞2008年(平成20年)2月14日(木曜日)26面

貧困の構造~私は考える3
「自己責任論の風潮こそ問題」「もやい」事務局長 湯浅誠さん

yuasa.jpg貧困問題を自己責任論に矮小(わいしょう)化する風潮がある。「日雇い派遣の仕事をしながらネットカフェなんかに泊まって、なんて自堕落なんだ」 「貧困になりたくなければ、非正規な仕事を選ばなければ良かったじゃない」というように。

しかし、その人にとって正規社員か非正規社員かを選ぶのは等価じゃなかったはず。自由に選択できなかったという実態を社会が分からない。貧困を論じる時の大きな問題点だ。
社会の中心を担っている団塊の世代。つまり高度経済成長を経験した人たちの多くには「まじめに働けば報われる」という意識がある。まじめに働けば給料が上がり、家電製品がそろったという経険があると、うまくい、っていない人をなかなか理解できない。私はむしろ「その人たちはいかに企業に守られてきたか」と思うのだけれど。

高度経済成長以降、一九九〇年代までが、いかに特殊な時代だったか。しかし、当時を生きていた人たちにそんな実感はないから、その後に社会に出てきた人たちとの心理的ギャップは大きい。親にどうしても理解されず、「家の中で居場所がない」と精神的に参って家を飛び出し、貧困に陥る三十代の団塊ジュニアは少なからずいる。貧困の人たちの再チャレンジ策として、行政は職業訓練を強調するが、一番の問題は財政難を理由に十分な生活保障をしないことだ。われわれの団体のプログに書き込んできた若い男性がいた。「再チャレンジ以前で行き止まりです。職業訓練に行くお金なんてない。生きているのも死んでいるのも同じです。それが本当の声だと思う。職業訓練をやっても高い技能が身につくわけはないし、彼らが望むメニューがあるかも分からない。しかも現状では職業訓練をやったからといって企業が雇ってくれるわけではない。正規化や雇用拡大を企業に罰則付きで課すなど、貧困労働者に自立を求めるなら、自立できるだけの環境整備が必要だ。

ゆあさ・まこと
1969年東京生まれ
東大大学院博士課程単位取得。95年から野宿者支援に携わり、2001年に民間非営利団休(NPO)「自立生活サポートセンター・もやい」を設立。

貧困者を対象にアパート入居の際の連帯保証人の支援や生活相談をする。「反貧困」のためのネットワークづくりも進める。著書に「貧困襲来」など。38歳。



湯浅さんとは話したことはありませんが理事長の稲葉さんには貴重なアドバイスをいただいています。

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 

CalendArchive

 

時計(ClockLink.com)

 

プロフィール

ヘンリー・オーツ

Author:ヘンリー・オーツ
●個人サイト
Henrry's talking to myself
http://henrry.net
※現在62歳の万年ロックおじさんです。元過激派高校生です。もう狂った世界や政治のことを書くのに疲れました。これからは新しい時代を予感させる情報をお伝えします。
大阪府守口市出身 東京生活10年を経て
山梨県北杜市小淵沢町在住
サバイバル生活を実践しています。彼女と古民家にて菜園と「流しそうめん&明石焼き」のお店を開きたいです。
●詳細プロフィールは・・
http://henrry.net/
profile.htm

●e-mail
henrryd6@gmail.com
●Facebookのアドレスは・・
https://www.facebook.com
/henrry.oates

当ブログのリンク構造をご覧ください!

 

「武器商人を経営分析する!」

 
 
 

月別過去記事一覧

 
 

全ての記事を表示する

 

QRコード

QR
 

Amazonお買い得商品

 

アンケートです!

アンケート
性別・年代を教えてください!
男性20代
男性30代
男性40代
男性50代
男声60代以上
女性20代
女性30代
女性40代
女性50代
女性60代以上

 

お奨め書籍









 

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

 
 

Keshe Foundation


KesheFound
 

亡国電波戦犯

ブログ記事上で投票によって決まったワースト順位です。クリックしていただきますと別窓で大きな画像が開きます。
 

ソルフェジオ528Hz

 

大津久郎出版記念講演


 

小淵沢勉強会「世界の嘘とその真相」



 

悪党天国日本♪チャチャチャ


 

アアアのアホ太郎♪


 

増山麗奈のいかす!チャンネル


 

PCトラブル

PC&ネットのトラブル解決便利屋を始めました。定期的な点検・整備もおまかせください。くわしくは 「パソコントラブル4000円♪ネットがすいすい訪問サービス」を始めます!をお読みください!下のメールフォームよりお問い合わせください。
 

メールフォーム

名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。