07 月<< 2020年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

爆笑問題のニッポンの教養「検索エンジンは脳の夢を見る」にビックリ!

日、録画予約しておいたNHKの番組をさきほど見た。新しい検索の現状にあまりにもびっくりしたので早速、原稿を書いている。

http://www.nhk.or.jp/bakumon/previous/より引用
パソコンの検索画面に探したい情報のキーワードを打ち込めば、150億を超えると言われるホームページの中から、自分の関心のある情報を瞬時に選び出してくれるのが現在の「検索」サービスだ。1990年代から始まったインターネットの爆発的な普及以降、世界はこれまで手にしたことのなかった何千倍、何万倍という天文学的な量の情報が飛び交う「情報爆発」時代に突入。いまや情報検索技術は、世界経済を動かし、人々のライフスタイル、価値観や思想までも変えようとしている。

そんな中、「連想検索」という新しい情報技術を提唱しているのが高野だ。2002年に高野が開発した『連想検索エンジン』は、ユーザーの関心を類推し、人間の“連想”と同じように関連情報と関連キーワードを提示することを目指す。この「人の想いを汲み取る検索エンジン」は今、情報の海を泳ぐ新たなツールとしての可能性を秘めている。
今までの情報社会は本当の豊かさではなかった?検索エンジン技術がもたらす教養とは?未来とは?この情報爆発社会をどう生き抜けばいいのか?
情報技術の最前線に爆笑問題が迫る。


高野明彦(たかの・あきひこ)
1956年生。国立情報学研究所 連想情報学研究開発センター長 兼 東京大学大学院情報理工学系研究科教授。2000年5月、高野らが開発した「連想検索」のプロトタイプは科学雑誌「nature」に「21世紀に注目される情報検索技術」として掲載された。



ず紹介されていたのが「新書マップ」なるもの。ちなみに「ユダヤ問題」で検索するとまるで地球のような円が登場し、その内側の黄色のボタンで表示されているのが「関連テーマ」でその外側の白のボタンで表示されているのが「関連キーワード」ということである。※画像1

gazou1.jpg

「関連テーマ」のなかで例えば「ユダヤ人と経済」をクリックすると、そのテーマで書かれた新書がバーチャルな本棚として表示されるのだ。※画像2

gazou2.jpg

索結果として表示された「関連テーマ」のうち、気に入ったテーマを「MY書棚」に12個まで登録できる。またMY書棚のリストを関連テーマのリスト同様に使って、リスト中のテーマを複数選択して再検索できたり、さまざまな分野のテーマを集めておいて、それらと共通に関連するテーマを探す際などにとても便利だと言う。

書はかなりの種類があるにも関わらず、なかなかうまく検索できなかったが、これを使うと図書館でかなり的確な予約ができるように思う。さっそく試してみようと思う。

また高野氏が関係したサイトに神田神保町の古本屋さん85店舗、35万冊の在庫を横断的に検索できる「じんぼう」というサイトもなかなか便利そうだ。先週の土曜日に神保町に行ったが、なかなかお目当ての本を探すのは容易ではない。事前にこれで調べておけば稀少な本も容易に見つけることができると思う。ここで先日探していた「エーリッヒ・フロム」で検索したら画像の6件がヒットした。先日見つけた「希望の革命」はヒットしなかった。おそらく登録されていないのだろう。※画像3

gazou3.jpg

の画像2から「関連書籍を探す」をクリックすると兄弟サイトとも言うべき「想-IMAGINE Book Search 」での検索結果が出てくる。Wikipediaでユダヤ問題に関連するページの紹介があり、「リチャード・コシミズ」さんや「古歩道・ベンジャミン」さんが紹介されている。※画像4

gazou4.jpg

また「じんぼう」の古書データベースで「ユダヤ問題」で検索すると3612件ヒットし、その中には「世界の正体と猶太人」酒井勝軍著 内外書房大正13年刊9,800円という貴重本が五萬堂書店という古書店に在庫があることが解る。営業の案内もきちんと書いてあり、ドメインを取ったホームページもお持ちである。http://gomando.jimbou.net/catalog/information.php/siID/4 ※画像5

gazou5.jpg

こんな昔から世界の正体=真相とユダヤ問題を研究していた方がおられた事実には唖然とさせられる。今、300年の人類に対する陵辱支配に対して世界的な総蜂起が起ころうとしていることに今さらながら強い感慨を覚える。





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NHKの爆笑問題の番組で連想検索

国立情報学研究所の高野明彦氏が出演したのは爆笑問題のNHKの番組でした。 そこで「連想検索」という紹介がありまして、それってWebcatPlus でしょ?と思っていたら、 やっぱりこの人の作であって、また神保町のあのウェブ もそうで、 さらにカ?...

検索エンジンは脳の夢を見る

爆笑問題のニッポンの教養の3月4日は興味深い内容だった。 それは検索についての新技術だった。 それを作ったのは国立情報学研究所の高野明彦氏

■無意識にインプットされる風景。『爆笑問題のニッポンの教養』 連想情報学、高野明彦。

今回のテーマは、検索エンジン。 ■『爆笑問題のニッポンの教養』(番組HPより)F

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 

CalendArchive

 

時計(ClockLink.com)

 

プロフィール

ヘンリー・オーツ

Author:ヘンリー・オーツ
●個人サイト
Henrry's talking to myself
http://henrry.net
※現在62歳の万年ロックおじさんです。元過激派高校生です。もう狂った世界や政治のことを書くのに疲れました。これからは新しい時代を予感させる情報をお伝えします。
大阪府守口市出身 東京生活10年を経て
山梨県北杜市小淵沢町在住
サバイバル生活を実践しています。彼女と古民家にて菜園と「流しそうめん&明石焼き」のお店を開きたいです。
●詳細プロフィールは・・
http://henrry.net/
profile.htm

●e-mail
henrryd6@gmail.com
●Facebookのアドレスは・・
https://www.facebook.com
/henrry.oates

当ブログのリンク構造をご覧ください!

 

「武器商人を経営分析する!」

 
 
 

月別過去記事一覧

 
 

全ての記事を表示する

 

QRコード

QR
 

Amazonお買い得商品

 

アンケートです!

アンケート
性別・年代を教えてください!
男性20代
男性30代
男性40代
男性50代
男声60代以上
女性20代
女性30代
女性40代
女性50代
女性60代以上

 

お奨め書籍









 

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

 
 

Keshe Foundation


KesheFound
 

亡国電波戦犯

ブログ記事上で投票によって決まったワースト順位です。クリックしていただきますと別窓で大きな画像が開きます。
 

ソルフェジオ528Hz

 

大津久郎出版記念講演


 

小淵沢勉強会「世界の嘘とその真相」



 

悪党天国日本♪チャチャチャ


 

アアアのアホ太郎♪


 

増山麗奈のいかす!チャンネル


 

PCトラブル

PC&ネットのトラブル解決便利屋を始めました。定期的な点検・整備もおまかせください。くわしくは 「パソコントラブル4000円♪ネットがすいすい訪問サービス」を始めます!をお読みください!下のメールフォームよりお問い合わせください。
 

メールフォーム

名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: