09 月<< 2017年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白装束と民主党騒ぎ

小沢一郎&菅直人朝から電波芸者が民主党の代表選のことでうるさい。1ケ月以上にもわたるメール騒ぎの後でのことなのだがふと疑問に感じた。「こんな時間に政治に興味のある人間がどれだけ居るのだろうか?」という極めて素朴な疑問である。おそらく提供する方も見る方も「政治の問題」としては意識しておらず、芸能スキャンダルの延長として見ているのではないかという仮説を立ててみた。そう言えば3年前に「タマちゃん」と「白装束集団」がマスコミを賑わした。「白装束」と「有事法制」で検索したら当時のことがいろいろと出てきた。

2003年05月10日(土) 17時50分
言論、表現の自由でシンポ 有事法制問題など論議(共同通信)
 有事法制などをめぐり、言論や表現の自由の問題を話し合うシンポジウムが10日、東京都内で開かれジャーナリストや市民約300人が参加した。
 ニュースキャスターの筑紫哲也さんが「ジャーナリストの覚悟」と題して基調講演。16年前の朝日新聞阪神支局襲撃事件を例に「相手は暴力でくるが、ジャーナリストは言葉で戦うしかない。言葉を研ぎすまし、絶えず『こういうことはいけないんだ』と言い続ける必要がある」と訴えた。
 市民団体「グローバルピースキャンペーン」のきくちゆみ代表は「有事法制の議論が進んでいるときに、メディアはタマちゃんと白装束ばかり。大切なことを伝えていない」と注文を付けた。(共同通信)


パナウェーブの車あの時、民主党は有事法制に賛成し、法案はすんなりとおってしまった。あの時の悔しさを私は忘れない。国会に集まった300人くらいの人たちの間で集会が持たれ、私も単なる参加者のひとりとしてスピーチさせていただいた。もうあの時、すでに民主党への期待は捨て去っていたのだ。今さらテレビでどうのこうの言われてもマスメディアを使った与党のプロパガンダにうんざりさせられるだけである。「小沢か管か?」などというのは「どちらが男前か?」という質問とほとんど変わりのないものにしかすぎない。それでは現在、そういうメディアを動員して極力隠そうとされているものは何なのか?おそらくBBLTは当然として「六ヶ所村再生工場」の問題や「共謀罪」こそが隠したくてしかたのないことなのであろう。民放というものは恐ろしいものである。まな板の雑菌の除去は大騒ぎして、除菌剤を買わそうとするのだが「オール電化」で月々1400円でお湯が使い放題ということは宣伝してもその結果として予想される環境破壊についてはひたすら蓋をするだけである。

六ヶ所村再生工場反対!このように息のつまる翼賛社会においてネットこそが真実を発信できる少ない場であり、報道のプロが嘘を垂れ流しているからこそ素人のブロガーが活躍 の場を与えられているのだ。ただ気をつけねばならないのはそれらのブログの中にも一見まともに見えても嘘の報道を補完するようなブログもあるという事実である。私も騙されたひとりなのではっきり嘘と断定する。元より信頼できない民主党を更にこきおろすことは「反小泉」の看板とは逆に、小泉政権を援護するものでしかない。ましてや民主党が女性に人気がないのは「生活感覚」がないからなんてことを言い、党首を辞任に追いやったのは自分の功績だと恥ずかしげもなく書くブログを信用してはならない。自ら盟主として立ち上げた運動が何を実践したというのだ。せいぜい年賀状を書いたくらいのことではないか。「桃園の誓い」なんて大袈裟な言葉で人を騙せると思ったら大間違いである。(※後で恥ずかしくなったのか手の凝った削除をしている。)若い「きっこさん」に嫉妬してジャーナリストとしての心得を説くなんてのは笑止千万である。

国民に恐縮する態度など微塵も見せず、嬉しそうにカメラの前ではしゃぎ、偽メール問題についてはその場凌ぎのスリカエとゴマカシの詭弁をだらだら続けていた。危機感も緊張感も何も無かった。国民よりも党首である前原誠司の視線の方が大事だったのだ。B層の主婦がマスコミに騙されて云々と言うけれど、こんな場面を一ヶ月も見て民主党に一票入れようという主婦がいたら頭がおかしいよ。「世に倦む日日」4.4より引用


まるで自民党に入れる主婦は賢いといいたげな文章ではないか。嬉しそうに文章ではしゃいでいるのはあんたでしょう?と私は言いたい。ちなみに私は特に支持政党はないが地元選出の辻元清美氏と彼女の同僚である保坂展人氏に共感を感じている者である。
※追記 同じFC2ブログのユーザーである「カナダde日本語」さんや「人類猫化計画」さんにトラックバックを送ろうとしたが何回かやってもできなかった。おそらく「言及リンクが存在しない」ということでスパムと見なされたようである。FC2には「この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)」というリンクがあるのだが「カナダde日本語」さんのところでそれをやったら私のサーバーで「カナダde日本語」さんのエントリーが表示されるという訳の解らない事態が起こってしまった。結果、変なトラックバックができてしまいました。散々ヘルプを読みあさるはググってみたものの突き止めることはできませんでした。
4/9「権力に迎合したマスコミ人を忘れるな!」さんにもトラックバックをいただきました。「雑談日記」さんにも取り上げられましたので言及リンクを貼ったのちにTBします。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント欄は合わせ鏡

似たような人が集まってくるということ。これはどういう事かというと「類は類を呼ぶ」ということ。別名「類類の法則」(by太川陽介)のことである(笑)リアル社会でもそうだが似たような考えの持ち主が集まる事はよくある。何かと話題の秋葉系とかでもそうであろうし、意識

うどんを啜りながらこう考えた--日替わりコラム(水曜日:玄耕庵日乗)

山道を登るのはしんどいので、うどんを啜りながらかなり雑にこう考えた。うどんは讃岐・稲庭・水沢が有名だが、私は讃岐うどんが好きである。セルフうどん屋の前を素通りできずに今日もうどんを食す。讃岐うどんは雨に恵まれない土地柄で生まれたもの。米の代わりに小麦を作

民主党が女性に人気のないのはなぜ?

『世に倦む日日』のThessalonike2氏の今日の記事は「民主党はなぜ女性から支持されないのか - 男性18%・女性9%」はとても興味深かったのでTB。政党別の女性議

とりあえず民主党

■民主党代表選で珍しく小沢氏が戦闘モードに入ったという。今朝のスパモニで鳥越氏が「民主党には“旗”がない」と言っていた。旗とは理念のことね。たとえば新選組の「誠」の旗み

肖像

世に倦む日々経由でTBさせていただきました。

これはまがい物、得体が知れぬ

ファミリーメンタルクリニックさんの記事に触発されて、2ヶ月ぶりのエントリーです。

核再処理試験稼働とプルサーマル計画合意

まず、二つのニュースから日本原燃が六ケ所再処理工場で計画している最終的な試運転(アクティブ試験)について、三村申吾知事は二十八日、試運転開始に同意する意向を表明し、日本原燃に安全協定の締結を申し入れた。県と六ケ所村は二十九日に日本原燃と安全協定に調印する

ブッシュが画策する知られざる日本のエネルギー危機?

日暮れて途遠しさまからの ブッシュが画策する知られざる「日本のエネルギー危機」 というTBを拙エントリー 「核再処理試験稼動とプルサーマル計画合意」 に対していただきました。それによると核反対とか核兵器製造可否の観点ではなくGNEP構想により、大切なエネルギー

コメント

TBありがとうございました。
またお邪魔させて戴きます。

☆おぅんごぉる様 コメントありがとうございます!
日本橋の景観よりテレビに写る、し放題の将軍様や
節操の無い電波芸者の方がよっぽど目障りだと思う
のですが・・・

TBありがとうございました。
きちんとTBされてましたよ。ただ、エロTBや関係ないTBを避けるために、承認をかけているので、私の承認がないとアップできないようになっています。FC2同士ですからTBできないということはないと思います。こちらからも、TBさせていただきます。

『世に生む日日』さんですが、彼が自民党を応援しているということはないと思います。彼のブログにも書いてありますが、アンケートの調査によると、熱心な民主党支持者ほど自民党寄りの前原が辞任するべきだと思っていたようです。これまでは自民党に対抗できる政党は唯一民主党かと思われていたんですが、偽メール事件によって国民の期待は無残にも裏切られてしまいました。国民の信用を取り戻すのは難しいでしょう。こうなったら、どこか他の政党と合併して全く新しい名前の政党になるしかないのでは・・・・と思っています。

美爾依さまTBありがとうございました!本文の追記にも書かせていただいていますがやはり通常のTBはできていなかったようです。どうもFC2のヘルプは検索がまともに動作しないようですし、「この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)」というリンクも何のためのものかが不明です。
美爾依さまはご存知ないようですが「世に倦む日日」は「STOP THE KOIZUMI」を組織した人で私も参加したのですが多くの仲間と除名になったのです。Under The SUNもその仲間です。ですから表面上は自民支持でないのは当然なのですが裏ではいささか怪しいのです。同じく除名された「雑談日記」さんの『やはりテサロニケの「STOP THE KOIZUMI ブロガー同盟」は怪しかったのか?』をご覧ください。女性のことを「女」と呼ぶセンスもいただけません。きっこさんは明らかに毛嫌いしています。
http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2006/02/stop_the_koizum_4340.html


世に・・・さんの

いささか差別的な所が気になります。それと川崎の事件の扱いもどうもバランスに欠けるようにも。総てをメディアコンテンツとして並列させる手法が、組織的にすすめられている感を強く感じます。

じゅんさんコメントありがとうございます。川崎の事件の扱いというのが
何時の記事のことか不明なのですが「組織的にすすめられている」と
いう指摘はかなり的を得ているような気がします。いろいろ教えてく
ださい。Egonomistっておもしろい言葉ですね。まさに「へいぞ~」に
ぴったりです。

世に・・・さんの

小学生の投げ落としの事件です、独り合点ですみません。ダジャレですが、お褒めありがとうございます。

もおぉ~

 こんばんは。オーツさんが書いておられるので「世に倦む日々」久しぶりに読みに行きました。
 絶好調のようですね。内容は私の頭ではついていけないので、ぱらぱら見ただけなんですが、ずっとマスコミと同じくライブドア問題、メール問題書いておられたんですね。アクセス数が多く、その上日本の知性を代表しているとか。
 さらに前原を辞任に追い込んだのは、マスコミではなく、ご自分が代表するブログジャーナリズム、他人は不勉強、共産党はアホ、民主党はバカ。
 私の恩師はよく「自賛できない自画は描くな」といってました。もちろんそれだけ勉強しろということでしょうけど・・・。
 なんにしてもブログジャーナリズムが勝利するなら、反小泉運動は勝利目前ということなのでしょう。

☆luxemburgさん ははは それだけ言ってブロガー同盟を除名されないということは
もう既にあの組織は迷える子羊をおとなしく囲いにいれるための罠だったのではない
ですか?


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 

CalendArchive

 

時計(ClockLink.com)

 

プロフィール

ヘンリー・オーツ

Author:ヘンリー・オーツ
●個人サイト
Henrry's talking to myself
http://henrry.net
※現在62歳の万年ロックおじさんです。元過激派高校生です。もう狂った世界や政治のことを書くのに疲れました。これからは新しい時代を予感させる情報をお伝えします。
大阪府守口市出身 東京生活10年を経て
山梨県北杜市小淵沢町在住
サバイバル生活を実践しています。彼女と古民家にて菜園と「流しそうめん&明石焼き」のお店を開きたいです。
●詳細プロフィールは・・
http://henrry.net/
profile.htm

●e-mail
henrryd6@gmail.com
●Facebookのアドレスは・・
https://www.facebook.com
/henrry.oates

当ブログのリンク構造をご覧ください!

 

「武器商人を経営分析する!」

 
 
 

月別過去記事一覧

 
 

全ての記事を表示する

 

QRコード

QR
 

Amazonお買い得商品

 

アンケートです!

アンケート
性別・年代を教えてください!
男性20代
男性30代
男性40代
男性50代
男声60代以上
女性20代
女性30代
女性40代
女性50代
女性60代以上

 

お奨め書籍









 

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

 
 

Keshe Foundation


KesheFound
 

亡国電波戦犯

ブログ記事上で投票によって決まったワースト順位です。クリックしていただきますと別窓で大きな画像が開きます。
 

ソルフェジオ528Hz

 

大津久郎出版記念講演


 

小淵沢勉強会「世界の嘘とその真相」



 

悪党天国日本♪チャチャチャ


 

アアアのアホ太郎♪


 

増山麗奈のいかす!チャンネル


 

PCトラブル

PC&ネットのトラブル解決便利屋を始めました。定期的な点検・整備もおまかせください。くわしくは 「パソコントラブル4000円♪ネットがすいすい訪問サービス」を始めます!をお読みください!下のメールフォームよりお問い合わせください。
 

メールフォーム

名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。