07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「地球温暖化詐欺」を多くの人たちに伝えましょう!


球温暖化詐欺」The Global Warming Swindle のビデオが広まったことで急にその悪質な詐欺に気づいた人が増えている。「地球温暖化詐欺」でググッてみると803,000件がヒットした。私がよく訪れているブログだけでも以下のとおりである。911の内部犯行説以上に急速に拡がり、世界的規模の詐欺に遭っていてG8というものが「悪党どもの代表による悪巧み会議」であることが共通の認識となる時代がもうそこまでやってきているのではないだろうか?

・4つの目で世の中を考える | 二酸化炭素による地球温暖化でっちあげ詐欺のさらなる説明

・らくちんランプ: 「The Global Warming Swindle(地球温暖化詐欺)」の補足資料

・天木直人公式ブログ:いつからCO2削減問題がこんなに大きな世界的課題になってしまったのか

・人類猫化計画 コンビニ深夜営業自粛って、もはやエコ・ファシズムでしょ。CO2は温暖化の主犯じゃないし。

・ミクロネシアの小さな島・ヤップより : シロクマさんとCO2

・■世界が待ち望む夢のプロジェクト進行中! 神新二 『地球温暖化詐欺!』

・植草一秀の『知られざる真実』: 地球温暖化仮説への疑念

・A Tree at Ease 地球温暖化詐欺



ego2.gif ego.gif
クリックしていただきますと別窓で大きな画像が開きます。


くいう私も「反戦な家づくり」さんや「らくちんランプ」さんが貴重な記事を紹介されていたから知ったことである。もともと理科系ではないのでじっくりと読んではいなかったのだが福田内閣になって「低炭素化社会」などとワケの解らない言葉を使いだした頃から異常さを感じ始めたのでした。それがG8を目前に控え、エコロジミンなどというサイトが出来、福田ポスター第二弾が発表されるやその異常さに気づき思わずパロってしまったのでした。とりあえず私の手元にあるのは図書館で借りた槌田敦「環境保護運動はどこか間違っているのか?」と武田邦彦「エコロジー幻想~環境にやさしいが環境を破壊する」の2冊です。前者には原子力発電がCO2を発生しないというのは嘘で火力発電と同じ量の石油を使っていることが書かれています。おまけに放射能事故の可能性があるわけですから環境保護という立前の元でとんでもない開発をしているわけです。

日は「座り読み歓迎」で有名な池袋の「ジュンク堂」に行きました。図書館で予約するにしてもある程度、現物を見ておかないと借りたものの読む気がしなくてすぐに返すということがたびたびあるのでじっくり見ました。およそ4尺(120cm)幅の棚にして5本分ほどが環境問題のコーナーだったのですがその中で「地球温暖化」の嘘を告発している本は約10冊程度でした。今の大学は産学協同ですから民間で進めていることに沿った研究でないと研究費がおりないということです。もっとも私が読みたいと思った本は槌田敦「CO2温暖化説は間違っている」でした。金があれば買うのですけどね。まったく!

自民党内偽装対立 期待される政権
クリックしていただきますと別窓で大きな画像が開きます。


の回りにもこのことにショックを受けている人は多い。案外このことが引き金になって今の体制がベルリンの壁のように瓦解することにに繋がるのではないかと思う。もう古典的な右や左だという時代ではないと私なんかは思うのです。今の政治の下では圧倒的多数の国民の生活が脅かされているにも関わらず、官僚や政治家はおのれの私腹を肥やすことと、アメリカへの売国化をすすめる一方、国民の生活を守るための福祉を削り、同時に増税を画策しているわけで、国民が洗脳されていなかったらとっくに解散、総選挙、政権交代になっておかしくないのだ。にも関わらず、バーベキューコンロのようになかなか火が点かないのだ。誤解がないように指摘しておきたいのですが私は決して「天皇制廃止論者」ではありません。「革命」などということも同じですが無理をして何かをすれば必ず反動が起こります。ソ連ではスターリンの独裁がありました。人々の全体的な意識レベルが上がり、天皇制など必要がなくなった時に普通の家族になっていただければいいと思っています。今の政治状況を変えるのに右も左もなんの意味もありません。植草一秀さんが指摘された自民党による偽装対立など、多くの国民が望んでいることから比べると何も違いがないに等しいことです。今たいせつなことはたったこれだけの簡単で誰もが納得できることを多くの人々に伝え、例えあらたな政界再編で国民の目を欺こうとした場合でも、その嘘に騙されない感性と論理を鍛えることだと思うのです。
holbert.gif

GoogleでThe Global Warming Swindle をキーワードとしてイメージ検索すると26,500件もヒットする。すでに欧米では多くの人が気づいていることが想像できる。

2006年、アル・ゴアは、デイビス・グッゲンハイム監督の地球温暖化に関するドキュメンタリー映画『不都合な真実 (An Inconvenient Truth)』(ローレンス・ベンダー制作、パラマウント・ピクチャーズ配給)に出演した。

holbert2.gif




トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

地球温暖化CO2削減キャンペーン・・・集団ヒステリー現象?

地球温暖化CO2削減大合唱 これって・・・ ある意味「世界規模の集団ヒステリー」と言っても過言じゃない。 それほど、ヒステリックに暴...

コメント

コメントありがとうございます。

ヘンリー・オーツさん、コメントありがとうございます。私は親の世代が当時のバリバリ左派思想だったので、それらに関しては理解しています。ヘンリー・オーツさんの“右”“左”の説明も判りやすいです。また、現実主義的に考えると、ご説明の細部も理解いたします。

私が気にしたのは、我国では古より『皇室に手向かって兵を挙げるものは必ず敗軍すべし』と言われていたことです。これは幕末水戸家の家訓として「徳川宗家に弓を引くことがあっても、皇室には弓を引くな」というものと同じです。明治維新は心安らかではないアクロバットが為されていたかもしれません。昨今、世間で言われている異説明治維新説が正しかったとしても、戊辰戦争で皇室が二分されても…姿勢としては皇室を守る方向での争いでした。日本の主神、天照大神は「葦原の瑞穂の国は王(きみ)たるべき国なり」と皇孫ニニギノ尊に神勅を出された…ということに由来していると言われています。(この論の正当性、信教他はともかくとして)

これは桜田烈士の行動の深い背景にあった動機とも繋がるのだと思いました。→そのことが私自身をウハ的思想に導いたきっかけでもあったのです。その種の探求は終わったわけではありませんが、立ち位置転向は我ながら興味深い体験でした。(もちろん、魂の変遷、思想の変遷はあってしかるべき)

つまるところ前回投稿は、ヘンリー・オーツさんに日本の神道の神様のご加護がありますように…という気持ちから書かせていただきました。

力不足で、ぶっ飛んだ説明になってしまいましたが…、お時間のあります時に、下記の二冊を是非読んでいただけませんか。

■硫黄島栗林忠道大将の教訓: 小室 直樹 著
■天皇の原理: 小室 直樹 著

『硫黄島栗林忠道大将の教訓』を先に読んで頂くと良いかもしれません。天才小室博士が、わかりやすく硫黄島の戦いの意義や戦後への影響を多角的に分析されています。戦争中の腐敗官僚(将)の話も興味深いと思います。

『天皇の原理』では、(一般)ユダヤ教の分析などから始まって、キリスト教、仏教、その他日本の歴史観など、小室先生独特の世界が展開されています。それが凡人の私にも判りやすい。もちろん「??」と感じられるところは色々あるかもしれません.しかし、こういった現実的な分析からですら、日本に作用している見えない力を感じられるかもしれません。また、この本がユダヤ教の説明から始まっている事も興味深いです。私自身は、NW○の思想は、ここで小室先生の説明されている(一般)ユダヤ教とも違った思想からのものだと考えていますが、ユダヤのベースと、日本のベースを比較しているという点で、ヒントが得られるかもしれませんよ。<個人救済と集団救済><日本における「法の不在」>など、大変面白く読んだ記憶があります。現代の我々に繋がる話です。ユダヤ人は外国に出っぱなしになって、何世代、経とうともユダヤ人。他方、日本人は外国に出たら最後、二世で既に日本人的でなくなる…と、小室先生は前書きに書かれていますが、私も海外で同様に感じた事があります。そのことと、日本人は空気の支配に流されやすく構造把握が下手なこと、先日書かせていただいた→一般市民に帝王学がないにも関わらず民主主義でうまくやれると考えていること等が私の中では関連づいてきます。集団救済(社会救済)をするとしても、日本の場合、どういう方法が最適なのか…と考える上で、基礎研究的視点において、ヒントがたくさんある本だと思います。

また神道的な部分では、伊勢ー白山・道Blogのリーマンさんの考え方に色々学んでいます。
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou
これはタクちゃんさんのBlogのゲストの方の書き込みを読ませて頂きファンになりました。

いずれにしましても、ヘンリー・オーツさんのご活動を心より応援しています。
ヘンリー・オーツさんは、現代日本に必要な貴重な存在です。ご加護がありますことを祈ります。

☆神社神主の子孫さん

亀レス申し訳ありません。たぶんお解りだと思いますがショックを感じていました。タクちゃんもブログを閉鎖したようです。

新撰組や海援隊でも同じようなことはありました。組織というものは得てして間違いをおこしがちです。とても残念です。
http://www.nihoniyasaka.com/
私は彼の本は5冊ほど読んでいます。わりと影響を受けていると言えるでしょう。小室氏の本は図書館で予約しようと思います。ご紹介ありがとうございました。


登録しました。

メッチャ気になるブログですぅ~♪

エイッ!お気に入りに 登録♪ 完了。

槌田敦さんは原発に疑問を呈してこられた稀有な科学者ですが、彼は最近流行の地球環境という掛け声がどうも怪しいという本質的動機に裏付けられた指摘を展開されているようです。

さすがだと思います。散々公害などを起してきた「帝国主義」側が、今になって地球環境だのと大宣伝する背景はやはり帝国主義側の経済的効果の狙いがあるのだと私は認識しています。

彼ら帝国主義者たちは、後発国の近代化や森林伐採が巨悪のように語りながら、自国帝国主義が資本輸出した地域では公害の垂れ流しをしていた事例すらあるのに、隠蔽し、なかったことにして、環境問題を後発国の近代化に求めていきながら、そのつど地球に優しいエコ商品だのと過剰消費を当て込んでいるという実態そのものに私は激しい憤りしか感じないのです。

ヘンリーさんの動機も同じだと思います。帝国主義者どもの身勝手なキャンペーンを暴きまくってズタズタに彼らの詭弁を封じ込めたいものですね。

国民の生活苦に何もしない政府が環境保護など嘘まるだし!

☆日本国憲法擁護連合さん

彼らが国民の生活苦を無視して環境保護などというのはどう考えても裏に経済的動機があるというのは見え見えです。原子力発電をもっともっと広めて環境をずたずたにしようとしている連中が「環境保護」などと言ってるのは「障害者切り捨て」を「障害者自立」と言っているのとまったく同じです。こんな嘘に対してはパロディが効果的だと思っています。大いに笑って馬鹿にしてあげましょう!


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 

CalendArchive

 

時計(ClockLink.com)

 

プロフィール

ヘンリー・オーツ

Author:ヘンリー・オーツ
●個人サイト
Henrry's talking to myself
http://henrry.net
※現在62歳の万年ロックおじさんです。元過激派高校生です。もう狂った世界や政治のことを書くのに疲れました。これからは新しい時代を予感させる情報をお伝えします。
大阪府守口市出身 東京生活10年を経て
山梨県北杜市小淵沢町在住
サバイバル生活を実践しています。彼女と古民家にて菜園と「流しそうめん&明石焼き」のお店を開きたいです。
●詳細プロフィールは・・
http://henrry.net/
profile.htm

●e-mail
henrryd6@gmail.com
●Facebookのアドレスは・・
https://www.facebook.com
/henrry.oates

当ブログのリンク構造をご覧ください!

 

「武器商人を経営分析する!」

 
 
 

月別過去記事一覧

 
 

全ての記事を表示する

 

QRコード

QR
 

Amazonお買い得商品

 

アンケートです!

アンケート
性別・年代を教えてください!
男性20代
男性30代
男性40代
男性50代
男声60代以上
女性20代
女性30代
女性40代
女性50代
女性60代以上

 

お奨め書籍









 

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

 
 

Keshe Foundation


KesheFound
 

亡国電波戦犯

ブログ記事上で投票によって決まったワースト順位です。クリックしていただきますと別窓で大きな画像が開きます。
 

ソルフェジオ528Hz

 

大津久郎出版記念講演


 

小淵沢勉強会「世界の嘘とその真相」



 

悪党天国日本♪チャチャチャ


 

アアアのアホ太郎♪


 

増山麗奈のいかす!チャンネル


 

PCトラブル

PC&ネットのトラブル解決便利屋を始めました。定期的な点検・整備もおまかせください。くわしくは 「パソコントラブル4000円♪ネットがすいすい訪問サービス」を始めます!をお読みください!下のメールフォームよりお問い合わせください。
 

メールフォーム

名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。