07 月<< 2020年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

パンデミック・フルー(Pandemic Flu)がやって来る!?お~怖い!

pandemic_flu.jpg日、NHKのテレビを見ながら、ある方からの電話を待っていた。どの番組だったか思い出せないし、NHKのホームページで見ても定かではない。すでにNHKスペシャルでドラマとしても取り上げられているというし、Wikipediaにも記述がある。


パンデミック・フルー 新型インフルエンザ Xデー ガイドブックより

本連載のタイトルである「パンデミック・フルー」とは、直訳すると「世界的に流行する(pandemic)インフルエンザ(flu)」。今、その発生が危惧されている「新型インフルエンザ」を意味します。欧米では、新型インフルエンザをこのように呼び、通常のインフルエンザ(seasonal flu)、鳥インフルエンザ(avian flu)と区別しています。

国連は、パンデミック・フルーの死亡者数を最大で1億5000万人と予想し、しかも、その発生は、もはや秒読み段階といわれています。それはなぜなのか?現在、世界各地で高病原性H5N1型(強毒型)鳥インフルエンザが鳥の間で蔓延し、さらに東アジアを中心に人への感染も拡大しています。すでに225人が感染し、そのうちの128人が死亡しています(2006.6.6現在)。

さらに、2006年5月に報告された、インドネシアでの鳥インフルエンザの家族内集団感染は衝撃的でした。北スマトラの小さな村での家族内感染で、少なくとも8人が感染、7人が死亡したのですが、家族内で、人から人への感染が起きた可能性が高いのです。本来、鳥インフルエンザは鳥の間で感染しますが、鳥から人へと偶発的な感染を繰り返しているうちに、人から人へと伝播するようになります。そして、最後には、人から人へと爆発的に感染するヒト型ウイルス、「新型インフルエンザ」に変異します。そう、鳥インフルエンザが新型インフルエンザに変異するのは、目前なのです。

img_913783_21027130_0.jpg

日、NHKで報道されていたのは日本で流行した場合、3200万人が感染し、64万人が死亡するというもの。想定被害規模は20~30兆円にも及ぶという。1970年代にこんなニュースが突然報道されれば、おそらくNHKに問い合わせが殺到し、回線が飽和状態になったと思う。今の日本人は情報が多すぎて鈍感になっているのではないだろうか?ということでこれも「世界人類削減化計画(New World Order)」と関係あるのではないかと仮定し、いろいろ調べてみた。そうしたらつい先日ご紹介した「2012年の黙示録」の中に見つけた。

● 新型インフルエンザの大流行に備えて  2008年5月19日(月)より

5月8日に神戸で開催された宇野正美氏の講演を聞きに行ってきました。今回のテーマも「新型インフルエンザ」となっていて、いよいよパンデミック(大流行)が近づいているという内容でした。

既に『エノク』5月号で宇野氏が述べておられる内容と変わりはありませんでしたが、文章で読むのとは違った迫力と説得力がありました。できるだけ早く多くの人にお知らせしたいと思いました。

しかしながら、その結果として人々が無防備に情報を受け入れて恐怖心にかられてしまうのは好ましいことではありません。恐らく、パンデミック(大流行)に備えて食料品をはじめとする生活用品の備蓄に走る人が増え、石油危機のときのようなパニックが起こる恐れがあります。流通小売業に身を置く私としましては、そのような事態は起こってほしくないのですが、宇野氏の話を聞いていますと、もはや避けられないような気もします。特に日本人の付和雷同の気質は大変な社会的混乱をひき起こすことでしょう。「終末に起こる大パニックのリハーサル的な現象」が起こってしまうということです。

私はこの新型インフルエンザ(H5N1)は、既に有効なワクチンも開発されていて、大流行になっても一部の層は助かるように準備されていると見ています。ウイルスそのものが、世界中の“むだ飯食い”の人間たちを間引きするための手段として人工的に培養されているものだと思っているのです。私の言う「世界支配層」は、そのウイルスをいつばらまくことが一番効果的か、ということを綿密に計算して、その準備を進めているというのが実情でしょう。宇野正美氏に極秘の情報をリークした人物も、そのような計画の中で踊らされてる(計画に加担させられている)操り人形の一人だと思われます。(宇野氏自身は情報ソースの人物を信じておられるようですが‥‥)

こまで読まれた方の多くは「宇野正美?なんだまた陰謀論か」と思われるでしょう。私もできたらこんなことは陰謀論で済ますことができれば気が楽なのです。ところがですよ。なんと厚生労働省のホームページにはその対策まで書かれているのです。

厚生労働省:健康:結核・感染症に関する情報

新型インフルエンザとは
○新型インフルエンザウイルスとは、動物、特に鳥類のインフルエンザウイルスがヒトに感染し、ヒトからヒトへと効率よく感染できるように変化したもので、このウイルスが感染して起こる疾患が新型インフルエンザです。より

○このような例の一つとしてスペイン風邪(スペイン・インフルエンザ)(1918年-1919年)があります。世界では人口の25~30%が罹患し、4000万人が死亡したと推計されており、日本では2300万人が感染し、39万人が死亡したと記録されています。その記録から、大流行が起こると多くの人が感染し、医療機関は患者であふれかえり、国民生活や社会機能の維持に必要な人材の確保が困難になるなど、様々な問題が生じることが考えられています。

中略

個人での備蓄物品の例
○食糧(長期保存可能なもの)の例
主食類


乾麺類(そば、ソーメン、うどん等)
切り餅
コーンフレーク・シリアル類
乾パン
各種調味料

その他

レトルト・フリーズドライ食品
冷凍食品(家庭での保存温度ならびに停電に注意)
インスタントラーメン
缶詰
菓子類
ミネラルウォーター
ペットボトルや缶入りの飲料

だって厚労省のホームページでここまで書かれると心中おだやかではないですよね。とりあえず、明日、通常の買い物以外に最低2週間分の食品を買いだめすることにします。こいう時にはショップ99が助かります。

img_1580617_39288840_0.jpg



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

新型インフル流行で社員の欠勤4割…厚労省が影響想定

 厚生労働省は29日、新型インフルエンザが国内で大流行した場合に想定される社会への影響をまとめ、初公表した。 経済活動を支える企業の従業員の欠勤率が40%に達すると、医薬品・病床数の不足や停電、銀行の現金自動預け払い機(ATM)が一時停止するなど様々な...

-

管理人の承認後に表示されます

コメント

鳥及び新型インフルエンザに関する国内外の記事を集めているWebサイトです。
鳥及び新型インフルエンザ直近情報
http://homepage3.nifty.com/sank/

ご紹介ありがとうございました!

☆NAMEさん

詳しくのっていますね。参考になります。ありがとうございました。

アジアと鳥インフルエンザ

参議院で大好きな先生で私はメルマガ愛読ですがあ、桜井先生の御発言集です。

開会日:2008年2月4日会議名:予算委員会発言者:櫻井充

さて、そうすると、一番有効であると思われているのはプレパンデミックワクチンなんでしょうが、これを一体何万人分用意して、そして最大では患者数をどのぐらいと、一日です、二千五百万人といってもこれ十年なの…

開会日:2008年2月4日会議名:予算委員会 発言者:櫻井充

じゃ、外務省として、若しくは、外務省と言ったらいいのか、これは厚生労働省のマターになるのか分かりませんが、僕は、この感染症研究所の人間をもっと増やして、アメリカと同じように海外に派遣しておく。そして…

開会日:2008年4月8日会議名:厚生労働委員会 発言者:櫻井充

それからもう一つ申し上げると、鳥インフルエンザといいますか、新型インフルエンザのときに、プレパンデミックワクチンなどを製造するというときに、現在それを製造している企業だけでやると、年間三千万人ぐらい…大手例えば武田とかの協力を得て生産能力を拡大する必要がある。

実際プレパンデミックワクチンは現在の鳥インフルエンザウイルスから作った物で、実際のパンデミックに成った時何処まで効くくか判らない。感染した時症状の緩和には効果が考えられ拡散を遅くさせる効果を期待しているものに過ぎない。そこでWHOの推奨では2人分の投与が必要との見解で日本の医学界もその方針で有ります。と言う事は3000万人分のと言う事は1500万人分でしかないのです。投与方針は医療、空港、交通、警察、消防、行政関係が優先される事になっています。

と言う事は一般国民は見殺しにされる事に成っています。米国やヨーロッパでは人口の2倍を備蓄しています。日本では3年たっても4500万人分です。8年後で漸く国民に行きわたる量が確保と言う事で、しかし鳥インフルエンザは形が変化し3年程度で作り変える必要が有るそうです。勿論保存期間有効期間もあり、永遠に今の体制では防備出来ません。パンでミックが発生と同時に国民全員にプレパンデミックワクチンを投与する必要が有ります。そして早急にパンデミックワクチンを作り初めて完全に防げるのです。

したがって大きなワクチン製造能力が必要なのですが、日本では大手製薬メーカーにそれをさせません。とんでも無い話です。、政府は阪大微研と北里研究所によって製造されたとしており、鶏の卵を使った製造方法で効率が悪く増産できないと政府は言い訳をしています。飼料穀物が高騰して多くの養鶏業者が廃業に追い込まれている現在、必要な雛鳥の確保も困難になるでしょう。おおて企業に研究させ効率良い技術を確立する事が必要です。海外などではグラクソなど超大製薬企業が生産しています。あまりに違う体制では無いでしょうか。

鳥インフルエンザやサーズに対する疑惑。これら現在問題に成っているウイルスが米国で作られたか、自然発生なのかハッキリしませんが、それらのウイルス開発を米国が行なっていた事は内部告発などにより間違い有りません。元になるウイルスに抗生物質を与えより強い菌に変成させたりするものです。O-157は赤痢菌の遺伝子と大腸菌が結合した物で、抗生物質がその結合をを起こした物で、故意に製造も出来るとされ、故意なのか自然発生かわかりません。かいわれ大根によるO-157事件は米国でその種が生産されたとき堆肥に混入して種が汚染されたとされています。ノロウイルスなどや炭素菌事件では炭素菌入り封筒事件で多くの人が亡くなりましたが陸軍感染症医学研究所に対して捜査が行なわれたようです。少なくとも軍用のものだった事は解っていました。http://sankei.jp.msn.com/world/america/080329/amr0803291018008-n1.htm

東南アジアの国々では鳥インフルエンザに米国とWHOが関与していると見ており、特にマレーシアで起きたコウモリからブタそして人間に感染し軍を総動員してブタを廃棄しました。その時のウイルス株が米国に持ち出され軍の機関に保存されていますが、マレーシアが研究用に保存しようとしたのを妨害しました。けっかその研究も出来なく、何時でも米国によってそのウイルス攻撃を受けるかもしれないと、心配しています。

そんないきさつから現在インドネシア(最近はベトナムも)では鳥インフルエンザの情報提供を拒否しています。その傾向は東南アジアに国々に広がっています。つまり人に移りやすく変成した現在のウイルスが米国に持ち込まれ改造され細菌兵器化する事を恐れているからです。米国はワクチンでまもり守れない東南アジアの人が皆殺しに合うと考えるからです。またWHOもその手先だと考えているようです。

日本の自公政権は国民すら守る気が無く、とてもアジア支援など考えていません。しかし、もし日本が生産体制を整えるとともに、技術支援などを行い東南アジアの国々でワクチンが生産出来るように成ったらどれ程の信頼を得るように成るでしょうか。また東南アジアで生産すればとても安く出来ます。そしてアジアワクチン製造ネットワークが出来れば。夢のアジア通貨も直ぐに動き出すでしょう。

黄色人種は所詮ゴイム!

☆山本さゆりさん

元々、「世界人類削減化計画」の一貫としてでてきたものなのでワクチンなどで助かってはなんのためにやっているか解らないですもんね。仮にワクチンが出てきたとしても怪しいものです。とどめにエイズ感染する可能性だってあります。意地でも生き残ってやるぞ!


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 

CalendArchive

 

時計(ClockLink.com)

 

プロフィール

ヘンリー・オーツ

Author:ヘンリー・オーツ
●個人サイト
Henrry's talking to myself
http://henrry.net
※現在62歳の万年ロックおじさんです。元過激派高校生です。もう狂った世界や政治のことを書くのに疲れました。これからは新しい時代を予感させる情報をお伝えします。
大阪府守口市出身 東京生活10年を経て
山梨県北杜市小淵沢町在住
サバイバル生活を実践しています。彼女と古民家にて菜園と「流しそうめん&明石焼き」のお店を開きたいです。
●詳細プロフィールは・・
http://henrry.net/
profile.htm

●e-mail
henrryd6@gmail.com
●Facebookのアドレスは・・
https://www.facebook.com
/henrry.oates

当ブログのリンク構造をご覧ください!

 

「武器商人を経営分析する!」

 
 
 

月別過去記事一覧

 
 

全ての記事を表示する

 

QRコード

QR
 

Amazonお買い得商品

 

アンケートです!

アンケート
性別・年代を教えてください!
男性20代
男性30代
男性40代
男性50代
男声60代以上
女性20代
女性30代
女性40代
女性50代
女性60代以上

 

お奨め書籍









 

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

 
 

Keshe Foundation


KesheFound
 

亡国電波戦犯

ブログ記事上で投票によって決まったワースト順位です。クリックしていただきますと別窓で大きな画像が開きます。
 

ソルフェジオ528Hz

 

大津久郎出版記念講演


 

小淵沢勉強会「世界の嘘とその真相」



 

悪党天国日本♪チャチャチャ


 

アアアのアホ太郎♪


 

増山麗奈のいかす!チャンネル


 

PCトラブル

PC&ネットのトラブル解決便利屋を始めました。定期的な点検・整備もおまかせください。くわしくは 「パソコントラブル4000円♪ネットがすいすい訪問サービス」を始めます!をお読みください!下のメールフォームよりお問い合わせください。
 

メールフォーム

名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: