05 月<< 2020年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 

マスゴミにも今こそ政権交代を突きつけよう!

gekijyouka.jpg

熱する自民党総裁選について今日の東京新聞は以下のように伝えている。

東京新聞:総裁選報道 TV各局『劇場化』警戒 :社会(TOKYO Web)
総裁選報道 TV各局『劇場化』警戒 
2008年9月10日 07時10分

十日告示される自民党総裁選に向け、メディアの報道が過熱している。自民のメディア戦略に踊らされた「小泉劇場」の二の舞いを危惧(きぐ)する声もあるが、今回は少し様相が異なるようだ。(放送芸能部・近藤晶、高橋知子)
中略
そんな中、七日のフジテレビ「サキヨミ」は総裁選報道を検証=写真(フジテレビ「サキヨミ」から)。二-六日にテレビ各局が伝えた時間を集計(百八十一番組計六十時間三十五分)、小泉劇場の「既視感がある」と警鐘を鳴らした。

「小泉劇場ではメディアが完全に踊らされたが、今回は茶番やシナリオといった批判もセットになっている点が少し違う」。「政党が操る選挙報道」の著書がある鈴木哲夫・日本BS放送報道制作部長はこう分析する。

解散・総選挙への流れも加速する中、草野厚・慶応大教授は指摘する。「総裁選を派手にやった方がメディア受けもいい。しかし、小泉劇場の時とは違う。有権者は、安倍、福田内閣の二年間で問題が自民党政治にあることを見抜いている。メディアジャックをすれば、有権者が自民に戻ってくると思っているようだが、今回はちょっと違うと思う」


tesaronike.jpg容のあることであればネタに困ることはないだろうが、まるで内容のない嘘にまみれた茶番劇を毎日報道するマスゴミのプロ魂に恐れ入るしだいだ。話す方も毎日、毎日嘘ばかりついているとみんな「あ・そ~」のように口がひん曲がってくると思う今日このごろなのだ。

ところで「カナダde日本語」の美爾依さんが久しぶりに紹介てくれた「テサロニケ大魔神大先生」だが、なんだがおもしろいことをのたまわれている。

選挙戦が始まると、報道機関は一週間おきに政党支持率を発表するが、新聞とテレビの数が多く、報道各社に調査日の若干のズレがあるなどして、とにかく選挙の期間は毎日のように政党支持率の変化が伝えられ、刻々と変わる支持率の変化に有権者がずっと注目して見守っているという状況がある。感覚的には、一日単位で有権者の気分の変わり方が掴め、情勢の変動が伝わってくる印象すらある。そこには、報道機関による洪水のような世論調査の発表だけでなく、それについてあれこれ有権者が論議するネットの情報世界があり、支持率の変化を意味づけする言説が飛び交い、政党関係者がそこに参加して世論に影響を与えようと働きかける動きがあり、それがまた有権者の意識や投票行動に少なくない影響を及ぼしている現実がある。現代の選挙戦に与えるネット掲示板の影響力は決して小さくない。


の経験で言わせていただくと例えば100床のベッドがある病院だと、そこでパソコンを持ち込んでネットをやっている人はせいぜい一人居るか居ないかだ。近所の図書館に行くと持ち込みのパソコンコーナーがあって6人分の席があるのだが、利用しているのは図書館に居る200人くらいの人の中で二人くらいである。つまり40代以降の人で日常的にパソコンを活用している人など1%くらいなのではないか?プロバイダ契約をやっては居ても実際に利用しているのは子供だというケースが大半なのではないだろうか?大半の人たちが新聞や雑誌が空くのをひたすら待っているのだ。毎日、あてどもなく記事を書いている立場からするならばネットが影響力を及ぼすようになることは理想であるし、歓迎すべきことだ。でも現実はとてもそのような状態とはかけ離れているとしか思えない。

ii03.jpg末に攘夷論が盛んであった薩摩藩、長州藩、水戸藩においては藩の主導権は時の幕府の状態に影響されて波のように揺れた。井伊直弼による安政の大獄が吹き荒れた時代にはそれらの藩においても保守派が主導権を握った。その後は攘夷派→開国派が主導権を握り、倒幕へと至ることになる。今のメディアにおいても理想の報道を許されず、不遇の状況に追いやられている善意ある人たちも少なからず居ると思っている。そのような人たちにはぜひとも勇気を持っていただきたい。今の国民を無視した自公政権のありようとそれをひたすら援護するマスゴミはどうあがこうが、沈没寸前である。「ながいものにまかれよ!」という「1600年」の幕藩体制から築かれた日本人のDNAに深く刻まれている「権力構造を支えている精神構造」(植草一秀の『知られざる真実』: 「1600年体制」からの脱却)から解き放たれることこそが現代日本人に問われているのだ。

続々と寄せられる朗報!


大地実さんのメールより最近の選挙戦での朗報をお知らせします。

新人の川満栄長氏が当選 竹富町長選2008年9月1日

任期満了に伴う竹富町長選挙は1日午後、石垣市商工会館で開票が行われ、川満栄長氏(55)=前町議、無所属=が1455票を獲得し、初当選した。現・元職、新人の3氏が出馬し、8月26日告示、31日投票が行われた。投票率は89.96%。

 ▽竹富町長選開票結果
当 1455 川満栄長 無・新
  1070 大盛 武 無・現
   404 那根 元 無・元
無効54
        (選管最終)


同じく沖縄であるがまたもや朗報である。

新人の上間明氏が初当選 西原町長選2008年9月8日

【西原】任期満了に伴う西原町長選挙は7日、投開票され、新人の上間明氏(61)=無所属、社民、社大、共産、民主推薦=が8108票を獲得、40票差で現職の新垣正祐氏(65)=無所属=を破り、初当選した。

上間氏は「町長専用車の廃止など、自ら先頭に立って経費節減に努め財政健全化を進めたい」と抱負を述べた。

当日有権者数は、25217人(男12562人、女12655人)。投票率は64・75%。

上間明氏(うえま・あきら) 1946年9月10日生まれ。石川市(現うるま市)出身。立教大卒。73年西原町役場採用。企画、文化広報、総務課長などを経て税務課長で2007年定年退職。

▽西原町長選開票結果
当 8108 上間 明 無・新
8068 新垣正祐 無・現
無効152(選管最終)


dorobunejimintou.jpg


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オカンに怒られた橋下さんっちの徹君

橋下知事「オカンに怒られたからやめる」 「くそ教委」発言 大阪府の橋下徹知事は9日、自らが求めている全国学力テストの市町村別データの公表をめぐり「くそ教育委員会が『発表しない』と言っている」と発言したことについて、「オカンから怒られたのでもう『くそ教育...

マスゴミに騙されない!

マスゴミをみれば自民党総裁選ばっかりで自民党に電波ジャックをされた感じがしてなりませんがみなさまいかがでしょうか? この一種異様な光景をみなさんはいかが感じられているでしょうか? 「もう見飽きたよ」「しらじらしいよ」「もう騙されないよ」「もう、飽きたよ...

権力犯罪にメスを入れるためにも政権交代を

8月の初めにヒルブランド・ワイナリーのブルースフェスティバルに行って来た。去年はジャズ・フェスティバルに行ったんだけど、個人的には...

コメント

再び、記事の紹介ありがとうございました。大魔神の年齢ですが、メールで私が問い合わせた時、彼は私にはまじめに38歳と言ってましたが、実際、あの本の著者のプロフィールを見ると、50歳を越えているじゃありませんか!とんだ詐欺師です(笑)。

唯我独尊ブログ

☆美爾依さん
思想にもとづく信念が純粋であればあるほど、その思想を裏切る行為をなすことは自らの否定に繋がるように思います。いくら美辞麗句を並べようが、大言壮語で煙に巻こうが、一貫性が無ければ詐欺に等しいと言わざるを得ません。特殊な美意識をお持ちのようですが、一貫性の無い主張は噴飯ものでしかありません。本気で怒る気にもなりません。まあ幕末あたりだと間違いなく天誅の憂き目に遭ったことでしょう。貴重な唯我独尊ブログとしてご活躍されんことを期待しています。

自民党総裁選挙報道→総裁選→新内閣発足→解散総選挙という方向がみえてきていて、狙いは総裁選挙報道で自民党の宣伝をやりまくって総選挙に打って出るということのようです。

小泉のあの選挙のように、選挙にいかない層・支持政党なしの層の獲得をしたいということでしょう。

しかもそれが今回は死活問題になっているようです。

というのも、民主党の内部分裂を今回しかけたがそれが失敗したことによって、福田氏は辞職したといってよいからです。

また、山口補選・沖縄県議選における野党共闘、ないし共産党が立候補をとりやめることによって民主に票が流れて自公が負けることが具体的になったから、組織票以外の票を獲得しなければ自公政権は終了してしまうからです。

そのために、自民党は小泉以上の宣伝戦をしなければならないということでしょう。

それが総裁選挙をめぐるテレビ宣伝なわけです。乱立している総裁候補を囲んだテレビ合戦は、それだけ自民党が必死である何よりの証拠であり、総裁候補者自身が、総選挙を前にした選挙宣伝をしているといっても過言ではないのです。

山口補選(公安警察が票読みをしたと公開されました)・沖縄県議選で、自公対野党の組織票の差ははっきりしており、小泉郵政選挙の得票数でも自公対野党(供託金で共産党は立候補の地域を限定)では自公が少ないことは歴然としているため、彼らは必死にもがいているということです。

前回の参院選では自公政権側は年金問題を出して自治労・民主党攻撃が宣伝しましたが、これは自民党政権時代からの問題である事実が暴露されたりそれ以上に自公政権がもたらしてきた経済格差などに対する怒りのほうが強かったため自公は敗北したわけですし、安部―福田の短期政権・政権丸投げ・じょじょに苦しくなる国民生活のなかで、いくら総裁選挙の大宣伝をテレビでやろうが小泉郵政選挙のときのようには簡単にいかないのが今度の総選挙ではないでしょうか?

御用マスゴミは自民党支持率が増えたと報道していますが、国民の間にはしらけているといわれています。

マスゴミ動員の小泉郵政選挙の結果によって、今の現状があることをみんな知っているからです。

もう騙されないよ、これが国民の声です。

それから、ヘンリーさんインターネット規制(アメリカ愛国者法の日本版戦時立法である共謀罪とセット)をやはり権力側はもっともらしい理屈(警察幹部の立花豊元東京都副知事らの動きを注目してください。)と水面下では激しい嫌がらせと威嚇によって仕掛けてきています(テレビを使った嫌がらせやユーチューブの動画配信を妨害するなどの諸行為)。彼ら権力はマスゴミを支配しているが、インターネットの「自由な言論」を支配しきれてはおらず、自公政権を辛らつに批判するもの、イラク戦争の背景を暴露するものを排除しようと具体的に動いてきています。

次期国会では総裁選挙の勢いにまかせて共謀罪を突進してくる可能性が指摘されたり民主党の抱きこみに動いているといわれていますので、この点も警戒しながら自公政権終了と政権交代を言論で訴えてまいりましょう。

☆日本国憲法擁護連合さん
とてもわかりやすい解説、ありがとうございます。メディアの支持率などあてにはならないとは解っていても郵政選挙のことを思いだすと安心してはおれないですね。権力に対する執念の強さに恐れ入ってしまいます。往生際が悪いというか、普通の人たちの感覚とは相当かけ離れているのは間違いないようです。それにしても日本人はおとなしいですね。暴動くらい起こってもなんら不思議ではない状況だと思うのですけどね。

経済政策論争

自民党は総裁選が始まって経済政策論争がヒートアップしております。公明党は低所得者への補助金配布・大減税を提唱しています。
民主党は農業者・漁業者への補助金や子育て支援金配布などを提唱しています。
再び姿を現した不況の時代に本当に効く経済政策をやって欲しい。
私は農業者とか漁業者とか子育て世帯とか色を付けないで低中所得者全般(国民の半数)に対して補助金を出して経済を勢い付けて欲しいと思います。

高所得層から低所得層へ所得移転政策(美国日本バウチャー)を提唱しているブログがあります。
納税者あたり90万円程度貰える政策です。
http://meiguoriben.seesaa.net/

美国日本バウチャーに賛成票を投じて、格差是正・景気回復をしましょう。
総選挙に向けて、格差是正圧力を高めましょう。
簡易インターネット投票
http://vote1.fc2.com/poll.cgi?uid=1582713&mode=result&no=1
メールアンケート署名
http://ppf.jp/ezform003/1347/form.cgi


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 

CalendArchive

 

時計(ClockLink.com)

 

プロフィール

ヘンリー・オーツ

Author:ヘンリー・オーツ
●個人サイト
Henrry's talking to myself
http://henrry.net
※現在62歳の万年ロックおじさんです。元過激派高校生です。もう狂った世界や政治のことを書くのに疲れました。これからは新しい時代を予感させる情報をお伝えします。
大阪府守口市出身 東京生活10年を経て
山梨県北杜市小淵沢町在住
サバイバル生活を実践しています。彼女と古民家にて菜園と「流しそうめん&明石焼き」のお店を開きたいです。
●詳細プロフィールは・・
http://henrry.net/
profile.htm

●e-mail
henrryd6@gmail.com
●Facebookのアドレスは・・
https://www.facebook.com
/henrry.oates

当ブログのリンク構造をご覧ください!

 

「武器商人を経営分析する!」

 
 
 

月別過去記事一覧

 
 

全ての記事を表示する

 

QRコード

QR
 

Amazonお買い得商品

 

アンケートです!

アンケート
性別・年代を教えてください!
男性20代
男性30代
男性40代
男性50代
男声60代以上
女性20代
女性30代
女性40代
女性50代
女性60代以上

 

お奨め書籍









 

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

 
 

Keshe Foundation


KesheFound
 

亡国電波戦犯

ブログ記事上で投票によって決まったワースト順位です。クリックしていただきますと別窓で大きな画像が開きます。
 

ソルフェジオ528Hz

 

大津久郎出版記念講演


 

小淵沢勉強会「世界の嘘とその真相」



 

悪党天国日本♪チャチャチャ


 

アアアのアホ太郎♪


 

増山麗奈のいかす!チャンネル


 

PCトラブル

PC&ネットのトラブル解決便利屋を始めました。定期的な点検・整備もおまかせください。くわしくは 「パソコントラブル4000円♪ネットがすいすい訪問サービス」を始めます!をお読みください!下のメールフォームよりお問い合わせください。
 

メールフォーム

名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文: