07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太田アホ農水相!菅さんのカイワレのようにカメラの前で食べてみろ~!

故米や汚染米とか呼ばれている「有毒米」についていろいろ調べてみた。「有毒米」という言い方は天木直人さんの「政権交代の本当の意味」で使われていたが、実際には「晴天とら日和」のとらちゃんが言うように「100%肝臓癌米」「10年殺し米」「生物兵器米」という表現がよりリアルだと思う。米100%の純米酒などと言っても、「10年殺し米」で作られていたなら、「鬼ごろし」以上に脳破壊パワーがあるのだと思う。10年もこんなことが続けられていたのだから、わたしもきっと食べるなり、飲むなりしていたと思う。(※どうも言葉を忘れやすいのはアフラトキシンとやらの影響だろうか?)アメリカ産の牛肉輸入問題で大規模なデモが行われた韓国ならば、暴動にでもなるのではないかと思うのだが、洗脳メディアが支配する日本においてはそのような気配はまったく見られない。それでもネットのWikiによってその全体が把握できることは凄いことだと思う。とらちゃんのところで知って始めて見たのだが、よくまとまっていると思う。

●おすすめページ 高発ガン性アフラトキシンB1汚染米 転売問題 データまとめ - 早わかり【汚染米転売】

かしまあ食品偽装事件が多すぎて消費者も慣れてしまってその感覚が鈍化してしまっているのだと思う。単なる民間会社の偽装の問題ではなく、天木直人さんが言うように「問題の本質は、農水省の故意、または不作為による国家犯罪にある。」と思う。今のメディアの報道というのは森についてまったく伝えず、個々の木について過剰に報道することによって国民を「考える」ことをさせないように仕向けていると言える。農水省に抗議に行く人はいなくても銀座のH&Mには5000人もの人が行列を作ったというのだから、茶番の総裁選劇で自民党の支持率が上がるということもあり得るのかもしれない。

ろいろ調べて解ったことは、単に「三笠フード」という民間会社と農政省の癒着というレベルを超えたもっと根の深い問題が根底にあるということだ。60年以上前に始まったGHQによる食糧政策あたりから仕組まれた日本の農業破壊政策(=食糧自給率減少政策)が根底にありそうなのだ。生き抜く力 : 第56回 自民党の”残虐非道な改革”は現在も進行中②で指摘されている大相撲協会への外資の浸食と同根の問題である思う。

しかしまあマダム寿司さん「霞ヶ関をぶっ潰す!」なんて偽装CHANGEまるだしのことを大阪でよういいはりまんね。そんな子ネズミの二番煎じが大阪人に通用するのでしょうか?小沢さん東京12区に出てください!大田のポスターなんて見るのはうんざりです。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

三笠フーズに事故米を転売していた疑惑のデパート農水省を徹底的に調査せよ

昨日はインターネットの接続がうまくいかなかったので、記事のアップが遅れてしまった。 食の安全を考えた時、今の日本の農水省は太田農...

麻生総理で冒頭解散の可能性、ほぼ100%!? - 公明党の新銀行東京問題で

福田氏辞任→自民党総裁選挙→新内閣発足→衆議院解散総選挙の流れが出ているなかで、なぜこういう展開になったのかをみると自公政権の諸事情があります。 そこで今日は公明党の事情をさぐる動画から考えてみたいと考えます。 公明党は、矢野元委員長の創価学会告訴や...

9・11attacksアルカイダ説は半数以下

『米同時多発攻撃の黒幕、世論一致せず=17カ国調査 』 約3000人の犠牲者を出した2001年9月11日の米同時多発攻撃の黒幕について、米国外では一致した考えがないことが、10日発表の国際的な世論調査の結果で分かった。 調査は米メリーランド大の関係機関が?...

コメント

カレーウナギ何処でしたっけ、とりあえずここにぺタット

でたー!!カレーの味がする鰻丼を「世界」と教えられている。
実際どんな味だろうかしら、怖い、キモイ世界ですね。
そんな物食わされて、洗脳されているわけです。まあロックもロスも頭の中グチャグチャ、腐った陰険な、凶暴で獰猛な本能だけで、しかも、めちゃ、執念深い、ハイエナのような存在。日本や日本人を採って食おうと言う事をもう200年くらいやって来ている。しかし、自らの頭の悪さ困り果て、日本人の優秀なDNAを欲しがり、日本女性を妻として有能な子孫を作ろうとしてきた。

オルタネーティブ通信に久しぶりに訪れてみると思い当たる記事にぶつかった。
http://alternativereport1.seesaa.net/archives/20080904-1.html
 なお金で殺人を請負うイスラエル・マフィア=殺人株式会社の現在の当主の母親は、元新日鐵会長の娘である。「誰の会社に手を出しているんだ?」と、イスラエル・マフィアに脅迫を受けたロスチャイルドが、慌てふためいて逃げ出したのが、新日鐵買収失敗の真相である。中国の地下経済=麻薬市場を巡り、このマフィアによって中国在住のロスチャイルド一族が「皆殺し」にされた事を、小者・ロスチャイルドは忘れていなかったようである。
抜粋引用おわり。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ヨーロッパなどのマフィア、、元小国の王家にとつぐ日本女性が多い。最近でも背の高い女子アナ中村江里子・・元フジTVアナ、夫はフランス人の実業家でグッチ、ルイビトン、エルメスと言う最高級ブランドを独占する名門に嫁いだ。ジャンアレジと言う文明堂のようなお菓子屋とされるアレジ製菓も実はマフィアでそこに嫁いだのも女優の 後藤久美子、イタリア1のマフィアのボスが亡くなりその膨大な資産を受継いだ妻で日本人女性の方もいる。

クーデンホーフミツコのおかげか日本人の優秀なDNAにあずかろうとする。マフィアやユダヤ人は多い。その一人がオルタネーティブに書かれた人で新日鉄元会長永野さんの娘さんがフランスのロスチャイルドに嫁いでいるとか聞いたことがある。フランスMADAは現在本拠がイスラエルにある軍事企業で何でも有りの企業で911の指揮官チェーニー元副大統領もそこの役員 嫁いだ先はそこのオーナー一族だったらしい事が判った様な気がしました。

MADAは現在核開発から暗殺まで請け負う企業です。ベンジャミンさんを保護していると言う中国暗殺団もイスラエルとの関係がありそうでモサドとも関係しています。ベンジャミンさんはロスチャイルド系のカナダ人、本人もうすうす気が着いているとは思います。

福田首相は山口組系で小泉は稲川系、安倍は統一、みんなバックはそんな組織に繋がっています。同じくオルタネーティブ通信でリソナ銀行と天皇家資産の話が載っていてそこそこ信憑性は有ります。しかし元は皇室資産ですが誰が管理しているかは全くの謎。その勢力小和田の外務省と折が会わない、同じ外務省が担ぎ出した現皇后もトラブッテいた時期が有りました。天皇家資産は膨大ですが戦後隠されました。

戦前で数億円あったと聞きますので現在貨幣価値では1兆円になります。リソナといえばあさひ銀行時代5000億円更にぼちぼち合計1兆円の出資がロック隷属トヨタの奥田によって成されました。その辺りからリソナの内部情報がロックやロック隷属売国奴にジャジャ漏れに成っている事と、リソナに対する日銀特融等の使われ方に大きな疑惑が生じるものです。預金高30数兆円で三井住友の110兆円、みずほの140兆円、三菱東京の190兆円と比べる取るに足らない銀行ですが、皇室や多くの中小企業、闇資金等の窓口とも言える、闇体質銀行です。最も銀行は闇体質があり、もともと国民の資産を守るのではなく奪う事に目的があるのです。

しかも殆ど使われず宮内庁行事が政教分離の建前で国費が使えないとの理由で活用されてはいますがセイゼイ年1億程度で、雅子妃殿下がなにやらブランド物とか、たいした物ではないでしょうが宝石など購入約6000万円だとか、しかしそれを宮内庁が支払い拒否それで雅子妃殿下のお父様が外務省の裏金のクレジットカードでお払いに成ったとか噂が有りました。、、、、、でもあくまで噂ですが、、事の真偽は全く不明で、多少の意図も感じられました。出所は外務省関係者で、。どうも宮内庁と外務省は現在対立しているきらいが有ります。そんな中元宮内庁の橋本大二郎(龍太郎の弟、高地県知事)は衆議院戦に出馬とかで、政界にまた動きが出そうですね。

イエズス会のボス、メロビング王家がバチカンを支配しバチカン諜報機関を組織しています。バチカンはCIAを一部支配、モサドと並ぶ2大諜報機関支配勢力です。裏では繋がっているとは思います。MADAとモサドは表裏一体の物です。どうもイスラエルと言うのはユダヤを偽装した単なるアーリア人の支配国家に見えてきます。イスラエルの日本に対する最近の異常な関心は、日本女性の影響も有るかも知れませんね。

オルターネーティブ通信は間違いはほどんど散見でき無いのですが、特につながりや関係は間違いないのですが、あまり世界を良く知らない人がそれだけ読むと、そこにかかれている関係だけで世界が動かされているように錯覚してしまうかも知れません、いわゆるネット脳肥大な人たちで、世界は色々な関係や要因、さらには大きな国家計画と言うもので動いています。もっともそれを作っているのがロスやロックの支配下の人たちで若干の調整がビルダーバーグ会議でなどでおこなわれたりはしています。

現在の米国国家戦略は国務省の委託を受けたユダ米機関のCFRが基本計画を作り,それとペンタゴン,CIA,NSA,DIAも加わり、商務省の要求、などを国務省がが取りまとめる。多少の修正も年次では有りますが、大綱は揺るがない。キッシンジャーと言う一人の人間が大綱を作る時代ではなく、集団合議制と言うか、そんなもので作られている。中心人物が見えなく、キッシンジャーのような人間は隠れているのか、そして誰かがジェイ、ロックの時代には頭角を示すのか、それともこのままなのか、判りません。ジェイの時代に何かがユダ米に変化を生じるでしょうか?、

大きな変化は全く無く、米国国家戦略大綱の上をこれまでどおり突き進む官僚により機械的に作業が進められ、日本破壊が進められ事は間違い有りません。ジェイは日本に長く暮し、日本の財界、政治家と強いつながりが有ります。それだけに、同じ様に日本に長くいたクリントンと同じかそれ以上に見えない日本支配が急速に進むことが予感できます。クリントン時代にJWブッシュの日本破壊の下準備をクリントンは完璧にこなしたのと同じ様な危惧を感じます。ロックは日本と言う高度な知的生産物を生み出す新時代の油田国家を手に入れ完全に全てを奪うこと、米国国家大綱の日本破壊と組み合わさり、日本はグローバル支配の同盟国中国の奴隷にさえ日本をしようとしています。

そしてジャマなロシアを決して日本に関与させないと言う強い方針はさらに強化され、中国と米国が全面対決にならない限りロシアと日本の関係は進展しない、一縷の望みは、ジェイの日本人はロシア嫌いだと思い込んでいる所にかすかな希望をもつだけで、しいて言えばアーリアユダヤ支配が続くロシア、イスラエル、日本の関係に期待を掛けると言う、これまた危険なトライアングル構造も見え隠れしつつあります。

最近日本とイスラエルの経済関係も強化され、日本のエネルギー供給、ハイテクの結びつき、さらには多くのユダヤ人が日本に渡来定住し始めている事にも危惧を感じざるを得ません。これも、イスラエルが望む物でもあり、日本の財界、国家が望む所で、両者の利害の一致による物で怖いものを感じます。

今やマスコミの自主規制ではないが、度々リークされる情報に先回りして従う日本の様な国や企業が多い。給油継続等は確かにシーファー駐日大使の要望で伝えられたが、強い要求ではなかった。むしろ崩壊した自民党と深く繋がり大きな利権を持っている、国務省のジャパンスクール等の連中の保身だった。ユダ米が求める物は日本の政治や行政を米国と同様なシステムに変える事で、例えば凶暴罪とかの要求が重要なのです。企業や金融などの経済システムをも乗っ取りをたやすくさせる要求を次々に実行させることです。

特に困った物が戦後米国政策になびいた、右翼といわれた人たち、それもユダ米に潰され、傀儡偽右翼に首を挿げ替えられ、せんご、中国人や朝鮮人の横暴や暴力と任侠思想から戦い人々の暮らしを守ったヤクザも気がつけば組員や中には幹部まで朝鮮韓国人に乗っ取られてしまった。それを可能にしたのは暴力団対策法と言う正しきヤクザを破壊する法律がユダ米の強要により作られた。任侠思想の強い団体は解散に追い込まれて行った。

ユダヤが日本を恐れたのは、忍者と、任侠で江戸末期、明治に置いて忍者を殲滅し、その為に任侠思想を持つ部落民弾圧を行なった。また同時に中国、チベット式僧兵を有する仏教勢力も弾圧破壊、そして新興宗教をも育成をはかった。キリスト教の国家支配も進められ、キリスト教系紳学校が作られたがそれは神学を進めると言うより、神学を失望させるトンデモ講義により社会主義者を養成する機関と成っていた。

またキリスト教を使い資本と言うお金の繋がりから形成され始めた財界人もキリスト教へ誘い込んだ。こうしてユダヤお得意の民衆を上と下から挟み込むサンドイッチ作戦が実行されていった。上はローマキャソリック。下はクエーカーなどピューリタンであった。所詮ピューリタンはキリスト教社会を操りやすくする為、イルミナティの支配戦略の根幹ともいえる2極対立構造を作る為で、陰陽思想ともいえる者で、支配は最終的に陰すなわちイルミナティのもの、陽は最初から当て馬である。

キリスト教も新教、旧教、イスラム教とキリスト教、シーア派とスンニ派、アシュケナージとスファラディ、朝鮮儒教を根幹とする統一、創価もそうで、おまけに偽のキリスト教とインチキ仏教の衣を着ている。儒教はユダヤ教のタルムード思想によるもので、ユダヤ教の狙いはタルムードの拡散であり旧約聖書などは昔話を改ざんして纏めただけの物でしかなく、そんな事も世界の人は知らない。天動説はイルミナティの占星術の起源を知られるのを恐れたイルミナティの工作であった。

しかしアジアの偉人ムハンマドはタルムードを人々の生活に欠かせない有用な教え変えた。その1つが土地を耕すなであった。先祖の遺体が安らかに眠る大地に手を入れてはいけない、というもので、戒律の厳しいサウジでは石油堀は外国人により成され、建設土建業のビンラーディンがサウジで成功出来たのもベドゥインのムスリムではなくアーリアのユダヤであったイエメン人だった事による。

本当は乾燥化が進行した土地を耕すと、薄い僅かな表土が風により飛ばされ、失われ砂漠化する事を防ぐ目的で、豚肉の禁止も、ブタの餌の穀物栽培には農耕が必要である事による。正しき教えでモンゴル人の教えとも一致する。植物は農耕など自らはしないし出来ない。せいぜいモグラや、ミミズの助けを借りる程度である。それらは表面を耕さない土中をのみ耕す。農耕そのものが環境破壊だった。現在進めている、バイオ農作物も同じであります。今さえよければと言う発想で、永遠の永続を願うイルミナティもそれを判っていない。

地球環境の深刻な制限となっている大気、日常気が着かない、空気が気球に置いて最も少ない資源であり人類生存に欠かせないもの、このまま化石燃料の消費をつずければ、300年で人類は深刻な健康被害に襲われ、さらに開発途上国での消費が伸び続ければ、100年でも危険な状態に達する、そこで人類削減計画と言う計画が実行されている。地球温暖化と言う嘘で騙してCO2削減を図ろうとしている。そんな嘘も20数年後に到来し既に兆候まで見せいている寒冷化で嘘がばれてしまう。

地球のあまり余る化石燃料の実態も知らない、それらを掘り出し燃やせば太古の地球の様に炭酸ガスと水蒸気とメタンの覆われた星に戻ると言う事すら判っていない。偶然から生まれた炭酸同化する葉緑体をもった植物により石炭などの形や石油などの形にして地殻に埋蔵され今日の人間が住める環境に成った事、さらには地球には多くのメタンガス、やグラファイト、マントル由来の石油類、オイルシェールやタールサンドが存在している。それらの量は地球の大気の酸素を燃やし尽くす量の数百倍も存在している。

核融合やフリーエネルギーも有りますが、その開発には多大な困難があり、差し迫る危機には間に合わない可能性が大きい事があります。もう時代はモビリティの時代はモバイルによって日本など先進国では変化と衰退を迎えています。モバイルも貴重なレアメタルを消費したり製造過程で大量のエネルギーや公害物質を大量に発生させてモバイルもポストモバイルや全ての近代思想を変革するポストモダンの社会を作る必要が有ります。その1つはインカの遺産と言えるジャガイモ生活ではないでしょうか。

ジャガイモが人類を救う神が遣わされた宝の1つであるように思います。とはいえ落とし穴があるかもしれないと思ったりもしますが。それはトウモロコシにバイオ技術を適用した愚かな人々がジャガイモすら破壊する恐れがあるのです。トウモロコシは他の穀物の2倍ジャガイモは4倍の収穫が出来ます。しかも乾燥や寒さに強く、痩せた土地でも栽培可能、山間などの傾斜地にも適し、サバイバルの決め手にも思えますが、過酷な飢饉には種芋まで食べ尽くす愚かな人類にとっては危険も存在します。

温暖湿潤な地域でよく取れる米を加工したビーフンと言う長期保存が可能な食糧備蓄技術も存在しています、そんな事も知る必要が有ります。この夏も美味しいくプリプリした朝鮮冷麺、それは日本などは広葉樹林が茂る山が有りましたがそこで取れるドングリを使った麺ですが最近のは偽物ばかり、それもサバイバル食品だったのです。日本の山からドングリを消滅させた野放図な杉の植林そしてそれすら放置され山林破壊が起きています。もう少し人類はちゃんとした勉強をしなくてはいけません。全てを疑い隠されたり、全て真理と逆の事をお金と言う悪魔の奴隷になりプロパガンダするマスコミ情報を見抜く力を備える必要が有ります。マスコミはタルムード思想を使い嘘を拡散する、悪魔で、邪教も同じく同根のビジネスです。

オーツ先生が御研究されている、幕末のユダヤの侵略、そして明治への流れ、ここに日本の現在の不幸の根源があるようで、その手口も現在でも使われている様な気が致します。ユダヤ資本家にとって強い国家の存在は有り難く無い物。できる限り弱体化させるため、民衆を使い、企業を使い、それらを洗脳する為のマスコミや、教育を国家に求めてきました。いまやグローバリイズムと言う植民地主義により国家の壁さえ取り払われつつ有ります。国家の保護を受けられなくなった人々は生命まで危険な状態に晒されています。

ヘンリー・オーツさん、このところ快調に更新されていますね。熱意を感じます。
一方、私はやや多忙で、コメントしたくてもナカナカよいタイミングで時間が作れません。でも今日は時間が作れて久々に投稿できます。

〉 しかしまあマダム寿司さん「霞ヶ関をぶっ潰す!」なんて偽装CHANGEまるだしのことを大阪でよういいはりまんね。そんな子ネズミの二番煎じが大阪人に通用するのでしょうか?

ごもっとも。
実際、多くの大阪人は何と反応するんでしょうかね。違和感を感じる事は確かでしょう。
マダム寿司さんの街頭演説の場に行ってみたいもんです。

(このくらいのことで、この投稿はおしまいにしようと思ったのですが、触発されて、もう少し書きたくなりました)

近年、気になる事があります。最近大阪では「東京出張」「東京でも仕事をしている」という言葉を、やや誇るように言う人が増えているような気がします。以前、名古屋に出張して判りましたが、大阪はボロボロです。といいますか、いろいろなものが整理されてしまった末の二極化。大阪は大都会としてはシケた極になっています。大阪駅裏の北ヤードなどが完成したあかつきには復興するのでしょうかね?? もっと構造的な深みの問題が多在しているような気がします。今や人々もかつてのような感じではないです。

市政・府政をバッシングするのは正当なことだけれど、今まで不正によって市中にも回って来ていた資金が流れてこないので、北新地などもカンコ鳥が鳴いています。

腹を据えて乗り越えなければなりません。大阪の商人は、語弊を恐れず言えば、かつてはミクロ経済の達人だった訳ですが、目先の事だけではなく、多様に現状を見つめ、学ばないといけないと感じています。(ま、かなりしんどいでしょうが)

「大阪はこうや」という型にハメ過ぎが自滅の原因であった事も少なくないと感じます。そんなイメージ捨ててしまっても良いのではないかと思うこともあります。結局、個性などというものは、仮にどんなに否定しても自然と生じてくるものだからです。

かつて、飲み会後のカラオケで「大阪で生まれた女」を、うっとりと熱唱する諸先輩方が、私の周りには多かった。しかし、最近になって気づいてみたら、あの歌は、大阪を出てゆく歌ではないですか…。それを忘れさせるくらい、あの歌は大阪への愛情を歌い上げています。それだからコロッとだまされていました。(笑)

「大阪に残っているのはアホばかり」と自虐的に言う人もいます。能力のある大阪人は、他所で修行のあかつきには戻って来てほしいものです。
(^_^

きっと、大阪人に力を与えたら…日本全国が覚醒してしまうでしょう。日本人を大人しい羊にしておく為に、大阪は隠然と去勢されているのではないかとも感じます。また今の吉本は、メディアに巣食ったガン細胞だと思います。

☆山本さゆりさん
ちょっとコメントが長いので待ってください。失礼します。

☆神社神主の子孫さん
大阪は東京と違ってよそから来た人が少ないのでわりとこじんまりまとまっているように思います。梅田近辺などは新宿や池袋あたりと比べると阪急文化が根付いていてきれいにまとまっているように思います。より大阪らしいのはミナミでしょうし、天王寺や通天閣などはもっとも大阪らしいと思います。釜ケ崎はまだ未体験でしたらぜひおすすめします。山谷に比べて半分の料金で泊まることができます。1600円できれいなところに泊まることができますからサウナでざこ寝するより安いです。去勢された大阪なんておもしろくないので釜ケ崎はもっと頑張って欲しいと思います。残念なのは東京や京都と比べると学生街がないのでおもしろみに欠けるところがあります。東京の高円寺で「素人の乱」なるリサイクルショップを経営している松本哉さんあたりはおもしろい活動をしていてとても興味深いです。

Gyao、そして旗とは

Gyao創価ネット放送局の最新映画ナビ~面白そうな物を拾ってみると、ヒットラーはユダヤだったと言う事をうらずけるかのような最新映画が見受けられる。ユダヤ社会のも徐々に覚醒されてきているのか、それとも混乱を作るタムルードなのかは判らないのだが、嘘と真実を見極める事が出来れば有効な情報や覚醒をもたらす物とも成るでしょう。

------------------------------------------------------------
最新映画ナビ(劇場予告) わが教え子、ヒトラー
無料動画 GyaO ホーム>映画&ドラマ>最新映画ナビ(劇場予告) わが教え子、ヒトラー
http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0030686/

1944年12月、連合軍の進攻によりナチス・ドイツは劣勢に陥っていた。そんな中、宣伝大臣ゲッペルスは、新年に行われるヒトラーの演説を成功させ、国民の戦意を高揚させようと試みる。しかしヒトラーは心身共に衰弱し、自信喪失状態。そこでゲッペルスは、かつてヒトラーにスピーチ指導をしていたユダヤ人俳優グリュンバウムを収容所から呼び寄せる。戸惑う彼だったが、他に道はない。敵を教える苦悩の中、事態は意外な方向へ…。
この映画のストーリーはフィクションだが、ヒトラーに発声指導していたボイストレーナーは実在するという。ヒトラーを描くには何かとデリケートな問題があるだろうが、彼自身もユダヤ人という監督のレヴィは、ヒトラーやナチスを「笑う」ことで、独裁者や全体主義国家の愚かさを描いた。なかでも、軍人たちが出会うたびに、いちいち「ハイル!」と挨拶して階級を名乗りあう滑稽さや、何をするにもいちいち書類や命令書が必要というお役所主義に、ナチス幹部たちさえうんざりしている様子がおかしい。「怪物」のイメージが強いヒトラーだが、ここでは幼い頃に父親に虐待されたトラウマから、孤独と暴力に向かう哀れな男として描かれている。
監督・脚本:ダニー・レヴィ
出演:ウルリッヒ・ミューエ/ヘルゲ・シュナイダー/シルヴェスター・グロート/アドリアーナ・アルタラス/シュテファン・クルト


DVD PV映像(7月) ヒトラーの贋札
http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0063917/
強制収容所内で行われた、国家による史上最大の紙幣贋造作戦。驚愕の歴史的事件の裏に隠された、ユダヤ人技術者たちの苦悩と葛藤を描く感動の物語。第二次世界大戦中のドイツ。ユダヤ人強制収容所の一画に、各地から集められた職人たちが働く秘密工場があった。彼らは、イギリス経済を混乱させるため“完璧な贋札”を作ることを命じられる。作戦が成功すれば家族や同胞への裏切りになる。しかし、完成できなければ、死が彼らを待っているのだった…。
『ヒトラーの贋札』DVD情報
発売日:2008.07.11 / 価格:3,990(税込)/ 品番: TDV 18270D
販売元:東宝

<特典>
●劇場予告編
●メイキング
●未公開シーン
●アドルフ・ブルガー氏 来日記者会見

監督:ステファン・ルツォヴィツキー
出演:カール・マルコヴィクス、アウグスト・ディール、デーヴィト・シュトリーゾフ、マリー・ボイマー 他
2007年 / ドイツ・オーストリア

特集: 最新映画ナビ



最新映画ナビ(劇場予告) 敵こそ、我が友 ~戦犯クラウス・バルビーの3つの人生~
http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0030665/
1913年にドイツに生まれたバルビーは、ナチスの台頭と共に親衛隊のメンバーになる。フランスではゲシュタポの責任者として数多くのユダヤ人やレジスタンスを逮捕、拷問、収容所送りにした。戦後、ドイツに逃亡していたバルビーは、アメリカの情報部にスカウトされ、反共活動の工作員として活躍。しかしフランスに身柄引き渡しを要求された事から、バルビーはボリビアへ亡命。名を変えて暮らすが、そこでもクーデターに関わり…。
主人公バルビーは、レジスタンスの指導者でフランスの国民的英雄であるジャン・ムーランを「殺した」大物戦犯だが、米ソの対立の中でアメリカにそのノウハウを重宝され、工作員として第2の人生を送るようになる。その事がフランスに知られ、アメリカは彼をボリビアに亡命させ、そこから彼の第3の人生が始まる。そこでも彼は今までの経験を生かし、政界や軍部のフィクサー的存在になる。あのゲバラの殺害にもバルビーが関与していたというから驚きだ。彼が逮捕もされずに生きていけるのは、「今日の敵は友」という諺の状況が、現実の世界で今も続いているからだ。本作は過去の話ではない。バルビーのような人間は今もどこかで生きているはずだ。
監督・脚本:ケヴィン・マクドナルド
------------------------------------------------------------
いかに、アメリカはナチスを活用したかというお話で、興味深い、その勢力はネオコンと言う勢力で、有りますが、ネオコンはお金で動く工作勢力でイスラエルのMADAなどで、それを操ったのがロック等のユダ米勢力だったのです。チェーニーはMADAの代理人、ブッシュはフィクサーでロックとネオコンを結びつけ、MADA=モサドをCIAに介入させた。ネオコンはただ1つの命題、アーリアの世界支配を狙う集団、ある時はシオニストユダヤの仮面をかぶりユダヤ社会に入り込みロスチャイルドユダヤを殺したり恐喝を繰り返してきた。

またある時はロックフェラーにも脅しかけた可能性もある。JFK暗殺にもロスと組行なった可能性もあったり、ロバート暗殺にはCIAの活用したり、JFKジュニアー暗殺でもCIAやDIAを動かした。勿論フィクサーギャングのブッシュも動いていた。ケネディを殺してもホワイティと言う米国勢力やユダ米勢力にとっても脅威であったアメリカンファウンダーではない後発侵入ユダヤの成り上がりチンピラギャング勢力だったケネディは面白くない存在であった。昨今のイタリアンマフィア掃討作戦もそんなアーリアの内部対立で生まれ、新興勢力を潰し、新たなパートナーのチャイナマフィアの活用へ動いている。

さらに最近は黒い顔のアフリカユダヤを表舞台へ登場させ、古代エジプトの黒い戦士のように活用させようとしている。日本侵略に活用した黄色い顔の戦士もいる、またチャイナマフィアもこれから出番を待っている。これらに共通しているのはタムルードと言う思想で、マフィアや儒教の考え方でも有ります。日本の任侠思想はアーリアユダヤ思想(アシュケナージユダヤとは異なる)の持ち込んだ儒教の墨子思想からのものでMADAの様な役目をした。任侠は任侠者。任者、忍者、忍びともなって行った。

これらは侵略ユダヤにとっては最大の敵でそれを滅ぼした。その根源に有った万能民であった部落民を潰して、儒教朝鮮民部落を作り、入れ替わりをさせた、多くの日本人は朝鮮人部落=日本人部落と勘違いさせた。任侠ヤクザを崩壊させ、日本人部落も何時の間にか儒教朝鮮民にすり替えられてしまった。それも僅かここ40年ほどの間であった。

日本人部落民へは明治には仏教組織と共に激しい弾圧を加え、大正の時代からイデオロギーと言う捏造左翼思想をキリスト教神学校で育成した社会科学運動家を介入させていた。戦後はGHQにより作られた防共警察組織により日本人部落や任侠を破壊していった。そして儒教ユダヤ勢力である朝鮮人による侵入を促進した。儒教思想による偽宗教組織、統一、創価を作った、彼らはユダヤ人から見れば一目ユダヤ組織であると言う事わからせる為、教団旗に使われた。

アシュケーナージユダヤの青とスファラディユダヤの赤が使われ、統一は白のアーリアへのラブコールを示す白地に描かれ、創価は赤と青に仏教の黄色を中央に見せかけ仏教ですよと正直に示している。統一はキリスト教では有りませんと、はっきり、黄色は使われていない。旗の由来を知らない人々には解らない事で、それを良く知る世界の支配そうにはっきり伝えるものだった。日本の国旗白地に赤くヒノマルが描かれ、赤は日本の国の色とも成っていますが、古代スファラディユダヤが持ち込んだ色と勘違いしたユダヤが日本攻略と言うか日本をイスラエルと同じ領土と勘違いさせる原因とも成っている。

イスラエルはアーリアとアシュケナージ支配国家、日本は赤でロックフェラーの赤から彼らも勘違いしているのです。ヒノマルを国旗とした勢力はそんな事を考えていたのか、ユダ米の意向に従ったのか、なぜ、海上自衛隊旗は戦前の日本海軍のままで、陸上自衛隊旗が作り変えられなければならなかったのだろうか、そんな事も知るべきことです。

☆山本さゆりさん

もっと能力があればさっさと今日の記事を書いてゆっくりおすすめの映画でも見るのですが、まだ記事のテーマすら絞りきれていません。こんなに時間を取られてしかも無償自主奉仕なのですから時々情けなくなります。

☆神社神主の子孫さま、そのとおりです

>きっと、大阪人に力を与えたら…日本全国が覚醒してしまうでしょう。日本人を大人しい羊にしておく為に、大阪は隠然と去勢されているのではないかとも感じます。また今の吉本は、メディアに巣食ったガン細胞だと思います。

端的な日本再生の道ですね。おおさかが落城した80年代後半の日本の経済崩壊で。イトマン事件や安宅産業事件、日本一優秀な住友銀行がそれを背負わされ、一気に不良債権化し体力を落した、お金をつぎ込んだイトマンは双実となりみずほに抜かれてしまった。みずほも国策銀行であったゆえ多くの不良債権を発生、全く一人勝ちのように成った三菱は東京、そして遂にUFJまで手にしてしまった。

大阪はかつて栄華を誇った松下王国も対米投資と言う罠に嵌り、滑り落ちていった。そして支え続けた日本ビクターまで手放す嵌めに成った。日本ビクターは商売抜きで日本のテレビ技術を作った企業で日本の誇りとして幸之助が守って来た企業だった。幸之助さんも天国で嘆いておられる事だろう。

幸之助の魂と言える松下政経塾の子弟達が民主を先の参議院選挙で勝たせた原動力と成った。また次の総選挙でも活躍する事は間違いない。本来ならそれら議員にも資金的援助も有ったかも知れないが今の松下にはそれも出来ない。さらに恐ろしきは、松下の名前が社名からも消えようとしている。もはや外資企業といえるまでに成った松下どうして私達は松下を守れるのでしょうか?、悔しい限りです。

大阪は一途に産業再生、モノズクリ日本一の大阪の復活が日本をよみがえらせる事が出切る唯一のカード、シャープや松下の平面ディスプレーの巨大工場が再生へのキックオフかと思ってはかない希望を燃やしたのですが、これも大きな技術革新の波に飲み込まれそうな雲行きで心配です。これ迄のリソグラフィという写真技術から印刷技術に変り、高価なカラス基盤からシステム、オン、フィルムと言う安価な製造方法に替わろうとしています。

太陽電池ではもう商品化が行なわれ、1/10以下のコストを実現しています。特に印刷技術が使われる有機ELではその可能性が模索されて試作品が作られています。そして最終本命と言われる無機EL技術では赤色発色物質の発見へ世界がしのぎをを削っています。有機ELでは技術の要を握る企業が出光興産で多くの有機EL物質や周辺技術を独占的に保有する企業で国策系企業でも有ります。なんとかここ5,6年で投下資本を回収して次なる時代に新しい技術や商品開発に成功して欲しいと願っています。

大阪の町工場の優れた技術を沢山見てきました、常識を覆す技術が存在し、それもいとも簡単におばちゃんが、グラインダーで研ぐ抜き型で実現されていたのはびっくりさせられました。大阪のおかんは凄いと思い知らされた事が有りました。そんな優れた固有技術を持った職人が溢れていた大阪、しかし如何すれば良いのでしょうか?。ただ悔しさがこみ上げるばかりです。大阪、独立でしょうか大阪国を作るべきか、その前にゴミの寄生虫、吉本を追い出さなくてはいけませんが。

あれやこれや突っ込んで申し訳ないが、基本情報として観ておかなければならない映画が『ザ・コーポレーション』です。
http://www.uplink.co.jp/corporation/
http://www.movienet.co.jp/movie/opus05/corporation/index.html
レンタルビデオなどでも借りれるので、まだ観ていなければ観ておいた方がいいでしょう。
これを観た上で上の映画も観れば、結構見えて来るものも多いと思います。

☆YUKIさまありがとう御座いますさっそく

ご紹介ありがとう御座います。

ザ・コーポレーションとても面白そうで早速サイトの紹介ページをコピーして読みました。「人としての企業を精神分析する」と言う視点が素晴らしそうです。資本主義が生み出した企業と言う怪物、その怪物により、CFRで国家戦略大綱が作られている事に全ての不幸が出発しているのですがその責任は人類全てに有るんですね。もっとも大きな部分は米国国民と言う事で、全てが共犯者、ただ私は資本主義と民主主義、と言うと意味不明で資本と民、そして国家、帝王、国家もひとつ企業、企業内企業であった時代は大きな弊害もそれほどは無かった、企業が国家と言う企業の中で膨れすぎた時飛び越えグローバリズムと言う資本主義の正体を現したと考えています。

企業と言う精神構造は様々ですがおしなべれば、資本主義の摂理と言う定義に成ります。人々の個々の心理と集団心理の絡み合ったようなものかもしれませんが、国家と企業と言うのはライバルでバランスが必要で、国家が常に優勢であるべきと考えています。国家も発祥は集団という企業から始まった物、人類の戦いの最終決戦は企業と国家であると想像しています。企業対企業の戦いだとも言えるのですが現在は企業優勢のグローバリズム社会が出来上がっていますが、必ず反動も来るでしょう。イラクや911と言った犯罪は国家が存在できなかった米国の企業犯罪でもあるわけで、米国は国旗に示すように最初から国家ではなかった、侵略者の単なる集合組織に過ぎなかったと私は見ています。

同じ様な構造も中国にあると思っています。中国を旅をして見るとアメリカを感じました。結果似たような戦略をとっています。EUも国家の垣根が無くなり、米国と同じ様に成りつつ有ります。対日要求も略一方的にEUからも出され、我が国は下請けの中小企業のように成っています。そう言った資本主義は最後に民衆の蜂起による革命で共産主義になるとかいった人もいましたが、どんな方法でも良い平和で幸せな生活が出来ればそれでよいと思います。

困った如何しよう捨てるしか無いお米

偉そうな事のたまわっている、お馬鹿な山本さゆり、私は隠れてこっそり、鳩やカラスに餌をやるのが楽しみで、未だ薄暗いうちに出かけて餌をやっている。人に見つかると大変な事になる東京都、東京都条例違反でパクられてしまうのです。カラスには鶏肉と鳥の油が一杯ついた皮を刻んでやっている。それを自転車に乗ってそ知らぬ振りをして落していく。鳩は良く行く24時間営業のスーパーの近くに沢山いるそれそこにも早朝暗いうちに起きて、でかけ、最初はそこで買った食パンを一枚やっていたが、あんまり嬉しそうなので1袋に成ってしまった。

そこで売られているパンは乳化剤やイーストフードを使わずパネトーネ種を使った第一屋製パンのパンを扱っているからで私はそのメーカーと神戸屋製パンの食パンしか食べない事にしている。山の猛毒臭素パンなんて死んでも食べません。あとは自分で焼いている。この所、腱鞘炎でとガングリオンでパンが自分で作れないので買う羽目に成っているのですが、第一屋のものも本当は乳化剤を使っている、材料に書かれたマーガリンは乳化剤と油で作る物、本当はバターなら良いのだか、安売りパンではいた仕方ない。89円で売られている食パンでバターを使えばそれだけでコストは40円以上跳ね上がる。

でもどう考えても赤地のパンなのです。メーカーも値上げしてもらえなくて苦しんでいる。130円ぐらいまで値上げされても第一屋製パンを買う事は間違いない。値上げのお願いをスーパーの本部に出しておいた。もしメーカが倒産すれば消費者も損害を受ける早く値上げをとお願いした。つくずく流通業者の非人間的感覚に憤りを感じている。消費者を思うなら生産者のことも大事にしなければいけない。本当にスーパーの買い叩きは酷いと思うのです。最近スパーのお豆腐が小さくなった事こんもり膨らみ、ぎっしり詰まったお豆腐が凹んで周囲にも隙間だらけです。

材料高騰で必死に生き残りをかける生産者の訴えが解らないのかとつくずく、スパーなんて無くなれと思いたくなるこの頃です。一方大手企業は気楽に値上げや便乗値上げも続いている。またそれも力関係かあっさりとスーパーは認めている。生産者の涙が見えるような牛乳や卵、もう幾つもが廃業に追い込まれている。生乳が減少して脱脂粉乳やバターも作れなくなってバターがスーパーの店頭から姿を消して、たまに入荷するバターもいつも売り切れ状態が続いている。

私も在庫も一つしか無い。状況を見越して今年の初めに沢山買いこんであったが、困った物です。できるだけマーガリンは食べたくない。いつもパイを焼くのが楽しみだったが今年は1回も焼いていない。クリスマスのケーキ用に生クリームを早めにゲットしておこう。

「お恥ずかしい失敗」
そこのスパーで結局2袋をいつも買う。それまではそこへは週1の昼間に行っていたが鳩さんに逢いたくて早朝週3度も出かけるように成ってしまった。顔見知りなって姿を見つけると寄って来て待っている。そのおかげでパン食が増えた。最近はジャガイモとパンの生活。そんな中もう半年以上前ウッカリ安さに買ってしまった不良在庫のもち米が有ります。買ってしまって怖くて食べられないで何時捨てようかと悩んでいる5キロ1500円のもち米未だ封をあけていないが、それを鳩にやっても平気か悩んでいる。

とりは人間より薬物に弱い、人間で平気な物でも鳥は死ぬ、有毒ガスにも弱い。人間より強いのはネズミくらいだろう。変な物を犬に食べさせると犬は癌に成って死ぬ。パンも耳を取ってやるのが良い、昔鳩を雛から育てた。その時はパンと牛乳で育てた。本によると鳥は牛乳を受け付けないと有るがそれは嘘、牛乳はどの鳥も大好きなのです。すり餌のように鼻に詰まったりする危険も無く手軽で一番良い。私の鳩は水を飲まない牛乳に成れて牛乳だと大喜びする。それで段々薄めて水に慣らすのに半年以上掛かった。パンを卒業したら麻の実にしたが生涯トウモロコシの引き割りは食べてもらえなかったとんでも無い偏食鳩だった。犬と仲良しでいつも背中に乗っていた。犬と縁の下に入るのも好きだった。そして私の布団の中も好きだった。我が家で一番偉いと勘違いしているふしも有った。

何でこんな事を書いているかと言えば、人間は薬物に強いそれで平気で農薬をまく、それで、鳥たちがいなくなり、蛇もいなくなる。そんな農地だらけの日本なのです。そんな田畑で安全な作物が取れるのだろうか、土を掘り返してもミミズもいない、当然モグラもいない。昔は畑にはモグラのあとが縦横無尽に描かれいた日本の畑はもうそんなところは珍しくなってしまった。

殺人鬼といわれた鳩山元法務大臣は蝶の飼育の為自分で無農薬のキャベツを栽培している。売られているキャベツでは蝶は死ぬそうだ。そんな物を食べても平気人間と言う生き物は恐ろしいタフな生き物です。確かに人間のご先祖さまのネズミもやたら強い、そんな物で医薬品のテストをやっていい物だろうかとも思うこともある。先の鳩は何故生まれて直ぐの雛から育てなければ成らなかったかと言うと母がキャベツの葉をやって親鳥が死んだからであった。それ迄は野菜は庭のハコベだけをやっていたが、どうにも成らない時は白菜の黄色い心の部分だけをやっていた。それも切れて人間扱いをしたのが間違いだったようです。

さてやはり大失敗の5キロ1500円のもち米はそっと燃えるゴミに出すのが正解のようです。それで鳩が死んだら一生後悔するだろうから、確かに格安もち米の存在は知っていた。中国産なのか、いもち病に強いもち米、何らかの理由で売れる見込みも無く生産された物か、汚染地域のお米で工業用の原料とする為にはもち米の方が具合が良いとも聞く、そんな事を知りながらの失敗、安いと言う魔力には勝てない自分が恥ずかしい。

穀物の値上がりに対して日本のお米は値上がりしていない。新米も例年より僅か安めでさえあります。でも今年は昨年の様に佐賀など九州米は見なかった人気が出たのか、作柄が心配でもあります。九州方面は作況指数もやや悪め、北のほうも良いとされたが最近の情報では北海道を除き悪く成っている。台風などの影響がでたとされる。豊作だと市場の在庫をさばく為補助金が出る仕掛けが有りますがそれは多くの県で適用されない見通しだとか、それでも昨年度米は激安。流通業者が被るのだろう。

流通業者も大変苦しい、まともにやっていては、儲けなど無い、それにとにかく過当競争が激しすぎる。タクシーの過剰と同じだが自由競争の弊害が米にも感じてしまい、食の安全と言う面で大変な危機を覚える物です。特に貯蔵などでちゃんとした管理が出来ているのだろうか?、手抜きの為変な薬品を使っていないだろう、燻生と言う殺菌が行なわれるのだが規定の方法が守られているのだろうかとても心配で致し方ない米。

やはり大手の丸紅系のミツハシなどでないとスーパーでの購入は出来ない。設備投資に資金を投入する為丸紅と提携した責任ある仕事をする為やむ終えない選択だった。炊飯事業までやって付加価値を高めても儲けは僅か設備投資余力は無かった。トップ企業ですらそんなところで、どうして以下の企業はやっていけるのだろう。廃業も産地など人のつながりもあり簡単ではない、そんな背景が今回の事件の裏にある。

コスト無視のスーパーの買い叩きと過当競争が生んだ悲劇と私は見ています。経営者は確かに悪いが攻められるべきは食管法という大正天皇のお声がかりで生まれた制度をあっさりとユダ米圧力で捨てた政治が悪い。またそれを許した国民も馬鹿だった。食管法をがたがたに追い込んだのは土地改良事業や水利事業で野放図に水田を増やし工事事業を土建業者に流しそこからピンハネをしてきた自民党そして最大の被害者は借金を背負わされた農家と、最終的な被害者は消費者となった。

ユダ米戦略は最初から農業破壊農村破壊だった、そんな事も解ろうともせず、政治を行なった無責任無能政治家に全ての責任がある。簡単に電卓叩くだけで、やっている恐ろしさが把握できなかったのか、そんな無能な政治家は要らない。水田面積haに単純に5をかければ良い、小学生でも出きる。あたまの良い子だったら幼稚園生でもできる。日本人が3食米だけの生活を送らなければ消費できない。そんな馬鹿げた事を平気でやってきた。

そんな過剰米で食管制度を崩壊させた。食管制度と言う国が国民の食の安全と安定供給を守ると言う事を放棄した結果でもある。マスコミは何を言ってきたか、土地改良事業で沢山の米を取れた農家の人の笑顔をカラーで掲載した新聞社も多かった。時が過ぎ多すぎた水田に対して災害対策に有効だのデタラメをいい続けインチキ自民党の後押しや先導役を買って出ていた、無知無能な政治家より悪戯あった確信犯でもある。

正しき批判を行なうのがマスコミだと思わされ今でもマスコミを信じるお馬鹿な人がいるのが情けない。まともに日本語も読めない女子アナがうじゃうじゃいるそんな低脳人に報道を任せるキチガイテレビ悪戯を持つディレクターに何の疑いも無くデタラメを拡散してセレブ気取りでいる。小池ゆり子並である。

農水省白須事務次官を町村官房長官呼びつけあたかも農水省に責任は無いと言った態度は許せないと厳重注意した。白須事務次官の言うとおり農水省に責任は無い。責任があるのは自民党世辞かなのです。単なるまた官僚叩きパホーマンスをやっただけ。食管法時代は全国に配置された農林省食糧庁食管の公務員がいて監視や調査権を持って指導も行なってきており、今回の様な事は先ず出来なかった。

現在は取り締まる人や制度や法律も無い、今回の事件は警察や厚生省、保健所の仕事である。それが正しい。全くのお門違いなのです。保健所には食品検査の義務と立ち入り調査権がある。不正の可能性が認められれば後は警察の仕事なのです。全くの法律無視の単なる官僚叩きであった、また守屋次官のように接待などをネタに逮捕でもさせるのだろうか、馬鹿げた話で、もう官僚達からも見放された自民党であり、そんな自民党への反発は益々高まり、爆発寸前まで来ている。

公務員法100条さえなければ、自民党の不正な関与やデタラメ農政の実態も明らかになるのだが、食管法と言う制度を破壊し食の安全管理する事を放棄させられた農水省官僚の怒りが白須事務次官の顔に現れている。食管法時代に育った次官ならでは怒りも大きな物だろう。

昨年のお米は激安になっています。激安にしなければ成らないほど在庫を抱えているのだろう。豊かだった日本の農家はスッカリ貧しくなってしまった。そして未だに土地改良事業の借金も抱える農家も多いと聞く、私の知っている宮城の農家方でいつもおいしい、大好きなササニシキを送ってくださった人も73まで米ずくりをやっていたが、2年ほど前借金の返済を終えたので米作りを止めた。もう美味しいササニシキが食べられなくなって久しい。今はお米屋さんに注文で取り寄せてもらっている。私の食感にはどうもコシヒカリは合わない。ササニシキはお米を炊くのに時間が掛からない省エネ米でも有ります。


農水省を助けよう、頑張れ農水省、食管法時代の輝かしい光をとり戻してください。

マスコミ迎合の官僚叩きは止めましょう。マスコミと戦うのが国民の務め日本人はマスコミに騙されるな、官僚たたきで誰が得をして、誰が損をするか考えて見ましょう。農水大臣は政治家謝るのが仕事、官僚は頭を下げてはいけません。がんばれ官僚公務員、あしたを作れ!!

食糧管理制度(しょくりょうかんりせいど)は、日本における主食である米や麦などの食糧の価格や供給等を国が管理する制度をいう。1942年(昭和17年)制定の食糧管理法(いわゆる食管法)に基づき創設された。同法は1995年に廃止され、代わりにいわゆる食糧法が制定されたことを受け、食糧管理制度の呼称も食糧制度と改められた。また、2004年にはその食糧法に大幅な改正がなされるなど、制度の内容は時代と共に大きく変化してきている。
bywiki
食糧管理制度時代は食管Gメン約800人ほどが全国に配備され生産流通まで管理監視を行い流通業者は免許制でつよう監督権限を有しておりました。制度廃止でGメンはいなくなり、自己責任と言う無責任体制に移行して、販売は免許から届出制度になり、監督強制権がなくなりました。

現在農水省の消費・安全政策課と言う部署が文字通り政策の企画部署としてのみ存在し、その中の食品危害対策班、食品の加工・流通段階におけるハザード対策と言うところが責任を負うだけで、わずか10名ほどの職員が存在はしますが計画立案を業界団体と協議するのが主務です。この僅かの人員でお米の担当は何人いたのでしょうか?、届出書類も目を通す事が出来ないでしょう如何やって三笠商事のような企業を調査出来ますでしょうか?こんな風にしたのが自民党でそれを指示したのが国民です。叩くなら自民党と国民自身です。

一方厚生省には保健所や輸入に対しては検疫の為の防疫官確かに少ない人員で目が届きませんが数百人います。お米の黴などもこの人たちの仕事、せいぜいできるのはここと農水省の連絡協議だけです。保健所機能は大きな物で食堂や食品製造、流通に到るまで調査監督権が有りますが機能不全には成っています。今回の事件も危惧を感じる人たちの内部告発であったのでは無いでしょうか、今後責任部署の明確化、とその為の立法が必要です。大きくはFDAの様な組織を作るのが良いのかについての議論もされるべきです。その前に官僚たたきは止めてください。

食管法を守ろうとした凄い官僚の生き様、こんな人達に日本人は守られていました。
山口 良忠(やまぐち よしただ、1913年11月16日 - 1947年10月11日)は東京地裁の判事。佐賀県出身。太平洋戦争の終戦後の食糧難の時代に、闇米を拒否して食糧管理法に沿った配給食糧のみを食べ続け、栄養失調で死亡した事で知られる。by wiki

山口氏も残念だろうまさか大正天皇のお声掛りで出来た制度戦時中にさらに強化されそれが95年に廃止され今回の様な事件が起こるなど想像だにもしなかっただろう、国民はもう一度山口氏の事に思いを寄せよう。

今回の事件発覚は農水の内部告発なら良いがジャパンフェローが介在していたら、、、もう官僚もアメリカンスタイルを切望しているのかも知れない、そのほうがやりやすい、と、そんな風にも思える事件でした、とにかく公務員法100条の見直しが必要です。たえず行政はブリーフィングが出きる体制や動画などを含めた発信能力を持てるようにさせるべきです。農水省の農水TVなどが出来れば良い事だと思う次第です。その時はダーチャ推進をお願いしたい。

☆YUKIさまありがとう御座います。~♪♪☆☆

如何考えても暗号機械エニグマなんてIBM製の機械に見えます。ドイツ的では有りません、ドイツ人はあんな洗練したというか60年代アメリカンのようなデザイン思いつきません。ガチガチゴチゴチの角張った機械でしょう。外見はモトローラやGE風のデザイン、中身はIBMだと思います、そのころIBMは複雑なメカに凝っていた時代で電動計算機もIBMが高機能で優秀でしたエニグマは円盤が重なったIBMの計算機のメカそっくりです。それでエニグマの暗号が解読できなかったと嘘をついていたのでしょう。それでU-ボートの被害が多かったと、でも本当は米国のレーダーがポンコツで英国から技術者を招いてよくなったのです。これで私の疑問も解決しました。ありがとう御座いました。エニグマの疑問が解けましたO(^-^)o


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 

CalendArchive

 

時計(ClockLink.com)

 

プロフィール

ヘンリー・オーツ

Author:ヘンリー・オーツ
●個人サイト
Henrry's talking to myself
http://henrry.net
※現在62歳の万年ロックおじさんです。元過激派高校生です。もう狂った世界や政治のことを書くのに疲れました。これからは新しい時代を予感させる情報をお伝えします。
大阪府守口市出身 東京生活10年を経て
山梨県北杜市小淵沢町在住
サバイバル生活を実践しています。彼女と古民家にて菜園と「流しそうめん&明石焼き」のお店を開きたいです。
●詳細プロフィールは・・
http://henrry.net/
profile.htm

●e-mail
henrryd6@gmail.com
●Facebookのアドレスは・・
https://www.facebook.com
/henrry.oates

当ブログのリンク構造をご覧ください!

 

「武器商人を経営分析する!」

 
 
 

月別過去記事一覧

 
 

全ての記事を表示する

 

QRコード

QR
 

Amazonお買い得商品

 

アンケートです!

アンケート
性別・年代を教えてください!
男性20代
男性30代
男性40代
男性50代
男声60代以上
女性20代
女性30代
女性40代
女性50代
女性60代以上

 

お奨め書籍









 

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

 
 

Keshe Foundation


KesheFound
 

亡国電波戦犯

ブログ記事上で投票によって決まったワースト順位です。クリックしていただきますと別窓で大きな画像が開きます。
 

ソルフェジオ528Hz

 

大津久郎出版記念講演


 

小淵沢勉強会「世界の嘘とその真相」



 

悪党天国日本♪チャチャチャ


 

アアアのアホ太郎♪


 

増山麗奈のいかす!チャンネル


 

PCトラブル

PC&ネットのトラブル解決便利屋を始めました。定期的な点検・整備もおまかせください。くわしくは 「パソコントラブル4000円♪ネットがすいすい訪問サービス」を始めます!をお読みください!下のメールフォームよりお問い合わせください。
 

メールフォーム

名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。