06 月<< 2017年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに預金封鎖と食料危機に備える恐慌に突入した!

20081219k0000e010054000p_size5.jpg民党の見苦しさは日増しに見るに耐えない状況になっている。何故、この危機的な状況の中で支持率を下げることが間違いない行動を取るのだろうか。何故、野党の提出した「雇用対策関連法案」に反対するのであろうか。私の頭ではさっぱり解らない。自民党には国民の怒りが届いていないようだ。そうかと思えば杵築市に匿名で100万円の寄付があったとのこと。世の中そう捨てたものではない。

首相ハローワークへ、また的外れ発言?


http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20081219-441795.html
麻生太郎首相は19日午前、東京都渋谷区のハローワーク渋谷を訪れ、非正規労働者向けの緊急特別相談窓口を視察した。職を探す若者に対し、首相は「何かありませんかと言うんじゃ仕事は見つからない。目的意識がないと雇う方もその気にならない。何をやりたいか決めないと就職は難しい」と声を掛けた。

た物見遊山の社会科見学ですか。おいおい漢字も読めない世間知らずのアホウにそんな偉そうなことを言う権利はありませんよ。今の時代、目的意識をへたに持ったら逆に就業の機会を逃してしまうようにさえ思います。お前が行けば行くほど支持率が下がるのを解っていないようですね。この際、1億円くらいの私財を投げ出して、少しくらい麻生家代々の罪の償いでもやったら。
『(政府の対応は)思いつくかぎりのところは、やらしていただいている」と語った。』だって??

お前の脳では何も思いつかないのだろうが・・

とっとと辞めろ!アホウ太郎!国民は怒っているぞ!!

「お金」崩壊



木秀和さんの「お金」崩壊(集英社新書)を半分ほど読んだ。いくつかの解っているつもりだったことが実は解っていなかったことが判明した。

「郵便貯金も、簡易保険も、厚生年金も、富国強兵や殖産興業などという特定の国家目的の実現のために、国民の間に存在する富を政府財政に取り込む手段として創設された。」P38

こういう文章を読んだらほとんどの人が「え~嘘でしょう?」というような感想をもたれるだろう。

・1875年郵便貯金→佐賀の乱、神風連の乱、秋月の乱、萩の乱、西南戦争
・1916年簡易保険→第一次世界大戦
・1944年厚生年金→太平洋戦争
のように三大原資の創設経緯には戦争が深く関係している。国民の福利厚生のために生み出されたようなものではなく、戦費の調達のために生み出された制度だったのです。戦前の日本でも戦争を継続するためにその戦費を全て税金で徴収したならば厭戦気分が蔓延してとても戦争継続は難しかったのです。

「郵貯、簡保、年金は、預ける側の国民にとっては大切な個人資産である。しかし、預かる側の政府にとっては税外の国庫収入という程度の認識でしかない。返済することにいっさい頓着することなく、あたかも税金と同じような感覚でこの裏収入を使い切ってしまうという悪弊が、そっくりそのまま戦後に残されてしまったのである。しかも本来は政府の暴走を抑制すべき議会までもが、族議員に代表されるように、官僚と結託して、後先を考えない使い切り方式に積極的に荷担してしまう。」P40

さに年金問題の本質はここにあったのです。私は5月に全額税方式のために消費税値上げだと!ふざけるな!でも書いている。

年金基金が消えたから年金記録を消してしまったと考えるのが妥当ではないだろうか?それを消費税値上げで誤魔化そうとするのであるから言語同断である。もうこのような官僚とそれを擁護しようとする政治家を断じて許してはならない。

社会保険庁がいい加減だったから年金記録が消えたのではないのです。この年金創出の経緯を理解しないと年金問題はけっして見えないのです。公務員を対象にした共済年金はきちんと記録されていて厚生年金の記録がでたらめな理由は火をみるように明らかなのです。

円高介入資金の流れ



endakakainyu.gif

もう一度「円高介入」時における、私たちの貯蓄の行方を確認しておこう。図を見ながらたどってもらいたい。
まず、第一段階で私たちの貯蓄は、日本政府が発行する1政府短期証券」(図ではFB)と交換される(A)。貯蓄を預かる金融機関の手元に残るのは、この1証券」だけである。日本政府は、この証券と交換に手にした円現金を、外為市場に投入してドル現金と交換する(B)。私たちの貯蓄はこの時点でドル現金に代わり、それと引き替えに、円現金は主に米国の投機筋に渡る。この一部は、日本への株式投資の形で還流してくるが、その代わりに日本企業の株式は投機筋に振られることになる(C)。これが、第二段階。
そして、第三段階。日本政府は手にしたドル現金で米政府発行の「財務省証券」を買って、ドルを米国側に戻す(D)。米政府は日本政府から、結果的にドル現金を受け取ることになるのである。要するに、「円」も「ドル」も「現金」はすべて米国側に行って、投機筋が、「濡れ手で粟」の利益享受をするための元手となり、米政府の巨額財政赤字の補填に使われてしまう。それと引き替えに日本国内に残されるのは、日米両国の財務省が発行した、証券という「借金証文」だけなのである。P48~49

草一秀さんが「日本売国=疑惑の外為介入」政策の深層で触れられていることをこの図を見ながらもう一度読み直して欲しいと思います。多分、植草さんも見ていただいていると思いますが、手書きの原稿を送っていただきましたらこのような図はすぐに作らせていただきます。よろしくお願いします。

通の人はまるで銀行に貯金箱があって、そこに自分の預金があると思っているのでしょうが、それはまったく勘違いなのです。この図を見ていただければ解るように金融機関にあるのは政府短期証券だけで政府にあるのも米国債だけなのです。もうドルの地位は低下の一途なのですから銀行預金をそのままにしておくことは極めて危険なのです。戦後まもない1946年2月17日に大蔵省が窮余の一環として実施したのが「預金封鎖」と「新円切換」なのです。今の未曾有の金融危機において同じ事が行われる可能性は充分あります。当然、このような事態になれば食料危機になります。せめて1年分くらいの米を買っておくことがまさかの場合の最大の保険になると思います。私は米友人というネットショップで買っています。私の生まれた大阪市旭区と育った大阪府守口市にお店があるので縁があるのでしょうね。店長の松本さんはとても気持ちの良い青年です。
b_miyake01.jpg

●追記

試算したところによれば、2003年1月~04年3月の為替介入で日本政府が手にした米ドルは約3200億ドル以上になる。これが全て米国債に「投資」されたのである。これは同時テロ以降、05年6月までに投入されたアフガニスタンとイラクにおける米軍の戦費3500億ドルの9割を越える。
私たち日本人は、「貯蓄する」ただそのことだけで、米国の始めた戦争に「協力」していた。ということになるとしたら、本当にやり切れないのではないだろうか。P48


「預金はイラクで使われてもうありません!」なんていつ言われるかもしれないのです。
  • このエントリーのカテゴリ : 大恐慌

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

雇用対策関連4法案:もうすぐクリスマスなのに、もうすぐホームレスなんてことがないように

このところ、崩壊寸前で切羽詰まった自民党が、党内外でヤクザまがいの脅しをかけて正体をさらしつつ。知性では野党にとてもかなわないので...

コメント

「・1875年郵便貯金→佐賀の乱、神風連の乱、秋月の乱、萩の乱、西南戦争
・1916年簡易保険→第一次世界大戦
・1944年厚生年金→太平洋戦争
このように三大原資の創設経緯には戦争が深く関係している。国民の福利厚生のために生み出されたようなものではなく、戦費の調達のために生み出された制度だったのです。戦前の日本でも戦争を継続するためにその戦費を全て税金で徴収したならば厭戦気分が蔓延してとても戦争継続は難しかったのです。」

第二次大戦時の戦費調達として確立されたのは有名で、戦時国債は紙くずとかしたのが事実です。

戦後の憲法で確立された財政民主主義はそれらの反省にたって確立されています。片山さんはすばらしかったし、当初吉田茂の指摘も重要です。

それから現代日本の社会保障改悪は、アフガン・イラク戦争に直結しているのも重要です。

与謝野や麻生らが消費税増税をよびかけたり、中川(シャブ)が社会保障に言及しだしているのを見逃してはなりません。

ヘンリーさんの今日のご指摘はとても重要です。

「今の時代、目的意識をへたに持ったら逆に就業の機会を逃してしまうようにさえ思います。お前が行けば行くほど支持率が下がるのを解っていないようです」というご指摘もすばり人事りように政治を統治している麻生氏に対する直言になっていると存じます。

ヘンリーさんの主張はいつもさえていてスカッとさせてくれます。

民主党の政権交代の暁には、私は首都圏に上京し、自公政権の終焉を祝いたいと存じますけれども、麻生コールをわめき散らかしていた秋葉系ウヨに対抗して、ヘンリーさんやきくちゆみさんや石橋上人とご一緒に民主&小沢コールを議員会館前や国会前で叫びたいですね。

公安二課の爺どもにでっち上げ弾圧をくらった人々や、イラク反戦運動で盛り上がったサウンド・デモなどを駆使して、自公政権終了時祝杯を東京であげたいものです。



アホウ政権にとどめを!

☆日本国憲法擁護連合さん
こんな事実を知っている人間はまだまだ少ないでしょうね。私は預金などないので封鎖される心配はありませんが入ったら直ぐに出すということをやりたいと思います。お金にまつわる勘違いがどうにか怒りの爆発を抑えているのだと思います。こんな事実をみなさん知ったら一体どう思うでしょうか。まあほとんどの人は歴史も知らないし、権力者が悪党ということに気づいていないですからね。
埋蔵金というのも誤解を与えやすい言葉です。簿記を知っていたらすぐに解ることなのですがあくまでフローとしてのお金でそのもとでは負債なのです。そのフローを政権交代前に使ってしまえと金持ちにばらまこうとするアホウ政権にとどめを刺さなければいけません。

時の流れに革命起こせ!!
お前が総理だ!!ヘンリオーツ!!ヘンリオーツ!!
市場支配ではなく、人間力を取り戻せ!!
我ら貧乏人の味方!!ヘンリオーツ!!ヘンリオーツ!!
まともな社会を取り戻すために戦うぜ!!
未来のために!!ヘンリオーツ!!ヘンリオーツ!!

死ぬまでロッカー!

☆ロックンローラーさん
熱いメッセージをありがとう!
ソウル・フラワーの演奏を聴いて私も歌いたくなってきました。
カツラが欲しいな~(笑)


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 

CalendArchive

 

時計(ClockLink.com)

 

プロフィール

ヘンリー・オーツ

Author:ヘンリー・オーツ
●個人サイト
Henrry's talking to myself
http://henrry.net
※現在62歳の万年ロックおじさんです。元過激派高校生です。もう狂った世界や政治のことを書くのに疲れました。これからは新しい時代を予感させる情報をお伝えします。
大阪府守口市出身 東京生活10年を経て
山梨県北杜市小淵沢町在住
サバイバル生活を実践しています。彼女と古民家にて菜園と「流しそうめん&明石焼き」のお店を開きたいです。
●詳細プロフィールは・・
http://henrry.net/
profile.htm

●e-mail
henrryd6@gmail.com
●Facebookのアドレスは・・
https://www.facebook.com
/henrry.oates

当ブログのリンク構造をご覧ください!

 

「武器商人を経営分析する!」

 
 
 

月別過去記事一覧

 
 

全ての記事を表示する

 

QRコード

QR
 

Amazonお買い得商品

 

アンケートです!

アンケート
性別・年代を教えてください!
男性20代
男性30代
男性40代
男性50代
男声60代以上
女性20代
女性30代
女性40代
女性50代
女性60代以上

 

お奨め書籍









 

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

 
 

Keshe Foundation


KesheFound
 

亡国電波戦犯

ブログ記事上で投票によって決まったワースト順位です。クリックしていただきますと別窓で大きな画像が開きます。
 

ソルフェジオ528Hz

 

大津久郎出版記念講演


 

小淵沢勉強会「世界の嘘とその真相」



 

悪党天国日本♪チャチャチャ


 

アアアのアホ太郎♪


 

増山麗奈のいかす!チャンネル


 

PCトラブル

PC&ネットのトラブル解決便利屋を始めました。定期的な点検・整備もおまかせください。くわしくは 「パソコントラブル4000円♪ネットがすいすい訪問サービス」を始めます!をお読みください!下のメールフォームよりお問い合わせください。
 

メールフォーム

名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。