05 月<< 2017年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際金融資本の歴史と野望を知らずして恐慌への処方は不可能だ!

橋上人にお借りした「コールマン博士は知っていた さらに的中していく〈世界経済〉戦慄予言」を読んでいる。2001年頃に書かれた本であるが去年の12月に太田龍氏の訳で初版が出ている。今の金融危機とあるべき未来を考える上でとても示唆に富んだ内容だ。この手の本を読み慣れていない人にとっては読み進むのが難しいかもしれない。私も最初から読んでいて少し疲れたので、興味ある見出しに沿って飛ばし読みをしたが、知らなかったことが多く、知的な興奮を覚えた。


出版社である成甲書房のサイトには本の帯に書かれているのと同じことが書かれている。
株価暴落、デリバティブ崩壊、巨大金融機関の破綻、石油・金の高騰、警告のすべてが現実となってしまった……なぜコールマン予測はいつも正確なのか? 300人委員会の黒い野望を解析すれば、国際マネーの未来などたやすく見通せるのだ。数多くの客注をいだだきながらご要望にお応えできなかった小社品切れ・在庫僅少書籍『300人委員会 凶事の予兆』『300人委員会 バビロンの淫婦人』『迫る破局 生き延びる道』から、現在の世界的金融パニックをものの見事に予測した6篇を精選、「世界マネーの明日」をうらなう羅針盤として、いまこそ必読の衝撃度です。


なるほどCDで言うとベストアルバムのようなものなのです。こういう本はできるだけ購入して線を引きながら読みたいのですが、本も値段が高いですからなかなかそういう訳にもいきませんね。クレジットカードがあればアマゾンの中古がおすすめです。

Wikipediaより
ジョン・コールマン( John Coleman, 1935年 - )はアメリカ在住の著述家。英国出身、元々は英国諜報機関MI6の情報将校であったが、任務の際に見た機密文書が元でMI6を辞したと主張している。

著書を数多く執筆しているが、その多くは「300人委員会」等の活動を暴き、イギリス王室やロスチャイルド家等の財閥、エリートを批判する内容である[1]。

現在はアメリカに帰化し、在住している。


序文には監訳者の太田龍氏がいきなりショッキングなことを引用されている。

「次に起こる大暴落の破壊力は1929年の大暴落の10倍も大きく、恐慌が起こって恐怖の波が世界中に広がるだろう。それはなぜか?現在のアメリカ経済の規模が1929年当時より10倍も大きく、平均株価が10倍高いからである。」とコールマン博士は1999年に書いた。

そして今、2008年9月、10月、11月。大暴落の破壊力のほんの一端が、日本人の目に入ってきた。


公政権はこの大恐慌を前にしてさえ「3年で景気が回復することを前提として消費税値上げの道筋を付けておきたい」というのだから尋常ではない。ニュースでは雇用をめぐる深刻な状況が報道されてはいるものの渋谷などの街へ出てもあまり目に見えた型で悲鳴が見えない。年末・年始の日比谷公園での派遣村は誰の目にも「貧困の実態」を見せつけた。おそらく今でも悲鳴を上げている人や人知れず孤独死をしたりする人は確実に増えていると思う。食事にありつきたいが故に公用車を傷つけたり、自分の部屋に火を付けるなどという犯罪も起きている。にも関わらずテレビなどを見てもそんな現実は伝わって来ない。おそらく大衆をパニックに陥れないための高度な洗脳が行われているのだろう。世の中には金融の専門家だとか経済の専門化と呼ばれる人間は数限りなく居るが、この未曾有の経済危機の実態を正確に理解している人がそんなに多いとは思えない。経済や歴史はその実態を知らされないように巧みに改竄されてしまっている。多くの国民は経済などは普通の人間に簡単に解るものではないと思っているだろう。意を決して日本経済新聞などを購読したところで何も見えて来ないだろう。理由は簡単である。今の支配者たちが真実をひた隠しにしているからだ。そんなものを国民に知られたくない。だから世界の真相について言及したものがあれば「陰謀論」などというレッテルを貼って攻撃するのだ。もうそろそろ賢明な知性を持っている方はこんな言葉に抵抗して欲しいと願っている。人類の歴史はフランス革命で謳われた「自由と平等と博愛」を獲得するためのものではなかったし、第二次世界大戦も民主主義と自由を守るための戦争ではなく、本当はまったくその逆だったのだ。

●民衆をミスリードする御用学者には地位と権力があたえられる
問題は、分かりすぎている者が背後へと追いやられ、民衆を啓蒙してもほとんどダメージをあたえられない点にある。自らを売り渡した者には、褒美として影響力のある高い地位と権力があたえられ、高い給料で有名大学のポストに就く。背信が恵みを受け、真実が罰を受けるというのが今日の私たちの社会なのだ。P205


近ではさすがに風見鶏を見るのに敏な宮崎哲也あたりは派遣切りに対して「同情論」を展開しているが、こんな輩はアホウ太郎や子鼠と同じで節操がないのだ。250ページもの本を詳細に紹介できるものではないが、歴史の真相と闇権力の実態を知る上では消化しきれないほど内容豊富である。

  • このエントリーのカテゴリ : 真相論

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【乞緊急転送】Warning!Warnig!東京都が市民の表現の自由を奪おうとしている…

 東京都は、「東京都安全・安心まちづくり有識者会議報告書」(http://www.bouhan.metro.tokyo.jp/press/pdf_0902009_2.pdf)に基づいて、安全安心条例を改正し、街頭での市民アピールを規制しようとしていることが分かった。報告書は、来訪者に「街頭や歩行者天国におい...

1898年2月15日、戦艦メイン号の爆沈

111年前の1898年2月15日に突如勃発して、米西戦争の原因となった「メイン号事件」は色々な意味で、最初から最期までアメリカがかかわった(アメリカが主役)の事件であり、アメリカ合衆国の本質を語る上で避けて通ることの出来ない事例であろう。 米西戦争とは...

コメント

>今の支配者たちが真実をひた隠しにしているからだ。そんなものを国民に知>られたくない

ほんとうにそうなんです。

で、ネットで書きこんでいた私を公安警察に尾行させて威嚇しても、それでもやめないから、公安デカどもはコインテルプロ=集団ストーカー行為までやって、それでも私はやめないから、今度はテレビで私を誹謗中傷して「自殺においこんでやる」とまで公安デカは言い放つも、彼ら警察組織から犯罪者が続出してしまう始末なのです。

私には、仏がついているからかなうわけがないのです。彼ら自公政権が自滅するだけです。

というわけで、ヘンリーさん彼らの正体は、魔ですから闘えば必ず勝てます。

みんなで渡れば怖くない!

☆日本国憲法擁護連合さん
反体制を標榜しながら陰謀論のレッテルを貼る輩にはほんとに頭が痛いです。どこに陰謀のない歴史などがあったというのでしょうか。今の歴史解説が如何に嘘か。テレビの嘘と一緒です。そんな嘘に騙されて多くの人が財産を奪われ死んで行き、その屍の上に今の闇権力は成り立っているのです。私もまだまだ勉強不足ですが、正義が歴史を動かしているものではない事だけは嫌というほど解ります。そのことを解りやすく伝えたいと思います。

おそれいりますが・・・

時間とお金と能力が乏しく
自分で読み解く自身がありません。

是非、一端だけでも「恐慌の処方」をお教えください。

とりあえず!

☆どなるどさん
生存権や幸福権を実現するためには
1.住宅
2.医療
3.教育
この3つは無料で提供すべきです。今までの日本のように狭い、高い住宅政策を放置してはなりません。
●BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」 住宅の国内需要を高めることが、日本経済を再生させる!
http://henrryd6.blog24.fc2.com/blog-entry-583.html
今の医療は間違った健康法とかを流布させることで需要を無理に創っています。キューバなどが何故、無料で医療が提供できるかというと国が音頭をとって予防医学を普及させているからです。薬品業界も病気を創り出している産業です。

教育は体制に従順にさせる教育であっては優秀な子供が育ちません。人間破壊の教育から人間力開花の教育への転換が必須です。

何にもまして食糧を120%生産することが大切です。人を健康にし、教育で人間力を高め、広いところで豊かさを享受し、無駄な商品を消費しないようにすればとてつもない豊かな国を実現されます。多くの国民がこの事を理解できるようになれば恐慌など簡単に抜け出すことができます。しかしそれが理解できなければ戦争へ導かれ、多くの国民の財産と生命が奪われる戦争に突入することは歴史と経済を勉強することは簡単に想像できるのです。

恐慌に入ってからではもう遅い?

「とりあえず」が すごいハードルに見えるのは私だけでしょうか?
_________________

過去の恐慌は 戦争へのイントロでした。

重税や生活苦で
疲弊した人心に付けこみ 戦争待望論へ
失業者を軍が吸収し 軍部の強大化へ
「食糧増産」も口実に大陸進出。
すでにプログラムが始まってたりして?

いずれにせよ「年次改革要望書」という脚本次第、属国の役回りははたして?
________________________

「大衆の気づき」「覚醒の拡大」で阻止するしか・・・・。

しかし、プログラムが進行しても 細分化された大衆側に採るすべも
 共有する旗印も無い現状では もう間に合わないかもしれませんね~(汗)。

でも 具体的で確実な実践を早く見つけないとー。
ほんと 焦ってます(゜o゜)。

どなるどさん

今、問題意識を持った人たちの輪が急速に広がろうとしています。どんどんネットだけではなくオフの場へ出られることをお奨めします。今はほんとにせめぎ合いなのです。今生だけの闘いではないのです。解っていただけますか?輪廻転生はまぎれもない事実です。それをオカルトのごとく宣伝するのは支配者の手口です。その方が自分たちに都合が良いからです。すべてが彼らに都合が良いようにコントロールされています。

おそれいりやの・・・・

へんりーさんてスピの人だったのですね。
加持祈祷などなさいますか?

まあ いずれにせよ現世の世直しは現世人でするわけでしょうから
がんばりましょう。

田舎にはオフ会ないので 「これぞ」というのがあったら また
ご紹介ください。(高速バスで一晩かけてまいりたいと思います。)

輪廻転生は科学的事実だと思っています!

☆どなるどさん
私は25歳でヨガに興味を持ち、29歳で瞑想を学びました。昔はアダムスキーなどの宇宙人の話なども大好きでした。31歳で入社したF社では恩師である船井会長からいろいろ薫陶を受けました。私はこれと言った信仰はありませんがどちらかというと仏教的なものに惹かれます。それからヒンズー教も。もし次回の選挙で負けるような事があったら仏門にでも入りたい気持ちすらあります。加持祈祷などするよりデモで「麻生辞めろ!」と騒ぐ方が性に合っています。そのうちオフ会をしたいと考えています。その時はぜひご参加ください!

・・・

あのー 今日私が興味持ったのは 単に「恐慌の処方箋」(回避や対処,回生など)だったのですが・・・。
 今晩は 論理的展開より「霊魂」なのですね。
________________

それについては 私も人一倍探求した方だと思います。
京都で各宗派(仏)本山参りは通算7年 延べ一年位滞在で 行ないました。

他に 西に画期的な坊さんが居れば出かけ 東に聖霊派(クリスチャン)教会
ができれば参じ 南に心の道場(英sp)ができれば道場破り(?その気はなかったが)・・・東日本各地の修験道や霊場にも・・・。

それから観音様や地蔵菩薩他を円空に習い 仏像や法鉢(現在進行形)作り。

霊感も強く 色々やりましたが いまのところトランスパーソナルではなくユングの共通・・・・正式名称忘れましたが つまりは一定状況下に共通して感知する想念、感覚や思念が同じ種には存在するーーー確かこんなような・・ 感受性は個により強弱はあるが大体の人間には備わっているんだなぁってのが今日この頃です。

それで 散骨、粉骨のお手伝いをしながら ツァイトガイストなのでした。

オンブズマンとして公務員やプロ市民と戦い、この道(?)暴露、覚醒、支配構造などに導かれ(?)瞑想のための施設や自炊施設まで用意してしまいました。

今日は 思いも寄らない展開でまとめ切れませんが ・・・。

最近は「妙好人」を標榜しております。

ではまた。

世界の真相を解っている人は精神世界にも理解があります!

☆どなるどさん
私の友人はほとんど精神世界に興味がある人たちが多いですよ。やはりそういうことも解らないと世界の真相はなかなか見えないと思います。アセンションにも興味があります。まだあまり勉強してはいません。

何時も回答有難うございます。

「真理」を求める方向に この「魂」と「世界の構造」=「精神世界と現実世界の関係性」が有り 精神世界に興味を持ってしまった人には避けては通れない問題ですね。

そして、ここも つけ込まれる余地になるわけです。
カルトや名を借りた撹乱誘導もあまたあり お気をつけ下さい。

>やはりそういうことも解らないと世界の真相はなかなか見えないと思います
そうですね
人生をつぎ込み 深く入り込んで確信を得るか そうでなかったら ない交ぜにせず「現実世界」だけを語るようにしないと 方法や結論まで違ってきて信用が離れていったーーそういう人達を何人も見てきました。

「深入り」は置いといて 「精神世界ランキング」覗いてみれば ありますねー手薬煉引いた「あるある詐欺」。(「ナイナイ」の立場の方が弊害は極端に少ない。仏教的には霊については不問)

ぜひ俯瞰してみてください。



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 

CalendArchive

 

時計(ClockLink.com)

 

プロフィール

ヘンリー・オーツ

Author:ヘンリー・オーツ
●個人サイト
Henrry's talking to myself
http://henrry.net
※現在62歳の万年ロックおじさんです。元過激派高校生です。もう狂った世界や政治のことを書くのに疲れました。これからは新しい時代を予感させる情報をお伝えします。
大阪府守口市出身 東京生活10年を経て
山梨県北杜市小淵沢町在住
サバイバル生活を実践しています。彼女と古民家にて菜園と「流しそうめん&明石焼き」のお店を開きたいです。
●詳細プロフィールは・・
http://henrry.net/
profile.htm

●e-mail
henrryd6@gmail.com
●Facebookのアドレスは・・
https://www.facebook.com
/henrry.oates

当ブログのリンク構造をご覧ください!

 

「武器商人を経営分析する!」

 
 
 

月別過去記事一覧

 
 

全ての記事を表示する

 

QRコード

QR
 

Amazonお買い得商品

 

アンケートです!

アンケート
性別・年代を教えてください!
男性20代
男性30代
男性40代
男性50代
男声60代以上
女性20代
女性30代
女性40代
女性50代
女性60代以上

 

お奨め書籍









 

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

 
 

Keshe Foundation


KesheFound
 

亡国電波戦犯

ブログ記事上で投票によって決まったワースト順位です。クリックしていただきますと別窓で大きな画像が開きます。
 

ソルフェジオ528Hz

 

大津久郎出版記念講演


 

小淵沢勉強会「世界の嘘とその真相」



 

悪党天国日本♪チャチャチャ


 

アアアのアホ太郎♪


 

増山麗奈のいかす!チャンネル


 

PCトラブル

PC&ネットのトラブル解決便利屋を始めました。定期的な点検・整備もおまかせください。くわしくは 「パソコントラブル4000円♪ネットがすいすい訪問サービス」を始めます!をお読みください!下のメールフォームよりお問い合わせください。
 

メールフォーム

名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。