07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「貧困ビジネス」の拡大にNOを!

roudoubunnpairitu_small.jpg

配当の上昇とは反対に労働分配率は下がるばかり。これぞまさに小泉インチキ改革の正体だったのだ!親としての務めを果たせない給料など憲法違反以外の何ものでもない。
bukkasuii.jpg

家電やコンピュータなどデフレの影響が強い商品を入れても物価の流れはあまり変わっていない。ということは食品などの生活必需品などは確実に値上げしているということだ。給料が下がって物価が上がっているにも関わらず、消費税増税を言う自公政権を3/8日、街で弾劾しよう!

よいよ3月がスタートした。3月に予定される派遣切りに対して全国各地で昨日から「派遣切りホットライン」が開設されている。

「非正規」失業、15万7800人=常用派遣でも解雇-厚労省まとめ
厚生労働省は27日、いわゆる「派遣切り」などで昨年10月以降に職を失った非正規労働者が、今年3月までの予定も含め15万7806人(18日現在)に達するとの調査結果をまとめた。


所の発表などは基本的に「事なかれ主義」なのでおそらく倍くらいの規模になることが予想される。レイバーネットの記事「住居を失った労働者の相談状況(名古屋市中村区)」によると中村区の福祉事務所に相談に訪れる人は1月から1日平均100にも上るという。その記事の中で気になったのが以下の指摘である。

(8)民間寮の問題

1.生活保護費の受領行為を委任させるという誓約書など

・ある寮では、入居者に誓約書を書かせているが、その中に「1.私が申請している生活保護支給金について、①支給金を口座振込みによって受領する場合は、受領する口座の通帳及び銀行届け印の管理、支給金の受領確認を鶴里寮管理者へ委任します。 ②支給金を窓口で受領する場合は、その受領行為を鶴里寮管理者の指定する者へ委任状を作成し、委任します。」(以上、若干不正確なところがあるかもしれない)というようなことが入っていた。そして実際に、アパート入居が決まった人に日割り計算をせずに保護費を返そうとしなかったという問題が起った。私たちが抗議して、寮側は、@上記の文面は、削除する、@今後は日割り計算する(契約書に明記する)、ということを確認した。

・訴えによると、ある寮では、1~2月分の生活保護費約16万円を区役所で受け取ったが、すぐ後ろに寮の職員がいて保護費が入った紙袋ごと(全額)持っていった。そして「お金が欲しい人は、寮に帰って相談してください。1000円くらいなら渡します。」とのことであったという。生活保護費は保護受給者のものであり、いわば全額取り上げて、本人の意思に反して少しずつしか本人に渡さないのは問題である。

② 管理費、光熱費などが高いのではないか?

・ある寮は、保護費(生活扶助費)約8万円なのに、管理費は12,500円、光熱費は10,700円、食費36,000円(分割はなし)、合計59,200円を引かれ、残りは約2万円。ところが、エアコンを使うにもお金が必要で、洗濯機も1回200円必要。

・他の寮でも、よく似たやり方をしている。


年の5月に書いた記事「国が経済破綻しても生き抜く方策を模索しよう!」の中で貧困ビジネスとしての民間寮の仕組みを紹介している。


自立支援センターで一緒だった人に聞いた話がある。エスエスエスというNPO法人があって山谷などで炊き出しに並んでいる行列の人たちに「生活保護」を受けないかという誘いをかける。相手が乗り気になったら一緒に福祉事務所に行って生活保護を申請する。それからそういう人たちが集団で生活する宿泊所で一緒に生活することになる。普通、単独で生活保護の申請に行っても窓口で追い返させられることが多いのだが、ここがからむとすんなり受理されるという。保護費の14万円のうち宿泊と食事の提供分として10万円取られて、残りの4万円がこづかいとしてわたされるという。宿泊所はそれこそ築30年くらいのアパートを安く買い取り、6畳くらいの部屋に2段ベッドをふたつ入れて4人が暮らす。そんな宿泊所に住んでいる人が都内だけで7,000人も居るという。宿泊代としては光熱費を考慮しても2万円でも高い。食事代としては3万円でも払いすぎ位の内容らしい。それらの原価が7割の3.5万円だとすると10万円を取るということはなんと荒利益率としては65%というおいしい商売なのだ。まさしく「貧困ビジネス」と言える。すんなり受理されるということは荒利益の中からワイロを送っているのだと想像している。


おそらくこういった貧困ビジネスにとって今こそ稼ぎ時だとばかりに寮を増やしているのではないだろうか。
1235569404.jpg

~派遣社員から政治の道へ~足立区議会議員 『おぐら修平』 ブログ:貧困ビジネス
http://blog.livedoor.jp/ogura_shuhei/archives/65176794.html

今回受けた相談も生活困窮者を食い物にする典型的な「貧困ビジネス」でした。

60代単身の女性。以前は親族の家に同居させてもらっていたがトラブルで家を出ざるをえなくなり、住まいを失い生活費もなく福祉事務所に相談に行ったところ、その自治体でなくて三鷹市の民間施設を紹介され生活保護を受給して都から委託運営している民間施設に入居するようになりました。

福祉事務所で速やかに生活保護の手続きが行われ施設に入居が決まったまでは良かったのですが、その施設では(施設といっても築何十年の昔ながらの共同トイレ・台所の木造アパート)、6畳1間に相部屋でプライバシーがまったくなく、しかも9万円の家賃・食費プラスαを12万円の生活保護費から引かれて手元に残るお金はたったの1万数千円。

門限5時で部外者からの出入りは一切禁止。食事もご飯におかずが一品つくだけの粗末なもので、10部屋に相部屋で20人も押し詰められています。

三鷹市内の6畳1間の木造アパートの相場を調べてみると家賃3万円でした。
通常なら家賃3万円×10部屋で30万の収益ですが、こうした施設として利用することで、10部屋に20人詰め込み9万円×20人=180万円の収益。

食費を仮に3万円として×20人=60万円を差し引いても、通常なら月30万円の家賃収入のはずが、相部屋にして生活保護費をピンハネすることにより120万円のぼろ儲けになるのです。


かずが一品だけの食事なんて材料を落とせばおそらく1ケ月1万円もしないでしょう。だから収益は10万円×20人=200万円でその費用は食費+光熱費としてもせいぜい1.5万円×20人=30万円で170万円のぼろ儲けになるのです。おそらく徹底的に買い叩いているでしょうから一年くらいで返済でき、あとはまるまる純利益となるおいしいビジネスを展開しているのです。こういう動きとは反対にNPO法人もやいが中心となってハウジングプアをなくすためのネットワークの設立集会が開かれる。

なくそうハウジンブプア! 安心できる住まいを!
住まいの貧困に取り組むネットワーク設立集会


【日時】2009年3月14日(土)午後2時~5時30分(開場1時30分)

【場所】大久保地域センター4階 多目的ホール

アクセス:
PC: http://www.city.shinjuku.tokyo.jp/map/ookubo_toyama.htm
mobile:http://kosmile.lar.jp/blog5/2008/12/10/ookubo_toyama_b.gif
JR山手線「新大久保」駅下車、徒歩8分
地下鉄副都心線「東新宿」駅下車、徒歩5分
都営大江戸線「東新宿」駅下車、徒歩8分

【参加費】資料代カンパ500円(払える方のみ)

【第1部】「住まいの貧困」の現場から 「住まいの貧困」に直面している当事者の声:「派遣切り」被害者、「追い出し屋」被害者、シングルマザー、障害者、外国人、野宿者等の当事者発言を予定

【第2部】「住まいの貧困」にどう立ち向かうか パネルディスカッション:徳武聡子(全国追い出し屋対策会議、司法書士)、小玉徹(大阪市立大学教授)、稲葉剛(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい)

全体質疑・討議

終了後、午後6時よりデモを予定しています!


もし問題の給付金が支給された場合は半分を「もやい」にカンパすることに決めました。本来なら政府がすべきことをボランティアでやっているわけですから、このような組織が破綻することだけはみんなの力で避けなければならないと思います。
【みなさまのご賛同をよろしくお願いします!!】
集会運営や今後の活動のためぜひご賛同をお願いいたします。個人1口、団体2口以上(1口:1000円)となります。
賛同費は当日の集会会場で受付か世話人へ直接お渡しください。事前にご賛同いただければ、集会資料等へ記載させていただきますので、以下の賛同フォームで E-mail:sumainohinkon@gmail.comまでご連絡をお願いいたします。

メールテンプレート
(メールのサブジェクト(題名)に"住まいの貧困賛同費"と記述して、メール本文に以下の文章をコピーしてください)
*個人情報を含むメールの内容すべては厳重に保護され外部への発信はりません。
------------------------------------------
【賛同申込】
お名前(個人・団体名):
肩書き(個人の場合):
賛同費:  口(口数をご記入ください。個人1口、団体2口以上(1口:
1000円))

ご連絡先(非公開):
------------------------------------------

主催:住まいの貧困に取り組むネットワーク
世話人:稲葉剛(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい)、坂庭国晴(国民の住まいを守る全国連絡会)、藤本龍介(スマイルサービス闘争を支援する会)
連絡先:東京都新宿区新小川町8-20こもれび荘 もやい気付
E-mail:sumainohinkon@gmail.com
URL:http://housingpoor.blog53.fc2.com/

フリーター全般労組も下記のような活動をはじめました。注目に値する活動だと思います。
不安定な仲間の生活を支える住宅建設へカンパを : フリーター全般労働組合

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

戦場カメラマンとホワイトハウスの奇妙な写真

ロバート・キャパ(Robert Capa, 1913年ー1954年)がスペイン内戦時にヒットラーのドイツやムッソリーニのイタリアに全面支援されたフランコ軍に頭部を撃ち抜かれ倒れる瞬間の男を撮った写真は、『崩れ落ちる兵士』として戦場写真の最高傑作として今も人々に語り継がれて?...

スマイルサービス 賃貸

昨年12月の検索ワード 54 スマイルサービス 0.3% 7 55 中柏ジャパン 0.3% 7 56 大阪 0.3% 6 57 住友不動産 0.3% 6 58 事件 0.3% 6 59 不動産デスノート 0.3% 6 60 TOWN 0.3% 6 61 倒産しそうなゼネコン 0.3% 6 62 破産管財人 0.3% 6 63 山崎建設 0.2% 5 64 東麻布 0.2% ...

-

管理人の承認後に表示されます

コメント

はじめまして、多良カハロです。わたしはタイトル 「労働の価値」(http://no-ichigo.jp/read/book/book_id/240534)として、資本論のケータイ文体読み下しを進めているところです。よろしければご感想など、よろしく!


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 

CalendArchive

 

時計(ClockLink.com)

 

プロフィール

ヘンリー・オーツ

Author:ヘンリー・オーツ
●個人サイト
Henrry's talking to myself
http://henrry.net
※現在62歳の万年ロックおじさんです。元過激派高校生です。もう狂った世界や政治のことを書くのに疲れました。これからは新しい時代を予感させる情報をお伝えします。
大阪府守口市出身 東京生活10年を経て
山梨県北杜市小淵沢町在住
サバイバル生活を実践しています。彼女と古民家にて菜園と「流しそうめん&明石焼き」のお店を開きたいです。
●詳細プロフィールは・・
http://henrry.net/
profile.htm

●e-mail
henrryd6@gmail.com
●Facebookのアドレスは・・
https://www.facebook.com
/henrry.oates

当ブログのリンク構造をご覧ください!

 

「武器商人を経営分析する!」

 
 
 

月別過去記事一覧

 
 

全ての記事を表示する

 

QRコード

QR
 

Amazonお買い得商品

 

アンケートです!

アンケート
性別・年代を教えてください!
男性20代
男性30代
男性40代
男性50代
男声60代以上
女性20代
女性30代
女性40代
女性50代
女性60代以上

 

お奨め書籍









 

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

 
 

Keshe Foundation


KesheFound
 

亡国電波戦犯

ブログ記事上で投票によって決まったワースト順位です。クリックしていただきますと別窓で大きな画像が開きます。
 

ソルフェジオ528Hz

 

大津久郎出版記念講演


 

小淵沢勉強会「世界の嘘とその真相」



 

悪党天国日本♪チャチャチャ


 

アアアのアホ太郎♪


 

増山麗奈のいかす!チャンネル


 

PCトラブル

PC&ネットのトラブル解決便利屋を始めました。定期的な点検・整備もおまかせください。くわしくは 「パソコントラブル4000円♪ネットがすいすい訪問サービス」を始めます!をお読みください!下のメールフォームよりお問い合わせください。
 

メールフォーム

名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。