10 月<< 2017年11 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天木直人氏への決別宣言

天木直人バナー
は天木直人氏を2007年の参議院選挙において応援して来た。勝手にバナーも作らせてもいただいた。だが半年位前から齟齬を感じるようになり、ほとんど読まなくなった。


草一秀さんと比較すると一目瞭然である。植草さんの場合は悪徳ペンタゴンの一角である電(マスゴミ)をまったく信用されていない。もっぱら多くのブログを読み、情報を得て活用されている。そういう立場で現政権を外野で支え、数々の提言をされている。検察の権力により社会的立場を抹殺されたご経験から命をかけて提言されている。おそらく副島隆彦さんの「世界権力者人物図鑑」は副島氏より贈呈されているのではないか。外交の経験はなくとも世界政治の構造に肉薄されていると思う。対して天木直人氏の姿勢は外交エリートだった時代とあまり変わっていないように思う。新聞や書籍に情報を求め、あるいは外交エリート時代の人脈からの情報もあるだろう。それは貴重なものであった。しかしこれだけマスゴミが裏権力の代表として国民をミスリードする情報を撒き散らしている現在、そのような情報を参考にすることは、余程、感性の鋭い人間でもない限り、判断を誤らせることになる。一大使と総理とはその重みが違う。総理には常にCIAの監視の目が集中し、命の危険すら伴なうものである。

鳩山首相への決別宣言より
選挙前に国民に提示していた政策がことごとく腰砕けになりつつある。特に国民が一番期待していた脱官僚、天下り根絶の不徹底は目に余る。 それでもなんとか鳩山首相には頑張ってもらいたいと応援してきた。とぼけていても本当は信念と覚悟があるのではないかと無理をして考えてきた。しかし、もはやこれまでだ。ざるを得ないと思った。読売新聞のスクープは、沖縄県民や国民に知らせる前に、沖縄県 3月18日の読売新聞のスクープを読んで、それが事実なら、もはや鳩山首相と決別せ内移転の複数案(キャンプシュワブ陸上部かホワイトビーチ沖のいずれかに新たな滑走路などを建設する案)で米側と交渉する事を決めた、というものだ。 事前に沖縄県民や国民に知らせると反発を招くから、まずまず米側と交渉を始めるという。このスクープについてはその後、他の新聞も後追い記事を書いた。もはや事実なのであろう。とんでもない話だ。

時、ゴミ売りあたりの新聞記事を真に受けるなんてとんでもないことである。彼らは必死で煽っているのだ。そんな記事に信頼性などまるでない。他の新聞も後追い記事を書いたからもはや事実なのだろう。ってそれだったら小沢氏も有罪と言うのだろうか。半年たって何も出来なければ何年たってもできない。って?まるでそこらの主婦のような無責任な発言ではないか。予算づくりに終われる中、検察とマスゴミが一体となった1.15クーデターが行われた。そういった動きに対して世論を正しい方向へ導くような発言をされただろうか?常に当事者の意識を持って情報拡散されている植草一秀さんと比べるとその差は歴然としている。大阪の2流私大しか出ていない私でも植草さんの記事の意を汲取り、得意なビジュアルを活用し、少しでも多くの人々に真実を伝えようと一線で何の報酬もなく頑張っている。このファシズムか民主主義かを問われている時代に命を張った言論ができない限り、人の心を動かすことはできないと私は思っている。もう天木直人さんの時代は終わりです。老後を静かに暮らしてください。

が何故、こんな記事を書いたかと言うと今の鳩山政権の動きに対して、同じように失望して匙を投げるような人たちが出てくることが予想できるからだ。匙を投げたところで政治の世界は無くならないし、へたをすると自作・自演テロを起こされ、クーデターにより多くの意識ある人たちが捕らえられ、処分された後に暗黒の社会に引き戻されてしまう可能性があるからだ。それだけ相手は巨大で悪辣な存在である。何時でも逃げられる用意をして外野で判断を誤らせるような意見を述べることははなはだ迷惑である。

fematrailers.jpg

災害時に収容するためのトレイラー。おそらく臨時の拘置所となるのだ。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「事業仕分け」は「焼け石に水」

かつて自民党の渡辺美智雄という国会議員が「日本人は真面目に借金を返すが、アメリカには黒人やヒスパニックなんかがいて、破産しても明日から金返さなくても良いアッケラカのカーだ」とのたまった。それを聞いた舛添要一という評論家(現自民党国会議員)が「そういうこ...

総理大臣佐藤栄作とニクソン大統領の密約

ホワイトハウスで会談する佐藤栄作首相(左)とニクソン米大統領(1969年11月) 『トップ・シークレット極秘核密約文書を佐藤元首相の遺族が隠匿保管』 日米間の四つの『密約』を検証してきた外務省有識者委員会は三つは『広義の密約』とする報告書を岡田克也外相...

コメント

天木氏は良く存じ上げませんが、チラっと意見を拝聴したことがありました。

とにもかくにも、半世紀以上に渡って許してきたアメリカによる植民地政策から脱皮できるか否か?という時に、チャチャを入れる奴は困ったもんですね。

「民主党が揺れている」
と評される隙がそこにあるように思います。

いろんな主張はあってよいのですが、フラッグスタンスの範囲内でね。

☆ゆりかりんさん
経世会の元首相で謎の死を遂げている方が何人もいるのです。橋本氏は「米国債を売る」というだけでやられたのです。ですから敵(アメリカ)を欺くために味方(国民)を欺くこともあるかもしれません。今はとにかく民主党を立てて独立の方向へ進むことこそが求められるのです。天木氏の当事者意識のない発言にはうんざりさせられました。きっこさんも世界の構造を解っていないのでしょうね。オムライスが大躍進することなどありえません。

トッペイ

鳩山内閣は、地味ですが着実に成果をあげています。郵政売国化の阻止と
アルバイトの正社員化、派遣労働者の原則禁止、こども手当ての支給、高校の無料化と自公政権時代には考えられなった政策を実現させています。
国際ユダヤは衰えたとはいえ、まだまだ侮れません。この緊張感の中で職務を遂行するのは相当の胆力を必要とします。
一部の有名ブロガーたちは、なぜ小異を捨て大同につくことができないのでしょう。偽りの革命ですが、明治維新ですら、廃藩置県、西南戦争とあらゆる混乱が起こったのです。些細な欠点をあげつらう良識派?には腹がたちます。

まさにそのとおり!

☆トッペイさん マスゴミのいい加減な情報を元に憶測で書かれているのですからまったく腹がたちました。もうどんどん化けの皮が剥がれた言論人が生まれています。私が重要視していいるのは・・
・副島隆彦氏
・植草一秀氏
・リチャード・コシミズ氏
・山崎行太郎氏
・あべよしひろ氏
・山崎康彦氏  です。
トッペイさんがどこにお住まいか知りませんが28日18:00からのたこ焼きパーティー&ツイッターオフ会に来られませんか?場所は西巣鴨です。

ヘンリーさんのお誘い嬉しい限りですが、私はヘンリーさんと同じ出身の関西でして、遠いので今回は行くことができません。
そのうち、機会を見つけ上京したときはぜひ参加させていただきます。
ご好意感謝致します。

ヘンリーさん、お久しぶりです。
ヘンリーさんのお気持ちはよく解りますが、仲間内の争いは止めにしませんか? 人それぞれ、誰にでも認識不足というものがありますし、その時々で冷静さを保てない時もあります。私も鳩山政権にはイライラさせられてますが、自公や、みんなの党に政権を戻そうなどと考えてはおりません。
我々与党を応援する者たちは、よく話し合えば分かち合えると思います。我々がバラバラになっては相手の思うつぼです。一致団結して頑張っていきましょう。

ブレないことが大切です!

☆さとしさん
争いのつもりはありません。認識の違いがどこにあるかというと世界の構造に対するそれです。私たちは真相論の立場で権力の奥を見据えているのに対して天木直人氏の場合はそういう立場を「陰謀論」と捉えていて無視していると考えています。今時、ゴミ新聞を読んで情勢をさぐるなんてズレまくっています。その感覚の違いが大きいです。私だって元々民主党を支持していた訳ではありません。問題もいろいろ感じます。でも政権交代がなってどうにか進み始めたのですから、マスゴミの民主党叩きに便乗するかの如く、展望も示さないまま思いつきのまま、意見を言うことなど避けるべきだと考えます。既存の政治を全否定することはファシズムを生むことにつながるとても危険な発想だと思います。

>トレーラー
アメリカにはFEMAという組織があって、アメリカに強制収容所を建てているようです

合衆国憲法の真髄

この写真は恐らくアメリカでのことだと思われますが、アメリカの憲法の中に銃の個人保有を認める条文があるのは、建国の父たち(初期の大統領達)が将来、アメリカが乗っ取られた時(今は完全にそうですが、ウィルソン大統領の時に完全に寄生された)、自由と生命・財産を守りアメリカを取り戻す為、市民革命の闘いに立ち上がる時を想定した理由があったようです。アメリカを取り戻そうとして散ったケネディ大統領ですが、尊敬する人物にトーマス・ジェファーソン大統領を挙げたのは、その先見の明に偉大さを感じたからではないでしょうか。

初めましてm(__)m

阿修羅の天木氏批判の記事経由からやってきました。
私も天木氏の民主党決別宣言の一文を読み、やや拙速ではないかと思いメールを送りました。氏が指摘している鳩山氏の会見の内容を見れば、県内移設に決定したと言い切っておらず、県外移設にも含みを持たしていると見たからです。しかし天木氏のいうように民主党は国外移設の可能性を消し、県外移設の可能性も小さくするようにしているのも事実だと思います。その意味で天木氏の憤慨は決して的外れではないと思います。
ブログ主さんは民主党政権を強く支持しているように見えますが、現状は功罪相半ばではないでしょうか?普天間問題については、国外で誘致を希望しているところもあると聞きます。それらの情報は大手マスコミや政府筋から一茶出てこず、情報操作していると思わざるを得ません。特に平野、岡田、北澤は明らかに県内移設の意向は明らかです。彼らの言動を見ていれば、民主党は普天間問題を県内移設でごまかそうとしていると考えても無理はありません。鳩山総理が県外移設に含みを残しているだけが希望といえば希望なのです。こんなか細い希望に託す方が無理があるようにも思えます。その意味で天木氏の決別宣言を強く批判できないのではないかと考えます。
民主党政権の問題はそれだけではありません。せっかく亀井氏の郵政改革案に対し、いつもの仙谷、前原、野田,枝野あたりが反対の声を上げました。そして管までが同調しています。そしてとどめを刺すように鳩山氏が亀井氏を突き放すかのようなコメントを出しました。小泉竹中改革を礼賛するマスコミは格好の餌食とばかり亀井たたきを開始しました。この郵政改革については植草氏も亀井氏の案を支持しています。それは暗黙に鳩山氏を批判しているものだと私は捉えます。
普天間問題や郵政問題そして格差問題について民主党は確かに一歩踏み出しました。これは自公政権ではできなかったことです。それは大変評価すべきだと思います。しかし同時に民主党内の有力議員の多く(マスコミに多く出てくる)は新自由主義的傾向が強いのも事実だと思います。そして次期総理の候補でもある管氏までが取り込まれつつあるのが現状ではないでしょうか。
その意味でも天木氏の発言は大いに意味があると考えます。
私は来る参院選挙で民主党の躍進するよりも社民党、国民新党、共産党の議席増を望みます。理想的なのはみんなの党と自公が票を食い合って共倒れすることです。
もっと理想的なのは護憲、格差解消を目指す社民リベラル的な第3極の政党が出現することですが、現状では無理でしょう。その意味では消極的に民主党政権を容認するしかないでしょう。しかし冷静に民主党を監視することは忘れてはいけないと思います。

長文・駄文を連ねまして失礼しましたが、天木氏批判に対して私の思いを伝えさせていただきました。よろしくお願いします。

☆ピンピン1さん FEMAでイメージ検索したものです。

☆マトリックスさん
FRBが設立されてからアメリカは外国勢力に支配されるようになってしまいました。単なる私立銀行が中央銀行として存在しているのです。壮大な搾取システムが存在しています。

>ブログ主さんは民主党政権を強く支持しているように見えますが、現状は功罪相半ばではないでしょうか?

それは誤解です。このブログの検索窓で「有事立法」と入力して検索してみてください。私はもともと民主党を支持していたわけではありません。どちらかというと社民党に近い立場です。もちろん功罪会相半ばとは思っていますが、マスゴミによる民主党批判が荒れ狂っている時期に現政権を批判することは慎むべきだと思っています。天木直人さんの指摘は主婦のぼやきならいざ知らず、言論人としては失格だと思っています。半年も立って何もできないなら永遠にできないというような主張はとてもまともな主張とは思えません。
はっきりしていることは鳩山政権の動向に対してアメリカの圧力が常に存在しているということです。そこには高度な政治的駆け引きが存在すると思っています。ですからそういう問題にはっきりしない今、あれこれ言うべきではないと思っています。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 

CalendArchive

 

時計(ClockLink.com)

 

プロフィール

ヘンリー・オーツ

Author:ヘンリー・オーツ
●個人サイト
Henrry's talking to myself
http://henrry.net
※現在62歳の万年ロックおじさんです。元過激派高校生です。もう狂った世界や政治のことを書くのに疲れました。これからは新しい時代を予感させる情報をお伝えします。
大阪府守口市出身 東京生活10年を経て
山梨県北杜市小淵沢町在住
サバイバル生活を実践しています。彼女と古民家にて菜園と「流しそうめん&明石焼き」のお店を開きたいです。
●詳細プロフィールは・・
http://henrry.net/
profile.htm

●e-mail
henrryd6@gmail.com
●Facebookのアドレスは・・
https://www.facebook.com
/henrry.oates

当ブログのリンク構造をご覧ください!

 

「武器商人を経営分析する!」

 
 
 

月別過去記事一覧

 
 

全ての記事を表示する

 

QRコード

QR
 

Amazonお買い得商品

 

アンケートです!

アンケート
性別・年代を教えてください!
男性20代
男性30代
男性40代
男性50代
男声60代以上
女性20代
女性30代
女性40代
女性50代
女性60代以上

 

お奨め書籍









 

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

 
 

Keshe Foundation


KesheFound
 

亡国電波戦犯

ブログ記事上で投票によって決まったワースト順位です。クリックしていただきますと別窓で大きな画像が開きます。
 

ソルフェジオ528Hz

 

大津久郎出版記念講演


 

小淵沢勉強会「世界の嘘とその真相」



 

悪党天国日本♪チャチャチャ


 

アアアのアホ太郎♪


 

増山麗奈のいかす!チャンネル


 

PCトラブル

PC&ネットのトラブル解決便利屋を始めました。定期的な点検・整備もおまかせください。くわしくは 「パソコントラブル4000円♪ネットがすいすい訪問サービス」を始めます!をお読みください!下のメールフォームよりお問い合わせください。
 

メールフォーム

名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。