09 月<< 2017年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石橋和子さんのライブの曲を4曲アップしました!

主党の代表選挙の立会い演説会が4日に新宿で5日に大阪梅田でありました。さすがのマスゴミも菅有利としていた論調を崩さないといけないような小沢人気がはっきりしてきました。日本の国民はマスゴミに騙されるほど愚かではないということがはっきりしました。あとは不正選挙が行われないこと。暗殺やテロが行われないように叫ぶことが大事だと思っています。

8月31日の新橋ライブバーZZでの石橋和子さんの演奏の中から未発表の曲をYou Tubeにアップしましたのでご案内させていただきます。だいぶ動画の撮影と編集に慣れてきました。映像と音を同期させるコツも掴みました。今回はデジタル・レコーダーの最高音質規格で録音しています。ビデオカメラを購入する話もあるのですが、これ以上の音質を追求しなければなりません。9月15日に池尻大橋CHADであるライブでは実験的にCDを製作して販売することにしています。

サブウェイ・スクリーン


恋に消えても

1942年に製作された映画カサブランカの中の曲だそうです。日本が軍国主義に突っ走っていた頃の映画ですから、その文化的な有り様が如何に違うかを現しているかと思います。
As Time Goes By


橋さんご自身による説明です。若い頃、明日が全く見えなくて生きる希望が見つけられなかった時 、聴こえてきたのがこの歌でした。古来から禅の言葉であるよう に 「柳は緑、花は紅」と言う風に、見えるものをそのままに感じていればいいんだって気付かせてくれた 包容力無限大の歌。今は、3コーラスめの「赤ん坊の泣き声を聴き 、日々大きくなるのを見守る、それがどんなにたくさんの事を私 に 教えてくれたか」というところが特にYes.yes.yes !

What a Wonderful World

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 

CalendArchive

 

時計(ClockLink.com)

 

プロフィール

ヘンリー・オーツ

Author:ヘンリー・オーツ
●個人サイト
Henrry's talking to myself
http://henrry.net
※現在62歳の万年ロックおじさんです。元過激派高校生です。もう狂った世界や政治のことを書くのに疲れました。これからは新しい時代を予感させる情報をお伝えします。
大阪府守口市出身 東京生活10年を経て
山梨県北杜市小淵沢町在住
サバイバル生活を実践しています。彼女と古民家にて菜園と「流しそうめん&明石焼き」のお店を開きたいです。
●詳細プロフィールは・・
http://henrry.net/
profile.htm

●e-mail
henrryd6@gmail.com
●Facebookのアドレスは・・
https://www.facebook.com
/henrry.oates

当ブログのリンク構造をご覧ください!

 

「武器商人を経営分析する!」

 
 
 

月別過去記事一覧

 
 

全ての記事を表示する

 

QRコード

QR
 

Amazonお買い得商品

 

アンケートです!

アンケート
性別・年代を教えてください!
男性20代
男性30代
男性40代
男性50代
男声60代以上
女性20代
女性30代
女性40代
女性50代
女性60代以上

 

お奨め書籍









 

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

 
 

Keshe Foundation


KesheFound
 

亡国電波戦犯

ブログ記事上で投票によって決まったワースト順位です。クリックしていただきますと別窓で大きな画像が開きます。
 

ソルフェジオ528Hz

 

大津久郎出版記念講演


 

小淵沢勉強会「世界の嘘とその真相」



 

悪党天国日本♪チャチャチャ


 

アアアのアホ太郎♪


 

増山麗奈のいかす!チャンネル


 

PCトラブル

PC&ネットのトラブル解決便利屋を始めました。定期的な点検・整備もおまかせください。くわしくは 「パソコントラブル4000円♪ネットがすいすい訪問サービス」を始めます!をお読みください!下のメールフォームよりお問い合わせください。
 

メールフォーム

名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。